Report

ジェットコースターから動物園に!? ますます過激に“濃く”なった「ダメステ」の世界観!

ジェットコースターから動物園に!? ますます過激に“濃く”なった「ダメステ」の世界観!

『歌劇派ステージ「ダメプリ」ダメ王子 VS 偽物王子(フェイクプリンス)』が、5月17日(金)より、東京・よみうり大手町ホールで上演された。
通称「ダメステ」こと『歌劇派ステージ「ダメプリ」』は、女性向けスマートフォンアプリゲーム『DAME×PRINCE』(デイムプリンス)を原作に、2018年12月に第一弾の舞台「ダメ王子VS完璧王子(パーフェクトガイ)」が上演された。“ダメ王子”たちが繰り広げる舞台オリジナルのストーリーと、“LOVEルート”“DAMEルート”の2パターンの演出で上演され好評を得た人気作の、第二弾・“LOVEルート”ゲネプロと囲み取材の模様をレポート。

取材・文・撮影 / 近藤明子


ベレク(後藤 望)VSナレク王子(滝澤 諒)、“俺様”は誰だ!?

武力国家ミリドニアで興行中のシルク・ド・ミリドレイユ一座の看板役者・ベレク(後藤 望)が、ナレク王子(滝澤 諒)にそっくりと話題になっているという。興味津々のナレクは、ヴィーノ(松本祐一)、リオット(進藤 学)と共に芝居小屋へと向かうのだった。

盛り上がる一座のパフォーマンスに刺激され(キャーキャー言われているベレクに嫉妬して?)、突如ステージに飛び入り参加し“俺様オーラ”全開で激しく踊るナレクに、観客は拍手と歓声を送る。自身に憧れているというベレクを気に入ったナレクは大事な“もさもさ”を渡し、大事な式典までの数日間入れ替わることを持ちかけるとベレクは承諾。しかし、これが後に国を揺るがす大問題に発展することに。

王子の責務から解放され羽を伸ばすナレク。家臣たちは替え玉と知っていながら黙々と仕事に取り組むベレクに「仕事がはかどっていい」と、あえて目をつぶる始末。

一方その頃、宗教国家セレンファーレンから第一皇子リュゼ(大見拓土)、第二皇子メア(三原大樹)、宰相のクロム(汐崎アイル)が、山間の弱小国家イナコからは王家名代として騎士のテオ(橘 りょう)と守護獣のグリまる(齋藤彩夏)がミリドニアを訪れ--。

第一弾からさらにパワーアップした歌、ダンス、アクションが各シーンを盛り上げ、ナレクが口を開く度にいちいちポーズを決めるナルシストっぷりや、リュゼ皇子と“王子LOVE”宰相クロムのおなじみのやり取り、真面目ゆえにナレクの行動にますます眉間の皺が増えそうなリオットの渋い表情、グリまるの自由奔放っぷり振り回されるテオの姿に会場のあちこちから笑いが起こる。

さらに、二次元好き&引きこもり王子メアの心境の変化や、女好きなだけではないヴィーノの新たな一面など、舞台オリジナルストーリーならではのキャラクターの成長や変化が垣間見え、それぞれのキャラクターの魅力に深みを持たせていた。

さらに特筆すべきは本作で重要な役どころを演じるベレク役・後藤の活躍。
今回が舞台初挑戦ながら、偽物王子(フェイクプリンス)として堂々と立ち振る舞い、ナレク王子と並ぶオーラで観客をグイグイと物語の中へと引き込んでいく様は今後の活躍を期待させるものだった。

ナレク親衛隊のハディ(馬庭良介)、サンバン(坂下陽春)、エイミル(野見山拳太)が会場通路を駆け回り、新加入のアンサンブルメンバーがアクロバットを取り入れた華麗なアクションや様々な衣装に素早く着替えシルク・ド・ミリドレイユ一座やミリドニアなど何役も演じるなど全力で物語を盛り上げ、愛があふれるハッピーな空間を生み出していた。

1 2 >