Interview

サイダーガール 颯爽とした“夏シングル”に込められたサイダーガール ・サウンドのキーポイントとは?

サイダーガール 颯爽とした“夏シングル”に込められたサイダーガール ・サウンドのキーポイントとは?

好調!サイダーガールのニュー・シングルは、話題のドラマ「都立水商!〜令和〜」のエンディングテーマ。何者かになろうとして突っ走る人たちの思いを、サイダーガールならではの爽快感と疾走感で後押しするロック・チューンだ。そのイメージをさらに広げるカップリングも含め、彼ららしい“夏シングル”に仕上がった今回の制作はどんなふうに進んだのか? メンバー3人に振り返ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 鈴木圭


機材トラブルが起きたマイナス面を逆に“今日しか見れないものが見れた”とお客さんに思ってもらえるようにしたいなとすぐに思ったんです。

ニュー・シングルのお話を聞く前に、3月に終了したツアーの話を聞かせてください。だいぶ時間が経ちましたが、何か印象に残っていることはありますか。

Yurin(Vo&Gt) あのツアーは、全部を通してわりと満身創痍という感じだったので…、自分たちが練習してきたものをちゃんと発揮できなかったというのが心残りとしてあって、その経験を次にしっかり生かしていきたいなと思ってるんですけど。

「満身創痍」と言われたのは、みなさんの体調に関わることですか。それとも機材の具合とか、そういう物理的な事情の話ですか。

Yurin 機材のことも僕らのコンディションも含め、いろんなところで気持ちを持って行かれてしまうことがあって…。目の前のお客さんを一番大事にしないといけないということは頭の中ではわかってたんですけど、それがちゃんとやれたのかな?という気がしてるんですよね。

あのツアーは、これまでで本数も規模もサイダーガールとしては最大だったわけですが、そういうことが関係しているように思いますか。

Yurin どうなんでしょう…。ただ、例えば映像と音を同期させるということを普段はやってないので、スタッフもいつもと違ってちょっとバタバタしたところもあったように思うし。東京は「大きい会場だから」ということで、見せ方をいろいろ考えてあの形になったんですけど、それが十分には消化しきれてなかったのかなって。次に繋げる意味では、あれはいい経験になったと思います。

サイダーガール Yurin エンタメステーションインタビュー

Yurin(Vo&Gt)

東京公演では機材トラブルがあって、その対応をしている間に、Yurinさんと知さんの二人で「群青」をやりましたが、あの場面はかなりテンパってたんですか。

(Gt) 機材トラブルが起きたのは初めてではなかったので、だから“もうアコースティックでやろう”と、すぐに頭は切り替わってたし、トラブルが起きたというマイナス面を逆に“今日しか見れないものが見れた”みたいにお客さんが思ってもらえるようにしたいなとすぐに思ったんです。それでああいう形で「群青」をやって、結果として喜んでもらえていたようなので、良かったかなとは思います。

「群青」をやることにしたのは、まさにあの場で相談したことですか。

 全く準備はしてなかったです。もちろん、仕込みでもなんでもないです(笑)。

Yurin どこかで、やったりしたんだっけ?

 バンドではやったことはありますけど、アコギだけでやったのは多分初めてですね。初回盤に付くDVDにその映像が入るんですけど、見直してみるとやっぱり急遽やってる感がものすごく出てて、だからちゃんと練習しとくんだったなあと思ってます。

でも、ちゃんとできてたら、それこそ仕込みみたいに見えるでしょ(笑)。

 (笑)、そうなんですけど、後から見るとそう思うくらい、急遽やってますという感じの演奏でした。

フジムラさんは、僕の記憶ではまさにステージを駆けずり回ってましたよね。

フジムラ(B) そうなんですよ。シークエンスの音が出なくなっているのが、その前の曲でわかって、その次の「dialogue」はシークエンスの音が出ないとちょっと悲しいことになってしまうので“これは、何としても直さないといけない”と思って、すぐ後ろに行って作業に取り掛かったんです。それである程度までやったところで、「全部の音が鳴るようにはなってないけど、とりあえず次の曲は大丈夫そう」という舞台袖からの連絡が来たので、確かに完璧に直そうと思ったらすごい時間がかかるし、しょうがないな、と。自分の中でも吹っ切れたので、そのトラブルがあったおかげでというか、それ以降の演奏は思い切り突っ走れた感じがありました。自分の中のリミッターを解除できたというか。出ない音は自分の熱量で補うぞと、思い切りやれました。

Yurinさんはその現場で「これもライブということで」というMCをされてましたよね。

Yurin ツアー・ファイナルというタイミングでトラブルを引き当てるというのも僕ららしいなと思ったので、そのことも含め、あの日だけのライブ感みたいなものにちゃんと昇華させようと思ったし。だから、本当に“これもライブというものだからしょうがない”と思ってました。

その場面以外の演奏を映像で見直した時に何か思ったことはありますか。

Yurin 演奏が後半になるほど粗くなっていってるのがわかったんですけど(笑)。セット・リスト自体、後半は勢いで持って行く感じになってたし、フジムラが言ったように、トラブルの後は熱量で盛り上げる感じもすごく出てて、バンド感のあるライブになってたから良かったなと思いました。

「クローバー」は夏の応援歌ということを意識していたので、青臭いというか、若々しいアプローチにしたいなと思ってたんです。

僕も同じような感想だったんですが、そのライブの後味みたいなものは今回のシングル、特にタイトル曲の「クローバー」にも通じているように思いました。今回のシングルの制作はどんなふうに進んで行ったんですか。

Yurin 実は3曲目の「寿司」という曲が1年半くらい前にレコーディングまで終わっていて、それがシングル「約束」の時期だったんですけど、そのシングルのイメージには合わないような気がしたので見送って、その後アルバムを作った時も“この曲はあまりアルバム曲っぽくないな”という気がして入れなかったんです。で、今回の制作に入る時にディレクターから「応援歌を作ってほしい」というリクエストがあって、そういうコンセプトのシングルにするとすれば、この曲は入っててもいいんじゃないかなと思って。元々、何かのカップリングにするイメージだったので、ちょうど良かったという感じです。

とすると、「クローバー」は“応援歌”というコンセプトがあり、またドラマのエンディグテーマというお題があるなかで作り始めた曲ということになりますか。

Yurin そうですね。夏に出すシングルということも決まってましたから、わかりやすくてストレートな楽曲にしようと思ってました。

「わかりやすくてストレート」と言われましたが、特に1コーラス目などはガリガリと形容したくなるようなアレンジですね。

Yurin 最初のデモはもうちょっとガリガリしてたというか、ガチャガチャした感じだったんです。そこから少しマイルドになった感じの出来上がりになりましたけど、元々のデモの意図としてはシンプルな、夏の応援歌ということを意識していたので、青臭いというか、若々しいアプローチにしたいなと思ってたんです。それでBメロがなかったり、音数的にもドラム、ベース。ギター、声だけでやろう、と。歌詞も、誰もスッと馴染めるようなわかりやすい表現を意識して、今回は応援歌ということで、いつにも増してより伝わりやすいものいしようという気持ちが強かったと思います。

知さんとフジムラさんは、どういうことを意識してこの曲に臨みましたか。

 この曲は元のデモの雰囲気からあまりいじらずにやったような気がします。歌が入ったところのワウも最初から入ってたし、その先のガリガリした感じも意識してけっこう強めのピッキングで弾いたりしてましたね。

サイダーガール 知 エンタメステーションインタビュー

知(Gt)

フジムラ 僕も最初に聴いた時に力強い雰囲気は感じたので、力強くて爽やかに、ということを意識してました。具体的には、Aメロはタイトにやって、サビで一気に広がっていく感じを出したかったんですけど、それこそさっきの東京のファイナルの後半の演奏のようにエモーショナルな感じでやれたなと思います。

全体的なアレンジの印象として、最近のサイダーガールの曲のアレンジは音数もカラフルだし、その出入りの抑揚の中でドラマ性を演出するような形が多かったと思いますが、この曲はもうちょっと直線的ですよね。

Yurin 確かに最近はおっしゃったようなアプローチの曲が多かったですから、今回は逆にスッキリしたものにしようという気持ちはあって、それは僕の中にある周期みたいなものでもあるような気がします。ちょっと前までは鍵盤やシークエンスがたくさん入った曲を作ってたんですけど、最近はわりとシンプルなものを作ることが多くて、ちょうどそういう時期に当たってたから、アレンジもこういうストレートな感じになったんだと思います。

「クローバー」はきれいにパッケージされてる感じだとすると、「ハートビート」はちょっとガサツな感じがいいかなって。

2曲目の「ハートビート」はフジムラさんの曲ですが、いつ頃どんなふうに生まれた曲ですか。

フジムラ この曲は『SODA POP FANCLUB 2』の制作で1曲目に速い曲を入れたいという話になった時に作ったんですけど、その時には「1曲目感があまりないね」というみんなの反応で、でも僕自身はこの曲をすごく気に入っていたので、このシングルに入れたいという話をして、採用されました。

「1曲目感があまりないね」という感想は、多分2ビートとツー・スリーのリズムが交互に出てくる流れのことを言ったんでしょうね。

 そう、そこがアルバムの中盤の曲っぽいですよね(笑)。

フジムラ (笑)。確かに「アクセル」を知くんが持ってきた時に、1曲目感ということではかなわないと思いました。

サイダーガール フジムラ エンタメステーションインタビュー

フジムラ(B)

ただ、その2ビートとツー・スリーのリズムの流れがこの曲の面白さですよね。

 僕もそう思うんですけど、でも最初はツー・スリーじゃなかったんですよ。

フジムラ 僕が最初に作った時には、2ビートから変わっていく流れがあまり良くなかったんですよ。それで、一度持ち帰って直したものをまたスタジオで合わせて、さらに修正を加えて、こういう着地になりました。

知さんは、この曲についてはどういうイメージでアプローチしたんですか。

 最終的には男臭い感じになればいいかなと思って、だから「クローバー」はきれいにパッケージされてる感じだとすると、「ハートビート」はちょっとガサツな感じがいいかなって。

確かに、サウンドは男臭いイメージになっていると思いますが、主人公の男の子のイメージはかなり情けない感じですよね。

 (笑)、女々しいですよね。

フジムラ こういう明るい曲に歌詞まで明るいとただの明るい曲ということで終わっちゃう印象が自分の中にはあって、僕自身もネガティブな人間なので(笑)、ただのハッピーエンドは嫌だなと思ったんですよね。だから、敢えてモヤモヤした気持ちで終わることにしたんです。

そして3曲目が、この中では一番古い曲になるという「寿司」なんですが、資料でいただいた音源のタイトルが「sushi」となってたので、“こういう仮タイトルなんだ”と思ってました(笑)。

フジムラ (笑)、仮タイトルは「ハンバーグ」でした。

Yurin タイトルを決めなきゃいけない締め切りのタイミングで一番食べたかったものをタイトルにしました。

「寿司」が本当にタイトルであることを知ってからあらためて聴いて思ったのは、♪素晴らしい最低を謳歌しようぜ♪ということの具体的な形が例えば寿司を食べることなのかなとも思ったんですが。

Yurin それは、その通りかもしれないですね。僕はどんことに関しても、嫌なことがあっても美味しいものを食べたらわりとどうでもよくなるから、それは確かにそうかもしれないです。

サウンドがカラフルだし、曲調もポップで、さっきのYurinさんの周期の話で言えば、一つ前のモードの曲という感じですね。

Yurin そうですね。去年くらいのポップ・モードな感じがもろに出てるなと思います。

そういう曲はギターが忙しいですよね。

 そうなんです。本当に辛かったです(笑)。この曲をレコーディングした時期は、「パレット」とかと同じ頃ですけど、コード感というかテンション感をギターのフレーズに入れようとしてた時期で、自分の中ではギターというよりはシンセというか鍵盤っぽいギターだなという感じがしますね。

サイダーガール エンタメステーションインタビュー

この曲を聴いて、いまさらながら気づいた感じがしたのは、ワウギターというのがサイダーガールのサウンドの一つの目印というか、個性を作るポイントになっているなと思ったんです。この曲ではまずアコギが鳴ってて、それとは別にエレキがいろいろ忙しくやってるわけですが、その中でポイントのところにワウが入りますよね。

 ああ、確かに入ってますねえ。

「クローバー」の冒頭でもワウギターが鳴って、そこから音楽が展開していきますよね。

Yurin そう言えば、そうですね。

そういうふうに、このシングルだけでなく、サイダーガールの音楽として一つ筋が通っている形になっていると思うんです。

 今までは「寿司」みたいに調味料的な感じで入れてたんですけど、「クローバー」では前面に出てきましたよね。

Yurin 僕の個人的な感覚として、ワウの音って炭酸っぽいイメージというか、ショワッとした感じが潜在的にあるので、使いたいと思ってしまうのかなという気がします。

もう一つこの曲を聴いて思うのは、Yurinさんの言う通りポップ・モードな仕立て方にはなっているんですが、曲が内包しているスピード感がロックっぽいと感じるんです。だから、このシングルのカップリングとしてもうまくハマったのかなという気がするんですが、いかがですか。

Yurin 確かに、上モノはいろいろ足してたんですが、16分音符の感じというか疾走感は残そうとずっと思っていたので、だからドラムはがんばって叩いてもらったなあという記憶はあって、そのおかげかなという気がしますね。

ワウギターの話と同じように、サイダーガールの音楽を作る際に、ショワッとした感じとか疾走感とか、ずっと変わらずに意識する要素というのがあるんじゃないですか。

Yurin 確かに、ブレずに続けていくものというのが僕のなかにあって、それをどの曲にも入れるようには心がけているところがあるんですけど、そのなかのどれかがビート感とかギターの表現とかに入っていれば僕としてはOKで、その上で曲ごとに違うところに遊びに行ってみるみたいな感覚はありますね。

本当の最高速というのは、ちゃんと地に足をつけて自分を見失わないでブレずに進んでいけることだと思う

歌詞の話ですが、この曲の主人公は♪最高速さ僕らは♪と歌っていますが、♪少しずつでもいい/立ち止まってもいい/君は君のためにあるんだ♪と歌う「クローバー」の主人公と相通じ合っているように、僕には感じられるんです。

Yurin 立ち止まっても、それはその人なりの最高速なんだなと思うんですよね。本当の最高速というのは、生き急ぐみたいなことじゃなくて、ちゃんと地に足をつけて自分を見失わないでブレずに進んでいけることだと思っているので、ここで言う「最高速」は物理的な速度のことではなくて、そういう意味ですね。

つまり、「クローバー」のあの一節は、今話してくれたような最高速についての考え方をわかりやすい言い方で説明している形になっているわけですね。

Yurin そうですね。そういう前向きな歌詞を書く時に、押しつけがましいことは言いたくないなと思っていて、聴いてくれる人が自分の馴染みやすいように解釈してもらえたら、それが一番いいなと思っているんです。だから、例えばめちゃくちゃゆっくり進んでるなと思ってる人がこの曲を聴いて“これでいいんだ”とか思ってくれたら嬉しいですね。

サイダーガール

リリース後には、対バンツアーが決定しています。今回は“先輩、よろしくお願いします”というサブタイトルがついていますが、名古屋と東京に登場する先輩バンドを、それぞれ紹介してもらえますか。

フジムラ アルカラは、演奏力、表現力、それにライブの持っていき方まで全て計算し尽くされているという感じで、これまでにも何度か共演させてもらったことがあって、見るたびに圧倒されるんですよ。で、大阪で一緒にやらせてもらった時に、打ち上げでアルカラのドラムの武史さんに「お前は全然できてない。次に対バンするまでちゃんと仕上げてこい!」って言われたんです。そういうことをちゃんと言ってくれる心強い先輩でもあって、だから今回の名古屋のライブは個人的にやってやるぞ感がいっぱいです。

 KEYTALKは、「太陽系リフレイン」という曲のMVを僕らがすごくいいなと思ってたんですけど、その撮影を担当したのがウチの前のマネージャーで、つまり僕らが今の事務所に入るきっかけを作ってくれたバンドなんです。もちろん、それ以前からKEYTALKの音楽はすごく好きで聴いてたんですが、実はバンドのロゴを作った人も同じだったりして、すごく縁があるんですよね。で、4つ打ちがすごく流行ってた時期に4つ打ちの曲をすごく豊富なバリエーションで聴かせる音楽性の高さが当時から僕はすごく好きで、その後知り合うようになってからもすごく優しくしていただいて、そういう人間性もちゃんと音楽に出るんだなと思いました。

そういう先輩たちと手合わせをするツアーに向けての意気込みを、最後に聞かせてください。

Yurin 本当に恵まれた対バンだなと思うし、それにあぐらをかくようなことになったらいけないとも思うので、ちゃんと肩を並べられるようなツーマン・ライブにして、お客さんにも楽しんでもらいたいと思っています。

楽しみです。ありがとうございました。

その他のサイダーガールの作品はこちらへ。

ライブ情報

“僕らのサイダーウォーズ 3-先輩、よろしくお願いします-”

7月19日(金)愛知・名古屋CLUB QUATTRO   w/アルカラ
7月20日(土)大阪・梅田CLUB QUATTRO    ※ワンマン公演
7月25日(木)東京・渋谷CLUB QUATTRO    w/KEYTALK

サイダーガール

シュワシュワとはじける炭酸の泡は爽快感、その泡はあっという間に消えてなくなってしまう儚さ。そしてどんな色にも自在に変化していく。そんな“炭酸系サウンド”を目指し、2014年5月、動画サイトを中心に活動していたYurin(Vo&Gt)、VOCALOIDを使用して音楽活動していた知(Gt)、フジムラ(B)で結成。インターネットを含むメディアでは一切顔を出さず、ライブ会場でのみ本人たちの姿を目撃できるということと、“炭酸系”サウンドが相まって話題となり2016年2月、タワーレコード限定発売の2ndミニアルバム『サイダーの街まで』がスマッシュヒット。初の全国ツアー”サイダーガールTOUR 2016 サイダーのゆくえ-君の街まで-“を成功させた。初ライブからちょうど3年後の2017年7月26日、シングル『エバーグリーン』でユニバーサルJよりメジャー・デビュー。秋には初のフルアルバムとなる『SODA POP FANCLUB 1』をリリース。全国ツアー“サイダーガールTOUR 2017-2018 サイダーのゆくえ-JUMP ON THE BANDWAGON-”は全国各地でSOLD OUTとなった。2018年3月に2nd シングル「パレット」、6月20日には3rdシングル「約束」をリリース。6月23日=マイナビBLITZ赤坂、7月1日=大阪バナナホールで行われた自主企画イベント“CIDER LABO”は完全SOLD OUTとなった。11月には2ndアルバム『SODA POP FANCLUB 2』をリリース。“サイダーガールTOUR 2019 サイダーのゆくえ-SPACESHIP IN MY CIDER-”は全国各地でSOLD OUTとなった。

オフィシャルサイト
http://cidergirl.jp

フォトギャラリー