Interview

佐倉綾音、『プロメア』と中島かずき作品へのリスペクトを語る 人気声優に「いつか演じてみたい」と思わせる“強い女性像”とは?

佐倉綾音、『プロメア』と中島かずき作品へのリスペクトを語る 人気声優に「いつか演じてみたい」と思わせる“強い女性像”とは?

2019年5月24日(金)より公開中の劇場アニメ『プロメア』は、今石洋之監督と脚本家・中島かずきがタッグを組んで手掛ける完全オリジナルSFアクション大作。カリスマ的人気を誇ったTVアニメ『キルラキル』(2013年)以来となる2人のコンビ作品であるため、アニメファンからは熱い注目を集めている。

暑苦しいほどに濃く、個性的な男性キャラクターが大立ち回りを演じる一方、しっかり者の女性陣が男たちを支えるのは「今石洋之・中島かずき」作品の特徴のひとつだ。『プロメア』もその例にもれず、無鉄砲な主人公・ガロを、ヒロインのアイナが支えるという構図を踏襲している。「今石・中島」コンビ作品初参戦にして、アイナ役を演じることになった佐倉綾音は、本作のヒロイン像をどう見るのか聞いた。

取材・文 / 福西輝明 撮影 / 増永彩子
構成 / 柳 雄大


見ていてもどかしい、くっつきそうでくっつかないガロとアイナの関係性

佐倉さんは「今石・中島」コンビの作品に出演されるのは初めてだそうですが、アフレコに臨んだ印象はいかがでしたか?

佐倉綾音 今石さん・中島さんコンビ作品のキャストは常連の声優さんが主軸となっているので、初参戦の私がそこに入っていくのは、最初少し不安だったんです。でも、実際に現場に行ってみたら、「他の人が入れない常連同士の結束」みたいなものは特になくて。どちらかというと、みんなフリーダムで違う方向を見ているんだけど、お互いに背中を預け合っているような、目に見えない信頼感を感じました。

あと、お話し好きな方が多いせいか、空き時間は基本的に誰かがしゃべっていて、そのおしゃべりが他の人にも飛び火してスタジオ全体が盛り上がる、みたいな。そうした明るい雰囲気の中でみなさんが積極的に話しかけてきてくださるから、自然と輪に入っていくことができました。テンションが高くて楽しい雰囲気の中、のびのびとお芝居できる現場だったと思います。

たしかに、「今石・中島」作品にはテンションが高い方が多いですよね。それに加えて、スタジオ入りする時に、ちょっとした「事件」があったとか。

佐倉 そうなんですよ! スタジオに向かう駅のエスカレーターで、私の後ろの方でずっと何かをブツブツつぶやいている人がいて……。こわいな~、関わらないようにしないとな~と思っていたんですが、じつはそれは本作でイグニスを演じている小山力也さんだったんです(笑)。スタジオに入る前から役のことで頭がいっぱいで、セリフを復唱していたんでしょうね。「なんだ、力也さんかー!」と、なんだか面白くなっちゃって、そのおかげもあって緊張がほぐれました。

「災い転じて福となす」ですね(笑)。では、佐倉さんが演じたアイナは、どんな女の子なのでしょうか。

佐倉 公式サイトの紹介文を見ると「どこかクールで落ち着いていて……」と書かれていますね。でも、それは「この作品の中では比較的落ち着いている」というだけであって、私にとっては「快活で面倒見のいいお姉さん」という印象が強いです。

たしかに、あまり「クール」という印象はないですね。

佐倉 ガロをはじめとするまわりのメンバーがはっちゃけすぎなので、それを抑えるためにもしっかりしなければならないだけ、という感じですね(笑)。ガロにほのかな恋心を抱きつつも、危なっかしい彼を支えるためにお姉さんっぽく振る舞ったり、ちょっと母性的なところをのぞかせたり。その一方で、姉・エリスにとっては、かわいい妹として接したり。対する人によって立ち位置が変わるので、見ていて飽きない子だと感じました。

せっかくアイナから想いを寄せられているのに、鈍感なガロにはまったく通じていない。そんな2人の関係性も面白いですね。

佐倉 そうなんです。全然気づいてくれないんですよ! ガロとアイナが2人きりになって、いよいよチューするのかな……? と、2人がいい雰囲気になるのって、全編通して数秒間しかないですからね(笑)。数少ないラブなシーンなのに、甘い雰囲気にはならない。そんなところが、恋に不慣れなガロとアイナらしくて、私は好きです。見る人によっては「そこはもうちょっと押すところだろう」と思われるかもしれませんが、鈍感な主人公と純情なヒロインがくっつきそうでなかなかくっつかない、あのもどかしい感じが逆にグッときました。

中島かずき作品ならではの「強い女性」を演じたいという夢がかなった

『プロメア』では、「バカだけど突き抜けた熱さを持つ男性たちを、しっかり者の女性が支える」という構図が描かれていました。

佐倉 中島かずきさんの作品の定番となっている構図で、『プロメア』でもその関係性は変わらず踏襲されていましたね。私は以前から中島さんの作品に登場する、自立した強い女性がすごく好きだったんです。

それは感覚的なもので、自分自身にも理由はわかっていなかったんですが、先日、中島さんとお話した時にすごく腑に落ちることをおっしゃっていたんです。「女性であるというだけで、“守られるべき存在”だとか“性的搾取の対象”として見られるのが、俺は許せない。性差はあるけど同じ人間だし、男性にしか守れないものがあれば、女性にしか守れないものもある。そういう意味で、男性と女性は対等でなければならない」と。

だから、中島さんの作品に登場する女性はみんな芯の強い人ばかりだし、私はそういう女性像に惹かれていたんだなと、改めて気づいたんです。

以前、中島さんがシリーズ構成を手掛けたTVアニメ『天元突破グレンラガン』(2007年)のインタビューでも、同じことをおっしゃっていました。

佐倉 私も中島さんとまったく同じ考えなんです。私は昔から女の子扱いされるのがあまり好きじゃなくて。中学生くらいまで髪形はずっとショートカットだったし、スカートも履いたことがなく、一人称が「僕」だった時期もありました。女性として見られるよりも、男性に間違われることの方が嬉しかった。ちょうど男と女の狭間にいられるような気がして……。そういう意味でも中島さんの作品は、私の心に刺さるべくして刺さったのだなというふうに思います。

アイナにしても、見た目はかわいらしい女の子ですが、ただ守ってもらっているだけの存在ではありません。隊員同士、守り守られながら活躍しています。そんなふうに、男たちと対等に渡り合っている女性が登場する中島さんの作品が、大好きなんです。中島さんが脚本を手掛けている「劇団☆新感線」の舞台『髑髏城の七人』をずっと追いかけ続けていたのも、そうした「強い女性像」に惹かれているからかもしれません。

舞台『髑髏城の七人』で主人公の捨之介を演じた松山ケンイチさんが、『プロメア』でも主役のガロ役を務めています。松山さんの演技をご覧になった印象は?

佐倉 最初は、アニメのアフレコの経験が浅い俳優さんには、ガロを演じるのは難しいのでは、と思っていました。ケレン味あふれる絵の勢いに負けない演技が必要だし、セリフの節回しが非常に独特で、これを表現するとなるとプロの声優でも難しいだろうと。

でも、松山さんは『髑髏城の七人』で観た捨之介のイメージが私の中に強く残っていたのもありますが、まったく違和感なく中島脚本独特の節回しを巧みに操っていらっしゃいました。それに加えて、松山さんの声の持つ「温かさ」と「熱さ」、そして「優しさ」がちょうどいいバランスでガロにマッチしていて。「ああ、この人についていきたい!」と思わせてくれる主人公像を作り上げていらっしゃいました。

これまで、さまざまな作品に出演してこられた佐倉さんでも、中島脚本のセリフ回しは難しく感じたのでしょうか。

佐倉 たしかに一筋縄ではいきませんでしたが、中島さんが描く女性キャラを演じることのうれしさとやりがいの方が勝りました。いつか中島さんの作品で、何者にも屈しない、強い女性を演じたいと思っていましたが、その夢がこんなに早く実現するとは……。心から楽しみながら演じられましたし、勉強にもなりました。

本作を演じられて、特に印象に残るシーンを挙げるとしたらどこでしょうか?

佐倉 物語中盤でガロとアイナが湖を訪れるシーンです。そこでのガロとアイナのもどかしくもドキドキするやり取りは、アイナを演じた身としてはぜひご覧いただきたいです。あとは、全編通してどこを切り取っても絵になる映像なんですが、それこそオープニングから目が離せなくなると思います。上映が始まる前にトイレを済ませて、ポップコーンや飲み物も用意して(笑)、ぜひ、オープニングから客席でご覧になってほしいです。

フォトギャラリー

劇場用アニメ『プロメア』

大ヒット公開中

【出演】
松山ケンイチ 早乙女太一 堺 雅人
ケンドーコバヤシ 古田新太
佐倉綾音 吉野裕行 稲田 徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠 大典 檜山修之 小西克幸 柚木涼香

【スタッフ】
原作:TRIGGER・中島かずき
監督:今石洋之
脚本:中島かずき
キャラクターデザイン:コヤマシゲト
美術:でほぎゃらりー
美術監督:久保友孝
色彩設計:垣田由紀子
3DCG 制作:サンジゲン
3D ディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助
編集:植松淳一
音楽:澤野弘之
音響監督:えびなやすのり
タイトルロゴデザイン:市古斉史
主題歌:「覚醒」「氷に閉じこめて」Superfly(ワーナーミュージック・ジャパン)
アニメーション制作:TRIGGER
製作:XFLAG
配給:東宝映像事業部

©TRIGGER・中島かずき/XFLAG

オフィシャルサイト