Interview

“まるで芸術”─音楽ものアニメの最重要作『キャロル&チューズデイ』 島袋美由利×市ノ瀬加那、ふたりの主役が吹き込む「リアル」とは?

“まるで芸術”─音楽ものアニメの最重要作『キャロル&チューズデイ』 島袋美由利×市ノ瀬加那、ふたりの主役が吹き込む「リアル」とは?

2019年4月より放送が始まったTVアニメ『キャロル&チューズデイ』。『カウボーイビバップ』や『サムライチャンプルー』など、音楽をモチーフとして扱った作品で全世界で熱狂的な支持を得た渡辺信一郎監督が満を持して送る、「音楽作り」を主題に据えた作品だ。この作品でメインキャラクターを演じるキャロル役の島袋美由利と、チューズデイ役の市ノ瀬加那に作品の印象と役作りの話を聞いた。

取材・文 / 日詰明嘉 撮影 / 山本哲也


リアルなキャラクター像を作り上げるための秘策とは?

島袋美由利(キャロル役)、市ノ瀬加那(チューズデイ役)

作品についての最初の印象をお聞かせください。

市ノ瀬加那 火星を舞台に、今まで見たことがない未来的な世界でありつつも、現代の延長線上にある技術を使っていたり、現代的な言葉遣いをしていたりと、とても楽しい作品だなという印象でした。そしてテーマの音楽については楽曲自体も素晴らしく、作画も人間味が溢れていてこれまで見たことがない凝った作品になりそうだなと感じました。

島袋美由利 AIがカルチャーを作る時代が来て、そのときには人間が音楽を作るなんてナンセンスだと言われかねないにもかかわらず、それに負けじと向かっていくふたり。そんな様子がたくさん見られるのではとワクワクしながらオーディションを受けさせていただきました。受ける時点ですでにPVが作られており、そこにはシンガーを全世界的に募集しているという告知がされていて、世界に向けて発信をしていくという規模の大きさにも驚かされました。

キャロル

演じられるキャラクターについての印象はいかがでしたか?

島袋 キャロルとチューズデイはニューヨークや渋谷にいそうなくらいリアルに感じられる存在なので、視聴者の方も自分を重ねやすいキャラクターだと思います。オーディションのときも「自然体でお願いします」と言われていたので、それを念頭に入れて家で練習したのですが、喋るときに思いのほか自分の癖が出てしまって苦労しました。言葉は馴染みやすかったのですが、自分が出てきてしまうのを消しつつ、違和感なくキャロルに近づけて行く必要がありました。

その作業は具体的にはどのように?

島袋 この作品に関しては、「声に出して練習するのは3回まで」と決めました。それ以上言葉に出すと、やっぱり言い慣れてきて用意している感が出てしまうんです。キャロルはボーイッシュな子ですから、自分で録音して聞いてみたときに、女の子っぽすぎる部分が出ていたら言い切りを強くしてみたりするなどして、それを台本に書き込み、あとは現場で皆さんとの空気を感じてお芝居ができるような体勢で収録に向かっています。

チューズデイ

市ノ瀬 私もけっこう読み込んでしまう派なのですが、この作品ではリアルさを出していきたいと思っているので、その塩梅を探っている状況です。キャラクターらしさはもちろん考えて行きますが、「この子はこんな子だ」とは決めつけないようにして、感情のままに出していければと思っています。現場で皆さんが出してくるお芝居が本当にすごいので、その空気を感じ取ってパッと出たものがチューズデイらしさかなと思い、それに乗っかるような形で私も演じています。

チューズデイらしさとは?

市ノ瀬 実際にはお嬢様なのですが、お嬢様っぽくなりすぎず、あくまで等身大の女の子だというところを意識しています。家が厳しいこともあってか、ちょっと引っ込み思案で、自分を表に出すのが苦手。でも、キャロルや他のキャラクターと出会ううちに天然なところもどんどん出てくるんです(笑)。そこはどんどん楽しんで演じていけたらと思っています。

チューズデイから見てキャロルはどんなふうな存在に見えますか。

市ノ瀬 もう、チューズデイからしたら命の恩人みたいな感じですよ(笑)。家出をして行き場がないところを、たまたまキャロルが道で歌をうたっていて、それがチューズデイにとってすごく心に響いたという、音楽を通じて出会った相手。一人ひとりでは音楽としてまだ完成してはいないのですが、ふたりが合わさった瞬間に、本当に素晴らしいものになるんです。ここまで合致することなんて、なかなかないと思います。

キャロルって、一見するとガツガツしてそうに見えますが、とても気遣いができる子で、家出をしてきた理由についてもあまり深掘りせず察してくれる、距離感を保つことがとてもうまい子だなという印象があります。包容力もありますし、だからこそチューズデイも安心して曲作りも一緒に楽しめているんだと思います。

ではキャロルから見てチューズデイはいかがですか?

島袋 「チューズデイとなら足りないものを探しに行ける」って思えた存在です。今までハミングに乗せてきた気持ちをこんなにも正面から理解してくれたのはチューズデイが初めてなんじゃないかなと。音楽に対する気持ちが互いに共鳴しているのだろうなと思います。あと、チューズデイはお掃除が下手だったり、アルバイトをしたことがない箱入り娘だったりするので、妹というか自分が支えてあげなきゃという感覚もあると思います(笑)。

1 2 >