Interview

小松菜奈×門脇 麦(ハルレオ)インタビュー。映画『さよならくちびる』は塩田監督が秦 基博と組んだことで生まれた青春音楽映画の傑作

小松菜奈×門脇 麦(ハルレオ)インタビュー。映画『さよならくちびる』は塩田監督が秦 基博と組んだことで生まれた青春音楽映画の傑作

小松菜奈と門脇 麦がW主演を務める青春ロードムービー『さよならくちびる』が5月31日(金)に全国公開される。二人が扮するのは、全国ツアー終了後の解散を決めたアコギ弾き語りの人気デュオ、ハルレオ。主題歌「さよならくちびる」を秦 基博、挿入歌「たちまち嵐」「誰にだって訳がある」をあいみょんが手がけ、ハルレオは映画公開に先駆けて、3曲入りのEP「さよならくちびる」でメジャーデビューも果たした。キャリア初の歌唱演技でギターも初心者だった小松と、映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』でシンガーソングライターのセリを演じ、ミュージカル『わたしは真悟』では主演も務めた門脇。念願だったという初共演の感想を皮切りに、ハルレオとしてのCDデビューが決定した率直な心境を聞いた。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 斎藤大嗣


衣装の“つなぎ”でハルレオのデュオ感や気持ちが作れたと思う

本格的な共演は本作が初となりますが、お互いにはどんな印象を持っていましたか?

門脇 菜奈ちゃんは陰がある役が多いけど、軽やかさもあるし、作品がジメッとしないポップさもある。両面の魅力を持ってる方だし、映画的だし、昔からずっと一緒にやってみたいなと思っていました。あと、共通の知り合いから話は聞いてて、なんとなく勝手に気が合いそうだなって思ってたので、今回、一緒にやれることになって嬉しかったです。

小松 私もずっと麦ちゃんの作品を見ていて、いつか共演してみたいなって思ってました。映画『サムライマラソン』で同じ作品には出ているんですけど、一緒のシーンはなかったので、こうしてがっつりお仕事ができるのがすごく嬉しくて。オリジナル脚本でこうして共演できるというのも嬉しかったです。

実際に共演してみてどんなことを感じました?

門脇 想像以上に、ある意味で普通の人でした。女優さんぽくないというか、ちゃんと普通の感性を持っていてすごく素敵だなと思いました。

小松 麦ちゃんはしっかりしていて、存在感もあって、お芝居も素敵。私とは全然違うタイプの方なので、すごく刺激を受けたし、いろんなことを勉強させてもらいました。でも、お茶目な部分もあるんです。一緒にふざけあえるなんて思ってなかったので、それがすごく嬉しかったし、お姉ちゃんのように甘えられるときもあって。お互いにマイペースなんですけど、変に気を遣わないで居られたし、一緒にいて、すごく楽しかったです。

二人の共演作が、ギターデュオの話だと聞いたときはどう思いました?

門脇 最初に「二人で映画をやる」って聞いて、次に「塩田監督が監督してくれる」って聞いて。で、「どうやら音楽映画をやるらしい」って聞いて。本当に予想外でした。音楽映画? しかも、デュオ!? みたいな。まだバンドなら想像つくけど、デュオってどうなるんだろう? って。最初はあんまり想像がつかなかったです。

小松 昔は女の子二人の映画がたくさんあったじゃないですか。

そうですね。僕も最初は『花とアリス』(鈴木 杏と蒼井 優)や『blue』(市川実日子と小西真奈美)、洋画だと『ゴーストワールド』のようなものを想像してました。

小松 そういう映画をやってみたいなって思ってましたし、しかも、麦ちゃんとならすごく面白そうだなと思ってたんですよね。でも、音楽映画って聞いて難しそうだなって。しかも、最初は女の子ふたりなのかなと思ったら、シマ(成田 凌演じるマネージャー兼ローディー)もいて。最終的には、女の子同士にも恋愛感情のある三角関係の話だったので面白いなと思いました。男の子と女の子以外の恋愛ものはあまりないので、すごく新鮮だし、楽しみでした。

インディーズで人気のギターデュオ、ハルレオはどうやって作っていきました?

門脇 撮影に入る一ヶ月前からギターの練習をしました。長年二人でやってきた雰囲気を出すために、この歌ではここで目を見合わせようとか、演奏に入る前の二人の呼吸のタイミングとかは、プロデューサーの方を交えて相談しました。でも、実際は本番をやりながらって感じだったよね。全国ツアーをしていくお話なので、実際に私たちも、各地にロケに行って。順撮りだったこともあって、まるで本当にツアーをしているかのような撮影期間でした。毎回、ライブのシーンがあって、エキストラさんですけど、実際にお客さんが入って、演奏を聴いてくださって。そういう時間の積み重ねで、函館のラストライブまで持っていけたのかなと思います。

小松 (衣装の)つなぎっていうのも大きかったかも。ちゃんとデュオ感があった。想像つかないもんね、つなぎ以外の服でステージに立ってる姿。

門脇 ね。心もとないっていうか、どうしようって感じだよね。

小松 すごい助けられたよね。つなぎを着ることで、よし! これから二人でやるぞっていう気持ちがちゃんと作れたんじゃないかなって思います。

演技に加えて、歌に心境の変化を乗せていく難しさや苦労はありましたか?

小松 割と淡々と歌ってました。観ていて、わかりやすくここでガラッと変わったっていうシーンはないけど、麦ちゃんが言ったように、順撮りだったのがありがたくて。北海道に向けてだんだんと、終わっていくんだ、これが最後なんだっていう気持ちになれました。

門脇 そうだね。表に出す二人じゃないしね。

小松 そう。でも、心の中では、それぞれの変化、自分の気持ちに気づいていった部分はあるんじゃないかなって思います。

門脇 歌は普通の芝居部分とそんなに変わりはなくて。私としては、アーティストの役なので、恥ずかしさを感じずに、ちゃんとパフォーマーとしてステージに立てるかっていうことの方が難しくて。特に初ライブのシーンは不安があったんですけど、お客さんが入ると、自然と楽しんでもらわなきゃっていう気持ちが生まれてくるものなんですよね。エキストラの方々も、貴重な時間を割いてこの撮影に来てくださってるわけじゃないですか。撮影なので楽器は当て振りで、リップシンクではあったんですけど、なんなら、曲を流さないでいいです! 私が生で歌います! っていう気持ちにもなって(笑)。なので、ライブのシーンには助けられました。お客さんが作ってくれた空気感というか。本当に皆さん、すごく盛り上げてくれて。あれはやっぱり、会議室で練習してる時ではわからなかった空気感でした。

3人が毎日つけてる日記帳をビリビリに破いて、それを適当にかき集めたものみたいな映画

では、苦労したな、難しかったなっていうシーンはありますか?

小松 自動販売機の前でのシーンは難しかったよね。

門脇 後日、リテイクしてるんですよね。唐突にポンって入ってくるシーンがいくつかあって。水を掛ける喧嘩のシーンもそうなんですけど、淡々としたシーンの中に、ポンっとああいう鮮烈なシーンが入ってきて。やる方としては前後を知らないと流れがつかみづらくて。感情を高ぶらせないといけないから。だから、監督に「なんでこのタイミングで入れるんですか?」って聞いたら、「これは一連の流れの物語にしたいんじゃない。とある3人、彼らが毎日、つけてる日記帳をビリビリに破いて、それを適当にかき集めたものみたいにしたい」って言われて。だから、誰の記憶の断片かもわからないし、もしかしたら、二人の記憶かもしれないし、それもわからないっておっしゃってて。演じる方としてはどうしても辻褄やつながりが欲しくなっちゃうんですけど、「そういうことじゃない」っておっしゃってましたね。本当に難しかったよね。いまだによくわからないですもん(笑)。

小松 難しかった。しかも、絶対に自動販売機の前でっていう場所の指定もあって。だからこそ、動きも難しくて。ずっと3人で「どうする?」って話し合ってました。どうしても段取りっぽくなっちゃって上手くいかなくて。一番悩んだよね。

門脇 一番悩んだ! リテイクしたのが、クランクアップの日だったんですけど。全然、「オールアップです!」っていう感じじゃなかったよね。「……大丈夫だったのかな?」っていうモヤっとした気持ちでクランクアップしました。

観てる方としてはそれまでに溜まったモヤモヤが涙になって解放されるようなシーンになってました。

門脇 私も出来上がったのを観て、思うところがたくさんありました。どうしても役者の生理で気持ち悪いところを排除したくなっちゃうけど、そういうことと関係ないほうがむしろ響くことってあるんだなって感じて。すごく興味深く観ました。

改めて、完成した作品を観た感想を聞かせてください。

門脇 私はやっぱり、塩田さん、すごいなって思いました。台本だけではわからなかったものが……実は私、1回目を観た直後もちょっとよくわからなくて。後からじわじわ反芻して、なるほどな、こういうことがしたかったんだろうとか思って。ようやくいま、こうやって喋れるようになってきた。……なんというか、やってて気持ち悪い作品だったんですよね。ハルをやる上で一番大事にしたいのはレオへの想いとか、歌への思いだったのに、それを表現させてくれないし、ずっと喧嘩してるし。撮影中も熱い気持ちはあるのに、それを出せるシーンがないから、うまく見てる人に伝わるかわからないし。ともすれば、ハルがレオのこと好きって気付かずに観る人もいるくらい、分かりづらくしてるじゃないですか。でも、分かりづらいの連続だからこそ、なんとなくじわっと残るものがある感じとか。

門脇さんが感じた「監督がしたかったこと」というのは?

門脇 題材とプロットだけ読めば、胸が苦しくなるようなもどかしいお話だと思うんです。元々のプロットを読んだときはより3人の三角関係がフィーチャーされていて。もっと行き違ってて、痛くてひりひりした思いに重点が置かれるような作品になるのかなと思っていたんですね。でも、あがりは、後味がものすごくいい、爽やかな青春映画になってて。それはきっと、哲学的で繊細で感情的に寄りすぎない塩田さんが、秦 基博さんと一緒にやることが決まってから、たくさん引き算した結果だと思うんですね。あんまり言葉を喋らせずに、いい意味で一歩引いた目線で3人を見守るような構図にしたことで、間口がすごく広がったなって思って。ともすれば、塩田さんだし、割とコアな映画通の方々が反応しそうな作品になってしまいがちなものが、普段、王道な映画をよく観ている方にも、とっても受け入れてもらえやすいような映画になったのではないかと思いますし、さらに映画通の方も満足していただける作品にもなったと思いますね。

小松 うん、そうだね。お話は淡々としてて、盛り上がりみたいなものはなくても、なんかじわっとくる熱いものがある。3人とも気持ちが届かないし、すれ違ってばかりだけど、その関係性は過激には描かれていないし、人間のリアルさがある。そこに秦さんとあいみょん さんの音楽があることで、より観る人を選ばない作品になったなと思います。塩田監督の作品が好きなコアなファンの方も、純粋に音楽が好きな人も、年齢や性別を問わずに、いろんな人に見てもらえるんじゃないかなって思ってます。

門脇 そういえば、初号は成田くんと菜奈ちゃんと3人で並んでみたんですよね。私、初号はいつも端っこで一人で、すごく緊張しながら観るんです。初めて役者さんと並んで観て。そういう映画で、そういう現場だったんだなって、そのときに思いました。

ドキュメントのように3人で各地を旅していく撮影の中で何か面白い出来事はありましたか?

門脇 各地で美味しいものを食べました。大阪で監督と串揚げ食べて、3人で焼肉食べて、タピオカ飲んで。函館では菜奈ちゃんと魚を食べて楽しみました。

小松 あと、シマの悲しい話があります(笑)。3人で最後のご飯を食べる喫茶店のシーンがあるんですけど、実はみんな爆笑してて。3人ともお腹が空いてたから、段取りの時点ででもう食べようってなって。でも、だんだんとお腹に溜まってきて、本番は苦しくなって。しかも、いろんな方向で撮るので、つながりを考えながら、なんども食べなきゃいけなかったんですね。成田くんはオムライスだったんですけど、最初に綺麗な状態からガツガツ食べてしまったので、毎回、ちゃんと食べなきゃいけなくなって。みんな、もう一生オムライスやカレーを食べたくないっていうくらい食べました。

門脇 私たち二人はカレーなんで、混ぜたりして、ルーだけ食べるとかでごまかせるんですけど、成田くんはオムライスだからごまかしがきかなくて。

小松 そうそう。変な汗出てたよね、最後。

門脇 私のマネージャーさんに胃薬もらってました(笑)。

ハルとレオの二人だけの思い出のカレーを最後に食べるっていうシーンなのに。

小松 確かに、この話を聞くと気になってきちゃうよね。ぜんぜんカレー食べないな。ずっと混ぜてるなって(笑)。

門脇 あはははは。私も、自分で観て、スプーンで横に避けてるなーって思った(笑)。

秦 基博とあいみょんが手掛ける曲たちが3人の心情を全部語ってくれる。

(笑)。最後にハルレオとしてCDデビューすることについて聞かせてください。

小松 映画を見て、気になってくれた人が日常でもまた聞いてもらえることができるのでよかったなって思います。先行で配信されていたんですけど、周りの人でも、結構、ダウンロードしてくれた人は多くて。「あれ、めっちゃいい! 毎日聞いてる」って言われたので、嬉しかったです。

門脇 へー! 嬉しいね。

小松 CDという形として残るのが嬉しいなって。いい曲ですし、せっかく一から作ってくださったので、ずっと残るのが嬉しいですね。

門脇 ご本人が歌ってるバージョンも聴きたいよね。

小松 でも、秦さんは歌わないって言ってたよ。「もうプレゼントしてるものだから歌わない」って。あいみょんさんはご自身の弾き語りライブとかで歌ってくれるかもしれないから、いつか聴いてみたいですね。

それぞれの楽曲に関してはどう思いますか?

小松 ハルが作ってる曲は、みんなに向けて歌うっていうよりは、レオ、一人のために歌ってる曲。それぞれ、曲調も違うし、印象も違うんですけど、あいみょんさんの曲は表現する言葉がすごく独特ですよね。思わず、口ずさんじゃうような雰囲気がすごく好きだなって思いますし、歌詞の言葉1つ1つからちゃんと状況が伝わって、ハルレオの心情にも合ってて、繊細なところも素敵だなって思います。

門脇 本当に歌ありきの映画なので、映画の雰囲気をこの3曲がさらに豊かにしてくれてると思います。秦さんの主題歌はハルが解散に向けて作った曲で、爽やかさと切なさと優しさがある。あいみょんさんの曲は快活でちょっとバンドっぽい。ベースラインはそっちの2曲に近いんだろうなっていうイメージにビタッとハマるような曲だったので、入りやすかったですし、私たち二人をアーティストに押し上げてくれた曲だなって思ってます。特に「たちまち嵐」はこの映画が湿っぽくなり過ぎなかった、一番のキーだと思ってて。この1曲が入るか入らないかで空気感が全然変わる。三者三様、この映画を肉付けてくれてるなって思いますし、キャラクターがそんなに心情を語っていない分、歌が全部を語ってくれる。この3曲がこの映画を作ってくれてるなって思いますね。


【募集終了】抽選で1名様に小松菜奈さん&門脇 麦さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

応募期間

※募集期間は終了致しました。

5月30日(木)~6月6日(木)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


小松菜奈

1996年、東京都生まれ。長編映画デビュー作となった『渇き。』で「第38回日本アカデミー賞」を受賞。その後、『溺れるナイフ』(16)、『坂道のアポロン』(18)、『恋は雨上がりのように』(18)などの話題作に出演。2019年は映画『サムライマラソン』が公開、本作のほか、『閉鎖病棟(仮)』(11月予定)、『さくら』(20年初夏公開予定)が公開を控える。

オフィシャルサイト
https://www.stardust.co.jp/section3/profile/komatsunana.html

門脇 麦

1992年、東京都生まれ。映画『愛の渦』『闇金ウシジマくん Part2』『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』で各新人賞を受賞後、映画『こどもつかい』(17)『止められるか、俺たちを』(18)、TVドラマ『トドメの接吻』(18)、映画『チワワちゃん』(19)などに出演。2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』ではヒロインとして出演が決定している。

オフィシャルサイト
http://www.humanite.co.jp/actor.html?id=24

フォトギャラリー

映画『さよならくちびる』

5月31日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

【STORY】
音楽にまっすぐな思いで活動する、インディーズで人気の女性ギター・デュオ「ハルレオ」のレオ(小松)とハル(門脇)だが、付き人シマ(成田)が参加していくことで徐々に関係をこじらせていく。全国ツアーの道中、少しづつ明らかになるハル・レオの秘密と、隠していた感情。すれ違う思いをぶつけ合って生まれた曲「さよならくちびる」は、3人の世界をつき動かしていく――。

出演:小松菜奈、門脇 麦、成田 凌
篠山輝信 松本まりか 新谷ゆづみ 日髙麻鈴 青柳尊哉 松浦祐也 篠原ゆき子 マキタスポーツ
監督・脚本・原案:塩田明彦
配給:ギャガ
制作プロダクション マッチポイント
©2019「さよならくちびる」製作委員会

オフィシャルサイト
https://gaga.ne.jp/kuchibiru/