Interview

崎山つばさが、舞台『LOOSER~失い続けてしまうアルバム~』で新撰組を生きる。「演劇は素晴らしい」と感じた理由とは?

崎山つばさが、舞台『LOOSER~失い続けてしまうアルバム~』で新撰組を生きる。「演劇は素晴らしい」と感じた理由とは?

役者という表現者は、いつまでも子供でいなければいけない

崎山さんももうすぐ30歳になられます。同年齢の役をやることに感じることはありますか。

いろいろな考えがあると思いますが、30歳というのは、人生の分岐点だと思っていて。二十歳(ハタチ)も成人を迎えるので分岐点ではありますが、大人の扉を開けたばかりで、まだまだ大人になりきっていない部分があると思います。30歳を超えると第二の扉を開けて、20歳から10年生きて、そこから40代に向けて準備を始める、世間的に大人として振る舞う必要が生じてくる年齢だと思います。だからこそ、シゲのこれまでの30年間、なんとなく生きてきたけれど、「自分は変わらなければいけない」という決意に共感できます。

崎山さんが抱く理想の大人像はありますか。

ひと言で言えば“余裕”ですね。つまり、仕事をしても、誰かと話をしても、説得力があって、この人となら良い仕事ができそうだと思ってもらえる、堂々とした大人になりたいです。それでも役者は、いつまでも子供でいなければいけない要素も必要です。つまり、僕も表現者の世界にいる人間として、良い意味で業界の変化に流されていく部分と自分の中で誰にも譲れないこだわりを持っていないといけないと思っています。

崎山さんから伝えたい今作のメッセージはありますか。

難しいですね(笑)。単純にこの舞台を面白いと思っていただくのが第一です。そこから、自分の心に秘めている諦めかけそうな気持ちや、諦めた夢をもう一度追いかけることができる、燃えたぎる何かを持って劇場から帰ってもらいたいですし、新しく何かにチャレンジしてみようと、お客様の背中を押せるような舞台にしたいです。

忘れられないアンダースタディの経験

お話を伺っていると崎山さんにとっても役者として挫折したときがあったような気がします。

ありましたね。アンダースタディ(公演期間中に待機している控えの俳優)の経験は大きかったです。実際には舞台に出演しませんが、台詞と動きを覚えて、出演者に何かあったときの代わりにつねに待機している。そのときはつらかったのですが、その気持ちをいつまでも忘れたくないですね。出演者にはあって、自分にないものを気づかされたり、それを経たから、自分なりの武器を見つけようという考えにもなりましたし。負けず嫌いな性格も大きいのですが、座組みにいる役者を10年かかったとしても乗り越えたい、その想いだけで役者を続けて、それが今の僕に繋がっています。

崎山さんを見ていれば、その熱い気持ちが、今作のメッセージにも滲み出るような気がします。

そう言っていただけると嬉しいですね。シゲは30歳から変わるんです。きっと世間のイメージであれば、とても遅いスタートだと思います。でも、僕は人が変わろうとする瞬間に、年齢は関係ないと思っていて。40歳、50歳だろうが、変わりたいというモチベーションが大事です。もちろん、人間はすぐには変われないし、変化することは怖いことだと思いますが、あまり年齢を気にせず、何かを迷っている人、踏み出せずにためらっている人がいたら、絶対に挑戦したほうがいいと応援したいし、それがダメでも、何年後かにはまたチャレンジできると思っています。人間のいいところは、失敗から学べることだと思うので、どんなことがあっても少しずつ変わっていこうとする気持ちを大切にして欲しいです。

崎山さんの人柄も熱いし、演劇熱も側から見ているだけで感心するのですが、役者として心がけていることはありますか。

「役者はこうあるべき。この演劇はこうだ」という考えは役者をしていくうえで枷(かせ)になってしまうので、つねに柔軟でいたいし、性格的にラフでいたいと心がけています。とはいえ、この仕事の魅力はいろいろな人になれることで、その人を入念に調べ、周りのことをしっかり理解することが大切です。舞台であれば本番が始まる前、映像であれば「スタート」と声がかかるまでの準備が役者として大切だと思います。

やっぱり演劇は素晴らしい

それでは見どころをお願いいたします。

僕ら5人全員を観て欲しいです。ひとりひとりにフィーチャーするのは、3回目の観劇以降にしていただければ(笑)。それは冗談で、5人が主人公ですし、それぞれ葛藤しているキャラクターなので、感情移入できる人物が必ずいるはずです。そして、普通に腹を抱えて笑っていただければ嬉しいですね。

最後に、崎山さんをここまで熱くさせる「TEAM NACS」の作品に、機会があれば今後も出演してみたいですか。

もちろんです! 『LOOSER』のメイキングを観たら笑いが止まらなくて……「やっぱり演劇は素晴らしい」と感じさせてくれましたから。ご縁があったらまた出演したいです。


【募集終了】抽選で3名様に崎山つばささんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

5月31日(金)~6月9日(日)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


舞台『LOOSER~失い続けてしまうアルバム~』

東京公演:2019年6月6日(木)~6月9日(日) 品川プリンスホテル ステラボール
大阪公演:6月15日(土)〜6月16日(日) 森ノ宮ピロティホール

STORY
平凡な日々を憂いながら毎日を送るごく普通の30男、シゲ(崎山つばさ)。
彼はある日怪しげな男から、タイムトリップできるという薬を手に入れる。
「白き薬は10のときを遡り、黒き薬は10のときを超える……」
15砲の白き薬をほおばった彼がたどり着いたのは、動乱の幕末「新撰組」の時代だった……。
彼の目の前には、新選組の筆頭局長である芹沢 鴨(株元英彰)をはじめ、近藤勇(磯貝龍乎)、土方歳三(鈴木裕樹)、沖田総司(木ノ本嶺浩)といった歴史上の英雄たちが、士道不覚悟という言葉の下で、常に己の誠を磨いていた。
そして彼は、いつの間にか長州藩との争いに、その身を翻弄される事に……。
あの時代、一体何が正義で何が悪だったのか?
そして、真の英雄とは一体何だったのか?
これは、誰もが知る歴史の一片であり、誰もが知ることのない、己の誠の物語……。

原作・脚本:森崎博之(TEAM NACS)
演出・脚色:福島三郎

出演:
佐藤重文/山南敬介/吉田稔麿/他:崎山つばさ
土方歳三/坂本龍馬/他:鈴木裕樹
近藤 勇/宮部鼎蔵/他:磯貝龍乎
沖田総司/桂小五郎/他:木ノ本嶺浩
芹沢 鴨/古高俊太郎/他:株元英彰(劇団プレステージ)

©️「LOOSER〜失い続けてしまうアルバム〜」製作委員会

制作:ポリゴンマジック株式会社
主催:ポリゴンマジック株式会社、サンライズプロモーション大阪

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@StageLooser)

崎山つばさ(さきやま・つばさ)

1989年11月3日生まれ、千葉県出身。ミュージカル『刀剣乱舞』石切丸 役で注目を集め、2019年も同シリーズの「三百年の子守唄」に出演。主な出演作として【舞台】『CHaCK-UP』シリーズ、ミュージカル『Dance with Devils』、『ROCK MUSICAL BLEACH』~もうひとつの地上~、『錆色のアーマ』、『孤島の鬼』、『煉獄に笑う』、『クジラの子らは砂上に歌う』、『御茶ノ水ロック』【テレビドラマ】『アルジャーノンに花束を』、『お茶の水ロック』などがある。俳優と並行して音楽活動も行っており、2017年に“崎山つばさ with 桜men”名義でシングル「月花夜」でデビュー。最新作は1stアルバム『UTOPIA』。また、3月に公開された映画『クロガラス1』と『クロガラス2』で初主演を務めているほか、2nd写真集『THE RAW』(講談社)も発売された。出演待機作に9月の舞台『幽☆遊☆白書』が控えている。

オフィシャルサイト
Twitter(@sakiyama_staff)
Blog

フォトギャラリー

< 1 2