Interview

加藤 諒 “世紀のハマり役”=パタリロが映画館に降臨! こんな映画見たことがない!? 『劇場版パタリロ!』ついに公開!

加藤 諒 “世紀のハマり役”=パタリロが映画館に降臨! こんな映画見たことがない!?  『劇場版パタリロ!』ついに公開!

パタリロ殿下がいよいよスクリーンへ! 6月28日(金)より全国順次公開される『劇場版パタリロ!』。本作の主演はもちろんこの人、舞台『パタリロ!』で“世紀のハマり役”と絶賛を巻き起こした加藤 諒だ。舞台から映画へ。フィールドを変えても加藤 諒のパタリロは健在……どころか、ますますパワーアップ!!  日本中に“パタリロ”旋風を巻き起こす──!

取材・文 / 横川良明
撮影 / 青木早霞(PROGRESS-M)


お客様に媚びない演出が「パタリロ!」っぽくて面白い

映画拝見しました。何にビックリしたって、想像した以上に“舞台の映画化”でしたね。

そうなんです。劇場版は2016年の初演がベースになっていまして。舞台のみんなで築き上げたものを映画にする作業はすごく楽しかったです。

『劇場版パタリロ!』加藤 諒 エンタメステーションインタビュー

あの2階建てのセットで歌って踊っているところなんて舞台を観ているようでしたし、書き割りの大道具も演劇感があって面白かったです。

黒幕の中で最低限のセットだけで進めていくという撮影でした。イメージはラース・フォン・トリアー監督の『ドッグヴィル』だと(監督の小林)顕作さんや監督補の小泉(宗仁)さんはお話しされていましたね。最初はこのプランにスタッフのみなさん驚いていたんですけど、そのお話を聞いて納得したそうです。

あまり見たことがない感じで新鮮でした。

お客様の想像に委ねる部分が大きいのが舞台の面白さ。それを実写映画になったからといって、かたちにして全部見せるわけではなく、むしろさらに想像をかき立てるような演出ですよね。そのお客様に媚びない演出が、「パタリロ!」っぽくて面白いなと思いました。で、所々で春日部市役所の前でロケをしたりもして……。

『劇場版パタリロ!』加藤 諒 エンタメステーションインタビュー

あそこはいきなり世界観が変わりましたね(笑)。

ずっと暗幕を張った倉庫の中で撮影をしていたので、パタリロの恰好のまま外に出たのは、実はあれが初めてで。あの服を着て外にいるのが、なんだか不思議でした(笑)。

あそこのやりとりも、映画『翔んで埼玉』より公開があとになったことが逆に功を奏したというか。

埼玉県民をいじり倒すというね(笑)。でも、それも『翔んで埼玉』が公開発表になる前からやっていたことなので、決して便乗したわけではないということだけは、この場を借りてお伝えしておきたいです。僕たち、前からやってますので!(力説)

須賀さんは「こんなに出るつもりじゃなかった」って(笑)

鈴木砂羽さんのシーンも笑いました。予告でちらっと映っているので気づいている人もいるかもしれませんが、まさか顔ハメで登場とは……(笑)。

舞台のときのエトランジュは影絵での登場で、砂羽さんは声だけの出演だったんです。それが今回どうするかと思いきや、あれですからね(笑)。ご覧いただくとわかると思いますが、砂羽さん、せっかく台詞を覚えてきてくださったのに、現場では口をパクパクする演技だけで。なんともすごい現場だと思いました(笑)。

『劇場版パタリロ!』加藤 諒 エンタメステーションインタビュー

キャリアのある加藤さん、砂羽さんにとってもこの『劇場版パタリロ!』は異色の現場だったのでは……?(笑)

そうですね。タマネギ部隊 役で松村(雄基)さんたちも出てくださったんですが、みんな口をパクパクする演技だけだったので、撮影はあっという間に終わりました(笑)。

原作者の魔夜峰央先生までお出になるとは思っていませんでした。

本人曰く「ヒッチコックみたいにちょっとだけ出る」感じで良かったんですって。そしたらガッツリ台詞まであって、「こうなる予定ではなかった……」って言ってました(笑)。でもすごく楽しかったそうですよ。

現場で何かお話しになりましたか?

休憩中に「待ち時間が長くてすみません」って話しかけたら、ドリンクホルダーのところにワンカップ酒があって。「大丈夫です。これ飲んでるんで」っておっしゃっていました(笑)。そういうところがカッコいいです、ミーちゃん先生は。

『劇場版パタリロ!』加藤 諒 エンタメステーションインタビュー

あとは加藤さんと仲良しの須賀健太さんも友情出演されています。しかもちょっぴりエッチなシーンもあって。

ですね。タマネギ21号の細貝(圭)くんとデキているシーンとか、あとシャワーシーンも……。

須賀さんのシャワーシーンは珍しいなと。ちょっとドキドキしました。

わあー。本人に言っておきます(笑)。

『劇場版パタリロ!』加藤 諒 エンタメステーションインタビュー

須賀さんは現場で何かおっしゃっていましたか?

「こんなに出るつもりじゃなかった」ってずっと言ってました(笑)。友情出演なのにこんなにがっつり出るんだって(笑)。

たしかにむしろキーマン的な役どころでしたね。

「友情出演じゃなく“強制出演”に書き直して欲しい」って(笑)。ただ、彼はずっと顕作さんの作品に出たいって言っていたので、今回、念願が叶って良かったんじゃないかな。

「パタリロ!」ワールドの先輩として何かアドバイスも?

特には何も言っていないです。ただ、「タマネギ部隊ってどうしたらいいの?」と聞かれたので、「口を半開きにして高い声で喋ってたらいいんじゃない?」ってだけ伝えました(笑)。

まさか白ブリーフを履くとは思いませんでした(笑)

演出面のことに話を移すと、アニメや舞台でもお馴染みの「ゴキブリ走法」を映画でどうするのかと思ったら、やはり“アレ”なのかと……(笑)。

“アレ”なんです(笑)。しかも本番のときにバンコランにぶつかって勢いあまって“アレ”がすぐ横の噴水に落ちちゃって、ビショビショになっちゃって焦りました(笑)。

え~! オッケーで終わって良かったですね。

本当です。撮り直しだったら危なかったです(笑)。

『劇場版パタリロ!』加藤 諒 エンタメステーションインタビュー

いろんな衣裳を着ていましたが、これを着るのかってビックリしたものは?

まさか20歳を超えてから白ブリーフを履くんだって(笑)。あとスク水(スクール水着)は衝撃的でした。「うそーん!!」って思いながら衣裳合わせをしていました(笑)。

あとは、こちらも予告ですでに公開されていますが、VFXもたっぷり使われていて。このあたりは映画ならではですね。

そうなんです。今回は(CG制作を得意とする)白組さんが入ってくださったおかげで、さらに「パタリロ!」の世界が広がって。完成したものを観たときはすごく壮大になっているなってビックリしました!
撮影のときはざっくり絵コンテで説明を受けただけだったので、まさかこんなすごいことになるなんて……白組さんって本当にすごいんだなと思いました。

『劇場版パタリロ!』加藤 諒 エンタメステーションインタビュー

巨大化したり、加藤さんの持つ絵面の強さが最大限に活かされていたのかなと。

ありがたいですよね。僕を使って、こうやったら面白いんじゃないかというふうに遊んでくださるみなさんの職人技に感動しました。

センスと技術を持ったプロが徹底的にふざけ倒した映画だと思いました。

そのとおりだと思います! 素晴らしい方々が集まってくださって本当に良かったです。

1 2 >