Interview

「最初の驚きがだんだん自信に」宮野真守、まさかの“アニメで全編ライブ”を成立させた劇場版「うた☆プリ」と主題歌制作を語る!

「最初の驚きがだんだん自信に」宮野真守、まさかの“アニメで全編ライブ”を成立させた劇場版「うた☆プリ」と主題歌制作を語る!

歴代の主題歌やテーマソングをやらせていただいているので、これまでの曲の歌詞を散りばめようと思ったんです

先ほど「アンコール」について“新しいもの”という表現がありましたが、今までになく壮大な曲になっています。歌唱についてはいかがでしたか?

宮野 曲調に合わせて必然的に深く豊かな歌い方になったのですが、僕がミュージカル(「王家の紋章」)を経験していたことが大きく影響していると思います。スキルもそうですし、“想いを歌に乗せる”という部分が自然とこの曲に活きたと思います。

ただのバラードとも違う何かがありますよね。すごく語りかけてくる曲というか。

宮野 僕もこの曲はバラードではないと思っているんです。作り方としてもミュージカルの曲に近くなっているかもしれません。毎回そうですが、「うた☆プリ」の曲としてきちんとその世界を描いて、今回は“ステージに立つ人間の想い”をリアルに歌詞に描くことができたなと思っているんです。登場人物がライブを行ってファンの方と触れ合って想いを抱いていく作品でもあるので、自分自身の想いともすごくシンクロする。

僕自身のライブでアンコールの声を聞いたときにどんなことを感じているか、ステージを去らなければいけないときはどんな気持ちなのか、アンコールをもらってステージに戻れるときの喜びはどんなものなのかをリアルに曲に注ぐことができたので、語りかける雰囲気になっているというか、相手が見えるものになっていると思います。

歌詞を見ていると、「さよなら」は単語だけ見るとドキッとするんですが、「終わらない」という言葉に嬉しさを感じて。

宮野 これから先の展開は僕らキャストもまだわからないですが、劇場版までこられたことへの想いをまず大切にしたいなと思うんです。そして、その僕らの想いが変わらなければきっと未来も輝いているはずだよという歌詞にしたかった。僕のライブでも「今日は一回さよならしなくちゃいけないけど、これは次が始まるためのさよならだから」とよく言うんです。

だからこそ、“シンガー・宮野真守とそのファン”の関係性に置き換えてもしっくりくる楽曲になっていますよね。

宮野 そうですね。先ほどもありましたが、ありがたいことに作品と自分の活動がリンクする部分が多いので、自分の想いがそのまま作品の想いにもなれて、歌詞に実感を持てますね。あと、歴代の主題歌やテーマソングをやらせていただいているので、これまでの曲の歌詞を散りばめようと思ったんです。自分の中でルールを決めて、時系列順に出てくるようにして。作品への感謝とリスペクトを込めました。

MVは、いろいろな想いを抱えながら“表現に向かっている人”を描けた映像になっていると思います

今、作品を楽しみにしているファンの皆さんへはどんなことを伝えたいですか?

宮野 曲数もしっかりありますし、MCもあって、本当にライブをしているので皆さん驚くと思いますし、感動していただけると思います。ライブといっても、僕はストーリーもあると思っているんです。キャラクターの関係性や想いの矛先や流れが、この劇場版のために作られたキャラクターの組み合わせのやりとりのなかで見えてきます。

3人ずつ6組になっていますが、今までにない、新鮮な組み合わせですよね。

宮野 最初はどうなるかと思った組み合わせだったんですが(笑)、やってみたらバランスがよかったんです。そういう面白さもあると思うので楽しみにしてください。何度も観ることで感じられる違いが仕掛けられているそうなので、そこも楽しんでいただけたらと思います。

「アンコール」はMVも作られていますが、今回はどのようにコンセプトを決めていきましたか?

宮野 曲調的に、ドラマ仕立てのものでも、ステージで実際に歌うものにしてもいけるし、ある意味どんな設定でも成立するので、打ち合わせでは少し悩みました。実際にオーディエンスを入れた撮影もすでにいろいろとやらせていただいるしな……と。

「POWER OF LOVE」(2017年)はファンクラブイベントで撮影しましたし、「EXCITING!」(2018年)ではクラブのオーディエンスの中でパフォーマンスしているので、何か違うものをと考えたときに、監督が「バックステージはどうだろう?」と言ってくださって。「なるほど!」としっくりきたんですよね。「アンコール」にも繋がるし、ステージに出る前の表情だったり、雰囲気を描くことができるなと思いました。

ただ、淡々とした映像にはしたくなかったので、バックステージなんだけど、フラッシュモブやミュージカルのように華やかに演出していくことにしました。だから、僕だけではなく、ミュージシャンがいたり、セリフやダンスの練習をしている人も入って、いろいろな想いを抱えながら“表現に向かっている人”を描けた映像になっていると思います。実は、「チームマモ」(ダンサー)がチラチラ映り込んでいるので、彼らを探してもらっても楽しいと思います(笑)。

「ポップでコミカルな宮野さんが見たい」という要望から生まれた「ぼくはヒーロー」

今回のシングルには、「NHKみんなのうた」に起用されて話題になった「ぼくはヒーロー」も収録されていますね。

宮野 これは、「NHKみんなのうた」からお声がけいただいて作った曲になります。番組側との打ち合わせの際に「ヒーロー」を描いたら面白いんじゃないかと提案させていただいて。そのヒーロー像をどうするかとなったとき、番組側から「ポップでコミカルな宮野さんが見たい」という要望をいただいたので、じゃあクラスのヒーローというか、がむしゃらに頑張っちゃう男の子のお話にすることにしました。

個人的には、タイトルが“きみは”ではなくて“ぼくは”になっているのが印象的でした。

宮野 「きみはヒーロー」という案も、実際に途中では存在しました。この曲があがったとき、「きみがいてくれるからぼくは頑張れる。だからきみはぼくのヒーローなんだよ」ということが言えたら素敵だなと思ったんです。そのテーマを残しつつ、TVで流れたときに子供たちが覚えやすかったり、印象に残るものにしたかったので、“きみがいるから”なんだけど、ちゃんと「ぼくはヒーローだ」って言える曲になればと思ったんです。

「ぼくは本当にヒーローなのかな……?」って少し不安になったりする部分もあって。

宮野 みんな日常的にこういう想いを抱いているんじゃないかなと思うんですよね。そして、アニメーションにも助けていただいたなと思います。すごく日常的なものを描きながら、僕が言いたかったことのイメージをさらに広げていただきました。花に絆創膏を結ぶシーンなんか、かわいいし涙が出そうになりますよね。

そして、現在は9月まで続くロングツアー「MAMORU MIYANO ASIA LIVE TOUR 2019 ~BLAZING!~」の真っ最中です。今回はアジアツアーということで台北と上海公演もあります。

宮野 台北も上海も含めて、誰もが楽しめるライブを作らなければと思っています。僕のライブでは歌う以外の要素も大切にしていて、コントをやったりもしているんですが、今回はその部分もそのまま海外に持っていけたらと思っているんです。言葉を超越したところで笑えるものだったりとか、そういうものを作れたらなと思っています。それって、エンターテインメントの根本を考えるということだと思うので、このツアーをやりきったらまた大きな自信がつくのではないかと思っています。楽しみにしていてください!

宮野真守

みやの・まもる/6月8日生まれ、埼玉県出身。2001年に海外ドラマ「私はケイトリン」の吹き替えで声優デビュー。以降、「DEATH NOTE」夜神 月役や「機動戦士ガンダム00」刹那・F・セイエイ役など声優としての活動にとどまらず、ミュージカル「王家の紋章」、舞台『「髑髏城の7人」Season月《下弦の月》』に出演するなど活躍の場を広げている。2008年にシングル「Discovery」でアーティスト活動を開始。声優、俳優の現場で培った豊かな表現力と類い稀な歌声、そしてダンスを駆使した高いライブパフォーマンス力を武器に、独自のエンターテインメントを追求し続けている。現在は全国ツアー「MAMORU MIYANO ASIA LIVE TOUR 2019 ~BLAZING!~」を開催中。

ライブ情報

MAMORU MIYANO ASIA LIVE TOUR 2019 ~BLAZING!~ supported by JOYSOUND

6月22日(土)台湾 TICC台北国際会議中心
7月13日(土)岡山 倉敷市民会館
7月14日(日)岡山 倉敷市民会館
7月20日(土)宮城 ゼビオアリーナ仙台
7月21日(日)宮城 ゼビオアリーナ仙台
8月10日(土)上海 国家会展中心(上海)虹館EH
8月17日(土)兵庫 ワールド記念ホール
8月25日(日)愛知 愛知県芸術劇場 大ホール
9月08日(日)神奈川 横浜アリーナ

宮野真守オフィシャルサイト

< 1 2