Report

黒羽麻璃央が「料理があればどこへでも行ける作品」と続編に意欲を見せる、劇場版『広告会社、男子寮のおかずくん』完成披露舞台挨拶

黒羽麻璃央が「料理があればどこへでも行ける作品」と続編に意欲を見せる、劇場版『広告会社、男子寮のおかずくん』完成披露舞台挨拶

疲れた身体を食事のシーンで癒して楽しくお芝居をしました

「ミナト広告」で日々仕事に奮闘する若手営業マン西尾 和を主人公に料理が得意な男子4人を描くオトクニによるコミック『広告会社、男子寮のおかずくん』を原作に、2019年1月にドラマ化された『広告会社、男子寮のおかずくん』。その劇場版が7月12日(金)より公開されるのに先駆け、本作の完成披露舞台挨拶が6月2日(日)に東京・よみうりホールで行われ、黒羽麻璃央、崎山つばさ、小林且弥、大山真志、三原光尋監督が登壇した。

劇場版の舞台は、“江の島”。入社3年目の夏、ライバルの大手広告会社から勝ち取った新プロジェクトに意気揚々としていた“おかずくん”こと西尾 和(黒羽麻璃央)だったが、突きつけられるシビアな現実にへこたれてしまう。そんな彼の癒しは、同じ社員男子寮に入居している、同期の東良啓介(崎山つばさ)、先輩のアートディレクターの北 一平(小林且弥)、経理部の南郷 正(大山真志)らとともに、毎週金曜の夜に晩ごはんを持ち寄って催す「ハナキン持ち寄りごはん会」だった。どんなにつらいことがあっても、美味しいご飯をみんなで食べれば幸せを噛み締めることができる……笑いあり、ちょっぴり泣けるハートウォーミングなストーリー。

舞台挨拶前にオープニングアクトとしてDEVIL NO IDが登場し、オープニングソングの「TGIF」を披露。2016年に沖縄で誕生したグループで、歌って踊ってラップして、会場を優しさに満ちたカラフルなダンスホールに仕立てあげた。

会場の温度もテンションも高くなったところで登壇者が舞台袖から登場。
MCから連続ドラマから劇場版が決まった気持ちを聞かれ、黒羽麻璃央は「劇場版になることが決まっても、ドラマ版から4人の仲が良かったし、チームワークの良い座組みだと思っていたので心配はしていませんでした。とてもハードなスケジュールでしたが、疲れた身体を食事のシーンで実際に食べ物を食べながら癒して楽しくお芝居をしました」とコメント。

それを受けた崎山つばさは「もう一度、美味しいご飯が食べられると思うと嬉しかったです。さらにお弁当も用意してくださって、食事代が浮いてしまうほどで(笑)。映画版でも、広告会社で働く仲良し4人組が金曜日の夜に集まってご飯を食べることが、些細なことなのに、とても幸せに感じることができて嬉しかったです」と語った。

大山真志は「やっぱりご飯が美味い(笑)。『かきこむように食べて欲しい』と監督から言われて、思わずご飯を食べたくなってしまうシーンを撮影していただいて楽しかったです」と述べた。

小林且弥は「原作もので、キャラクターの括りを意識しながら役に挑みましたが、この4人だけの空気感が出せたし、お客様をホッとさせる優しい瞬間も生まれましたね」と撮影を振り返った。

ロケ地となった“江の島”でのエピソードを聞かれ、黒羽が「みなさん事件が起きましたよ! 上司と同僚に11月の海に放り投げられました!」と客席から笑いを誘うと「でも、本当に楽しかったですね。海に入るシーンは、タイミングとしてもちょうどいい時間で、おまけに撮了の日だったこともあり、今までやってきた“おかずくん”の世界観を改めて感じることができて、子供に戻ったような初々しい気持ちになりました」と語った。

「みんなが仲良しだったのが大きかったよね」と三原光尋監督が黒羽の話を受けると「僕があれこれ言って演出しなくても、4人は自分のキャラクターをきちんとわかっていて、友達を撮影しているような楽しい気持ちになれたし、それぞれ素の良さも出ていて感動的でした」としみじみと語った。

幸せな広告をつくるのが生きがいの登場人物たちというところで、自分の夢を尋ねられられた黒羽は「今回は“江の島”が舞台でしたが、料理があればどこへでも行ける作品なので、次はアジアへ、果ては“おかずくん in ハワイ”もありうるかもしれません(笑)。原作も続いていて、新しい登場人物が増えるかもしれないし、可能性は無限大なので、これからも“おかずくん”の世界を広げていけたら嬉しいです」と意気込んだ。

また、崎山は「野球選手ですね。小学校の卒業文集に書きました。今でもドラフト会議で僕の名前が呼ばれることを期待しています(笑)」とおどけて観客を笑わせ、小林は「役者というお仕事をさせていただいて、このまま続けられたら……僕は『刀剣乱舞』に出たいです!」とコメントすると客席から大きな拍手が。大山も「僕も『刀剣乱舞』と言うしかない(笑)。とにかく、生涯現役で役者をしたいです」とにこやかに語った。

“おかずくん”は理想と現実の狭間で苦闘するが、そのような場合はどのように対応していくのか聞かれると、黒羽は「気持ちが落ち込んでも、かならず周りの人たちが支えてくれるので、周りとの関係性を大切にしながら生きています」とコメント。
それに同調するように崎山は「僕は漫画やアニメが好きなので、それに触れることで元気になるし、自分が好きなことを大事にしながら頑張っていると、周りに助けられることが多いですね」と頷いていた。

小林は「昔は理想と現実のギャップに苦しむこともありましたが、30歳を過ぎてから、どちらもしっかり受け入れることができるようになって、仕事であれば思いっきりバットを振り抜いています」と語った。
大山は「落ち込んだときは、ひたすらご飯を食べて切り替えています。“粒粒うに”をかけたパスタにハマっています」と映画の内容にかけてオチをつけていた。

そこからプレゼント抽選会が催されたが、抽選箱からくじを引こうとすると、崎山は千葉県出身らしく「第一回選択希望選手、千葉ロッテマリーンズ・崎山つばさ」とドラフト会議の模様をマネて観客を笑顔にした。

最後に三原監督が「7月から全国公開になりますので、これからも応援してください。みなさんの声が関係各所に届けば“パート2”に繋がりますし、そのときの監督には私を指名してください」と微笑んで挨拶。

大山は「僕はこの作品が初めての映画出演になります。たくさんのスタッフ・キャストに囲まれて幸せです。みなさんもこの作品を愛してくれれば嬉しいです」とコメント。
小林は「今日の日のことをSNSで拡散して、僕らをハワイへ連れて行ってください(笑)。ちなみに、ハッシュタグは“監督続投”と書いてくださいね」と述べた。

崎山は「“おかずくん”が広告をつくって幸せになる瞬間を共有できたら嬉しいです。次回作も監督続投、キャストもみんな続投で、いろいろなところに行きたいです。好きなことを仕事にすることはとても大事なことだと思います。たとえ大変なことがあっても諦めないで、お仕事を頑張りつつ、この映画を観て励みにしてください。なにより、この作品の好きな人を推すことも、みなさんにとって大切な仕事です(笑)。みなさんと一緒にこの映画を盛り上げたいです」と意気込んだ。

登壇者を代表して黒羽が「僕にとって“おかずくん”が連続ドラマ初主演になりました。そんな作品がスクリーンに戻ってくるのは、本作が多くの方に愛されているからなので感謝しています。役者のお仕事をしていると、会社員のイメージがなかなか湧かないのですが、実際に営業マンを演じてみると、会社勤めの方の真摯な姿をリスペクトできるようになりました。お仕事は違うかもしれませんが、困難に揉まれながら自分の夢を貫くことは素敵です。みなさんには作品の面白さを口コミで広げていただき、ハワイに行きましょう! そうして『夢が叶ったね。ワクワク、ロコモコ丼』というストーリーをつくりたいです(笑)。今日は本当にありがとうございました」と締め括り舞台挨拶は盛況のうちに幕を閉じた。

映画『広告会社、男子寮のおかずくん 劇場版』は、7月12日(金)よりシネマート新宿ほかで全国公開される。

取材・文・撮影 / 竹下力

映画『広告会社、男子寮のおかずくん』

2019年7月12日(金)よりシネマート新宿ほか全国公開

出演:黒羽麻璃央 崎山つばさ 小林且弥 大山真志 逢沢りな 田中要次

原作:オトクニ(クロフネコミックス・リブレ刊)
監督:三原光尋
脚本:金杉弘子
音楽:MOKU
主題歌:「真夏のファンタスティックボーイ」(LUV K RAFT)
制作:ビデオプランニング
配給:バップ
製作委員会(バップ、ビデオプランニング、ネクスト、テレビ神奈川、テレビ埼玉、KBS京都、九州朝日放送、日本BS放送)

©オトクニ/libre 2018 ©「広告会社、男子寮のおかずくん」製作委員会

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@okazukun_PR)