Interview

ズーカラデル 北海道発の注目3人組は、これまでの歴史をどんなふうにまとめ、どんな新しい扉を開いたのか?

ズーカラデル 北海道発の注目3人組は、これまでの歴史をどんなふうにまとめ、どんな新しい扉を開いたのか?

昨年リリースした2ndミニアルバム『夢が醒めたら』で注目度を一気に高めた北海道の3人組、ズーカラデルが初めてのフルアルバム『ズーカラデル』を完成させた。先に発表した2枚のミニアルバムからの再録曲も含めた全12曲というボリュームで、これまでの自らの歩みとこれからの可能性を存分に示してみせた力作だ。
ここでは、メンバー3人にその制作を振り返ってもらうとともに、その過程で感じたバンドの現在に対する手応えをじっくりと語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 田中和彦


最近はみんなで楽曲ごとに一番いい形をちゃんと話し合えるようになってきたかなという感じはしてますね。

前作『夢が醒めたら』のツアーの東京公演を見せてもらって、個人的にいくつか腑に落ちることがあったんですが、まず鷲見さんはベースと同じように能弁なんですね。

鷲見こうた(Ba) えっ!?

山岸りょう(Dr.) そうです。

喋るようにベースを弾くと言ったほうがいいんでしょうか。

山岸 とりあえず、3人のなかでは一番喋りますね(笑)。

鷲見 一番喋るというか、二人も喋らないわけじゃないですけどスリープモードまでの時間がすごく短くて、ちょっと間が空くと二人とも喋らなくなっちゃうから、僕が話しかけてちょっかい出すことが多いということですね。

鷲見さんは去年の春にこのバンドに加入したわけですが、その時点ではこのバンドでのベースの役割や立ち位置と言ったことについてどんなことを考えていましたか。

鷲見 「曲がいいって、いいことだよね」というのはずっと前から、このバンドでなくても思ってて。ズーカラデルは曲がいいから、このバンドに入ったら貢献できそうな気がするとは思ってました。ただ、“今このバンドに足りないものを自分が足してやるぜ”みたいな気持ちはそもそもなくて、“ボーカリストから誘われたということはそういう可能性を見てくれてるからだろう”と思うんです。ライブを見てくれた上で声かけてくれたから、彼の中で僕がズーカラデルで弾いてる姿を想像できたから声かけてくれたんだろうし、自分がバンドにフィットするために何か変わる必要もないかなあと思ったし、自分が持っている要素をそのまま出せればそれは素敵なことだなあと思ってました。

ズーカラデル 鷲見こうた エンタメステーションインタビュー

鷲見こうた(Ba)

吉田さんが持ってきた曲のアレンジを進める上で何か意識することはありますか。

鷲見 一番は歌を聴いてほしい、歌詞がちゃんと耳に届いてほしいということが大前提ですけど、その上で3ピースという編成ならではのバンド感も出したいし、ウチはリードギターがいるわけではなくて、吉田はコードを鳴らしてバッキングしてるというのが基本の形なので、そこにいいフレーズというのは出していきたいなということは常に考えています。“ベース・プレイヤーとしての自分が”ということかもしれないですけど、上とか下とか動くのは好きで、ただそれが歌を邪魔するのは絶対に嫌なので、そこはいつも考えています。

山岸さんは、ベースが代わって変わったこと、逆にこのバンドのドラムとして変わらないこと、いろいろあると思いますが、どんなことを意識してドラムを叩いていますか。

山岸 まず歌を聴いてもらうということが一番伝えたいこととしてあって、そのためにはやっぱり楽曲が良くないとダメだと思うので、鷲見が言ったようなことのバランスをはかりながら、いろいろ曲を作っていくんですね。そこで、鷲見が入ったからということなのかどうかはわからないですが、最近はみんなで楽曲ごとに一番いい形をちゃんと話し合えるようになってきたかなという感じはしてますね。

山岸さん自身のプレイに関して話ですが、昨年暮れの東京公演では、ドラムの前に座ったらまずキックではなくてハイハットを踏んでましたね。

山岸 あっ、そうですか!?

曲の演奏でもハイハットを踏んでることが多いですよね。

山岸 単純に、バスドラムがズンズン進んでいくのはそんなに好きじゃないというのはあるんですけど、他のロック・ドラマーとはちょっと違う気持ちでいるかもしれないなということは最近思います。

それは、いわゆるロック・ドラマーのプレイに対するアンチテーゼみたいな意識なんでしょうか、それとも、素朴に自分の好みみたいなことですか。

山岸 好みだと思います。別にロック・ドラマーになりたくないわけじゃなくて、自分が育ってきた環境のせいもあって、そういう方向性になっているのかなという気がします。でも今回のアルバムで例えば「イエス」という曲は、自分が持っているロックの部分をいかに出すかというチャレンジをした曲でもあるんですよね。

その「育ってきた環境」というのは?

山岸 吹奏楽を昔からやってて、電子楽器ではなく管楽器、弦楽器のなかでのパーカッションとして自分はずっとやってきたので、その環境のせいで“自分がどんどん前に出ていくぜ”という気持ちではないのかもしれないですね。

ズーカラデル 山岸りょう エンタメステーションインタビュー

山岸りょう(Dr.)

吉田さんは前作をリリースしてツアーを終えるまでの期間に感じたことや返ってきた反応で何か印象に残っていることはありますか。

吉田崇展(Gt&Vo.) 『夢が醒めたら』については、それぞれの曲をいいと言ってくださる方がたくさんいて、それが嬉しかったし、いまだにあのアルバムを新しく聴いて「これはいいな」と言ってくれる人がいるというのはすごく幸せな状態だなと思ったりします。個人的にはやれることをやりきった作品だと思っているんですけど、でもリリースしてみるとさらに押し進められるところもあるという感触も残ったので、その感触が今回のアルバムにつながっているかもしれないですね。

「イエス」という楽曲はこの作品を一つにまとめる最後のピースだったように思うんです。

今回のアルバムの制作はどんなふうに始まったんですか。

吉田 だいたい夏頃に何かリリースするんじゃないかなあというところから始まって、その形態についてはフルアルバムというのもミニアルバムというのもあるなという話だったんですが、そこからいろいろ曲を作っていくなかで「東京に出よう」と話になり、とすると「これが札幌でレコーディングする最後のCDだね」という話になったんです。それだったら、このバンドが持っている歴史みたいなものをギュッとまとめたものとして出すのがいいなということでフルアルバムというサイズになりました。

山岸さんは、このアルバムの制作を振り返ってポイントになったと感じる曲はどれですか。

山岸 やっぱり「イエス」は、今まで自分がやってきたドラムと、自分が一番得意だと思っているところから一歩進んだところにあるものをみんなでアレンジを考えて作った曲だと思うんです。その“今までのもの+何か”ということについては確かに一歩進んだ曲だなという実感があります。それと、個人的には「前夜」という曲がドラムを考えるのがすごく大変だったので、達成感がすごくある曲ですね。

「前夜」はいわゆるロック・チューンの構えの曲だと思いますが、「イエス」も含め、そういうところがズーカラデルとしては新しいページを開いた感じがあるんでしょうか。

山岸 「イエス」は確かにそういう感じはありますが…。

吉田 「前夜」は曲自体すごく古い曲で、僕が前のバンドでやってた曲なんです。ただ、ズーカラデルでは今まで出してこなかった雰囲気の曲ではありますし、そういう意味でこの曲をやることはすごくチャレンジでした。僕らとしてはチャレンジしたという曲が今回はたくさんあるんですけど。

今作は「これまでの歴史をまとめたものにしよう」という話がありましたが、その上でバンドとしては新しい扉を開こうという流れの中にあったということでしょうか。

吉田 そう…、なのかな…。そうだったら、カッコいいですね(笑)。

鷲見 バンドを取り巻く環境は全く変わってきているというタイミングだったというのも、今作がフルアルバムになった理由の一つであるのは間違いないと思います。

鷲見さんは、今回の制作を振り返って印象に残っている曲を一つあげるとすればどれになりますか。

鷲見 やっぱり「イエス」という楽曲はこの作品を一つにまとめる最後のピースだったように思うんです。この曲が仕上がらなかったら、この作品をどうまとめるかわからなくなってたかもしれないと思うくらいで、「イエス」を完成させることがこの作品が完成するタイミングでもあるのかなという気がやっている最中もなんとなくしていたし、アレンジを何度も何度もこねくり回したのも「イエス」なんです。“わぁ。きつい!”と一番思ってたのが、「イエス」を作ってる時でしたね(笑)。

「イエス」は、これをちゃんと追い込めれば、きっと何かを生み出せるような曲になるはずだという感覚はありました。

お二人から出た「イエス」という曲は、どういうふうに生まれた曲なんですか。

吉田 まず、こういうシチュエーションで流れてほしいという決定的なイメージが一つあって、それは内緒なんですけど(笑)、そのイメージから“こういう雰囲気のメロディでこういう雰囲気の言葉が入ってる曲を作りたいぞ!”と思ったのが最初です。

それは、今回の制作のなかのどういう時期だったんですか。

吉田 曲を集め始めていた時期だったと思います。

その時点で、このアルバムの肝になる曲だという予感はありましたか。

吉田 そうですね。これをちゃんと追い込めれば、きっと何かを生み出せるような曲になるはずだという感覚はありました。

そこで、自分たちがこれまでによく知っているところに着地させてもよかったはずなのに、新しいところに向かったのは曲がそうさせたということでしょうか。あるいは、そもそも皆さんの中に新しいところへ向かいたい気持ちがあったんでしょうか。

吉田 曲が呼んでたというか、曲に苦しめられたという感じがありますね(笑)。この曲がいろんなことを受け付けなかったというか。最初のイメージにどうやっても追いつかないなという感じがあって、本当にいろんな方向を試して、最終的には一度通った道ではあったんですが、ある意味ではオーソドックスなところに着地した感じがします。

ズーカラデル 吉田崇展 エンタメステーションインタビュー

吉田崇展(Gt&Vo.)

一度通った時には、そこに答えがあることを見落としてたんでしょうか。

吉田 一度通ったとは言っても、完成形とは違ってたと思うんです。同じことをやっているんだけれどもそもそものベクトルが違うというか…、同じ地点にいるんだけれども向いている方向が違う、みたいな感じだったんじゃないかなという気がします。

向いている方向が違ったんだとして、以前と比べてどうなったから無事に着地できたんだと思いますか。

吉田 最初は、こういうシチュエーションで、こういう人に届いてほしいという前提があって、そこに向かっていろいろ積み重ねていった感じだったんですけど、最終的にはその辺りを取っ払って、曲としてこの曲が一番良くなる形を考えた時に出てきた新しいアイデアがうまくハマってくれた感じがします。

とすると、最初に考えていた「こういうシチュエーションで、こういう人に届いてほしい」という気持ちは、もしかすると邪念と呼んでいいようなものだったんでしょうか。

吉田 う〜ん…。

鷲見 そこを意識し過ぎていた部分は間違いなくあったと思います。そのために“こうでなきゃダメだよね”みたいな感じがあったのかもしれないなあ、と今は思います。ただ、“この歌詞、このメロディを引き立たせて、こういうふうに感じてもらうにはどういうアプローチが必要なのか?”と考えていった時に、もしかすると自分たちが今までやってきていないことが必要かもしれないと思ったから、いろんな方法を試したということもあったように思うんです。あの曲を自分たちがまだわかりきっていないなかでやっていたから、いろいろ試して通り過ぎたけど、目指す完成形が自分たちにちゃんと見えた時にたどり着けたということなのかなという気がします。

このアルバムを作ってる時には、バンドとしてどんどん成熟が進んでいるような感覚がすごく明確にありました。

吉田さんは、今回の制作を振り返って、このアルバムの出来上がりを見通せたと感じる場面がどこかのタイミングでありましたか。

吉田 正直に言って、あまり見通せずにここまで来ている感じもあって、でも二人も言った通り、「イエス」が完成したということはめちゃくちゃ偉いなあと思っています(笑)。「前夜」もかっこいい音で録れたなと思うし、それから「花瓶のうた」は僕が元々持っていたメロディをバンドでどう演奏するか考えていた時に転調のアイデアが出てきたんですけど、そういうふうにバンドの中で作り上げた曲がいくつもあるのはよかったなと思っています。

「前夜」は前のバンドでやってた曲という話でしたが、「花瓶のうた」も曲として寝かしてあったということですか。

吉田 「曲として」と言うよりは、最初の何小節か分のメロディはあって、どこかでうまく使えないかなと思ってたんだけど、ずっと使えなかったんです。それが、“このバンドだったら、この曲できるかもね”と思ったということですね。

今言われた“このバンドだったら、この曲できるかもね”という感覚は、前回のインタビューで「今の3人でやると、自分一人でやるのとは全然違う行き先に進んで、すごく抜けがいいんだ」という話をされていましたが、それと同じような感覚ですか。

吉田 このアルバムを作ってる時にはそこからさらに先に進んでいたというか、自分が想定しなかったところに着地するのが僕の中でもうデフォルトになっているような感覚があって、その上で各々が持っているアイデアや技術的な部分によってうまく落とし込めるようになった気がしていて、バンドとしてどんどん成熟が進んでいるような感覚がすごく明確にありました。

ズーカラデル エンタメステーションインタビュー

逆に、今回のアルバムのために吉田さんが持って来た曲たちに何か新しい傾向を感じることはありましたか。

山岸 傾向として「こういう感じだよね」というようなことは特になかったんですが、ただちらっと感じたのはちょっと音を抜いて3ピースっぽいシンプルなバンド・サウンドに歌を乗せるというか、全部全力でと言うよりはちょっとこちらは落ち着いて歌を聴いてもらうという感じのアプローチをした曲が多かったかなという気はします。例えば「青空」とか「リトル・ミス・ストレンジ」はそういう傾向の曲かなと思いますね。

冒頭にも話したように、ズーカラデルのアンサンブルでは能弁なベースが印象的ですが、今回のアルバムではロック然としたギターが印象に残る曲も少なくありません。それは、結果的にそうなったという感じでしょうか。それとも、意図的なことなんでしょうか。

吉田 曲に求められた部分も多分にあって、“ここはギター・ソロを弾かないといけないよな”と思って入れたということがけっこう多かったですね。

渋々な感じですか(笑)。

吉田 やっぱりリスナーとして聴いた時に“ここはギター・ソロが来てほしい!”という場面が絶対あるので、まあ、そうですね。渋々です(笑)。ただ、最近はギターに対する意識も高まっているので、“弾けるようになってるんだぞ”という気持ちから入ったところもあるかもしれませんね。

初めに今回の作品は「このバンドが持っている歴史みたいなものをギュッとまとめたもの」という話がありましたが、となるとやはりタイトルはセルフ・タイトル以外には考えられない感じだったんですか。

吉田 自分たちの歴史、それに自分たちが育ってきた環境から派生した曲たちだなあと思っているので、それをしっかりと誇るためにはセルフ・タイトルがいいんじゃないかなと思いました。

音源も大事だけど、ライブはライブでグッとくるショーにしたいなと思っています。

9月から全国ツアーが始まりますが、今ズーカラデルがライブに臨む際に何か気をつけていることはありますか。

鷲見 最近、ライブに対する意識が個人的に変わってきた感じがしていて、ライブが好きじゃなかったわけでは全くなくて、むしろ好きだったんですけど、僕はバンドをやっている一番の理由はライブをやりたいということよりもCDを作りたいという気持ちのほうが大きくて、いい音源を完成させて、それを聴いてもらいたいという気持ちが自分の原動力になっているように思うんです。でも最近は、ズーカラデルというバンドが技術的にも表現力の部分でも向上してきたからかもしれないですが、ライブがめちゃくちゃ楽しいと思える瞬間が増えてきたし、ただ演奏を聴いてもらいたいというだけでなく、視覚的にもかっこいいと思ってもらいたいと気持ちも出てきたんです。だから、音源も大事だけど、ライブはライブでグッとくるショーにしたいなと思っています。

最後に、前回のインタビューで「1年後にはどうなってると思いますか?」と聴いたら、「なるようになる」と吉田さんは答えてくれたんですが、それから10ヶ月ほど経った今の時点では、1年後はどうなってると思いますか。

吉田 いろんな方に音楽でいい体験をお届けできる形を作ることによって我々自身も楽しくなるという、その形を作るために今はめちゃくちゃ大事な時期だなと実感しているので、リスナーのためというよりも自分のためにシャカリキに頑張っているんじゃないかと思います。

まず、ツアーを楽しみにしています。ありがとうございました。

その他のズーカラデルの作品はこちらへ。

ライブ情報

ズーカラデル「全国ツアー」

9月13日(金)  北海道・札幌KRAPS HALL
9月18日(水)  福岡・福岡Queblick
9月20日(金)  岡山・岡山PEPPERLAND
9月22日(日)  愛知・名古屋CLUB UPSET
9月23日(月・祝)  大阪・大阪Music Club JANUS
9月28日(土)  宮城・仙台LIVE HOUSE enn2nd
10月3日(木)  東京・渋谷WWW
10月12日(土)  香川・高松TOONICE
10月25日(金)  広島・広島BACKBEAT

ズーカラデル

吉田崇展(Gt&Vo.)、鷲見こうた(Ba)、山岸りょう(Dr.)からなる札幌発の3ピースロックバンド。2017年9月に1stミニアルバム『リブ・フォーエバー』を会場販売開始。2018年3月に現体制となり、11月21日に2nd ミニアルバム『夢が醒めたら』発売。12月に初ワンマンツアー“地獄の入り口TOUR”開催。2019年7月10日、1st full album『ズーカラデル』発売。9月から全国9箇所のワンマンツアー“全国ツアー”開催。更なる飛躍を遂げるべく活動中。

オフィシャルサイト
https://gooutzoo.com

フォトギャラリー