Review

『PIXELS』徹底検証

『PIXELS』徹底検証

単なる元ゲームオタクの“普通のオヤジ”が
崖っぷち人生のリセットをかけて
エイリアンの襲撃によって滅亡の危機に陥った人類を救う!

 1982年、NASAが宇宙人との交流を夢見て “人間” を “地球“ を深く知ってもらうために地球のカルチャー紹介映像を宇宙に向けて発信した歴史的事実。それを受信した宇宙人が当時大流行していたゲームの映像を友好のメッセージではなく宣戦布告と誤解したら?という着想から生まれたのが映画『ピクセル』だ。エイリアンたちが巨大化したゲーム・キャラクターたちに姿を変え侵略を開始する、という奇想天外なストーリーを、壮大なスケールと斬新な映像で魅せつける『ピクセル』は、まったく新しい形のオモシロディザスター映画となった。

 グアムの空軍基地を襲う『ギャラガ』、インドのタージ・マハルを崩す『アルカノイド』……触れたもの、攻撃したものをすべてをカクカクとキューブ状に破壊してしまうゲームキャラの攻撃に、アメリカ軍隊は必死の銃撃戦を繰り広げるが、全く歯が立たなかった。そこでアメリカ合衆国大統領は、決断する。80年代のレトロゲームのパターンと攻略法を知りつくした当時の世界チャンピオンたちを、“アーケーダーズ“ として組織し、エイリアンを迎え撃つことを。ただし、そのアーケーダーズ、当時こそ、神童だ、天才だともてはやされたものの、30年以上たったいまでは見た目 “普通のオヤジ” の単なる元ゲームオタク。これは、アーケーダーズにとっても、崖っぷち人生のリセットをかけたゲームとなるのだ。果たして、アーケーダーズは人類を滅亡の危機から救うことができるのか。ゲームクリアか、ゲームオーバーか?いま、史上最大のゲームが幕を開ける—。 (プレスリリースより抜粋)

pct1

地球を突然襲ってきたのは
80年代に慣れ親しんだゲームのキャラクターたち
崖っぷち中年となった大統領が
人類の危機を救うために頼ったのは……

 1982年、NASAは未だ見ぬ地球外文明に向けた「友好のメッセージ」として、地球を代表する数々のカルチャー映像を宇宙へと打ち上げた。その中にはNASA主催のアーケード・ゲーム世界大会の映像も含まれていた。

 それから33年後のワシントン、アーケード・ゲーム世界大会で名を馳せたサム・ブレナー(アダム・サンドラー)は、いまはサエないただのオヤジとなり、ホーム・シアターの取付け業者として働いていた。一方、当時共に大会に参加した親友のウィル・クーパー(ケヴィン・ジェームズ)は、なんと大統領に。昔と変わらぬ友情で結ばれている二人は、立場に隔たりがあるとは言え、サムは妻に逃げられたばかり、クーパーは失策続きで国民の信頼を失い、ともに崖っぷち感の否めない中年だった。

pct2

 ある日、サムはいつものように取付けサービスに赴くと、玄関先で出迎えた少年からいきなりバカにされる始末。さらにその家の女主人ヴァイオレット・ヴァン・パッテン(ミシェル・モナハン)は、夫の浮気で離婚し、引っ越してきたばかりで超不機嫌。そんな彼女の泣き言に付き合っているうち、一瞬いいムードになるものの、すぐに生来の気の強さを取り戻したヴァイオレットは「会ったばかりの男になびくような女じゃないのよ」ときっぱりサムを拒否。

 ちょうどその時、サムの携帯が鳴る。クーパーから「至急ホワイトハウスに来てほしい」という呼び出しだ。サムの車に、なぜかヴァイオレットが後からついてくる。実は彼女は兵器開発を担当するアメリカ軍中佐で、彼女もホワイトハウスの緊急会議に招集されていたのだ。

 大統領執務室で、クーパーから極秘である映像を見せられたサムは目を丸くする。グアムの空軍基地が、何者かに襲われたというその映像は、攻撃された人や建物がボロボロとキューブ状に崩壊している。「地球上にこんな軍事技術を持った国は存在しません」というヴァン・パッテン中佐や、「最先端の多国籍企業の仕業だ」という国防長官をよそに、サムだけが一目で敵の正体を見抜く。「ギャラガだ……」。そう、攻撃を仕掛けてきたのは、なんと彼らが80年代に慣れ親しんだゲームのキャラクター「ギャラガ」たちだった……。

 サムは人類を滅亡の危機から救うためゲームのキャラクターたちと対決。ゲームクリアか、ゲームオーバーか?いま、最大のゲームバトルが幕を開ける——。 (プレスリリースを再構成)

キャスト

cast1

サム・ブレナー
(アダム・サンドラー)

少年期には “1982年度ビデオゲーム世界大会” 第2位に輝き、『ギャラガ』と『センチピード』のチャンピオンだったが、現在はホームシアターの取り付け会社に勤務している。


cast2

ヴァイオレット・ヴァン・パッテン中佐
(ミシェル・モナハン)

米国陸軍中佐で軍事兵器のスペシャリスト。夫が若い女性と浮気して傷心のところに子どものゲーム用のTVの取り付けでサムが現われて、いい雰囲気になるが…。


cast3

ラドロー・レイモンソフ
(ジョシュ・ギャッド)

サムと共に “1982年度ビデオゲーム世界大会” に出場して第3位となった “神童”。『DOJOQUEST』のチャンピオンで、そのゲームの主人公レディーリサのことを愛してやまない。


cast4

エディ・プラント
(ピーター・ディンクレイジ)

“1982年度ビデオゲーム世界大会” でサムを破った勝者で、『ドンキーコング』と『パックマン』のチャンピオン。現在はハッカー、離婚4回の危険人物として監視下に置かれている。


cast5

ウィル・クーパー
(ケヴィン・ジェームズ)

サム、ラドローの親友で初代青少年読書チャンピオン。アメリカ合衆国大統領として突如襲ってきたゲームキャラに対して、’82年当時のビデオゲームのチャンピオン達を集めて対抗する。


cast6

Qバート

地球に襲いかかるゲームキャラクターのひとつであったが、サムたちアーケーダーズの仲間となる。変身することができ、ラストには思いもよらない変身を遂げてラドローを喜ばせる。

pct3

80年代に花開いたサブカルチャーの魅力を凝縮した
アクションと笑いが絶妙な融合を果たした
全世代が心から楽しめる映画

 宇宙に向けた友好メッセージをエイリアンが誤解して、当時のゲームのキャラクターに姿を変え地球を侵略する、というユニークなストーリーを際立たせるためには、本物のゲーム・キャラクターたちの登場が不可欠だった。エイリアンがアーケーダーズに戦いを挑む、日本発のゲーム、『パックマン』、『ドンキーコング』を始め20種以上の実在のゲーム・キャラクターが本作には登場する。アタリ(アステロイド、ブレークアウト、センチピード、ミサイルコマンド)、コナミ(フロッガー)、バンダイナムコ(パックマン、ギャラガ、ディグダグ)、任天堂(ドンキーコング、ダックハント)、ソニーコンピュータエンタテインメント(Qバート)、タイトー(アルカノイド、スペースインベーダー)、ワーナーブラザーズインタラクティブ(ペーパーボーイ、ジャウスト、ディフェンダー、ロボトロン)、G-MODE(バーガータイム)など、登場するピクセル化されたキャラクターたちは、まるで80年代のオールスター・チームのようだ。

 この作品のDNAの一部であるゲームキャラたちを登場させるためには、10社以上の異なる権利元に交渉しなければならない。通常はゲーム業界内でライバル会社としてしのぎを削る仲であるそれらの会社との交渉について、プロデューサーの一人であるアレン・コヴァートは「幸い、どのゲーム会社もとても協力的だった。僕らは、彼らの作り出したキャラクターたちに対する深い愛情と敬意を示して協力を仰いだ。そして各ゲーム会社と協力しながら、そうした要素を作品に織り込んでいったんだ」と語る。

pct4

 本作に登場する、これらゲーム・キャラクターたちの中で最も中心的な位置を占めるのが、『パックマン』である。日本でももちろんおなじみキャラではあるが、実はパックマン人気はアメリカでは絶大なものがあり、アニメシリーズ化や、楽曲発売などされTIME誌の表紙も飾っているほどで「80年代のミッキーマウス」の異名をとっている。また、2005年には「もっとも成功した業務用ゲーム機」としてギネスブックで認定されている。

 『パックマン』が最も人気のキャラクターであるがゆえ、実際の『パックマン』の生みの親である元ナムコの岩谷徹教授が実名で登場し、『パックマン』に語りかけるユニークなワンシーンがある。『パックマン』を倒すためにアーケーダーズが岩谷教授の力を借りるこのシーンでは、俳優のデニス・アキヤマが教授を演じているが、岩谷氏本人も、冒頭の’82年のゲームセンターのシーンでゲーム機の修理係としてカメオ出演している。撮影現場では、ギネスホルダーでもある岩谷教授は、監督を始めスタッフ、キャストから、大変なリスペクトを持って遇されたという。

 80年代からインスピレーションを得たのはゲームだけではない、と語るのは、本作の製作総指揮でコロンバスの制作会社1492Picturesの社長を務めるマイケル・バーナサンだ。「この映画に携わった全員に、80年代のすばらしいアクションコメディ作品に対する思い入れがあると思う。現代の観客によろこんでもらえる映画を作ろうと思ったのは確かだけど、それと同時に僕らが目指したのは、80年代の映画のようなアクションと笑いの絶妙な融合だ」。

pct5

 事実、クリス・コロンバスは、『グレムリン』や『グーニーズ』の脚本家として80年代を代表する作品に携わった後、『ホーム・アローン』や『ミセス・ダウト』など長年愛され続けるコメディ・エンタテインメントを世に送り出し、さらに、『ハリー・ポッター』、『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』、『ナイトミュージアム』など、特殊効果を駆使した超大作シリーズを成功への軌道に乗せてきた。そのコロンバスは、「これは僕にとって、『グレムリン』と『グーニーズ』と『ハリー・ポッター』を合わせた映画なんだ。これまでに自分が培ってきた技術を使って新鮮な作品を作ることができた。観客を懐かしい80年代へと呼び戻す、とてもユニークなサマームービーになるはずさ」と語る。

 コロンバスがこのプロジェクトに惹かれたもう一つの理由は、あらゆる年代の観客に心から楽しんでもらえる映画になると思ったからだ、という。「親世代の人たちは、当然ゲームセンターに行って遊んだ頃のことを思い出すだろうし、子供たちはキャラクターたちに目を見張るだろう。この映画には、親たちにも、子供たちにウケるジョークも山ほどあるんだ」と、彼は言う。

 しかし、それだけではない。宇宙に向けたメッセージ映像の中には、マドンナやホール&オーツ、マックス・ヘッドルームから『007黄金銃を持つ男』まで80年代カルチャーが随所に現われる。

 80年代当時のゲームセンター・シーンのためには何百というアーケードゲーム台が集められ、この作業も全てのゲーム会社から承認を得なければならなかったが、だからこそ忠実に再現されている。そして、そこに集まっている785人の役者に当時の服装をさせるためにも、衣裳デザイナーのクリスティン・ワダは細心の注意を払ったという。「全体的に80年代の服は非常にカラフルだったの」と、彼女は言う。「当時のファッションには、とんでもなく派手なものもあったけれど、今回はクリスの描いていたビジョンに合わせるために、衣装もカートゥーンっぽくなりすぎないようにしたのよ」。

 「こうしたゲームや80年代にノスタルジアを感じる人たちや、当時のカルチャーをクールだと感じる人がかなりいると思うんだ。今の大学生たちと話をしていても、彼らが一番好きな映画が『グーニーズ』だったりするしね。あの時代に対する憧れがあるんだよ」とコロンバスは語っている。 (プレスリリースを再構成)

pixels-cover-copy
映画『ピクセル』

オフィシャルサイト

監督:クリス・コロンバス
脚色:ティム・ハーリヒー、ティモシー・ダウリング
プロデューサー:アダム・サンドラー、クリス・コロンバス、 マーク・ラドクリフ、アレン・コヴァート
撮影:アミール・モクリ プロダクションデザイナー:ピーター・ウエナム
音楽:ヘンリー・ジャックマン
視覚効果スーパーバイザー:マシュー・バトラー

Cast
ブレナー:アダム・サンドラー
クーパー:ケヴィン・ジェームズ
ヴァイオレット:ミシェル・モナハン
エディ:ピーター・ディンクレイジ
ラドロー:ジョシュ・ギャッド
ポーター大将:ブライアン・コックス
1982年世界大会 MC:ダン・エイクロイド
レディ・リサ:アシュレイ・ベンソン
岩谷教授:デニス・アキヤマ9月12日(土)全国ロードショー
2015年アメリカ映画
スコープサイズ

本編上映時間:1時間45分
2D /3D / IMAX / MX4D /4DX
字幕翻訳:松崎広幸
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント