Report

ジェットコースターから動物園に!? ますます過激に“濃く”なった「ダメステ」の世界観!

ジェットコースターから動物園に!? ますます過激に“濃く”なった「ダメステ」の世界観!

ナレクとしてもベレクとしても、今作はいろんな意味で挑戦の公演

ゲネプロの後には、ナレク 役の滝澤 諒、ベレク 役の後藤 望、リュゼ 役の大見拓土、クロム 役の汐崎アイル、テオ 役の橘 りょう、グリまる 役の齋藤彩夏が登壇し、囲み会見が行われた。

本作への意気込みについて聞かれ「第一弾を応援してくださった皆様がパワーをくれたおかげで、本日第二弾の初日を迎えられたことに感謝の気持ちでいっぱいです。「ダメステ」は“お客様との一体型”がテーマなので、第一弾で築いたお客様との絆を大切に、キャストとの距離の近さを楽しんでいただけるような世界観をパワーアップさせてお届けしたいです」と完璧なコメントの滝澤。
これには大見がリュゼ皇子の口調で「完璧すぎて、ほかに喋ることがありません(笑))」と語り、滝澤は「全部言っちゃったね、ごめんね(笑)」と謝罪。

汐崎は「毎日が初日で毎日が千秋楽。1回1回同じ公演はないので、毎回新鮮な気持ちで、熱量が伝わる作品になるように頑張りたい」と気を引き締め、橘も「次につなげていくためには、今回も必ず成功しなければならない。キャスト各々が自分の役割を全うしつつ、初日から熱量をガンガンと上げて頑張っていきたいと思います!」と熱く語った。

齋藤は「ここにいないキャストも、一緒にやってきた誇り高いメンバー。「ダメステ」の世界をお客様の愛してもらえる作品にできるよう頑張りたいと思います」とコメント。

本作が初の舞台出演で原作にはないオリジナルキャラクターを演じた後藤は、緊張の面持ちで「カンパニーの皆さんがすごく優しくて、スタッフの方々も親身になって一から「ダメステ」を作ろうという気持ちが伝わってくる現場です。カンパニーってこういうものなんだなと思うと同時に、とてものびのびといろいろなことを吸収できたんじゃないかなと思います。この一か月半で温めてきた「ダメステ」の大好きさを、見に来てくださる皆様にぶつけたいと思います!」と意気込んだ。

続いて今作の見どころを聞かれると自信たっぷりに「見どころはナレク様です!」と即答する滝澤だったが、直後に「ナレク、たいしたことなくねって言われないように本当に頑張りたいと思います」と言い直す謙虚な姿に、取材陣から笑いが起こる一幕も。

ナレクとベレク、そっくりなキャラクターを演じる苦労について質問されると、「癖の強いナレクの動きを偽物王子(フェイクプリンス)としてコピーしていくのが大変な作業だったと思いますが、稽古中はとりあえず暴れるナレク様を見て(後藤)望くんは吸収していってくれた。ナレクとしてもベレクとしても、今作はいろんな意味で挑戦の公演になっていくと思っています」と滝澤。

後藤は「(滝澤)諒くんがイチから作り上げたものを自分が再現できるのかという不安がありましたが、稽古中は親身になって教えていただき勉強になりました。特に印象的だったのは「フン! ハッ!」という掛け声をひたすら言い続ける発声練習です(笑)」と笑顔を見せた。

さらに「それぞれの“キュン♡ポイント”は?」との質問に、滝澤は「ナレクは歩くだけで惚れ惚れとしてしまうような、そんな手先、足先、顔を意識して僕はやっているのでずっと見とれてほしい」、後藤は「ラストの全てをさらけ出すシーンで皆さんをキュンキュンさせたいです」、大見は「リュゼの存在がすでに“キュン♡ポイント”です。以上です!」、汐崎は「僕はキャストの演じている姿を舞台袖から見ている時にキュンキュンしています。皆様にも様々なシーンでキャラクターの新たな一面に気づいたり、キャストたちの魅力にキュンキュンしていただけると思います」、橘は「テオの魅力は絶対的なお兄ちゃん感。
優しく包んでくれるおおらかな気持ちを意識して演じているので、そういった部分にキュンキュンしてもらえるんじゃないかと思っています」、斉藤は「グリまる的にはテオが(ぬいぐるみの)頭をポンポンしてくれるのが「いいぞぉ」と思っています(笑)。第二弾の今回のは、王子たちの国を背負っている感じ、頼もしさとか男らしさみたいな部分にキュンとするので、そんな男気みたいなものを皆様に感じていただけたら」と、各々語った。

最後に滝澤が「それぞれのキャストがそれぞれのキャラクターを愛し、その瞬間を生き抜いている生き様が素敵な作品です。初めて見る方は作品全体を見て楽しんでいただきたいですし、第一弾を見た方にはさらにパワーアップした王子たちを見てほしい。“LOVEルート”“DAMEルート”のストーリーの違いなど、幅広く楽しんでいただける作品になっています。歌、ダンス、殺陣、いろんなものをお届けするという意味で第一弾はジェットコースターにのっているような気分っていう例えを第一弾の時にしましたが、第二弾はちょっと動物園っぽい感じ(笑)。個性豊かなキャラクターを目の前で楽しんでいただけたら嬉しいなと思っています」とアピールし、会見は終了した。

『歌劇派ステージ「ダメプリ」ダメ王子 VS 偽物王子(フェイクプリンス)』は5月23日(木)までよみうり大手町ホールで上演。また、本作の千秋楽公演と稽古場・舞台裏の模様を収録したBlu-rayは、2019年冬に発売が決定! 購入特典など詳細は公式サイトをチェック!!

『歌劇派ステージ「ダメプリ」ダメ王子 VS 偽物王子(フェイクプリンス)』

2019年5月17日(金)~5月23日(木) よみうり大手町ホール

原作:DAME×PRINCE(NHN PlayArt株式会社)
原案:NHN PlayArt株式会社
演出/脚色:八十島美也子
脚本:眞鍋まり、栗谷雅也、石井綾華
音楽:中村 博
歌詞:マイクスギヤマ
振付:田中むねかず
DAME×STAGE製作委員会
(ムービック / サンライズプロモーション東京)

出演:
ナレク 役:滝澤 諒
ヴィーノ 役:松本祐一
リオット 役:進藤 学
リュゼ 役:大見拓土
メア 役:三原大樹
クロム 役:汐崎アイル
テオ 役:橘 りょう
グリまる 役:齋藤彩夏
ハディ 役:馬庭良介
エイミル 役:野見山拳太
サンバン 役:坂下陽春
ベレク 役:後藤 望
ルオーシュ 役:徳山秀典(友情出演)
アンサンブル:畑中ハル、髙野真器、古張和貴、及川崇治、高橋 玲、今井玲男、矢野秀実、山内涼平

©DAME×STAGE ©NHN PlayArt Corp.

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@damepri_stage)

< 1 2