Interview

ザ・コインロッカーズ 秋元康プロデュースのガールズバンドプロジェクト。ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』の主題歌を担当する9人に現在の心境を訊く。

ザ・コインロッカーズ 秋元康プロデュースのガールズバンドプロジェクト。ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』の主題歌を担当する9人に現在の心境を訊く。

楽曲ごとにメンバーを選抜する、秋元康プロデュースのガールズバンドプロジェクト、ザ・コインロッカーズのデビューシングル「憂鬱な空が好きなんだ」がリリースされた。
2018年9月から全国オーディションを開始し、同年12月23日に無観客のZepp Tokyoで総勢39名によるバンド結成を発表。1年後となる2019年12月23日にZepp Tokyoで開催されるワンマンライブのソールドアウトを目指して活動をスタートさせ、現在は150公演に及ぶ全国ライブハウスツアー「SHOW CASE LIVE」を開催中。それぞれがオリジナル楽曲をもつ5つのバンドの中から、ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』の主題歌に起用された表題曲の選抜に選ばれた通称“表題曲選抜”に選ばれた9名に、初ライブの感想から初のレコーディング、ロンドンで行われたMV撮影の模様などを聞いた。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 荻原大志


ザ・コインロッカーズ エンタメステーションインタビュー

左から、絹本夏海(E.Gt)、森ふた葉(Dr)、手塚愛乃(E.Gt / Cho)

改めて始まるんだなって認識できました(手塚)

初のライブツアーが開幕しました。5バンド、全39名が出演した初日と2日目を終えた感想から聞かせてください。

手塚愛乃 私たちのことを応援してくださっている方の前でライブをして、すごく勇気付けられましたし、ここからがスタートだと思って。改めて始まるんだなって認識できましたし、Zepp Tokyoに向けて、これからコツコツライブをこなしていこうっていう気持ちが芽生えました。

有働優菜 私も初めてファンの方に、直接、お礼を言うことができたことがすごく嬉しかったです。生でお客さんの反応をいただけるのも初めてだったので、本当に新鮮というか、発見できたこともたくさんあって。どうしても演奏に集中してしまう部分があったので、もっとバンドとして、魅せられるように成長していきたいと思います。

田村愛美鈴 もともと緊張しやすい性格なので、初日もすっごい緊張してたんですけど、みんなは本心から「すっごい楽しかった〜」って言ってて。でも、私はずっと緊張していたし、もう必死すぎて、まだ楽しむっていうところにいけてなくて。それを、自分的にはすごい気にしていたし、一人だけ置いていかれてる気がしてショックだったんですけど、二日目はみんなと同じように笑顔で楽しむぞっていう気持ちでできたので、毎回ちょっとずつ成長していけたらいいなって思いました。

HANNA ライブを観に来てくださってる方の反応が怖かったり、不安に思っていた面があったんですけど、ライブが始まってみて、すごく盛り上げてくださってる方がいたので、自分自身も楽しくできて。あとから、「楽しかったよ」っていうコメントを頂いたりもしたので、いいスタートが切れたかなと思います。この調子でどんどん成長して、みんなに楽しんでもらえるライブを作っていきたいなと思います。

Emily 自分はライブハウスに行くこと自体が初めてで、ライブハウスがどういうものかもわかってなかったので、緊張もあったんですけど、ステージの上ではみんな笑顔で楽しく弾いていたので、自分も楽しい気持ちでできました。あと、ハイタッチ会は20時以降だったので参加できなかったんですけど、早くやってみたいなと思いました。

森ふた葉 自分もライブハウスでの演奏が初めてで、行ったこともなくて。だから、ライブの雰囲気もわからなくて緊張してたんですけど、お客さんもあったかくて。メンバー同士もみんなで頑張れたし、一丸となれた感じがしたので、いいスタートが切れたなって思って。技術面ではまだまだ全然だし、プロのドラマーと言えないんですけど、これから積み重ねていって、どんどん経験値を上げて、Zepp Tokyoでは「プロのドラマーです!」って胸を張って言えるくらいまで頑張ろうと思いました。

ザ・コインロッカーズ エンタメステーションインタビュー

お客さんと一緒になって、ライブハウス全体で今のこの時間を全員で楽しんでるっていう感じが伝わってきて(森)

一番後ろからメンバーはどう見えてました?

 緊張してるなって思ったんですけど、その反面、お客さんと一緒になって、ライブハウス全体で今のこの時間を全員で楽しんでるっていう感じが伝わってきて。私も楽しい気持ちになりましたね。

絹本夏海 ステージ上から見てると、まだデビュー前のグループに、こんなに多くのお客さんが来ていただけてること自体が驚きだったし、嬉しくもあったんですけど、私的には……楽しいという気持ちよりも、せっかくまとまりが出てきたバンドの中に初心者の私がいることで目立ってしまうんじゃないかっていう不安の方が強くて。だから、私の場合は、パフォーマンス面を磨くよりも、まずは演奏技術を頑張るっていうのを思い知らされたライブでした。あと、私から見て、愛乃は、ギターも歌も完璧なので、150本が終わったらどんだけ恐ろしいことになっているのかが、私の中では楽しみです。

あはははは。突然、どうしました?

手塚 急に媚び売られましたね(笑)。

鏡味のぞみ 私は初日のライブが始まる前に、「お客さんはあんまり反応してくれないよ」とか、「意外とクールだと思うよ」って言われていたので、緊張して行ったんですけど、拳を上げてくれたり、声援をくれたりしたので、緊張も解けて、笑顔になることができました。でも、1日目はあんまり動けてなかったので、2日目はそのことを意識しながら動いてみたら、「2日目もよかった」って言ってくれる方が多くて。そこは嬉しかったですね。

鏡味さん、松本さん、手塚さんは2日目は狭いステージを広く使ってましたし、絹本さんも、1日目は手元しか見てなかったけど、2日目はちゃんと顔を上げて、前を向いてましたよ。

絹本 1日目の反省を生かして、2日目は挑んでました。

 初日のライブが終わった後に、みんなで話し合いしたもんな。

松本璃奈 私は、ライブハウスでのライブが軽音楽部ぶりで、懐かしい気持ちが蘇ってきて。初日は「この感じ、懐かしい! 楽しい!!」っていう気持ちで高ぶりましたね。で、予想以上にお客さんが盛り上がってくれたので、緊張もすぐに解けて。ファンの方達の温かさに安心したっていうのが初日の印象でした。2日目はトリだったし、2日間でてるのは私たちだけだったので、1日でもこれだけ変われるぞっていうところも見せたいなと思って。自分的にも熱くて楽しいライブができたなと思っているので、残りの公演でも、日々成長した姿を見せられたなと思ってます。

5つのバンド全てが「ザ・コインロッカーズです!」っていう挨拶をするんですよね。それがすごく面白いなと思って。

松本 メンバーがひとり変わるだけでも、バンドが変わると思いますし、いろんな組み合わせもできて。

 本当に世界に類を見ない、うちらだからこそできるバンドだと思います。

ザ・コインロッカーズ エンタメステーションインタビュー

左から、田村愛美鈴(Key)、Emily(Ac.Gt)、HANNA(E.Gt)

みんな、好きな音楽のジャンルが違うし、個性も性格もバラバラだし、みんなの良いところが詰まったバンドという意味で、音楽のバラエティパックです(HANNA)

その中でも表題曲選抜はどんな特徴のバンドだと言えばいいですか。例えば、友達をライブに誘った時に、「どんなバンドやってるの?」って聞かれたらなんて答えます?

手塚 全く似ていない、バラバラな9人が「憂鬱な空が好きなんだ」という曲のおかげでまとまって。いい意味で、この楽曲にハマってるメンバーなんじゃないかなと思います。これからのライブを通して、それぞれの色も濃くなるけど、バンドとしての色も濃くなると思うし、それぞれが違う個性を持っているからこそ、刺激しあえてるバンドじゃないかなって思います。

松本 (手塚)愛乃やHANNAのように60年代のロックが好きな人もいれば、アイドルが大好きな(田村)愛美鈴もいて。好きな音楽も個性もバラバラだけど、音を合わせると、自分的には情熱を感じるんですよね。熱いバンドです。

有働 みんなが言ってるように個性はバラバラで、一人一人の色がすごい強いんですよね。私みたいにネガティヴな人もいれば、HANNAのように暗くない人もいる。本当にいろんな人がいるんですけど、音楽を通すと一つにまとまれるので、演奏をしていると、本当にみんな音楽が好きなんだなっていつも感じます。

絹本 HANNAと(森)ふた葉とEmilyはポジティブで、それ以外はネガティブな人が多いんですけど、いろんな個性があるからこそ、お互いに励ましたり、お互いを擦り合わせて成長……。

手塚 あはははは。「擦り合わせる」ってあんまり言わないね。

絹本 擦り合わせて成長しているグループです!

 伝わらんわ(笑)。どんなバンドって聞かれたら、「仲良い」って言いますね。価値観も一人一人全然違うんですけど、仲が良くて。楽しい時は楽しいし、バンドをやる時は音楽が好きやから真剣にバンドやるんですね。そういう切り替えもできるし、みんながみんなのことを好きで、メンバーのことを考えられる仲の良いバンドっていうのがいちばんの印象です。個性がバラバラやからこそ、9人が集まって出せる一体感だったり、ダイナミクスが表現できていると思います。

Emily やっぱりこのメンバーは、「憂鬱な空が好きなんだ」っていう曲に合った人が選ばれてて。最初に選ばれた時は、なんで選ばれたのかな?って思ってたんですよ。なんで自分なの? なんでのこの9人なの? って夢に出てくるくらい考え込んでたんですけど(笑)、徐々に選ばれた理由はちゃんとあるんだなってわかってきて。やっぱり、この曲に合ってる9人が集まったバンドなんだなって思ってます。

田村 私も9人個性バラバラだと思うし、クラスだったら、あんまり一緒にいない子もいると思うんですけど、バンドをすると違和感なくまとまれて。それぞれの個性があるからこそ、この9人でいろんな色を出せるバンドに変われるんじゃないかなと思います。

鏡味 「憂鬱な空が好きなんだ」は歌詞的には憂鬱って入っているので、ちょっと暗いイメージがあるんですけど、私たちも合宿を通して、悩んだり、苦労した部分があって。憂鬱なことがあったけど、今はこの疾走感あるメロディアスな曲と一緒にZepp Tokyoという目標に向かってる。その走ってる姿をぜひ見にきて欲しいって伝えるかなと思います。

HANNA このバンドは一言で言うと、「バラエティパック」です。

一同 あはははははは。

HANNA みんな、好きな音楽のジャンルが違うし、個性も性格もバラバラだし、みんなの良いところが詰まったバンドという意味で、音楽のバラエティパックです。

ザ・コインロッカーズ エンタメステーションインタビュー

このグループに入ってなかったら、人生で1回も弾くことがなかったと思うので、いい経験になったなって思います(田村)

(笑)ありがとうございます。初めてのレコーディングはどうでしたか?

絹本 みんなはブースに入って一人一人録ったんですけど、私はスタッフさんの隣で弾いて。無駄に鳴ってしまう弦を一緒に押さえてもらって、二人作業みたいな感じでやりました。早くちゃんと弾けるようになりたいです。

手塚 ここはヴォーカル希望者が多いんですよ。私、Emily、愛美鈴ちゃん、絹ちゃん。だから、歌のレコーディングは以前からやったことあったんですけど、ギターのレコーディングは初めてで。初めてのことをやるのは不安だったし、怖かったんですけど、皆さんすごい優しくて。その場で弾き方を変えたりしたので、学べたことも多かったと思います。

HANNAさんはギターソロもありますね。

HANNA 私の場合はソロを中心にやらせていただいたんですけど、やっぱり、しっかり弾かなくちゃと思って。最初はしっかり弾いてたんですけど、聴いてみたら、ちょっと機械的で違和感があって。ライブでは機械的じゃなくて、もっと感情を込めていたりするので、楽しさも出てるんですよ。レコーディングではそれが消えてしまうから、「一回、思い切り楽しんで弾いてみて」って言われて。本当に手とかも関係なく楽しんで弾いたら、「そっちの方が音がいいよ」って言われて。技術よりも、楽しさや勢いをそのまま音に詰め込むようレコーディングだったなって思います。

鍵盤のお二人は?

田村 私は普段使ってるオルガンじゃなくて、ヴィンテージのハモンドオルガンを使ってやったんです。このグループに入ってなかったら、人生で1回も弾くことがなかったと思うので、いい経験になったなって思います。

有働 私は当日に、「このフレーズを入れてみよう」って提案されて。いい意味で、綺麗な曲を汚すためにブルースっぽいフレーズをその場で練習して入れたりしたんですね。臨機応変に対応していく力が大切だなと思いました。

ザ・コインロッカーズ エンタメステーションインタビュー

左から、鏡味のぞみ(B)、松本璃奈(Vo)、有働優菜(Key)

ネガティヴな部分も含めて自分なんだよって肯定してくれてるような歌詞がすごい心に刺さった(松本)

歌はどんな思いで臨みました?

松本 「憂鬱〜」はこれまでにも何回も録っていたんですね。これが音源になるって思うと、ちょっと緊張もありながらも、歌い慣れてたので、リラックスして歌えたなと思います。あと、この歌詞が自分自身にすごく当てはまってて。もともとはネガティブで、歌詞にあるように、イエスかノーかって問いかけられても、そんなに簡単に答えが出せないタイプなんです。そういうネガティヴな部分も含めて自分なんだよって肯定してくれてるような歌詞がすごい心に刺さったし、自分が書いたわけじゃないけど、まるで自分から発した言葉のように感じられて。聴いている人にも、私のそのままの気持ちが届けばいいなと思いますね。

ちなみに、みなさんは憂鬱な思いになった時にどんな風にして解消しますか?

松本 私は一人っ子なので、家で一人でいる時間が多いんですよ。夜になるとどうしても考え込んじゃうことがあるんですけど、そういう時は、あえて晴らさずに、なんならもうちょっとどんよりした曲を聴いて、沈むところまで沈みます。あとは寝るだけやしって感じて、眠って起きたら忘れますね。

手塚 寝たら忘れられる?

松本 そう。だから、その前は落ちるところまでとことん落ちる。

絹本 つらっ。私は食べるのが好きなので、食べないとストレスがたまるし、落ち込んだ時も食べないともっと嫌な気持ちになるので、自分の好きなお餅と一緒に憂鬱な気持ちを食べます(笑)。

田村 考え事しながら食べたら、喉が詰まっちゃいそう(笑)。

あはははは。お餅の味付けは?

絹本 無味です。

田村 醤油とかもつけないの?

絹本 つけない。

 わかる! レンチンしたら美味しいよな。

絹本 そうなの。焼くんじゃなくて、レンジでチンして、何も考えずに食べてると、その餅のことしか考えられなくなって、嫌なことを忘れられます。

 餅食べたくなってきた。私は大食い動画を見ますね。韓国のチキンを食べる<ASMR>とか、ケーキを食べてる大食い動画とかをYouTubeで見ます。

HANNA 私は太宰治が好きで「人間失格」を持ち歩いているんですよ。だから、自分が憂鬱だなって思った時は、「人間失格」のように暗い文学を読むと、自分よりもっと暗い人がいるんだって感じて、逆に元気が出ます。

手塚 私は夜中にしか落ち込まないんですよ。部屋で一人になると落ち込むんですけど、悩んでて解決しないままが多いのが最近の悩みです。これから解消法を見つけたいと思ってます。

鏡味 私は落ち込むところまで落ち込んで、家に帰って、お姉ちゃんやお母さんの前で弱音を吐き出します。ちょっと励まされて、そこで回復します。

田村 私も家族の仲が良くて。喋らないとずっとモヤモヤするので、お姉ちゃんに話してスッキリしたり、大好きなアイドルの動画をひたすら見て、私も頑張ろうって元気をもらってます。NMB48の梅山恋和さんが好きです!

ザ・コインロッカーズ エンタメステーションインタビュー

1日目は落ち込んで、2日目になるとボクシングに行って、サンドバックを思い切り叩いてます(Emily)

Emily 自分は一度落ち込むと、二日間くらい続いて。その、落ち込んでる気持ちが少しずつ怒りに変わっていくんですよ。

手塚 えー、怖い怖い(笑)。

Emily だから、1日目は落ち込んで、2日目になるとボクシングに行って、サンドバックを思い切り叩いてます。落ち込むとわかりやすいんですよ、一点を見つめて、すごい顔をしているので。

松本 落ち込んでるところは何回か見たことあるな。

手塚 でも、次の日にボクシングに行ってるのは知らなかった(笑)。

有働 (笑)私は、本当に音楽が大好きで、小さい頃からずっと音楽をやっていたので、とにかく、自分が弾ける簡単な曲をピアノかギターで思い切り爆音で聴きながら弾いて、寝ます。

例えばどんな曲を?

有働 Hamp Backさんの「拝啓、少年よ」が大好きなので、ずっと聴きながら、弾いて寝ます。寝るのも大好きです。睡眠欲99パーセントくらいです。30時間くらい寝たいです。

Emily 同じだね! 寝るの大好きなんですけど、ショートスリーパーって呼ばれることもあって……。

手塚 そうだよ。MV撮影でロンドンに行った時、飛行機の中で全然寝ないんですよ。なのに、普通に活動してて。

Emily 着陸前の1時間くらい寝ただけで全然平気でしたね。

ロンドンでのMV撮影はどうでしたか?

一同 楽しかった!

 初めての海外だったから感動して。見どころ満載ですよ。

では、見どころをお願いします。

 自転車に乗ってるシーンがあります。使われてるのは2秒くらいなんですけど、何回乗るねんっていうくらい撮りました。乗って走って、乗って走って……4箇所くらいで撮ったのでぜひ見て欲しいです。これ、初めは有働の役だったんですけど、チャリンコ乗れなくて。

有働 いや、乗れますよ。乗れるんですけど……。

田村 へなちょこ。不恰好なんです。

有働 似合ってないってことで交代しました。

 あと、寒かったよな。

田村 天候が変わりやすくて、私とEmilyは体調を崩しました。寒い上に、ドローンの風が扇風機みたいですごくて。みんなで励まし合いながらやってました。

松本 屋上でバンド演奏するシーンもあって。

 うちら、着ぐるみを上だけ着てるんですけど、そこも注目です。

松本 「憂鬱」と言いながらも可愛い、女の子も好きな映像になってると思います。

鏡味 私だけはめ込みです……。みんなが演奏してるところにテレビがあるんですけど、そこに私が写ってます。

 あれはあれで好きやねん。

鏡味 ちょっと恥ずかしかったです。みんなが部屋で集まって演奏してるところがかっこいいなと思いました。

 うちらとしての見どころは、やっぱりテレビの中の鏡味が一番ですね。

「桜なんか嫌いだ」は、嫌いって表すところにロックを感じますよね(絹本)

(笑)それぞれのバンドが演奏してるカップリング曲も4曲ありますが、皆さんもライブでは演奏してますよね。好きな曲はありますか?

松本 最終的にはやっぱり「憂鬱」が一番好きなんですけど、どの曲も良くて。私、「月はどこに行った?」が好きで。ヴォーカル希望者は「憂鬱〜」より前にデモで歌ったことがあって。その時から、エモーショナルな曲だなと思っていたし、聴くと泣きそうになるんですよね。MVも泣いちゃうくらいすごいし、バンドってかっこいいなっていう感じの曲で好きですね。……語彙力が少なくてすみません(笑)。

手塚 「歌いたくて歌いたくて」はライブが楽しい曲ですね。お客さんも一番乗りやすいし、盛り上がる曲になってて。今後もいろんな曲をやっていくと思うんですけど、ライブの定番曲になっていくと思います。

松本 「最後の蝉」はライブでも最初の方に持っていきやすい明るさがあるし、覚えやすい曲なんじゃないかなって思います。

絹本 歌詞は切ないところがあって。蝉で表現してるところがゾクゾクきますし、エモいです。「桜なんか嫌いだ」は、嫌いって表すところにロックを感じますよね。

 この曲も泣けるんですよね。みんなが好きな曲だと思います。ヴォーカルがいいし、歌詞もいいし。だって、<花びらがうるさい>ですよ。<満開の恋だった>とか、表現の仕方が最高ですよね。

ザ・コインロッカーズ エンタメステーションインタビュー

何百回も何千回も聴いて、ライブに足を運んでいただけたらと思います(有働)

松本 そして、何よりも「憂鬱な空が好きなんだ」ですよね。疾走感があるし、どんな世代の方にも届く歌詞とメロディになってて。背中を押されるような曲だと思うので、たくさんの方に聴いていただいて、勇気を与えられるような曲になったらいいなと思います。

有働 本当に何回聴いても飽きないんですよ。私たちが何度練習しても飽きないので、何百回も何千回も聴いて、ライブに足を運んでいただけたらと思います。

お客さんが優しいので、盛り上がってくれるんですけど、これからは自分たちが盛り上げる側に回りたい(鏡味)

では、最後に全国ライブハウスツアーに向けた意気込みをお願いします。

鏡味 お客さんが優しいので、盛り上がってくれるんですけど、これからは自分たちが盛り上げる側に回りたいなと思って……精進して参ります!

手塚 あはははは、侍かっ! こんだけ短い期間でたくさんのライブをさせていただけるのはすごいありがたいことなので、1つ1つ大事にして、Zepp Tokyoに向かって、着々と一歩ずつ前に進んでいきたいなと思ってます。ありきたりですけど、たくさんの方に知っていただいて、もっともっと大きいバンドになっていきたいし、39人のメンバーそれぞれが、もっと魅力を出していけたらなって思います。

 これからやな!

松本 まずはこのツアーの1本1本のライブのソールドアウトを目指していかないといけないし、まだまだ壁は高いです。頑張ります!!

その他のザ・コインロッカーズの作品はこちらへ。

ライブ情報

*詳細はオフィシャルサイトで。

ザ・コインロッカーズ

秋元康プロデュースにより2018年12月に結成。「夢は弾いてかなえろ!」をキーワードに掲げ、全国から約10,000人の応募のなかから楽器、音楽、バンド経験の有無、国籍を問わずで39人が、メンバーとして選出。楽曲毎にその世界観に合わせてメンバーを選抜する、世界にも類を見ない全く新しいガールズバンドプロジェクト。

オフィシャルサイト
https://yaband-project.com