Report

荒牧慶彦が「新たな挑戦をしている」と意気込む、舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ 開幕レポート

荒牧慶彦が「新たな挑戦をしている」と意気込む、舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ 開幕レポート

舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ が、6月14日(金)に品川プリンスホテル ステラボールにて開幕した。
刀剣ブームを巻き起こした刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」(DMM GAMES/Nitroplus)を原案に、2.5次元作品屈指の人気作となった舞台『刀剣乱舞』シリーズ。“集大成”と謳われた前作から約1年。先日開幕した最新作「慈伝 日日の葉よ散るらむ」は、新たな刀剣男士たちを迎えて一層にぎやかになった「本丸」の“日日”を綴る物語だ。
初日直前に行われたゲネプロの模様と、山姥切国広 役の荒牧慶彦、へし切長谷部 役の和田雅成をはじめ、「会場替わり刀剣男士」の小夜左文字 役の納谷 健を含めた全19振りの刀剣男士が登壇した囲み会見のコメントを届ける。

取材・文 / 片桐ユウ


彼ら自身の“ものがたり”をあらためて認識する

最新作は、これまでのシリーズをひとつに結んだ「悲伝」から色合いを変えて、 “慈しむ(いつくしむ)”の字を冠した「慈伝」。
爽やかに広がる青空と新緑が眩しいビジュアルが公開された際から、これまでのシリーズとは違う予感を感じさせていた。

果たして今回は、歴史改変を目論む「歴史修正主義者」との戦いではなく、彼らがどのようにして日常を過ごしているかに焦点を当てたストーリー。
新たな「本丸」へ引っ越しすることになった刀剣男士たちの、荷運びする様子や皆で集まって酒宴を催す姿がイキイキと描かれる。

これまでのシリーズに登場していた刀剣男士、山姥切国広(荒牧慶彦)、へし切長谷部(和田雅成)を中心に、つねに驚きを求めている鶴丸国永(健人)、猪突猛進タイプの大包平(加藤 将)を面白そうに見守っている鶯丸(前山剛久)、落ち着いた物腰の大般若長光(川上将大)。前向きなソハヤノツルキ(飯山裕太)、博多弁で皆を盛り上げる博多藤四郎(木津つばさ)。山姥切国広を兄弟として気遣う山伏国広(横山真史)、まっすぐな同田貫正国(武子直輝)たちが集結。
久々の登場となる刀剣男士も顔を揃えており、懐かしくも馴染みのある掛け合いに、ほっこりすること請け合いだ。

そこへ加えて、今作から新たに登場した刀剣男士8振りにも注目。

天下五剣のひとつに数えられる大典太光世(磯野 大)の物腰や、短刀の前田藤四郎(大崎捺希)と五虎退(設楽銀河)の愛らしさ、大太刀の太郎太刀(小林 涼)と次郎太刀(小坂涼太郎)の大らかな立ち振舞い、猫の呪いを受けている南泉一文字(谷水 力)の仕草、陸奥守吉行(蒼木 陣)の伸びやかさ。
シーンの随所に表われているそれぞれの“らしさ”からも目が離せないが、立ち回りのシーンで見せる特性を生かした殺陣が圧巻。

シリーズ史上最大数の刀剣男士たちが、本丸で過ごすのんびりとした“内番”姿と、模擬戦を行う際の“正装”した凛々しい姿。双方の良さをたっぷり堪能できる。

そして、山姥切国広の本歌である山姥切長義(梅津瑞樹)が本丸にやってきたことで巻き起こる騒動からは、これまでの本丸の歩みと成長をひと際に感じることができるだろう。

今作では彼ら自身の“ものがたり”をあらためて認識するという意味で、これもまた“歴史を守る”物語である。
今後も受け継がれていくであろう舞台『刀剣乱舞』の歴史に、引き続き期待していきたい。

東京公演は小夜左文字(納谷 健)が会場替わり刀剣男士として登場し、品川プリンスホテル ステラボールにて6月23日(日)まで上演。大阪公演は6月28日(金)~7月7日(日)サンケイホールブリーゼにて。骨喰藤四郎(北川尚弥)が登場予定。兵庫公演は7月11日(木)~7月15日(月・祝)AiiA 2.5 Theater Kobeにて。不動行光(椎名鯛造)が登場予定。東京凱旋公演は7月19日(金)~8月4日(日)品川プリンスホテル ステラボールで上演され、歌仙兼定(和田琢磨)が登場予定だ。
また、8月4日(日)の大千秋楽には、ライブビューイングの開催が決定。Blu-ray&DVDは11月6日(水)に発売される。

これからも前を向いて、新たな戦いを続けてまいります

この後は、東京公演のキャスト、全19振りの刀剣男士が登壇した囲み会見のコメントを届ける。

山姥切国広 役:荒牧慶彦
今回、全60公演です。長い戦いとなりますが、登場する19振り誰ひとり欠けることなく、ケガなく最高の笑顔をもって千秋楽を迎えるまで頑張りたいと思います。これまでのシリーズ計6作、鈴木拡樹くんが演じる三日月宗近に率いられて僕らはやってきたのですが、前作の舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 で一度お別れとなりました。そこまでも長い長い戦いだったのですが、これからも前を向いて、新たな戦いを続けてまいりますので、皆様、何卒応援のほどよろしくお願いいたします。
今回の舞台はカンパニーの仲の良さが生きている作品になっていると思います。そして今回の「刀ステ」は、刀剣男士の数や公演数もそうですが、これまでのシリーズとはまた違った新たな挑戦をしています。それはご覧になる方すべてに楽しんでいただけるものになっていると、僕は自信を持って言えます。
僕個人としては、山姥切国広と山姥切長義(梅津瑞樹)との関係性が見どころになるので、ぜひ注目していただきたいですし、舞台ならではの面白さがたくさん詰まっている作品になっています。この人数が舞台上にいる圧巻と共に、スポットが当たっていない刀剣男士たちも、それぞれこの「刀ステの本丸」で生きているので、そこも楽しんでいただければと思います。

へし切長谷部 役:和田雅成
誰ひとり欠けることなく、精一杯、力いっぱい、元気いっぱい頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします!
最良の結果を、主に。

鶴丸国永 役:健人
全60公演、毎回新鮮に驚きをお届けできたらなと思います。
登場する刀剣男士が多いのでいろんな絡みが見られますし、また一風変わった感じの舞台『刀剣乱舞』をお届けできると思います。ぜひ心ゆくまで楽しんでお帰りください。劇場にてお待ちしています。

鶯丸 役:前山剛久
大包平、というか天才・加藤 将が暴走していますので、それを楽しみたいと思います(笑)。
みなさんの想像を遥かに、悠々と越えていきます。

大包平 役:加藤 将
全60公演、会場替わり刀剣男士を合わせて22振りということで、みんなでケガなく乗り越えていきたいと思います。
大包平が、いつか近侍になれる(程、立派になる)日を信じて、頑張っていきたいと思います!

大般若長光 役:川上将大
カンパニー一同で、“戦い続ける座組”の一員として、最後まで戦い抜きたいと思います!
全60公演、100、120……いや、200パーセントの力を出して頑張ります!

大典太光世 役:磯野 大
舞台という“ナマモノ”で長丁場の公演となりますが、鮮度をしっかり保って毎回フレッシュな気持ちで挑みたいと思います。
最多出演者数なので圧巻だと思います。

ソハヤノツルキ 役:飯山裕太
毎日、誰かの初日で千秋楽だと思って日々大切に演じていきたいと思います。
これだけの刀剣男士が一度に見られるので、一秒一秒見逃さずに楽しんでいただきたいです。

博多藤四郎 役:木津つばさ
今回、藤四郎兄弟が3振り(※会場替わり刀剣男士を含めると4振り)登場します。お客様に新鮮な気持ちでお届けできればなと思います。
瞬き禁止でございます! いろんな刀剣男士を見て楽しんでいただければと思います。お待ちしております。

前田藤四郎 役:大崎捺希
全60公演、全力を尽くしていきます。
各所にいろんなアイデアが存分に盛り込まれています。最後までずっと飽きない作品だと思いますので、楽しみにしていてください。

五虎退 役:設楽銀河
毎公演、新鮮に挑んで参りたいと思います。
1000、2000……いや、3000パーセントの力を込めて全力で頑張りたいと思います。劇場でお待ちしております! 応援よろしくお願いいたします。

山伏国広 役:横山真史
1年半ぶりの出演となり、幸せを感じています。この幸せを噛みしめて、全60公演カンパニー一同やっていきたいと思います。
僕たちは全力で楽しみます! 審神者(さにわ)の皆様も楽しんでいただければと思います。お楽しみに!

同田貫正国 役:武子直輝
シリーズ最大出演者数にして最大公演数となっております。長い長い戦いですが、みんなでケガなく最後まで駆け抜けていきたいと思います。
「刀ステ」という戦にまた戻ってこられて幸せです。全60公演、しっかり頑張らせていただきます!

太郎太刀 役:小林 涼
最後までケガなくやっていきたいと思います。
僕たちも全力で楽しみたいと思っておりますので、観に来てくださる皆様も全力で楽しんでください。

次郎太刀 役:小坂涼太郎
楽しんで楽しんで、楽しみまくりたいと思います!
僕たちは“生きて”ます! 刀剣男士が“生きている”ということを実感できる作品となっていると思います。本当に楽しいのでご期待ください。

南泉一文字 役:谷水 力
毎公演、新鮮な気持ちで最後まで全力で戦い抜きたいと思います。
皆様にワクワクして、楽しんで、笑顔で帰っていただける作品になっています。劇場でお待ちしております!

山姥切長義 役:梅津瑞樹
とにかく皆さんとの関係性の中でちゃんとお芝居を作って、全60公演最後まで考えながらやっていきたいです。
僕としてはとにかく、山姥切国広や南泉一文字、「本丸」の刀剣男士たちの関係性の中で生きていくことがテーマなので、そこを楽しみにしていただけたらと思います。

陸奥守吉行 役:蒼木 陣
60公演もやらせていただけるので、60回分、全力でワクワクして臨みます。
“生”のお芝居ということで、刀剣男士という存在を人間が演じる意味を考えて取り組めればと思っております。

小夜左文字 役:納谷 健
「会場替わり刀剣男士」として参加させていただくので、みなさんより先に千秋楽を迎えますが、他の会場に登場する刀剣男士、そして今まで「刀ステ」に関わった刀剣男士と一緒に物語を作り上げていけるよう、頑張りたいと思います。
「刀ステ」としてまた新たに歴史の1ページを刻めるように頑張っていきます。よろしくお願いします。

舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ

東京公演:2019年6月14日(金)~6月23日(日)品川プリンスホテル ステラボール
大阪公演:2019年6月28日(金)~7月7日(日)サンケイホールブリーゼ
兵庫公演:2019年7月11日(木)~7月15日(月・祝)AiiA 2.5 Theater Kobe
東京凱旋公演:2019年7月19日(金)~8月4日(日)品川プリンスホテル ステラボール

〈ライブビューイング〉2019年8月4日(日)17:30上映開始
詳細はこちら

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
脚本・演出:末満健一
音楽:manzo テルジ ヨシザワ

出演:
山姥切国広 役:荒牧慶彦
へし切長谷部 役:和田雅成

鶴丸国永 役:健人
鶯丸 役:前山剛久
大包平 役:加藤 将
大般若長光 役:川上将大
大典太光世 役:磯野 大
ソハヤノツルキ 役:飯山裕太
博多藤四郎 役:木津つばさ
前田藤四郎 役:大崎捺希
五虎退 役:設楽銀河
山伏国広 役:横山真史
同田貫正国 役:武子直輝
太郎太刀 役:小林 涼
次郎太刀 役:小坂涼太郎
南泉一文字 役:谷水 力

謎の人物 役:梅津瑞樹
陸奥守吉行 役:蒼木 陣

東京公演:小夜左文字 役:納谷 健
大阪公演:骨喰藤四郎 役:北川尚弥
兵庫公演:不動行光 役:椎名鯛造
東京凱旋公演:歌仙兼定 役:和田琢磨

主催:ニトロプラス/マーベラス/東宝/DMM GAMES

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@ stage_touken)

©舞台『刀剣乱舞』製作委員会 ©2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus

Blu-ray&DVD発売決定

発売日:2019年11月6日(水)