Report

橘 ケンチが奇怪な事件を解決する。北園 涼、高橋健介らも出演の舞台『魍魎の匣』開幕

橘 ケンチが奇怪な事件を解決する。北園 涼、高橋健介らも出演の舞台『魍魎の匣』開幕

主演に橘 ケンチを迎え、内田朝陽、高橋良輔、北園 涼、高橋健介、紫吹 淳、西岡德馬など多彩なキャストたちが集結した舞台『魍魎の匣』が6月21日(金)に天王洲 銀河劇場にて開幕した。
原作はシリーズ累計1,000万部を超える京極夏彦の大人気小説「百鬼夜行シリーズ」の一作。戦後間もない昭和20年代後半の日本を舞台に、古本屋「京極堂」を営む陰陽師「中禅寺秋彦」が奇怪な事件を解決していく物語で、中禅寺をはじめクセはあるが魅力的な人物たちが登場し、民俗学や論理学、妖怪など様々な分野の薀蓄が詰め込まれている「百鬼夜行シリーズ」の2作目にして最高傑作の呼び声が高い作品だ。
初日公演前に行われた公開ゲネプロのレポートと囲み取材のコメントをお届けします。

取材・文 / 松浦靖恵 撮影 / 青木早霞


俳優・橘 ケンチの代表作になる

舞台『魍魎の匣』は、冴えない小説家・関口 巽(高橋良輔)が、なにやら怪しげな“匣”を抱えた黒い服の男・久保竣公(吉川純広)と出会うシーンから始まった。薄暗い舞台には早くも不穏な空気が漂っている。劇場内がひんやりとしているのは空調がきいているからだろうが、もしかしたら“魍魎”がこの劇場内のあちこちにいるからかもしれないと、そんな不思議な感覚を覚えてしまう。

舞台『魍魎の匣』

場面が変わり、女子学生の楠本頼子(平川結月)と柚木加菜子(井上音生)が登場する。加菜子は頼子に対して「君は私の生まれ変わり。私は君の生まれ変わり」「君の代わりは私だけ。私の代わりも君だけ」などと不思議なことばかり言うが、勉強も不得意で冴えない自分に“縁(えにし)の紐”をくれた加菜子を頼子は慕っていた。まるで一心同体を望んでいるかのようなふたりだったが、ある日、加菜子が列車に轢かれる事故が起こってしまう。事故現場に偶然居合わせた刑事の木場修太郎(内田朝陽)に、頼子は「手袋をした黒い服の男が加菜子の背中を押した」と話すのだった。

加菜子の事故を知って病院に駆けつけたのは、加菜子の母・柚木陽子(紫吹 淳)。赤い洋服を着た紫吹の登場で、薄暗い舞台に初めて鮮やかな色が加わる。陽子は加菜子を美馬坂幸四郎(西岡德馬)が設立した美馬坂近代化学研究所へ転院させるが、大手術をして絶対安静状態の加菜子が、突然ベッドから消えてしまうという不可思議な出来事が起こる。加菜子は誘拐されてしまったのか、それとも……。

舞台『魍魎の匣』

一方、小説家の関口は、三流雑誌の記者・鳥口守彦(高橋健介)と大手出版社の社員・中禅寺敦子(加藤里保菜)と共に、世間を騒がせている殺人事件を取材していた。その事件はバラバラの遺体が“匣”に詰められて捨てられているという奇妙な殺人事件だった。

この物語の中にはいくつもの“匣”が登場する。冒頭シーンで黒い服の男が抱えていた謎の“匣”。バラバラにされた遺体の部位が詰められていたのも“匣”。頼子の母が狂信する宗教の教祖である寺田兵衛(花王おさむ)が魍魎封じのために用いている「御筥様(おんばこさま)」も“匣”だ。そして、取材途中で道に迷ってしまった関口たちが見つけた建造物も、大きな四角い“匣”のような形をしていた。

舞台『魍魎の匣』

行方不明になった加菜子。バラバラ殺人事件。このふたつの事件は何か奇妙なもので繋がっているのではないかと疑念を持ち始めた鳥口たちは、難解な事件を解決に導いてくれるであろう「京極堂」こと、中禅寺秋彦(橘 ケンチ)の元へと急ぎ、そこに加菜子の行方を探している探偵・榎木津礼二郎(北園 涼)も加わって、さぁいよいよ京極堂の登場だ。

上品な色の着物と羽織を身につけた橘 ケンチは、登場した瞬間から完全に“京極堂”そのものに見え、初めて京極堂を演じるとは思えないほど役にハマっていた。キメ台詞である「この世にはね、不思議なことなど何ひとつないのだよ」が、彼の色気のある佇まいにとてもよく似合っていることに、観る者は驚かされるだろう。ところで、橘の着物には小さな四角い柄がいくつも散りばめられていたが、この四角い柄はこの舞台に登場するいくつもの“匣”をイメージしたものなのかもしれない。そんな細かな部分にもこだわりが感じられた。

舞台『魍魎の匣』

小説「魍魎の匣」は1,000ページを超える超大作であり、しかもこれまでに映画化、アニメ化、コミック化がされているこの物語を、舞台上でどのように表現するのだろうと興味と期待を抱いた原作ファンは多かっただろう。だからこそ、脚本を手がけた畑 雅文は、この物語の展開や結末、登場人物のキャラクターを十分に知っている人たちに対しても、また、原作やコミックを読んだことがない人や京極夏彦作品に初めて触れる人にも、不穏でいびつな「魍魎の匣」の中にいる人間たちの生々しい姿を伝える脚本をしっかりつくり上げていた。

また、演出の松崎史也は、いくつもの柱で組み立てられた大きな箱が舞台上で行き来できる舞台セットを使用して、ステージ空間を仕切ったり、また、私たちが日常生活では使わないような難しい言葉や耳から入ってくる音だけでは理解しにくい単語があれば、舞台の後方にその単語を映し出し、観る者にできるだけわかりやすく言葉(台詞)を届ける演出を施した。

舞台『魍魎の匣』

そして、なによりも登場人物たちの生々しい感情をより増幅させていたのは、観客の目の前にいる生身の人間、つまり演者たちだ。約1ヵ月間の稽古期間で、橘があの膨大な台詞を完璧に自分の中に入れて本番に挑んでいる姿は、お見事!としか言いようがない。“憑物落とし”を駆使して奇怪で謎だらけの事件を解明していく京極堂はつねに冷静にものごとを見ているような人間ではあるが、そんな彼も感情を揺さぶられることがあるのだということを、橘は喋り方や話すスピード、声の大きさなどをその時々で変えながら緻密に表現していた。

舞台『魍魎の匣』

歌やダンスのある舞台に数多く出演している北園 涼と高橋健介は、今回の舞台ではそれらを封印した繊細な演技で魅せていた。高橋が演じる鳥口は若者特有の軽さがあり、コミカルなシーンにも登場しているのだが、不可解な事件を解明するために京極堂に協力するようになるにつれ、どんどんその顔つきを変化させ、真相に近づいていく緊迫感を煽る役目を担っていた。また、派手なスカーフをネクタイのように首元に巻き、180センチを超える身長と手足の長さに舞台映えがする華やかさがある北園 涼は、「何か見えたのか?」と問われて「さあね」とさらりと交わすやりとりのなかに、相手の記憶が断片的に見えてしまう能力を持っている榎木津だけにしかわからない哀しみをも芝居に滲ませていた。

舞台『魍魎の匣』

高橋健介が囲み取材で「言葉のみの戦いの作品だと思いますし、それがこの作品の魅力のひとつでもある」と言っていたが、橘の長台詞が続くシーンでは、高橋健介も北園も他の演者と交わす台詞はまったくないため、京極堂が発する言葉や薀蓄に驚いたり、感心したりしている心模様を、派手な動きではなく、表情の微妙な変化や細かな振る舞い方の変化で見せていた。舞台『魍魎の匣』でこのふたりの若き俳優が、それぞれにクセのある役を伸び伸びと自分らしく演じている姿もぜひ観て欲しい。

さらに、魔よけの晴明桔梗模様を染め抜いた漆黒の着流し。鼻緒だけが赤い下駄。手甲をはめた京極堂が“憑物落とし”をする姿は、観る者を必ずやドキドキさせることだろう。囲み取材で演出の松崎史也は「俳優・橘 ケンチの代表作になると思っています」「このメンバーでシリーズとして続けたいと勝手に思っているくらい充実した稽古でした」と言っていたが、この舞台を見れば、誰もが松崎と同じ気持ちになるはずだ。

舞台『魍魎の匣』

この物語の鍵となる“魍魎”とはいったい何なのか。人間の心に一瞬で入り込む悪しき“とおりもの”とは何なのか。人と人との関係から生まれ、決して拭い去ることができない感情が引き起こすものとは何なのか。そして、いくつも登場する“匣”の中に隠されたものとは……。幕が開いたその瞬間からこの物語に覆っている重苦しい空気は、確実に観る者の心の奥底にゆっくりと深く沁み込み、深い衝撃を投げかけ続けるが、心地よいスピード感と高揚感を持って物語はラストへと向っていく――。

皆さんの記憶と心の奥底にずしりと刺さるようなインパクトを届けられる

ゲネプロ前に行われた囲み取材。登壇した、橘 ケンチ、内田朝陽、高橋良輔、北園 涼、高橋健介、紫吹 淳、西岡德馬、演出を手がけた松崎史也のコメント。

舞台『魍魎の匣』 囲み取材

中禅寺秋彦 役:橘ケンチ
「魍魎の匣」という京極夏彦先生の大作を舞台化させていただくことになり、キャスト、スタッフ一同ありがたく思っています。いよいよ初日を迎えますが、これまで1ヵ月間、この座組みで培ってきた稽古と積み上げてきた思いを、今日初めてお客様に届けられることを嬉しく思います。「魍魎の匣」という作品が舞台という形態で、どのような“匣”が開くのかを、お客様にもぜひ楽しんでいただければと思います。ハッピーエンドの作品ではありませんが、きっと皆さんの記憶と心の奥底にずしりと刺さるようなインパクトを届けられるような作品だと思っています。キャスト一丸となって千秋楽まで頑張りますので、ぜひ劇場で舞台『魍魎の匣』を体感していただければと思います。
(京極先生とのエピソードについて)僕はこの舞台を通じて、初めて京極先生とお会いしたのですが、今年が作家生活25周年ということで、この舞台化を喜んでくださって。顔合わせにもわざわざ来てくださり、ありがたい言葉をいっぱいいただきました。中でも感動したのは「皆さんの思う『魍魎の匣』をやってください。それが面白ければ何も言うことはないです」でした。その言葉に責任やプレッシャーも感じましたが、これだけ先生に託していただいたので、あらためて気合いが入りました。そのあと、先生のご自宅にうかがわせていただく機会もありまして。先生の書斎は日本一だという噂を前から聞いていたのですが、ものすごい書斎でしたね。今まで先生が生きてきた中で手に入れられた本がすべて保存されていて、昔、お金がない頃に売ってしまって手放した本も、お金ができたら買い直していたそうです。先生のそんなスタンスが『魍魎の匣』の役柄にすべて生きているんだろうなと思いました。僕の役(中禅寺秋彦)は、先生の立ち振る舞いや考えで出来ていると思いますし、ほかのクセのあるキャラクターたちの随所随所にも、先生のエッセンスが息づいていると思います。

木場修太郎 役:内田朝陽
大作の舞台化なので、もともとプレッシャーはありましたが、顔合わせのときに京極先生が「自分の知らない新しい『魍魎の匣』が見たい」ということをおっしゃってくださって。それがさらにプレッシャーになりました(笑)。期待に応えるためにできることは、一生懸命にやることと、稽古をして何かを見つけるしかないと、もがきながら稽古をしてきました。「魍魎の匣」はテーマも残酷だったり、ホラーな要素もある怖い作品ですが、とても文学的で言葉が面白く、橘さんをはじめ、役者の皆さんがとても素敵で色っぽい作品だと思います。この舞台を観た方が、何かを感じていただけるように努めたいと思います。

関口 巽 役:高橋良輔
大作の舞台化ということで、プレッシャーも感じながら稽古をしてきて。今日ここに立たせていただいているわけですが、あまりプレッシャーを感じすぎて舞台上でかたくなってもしょうがないので、最後まで楽しんで演じていけたらと思っております。台詞として本当に素敵な言葉をたくさんいただいているので、そのひとつひとつを大切に、皆さんにお届けできたらと思います。

榎木津礼二郎 役:北園 涼
「魍魎の匣」は物語ですが、身近に起こりうる内容になっています。なので、観ていただいたお客様がどんなことを感じ、何を思って帰るのかとても楽しみです。あとは、榎木津礼二郎として、舞台上で子供のようにはしゃげたらいいなと思っています。こんなに素敵な共演者の皆さんとお芝居ができるのがすごく嬉しいですし、稽古を経て積み上げてきたものがあるので、自信を持って舞台に立ちたいと思います。

鳥口守彦 役:高橋健介
歌やダンスのある舞台に出演させていただくことが多かったのですが、今回は本当に言葉のみの戦いの作品だと思いますし、それがこの作品の魅力のひとつでもあると思うので、約2時間、言葉のみで楽しさを味わっていただけたらと思います。作品はもちろんですが、共演者の皆さんもすごいメンバーなので、気合いを入れないといけないと思って稽古をしてきました。稽古中、皆さんからたくさん刺激をいただきました。本番に入ってからも自分がひと回りもふた回りも大きくなれたらなと思っております。

柚木陽子 役:紫吹 淳
長いこと舞台をやらせていただいておりますが、今までは愛をテーマにしたハッピーな作品に出演させていただくことが多かったのですが、今回は愛は愛でも歪んだ愛と言いますか。こんな愛の表現もあるんだなと思っております。「魍魎の匣」のファンの方の中には、私が演じる柚木陽子というキャラクターに、かなり確立されたイメージをお持ちの方もたくさんいらっしゃると思いますので、そのイメージを壊さないようにしつつ、私なりの陽子を演じられたらと思っております。

美馬坂幸四郎 役:西岡德馬
「魍魎の匣」という作品は京極夏彦さんの傑作ですが、こんな話が現実にあり得たら困るなと思うし、普通の人間の発想ではなかなかできない仕組みを持った話になっていると思います。その仕組みは本当に力強くて大きいものなので、私たち俳優はその仕組みに負けないように相当なエネルギーをぶつけていかなければいけないと思っています。僕は、この作品を“ある愛の歌”だと思っています。面白い作品なので、ぜひご覧ください。(主演の橘ケンチのことを質問されて)ケンチさんは取り組み方が真摯で、真面目で。「間違いない!」と思っていました。僕は遅れて稽古に入ったのですが、台詞もばっちり入っていて。その姿勢が僕はとても好きです。

演出:松崎史也
フィクションやエンターテインメントが担う大きな役割のひとつに、現実世界を生きるための支えや備えになるということがあると思っているのですが、この作品を観ることで、お客様の中に支えや備えがひとつ加わればいいなと思っています。俳優・橘ケンチの代表作になると思っていますし、本当に役者たちがみんな素晴らしくて。このメンバーでシリーズとして続けたいなと勝手に思っているくらい充実した稽古でした。

舞台『魍魎の匣』

舞台『魍魎の匣』

東京公演:2019年6月21日(金)〜6月30日(日)天王洲 銀河劇場
神戸公演:2019年7月4日(木)〜7月7日(日)AiiA 2.5 Theater Kobe

原作:京極夏彦「魍魎の匣」(講談社文庫)
脚本:畑 雅文
演出:松崎史也
企画協力:株式会社ラクーンエージェンシー

出演:
中禅寺秋彦 役:橘 ケンチ

木場修太郎 役:内田朝陽
関口 巽 役:高橋良輔
榎木津礼二郎 役:北園 涼
鳥口守彦 役:高橋健介

楠本君枝 役:坂井香奈美
久保竣公 役:吉川純広
楠本頼子 役:平川結月
柚木加菜子 役:井上音生

中禅寺敦子 役:加藤里保菜
雨宮典匡 役:田口 涼
須崎太郎 役:倉沢 学
増岡則之 役:津田幹土
青木文蔵 役:船木政秀
福本郁雄 役:小林賢祐
里村絋市 役:中原敏宏
寺田サト 役:新原ミナミ

寺田兵衛 役:花王おさむ

柚木陽子 役:紫吹 淳

美馬坂幸四郎 役:西岡德馬

主催:ネルケプランニング

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@stage_mouryou)

©舞台「魍魎の匣」