Report

陳内 将と菊池修司が「抱かれたい1位に脅されています。」の劇中劇を熱演。舞台『紅葉鬼』開幕!

陳内 将と菊池修司が「抱かれたい1位に脅されています。」の劇中劇を熱演。舞台『紅葉鬼』開幕!

舞台『紅葉鬼』が6月28日(金)より品川プリンスホテル クラブ eXにて上演中だ。
コミックス累計発行部数は300万部を突破し、アニメも好評を博した「抱かれたい男1位に脅されています。」の劇中劇として登場する舞台作品を、町田慎吾が初演出! 陳内 将が西條高人/経若(つねわか) 役、菊池修司が綾木千広/繁貞(しげさだ)を演じる。
円形ステージに『紅葉鬼』の世界観が立ち上ったゲネプロの模様と、熱い意気込みが語られた囲み取材のコメントを届ける。

取材・文・撮影(囲み取材のみ)/ 片桐ユウ


どこか懐かしい昔話のようでいて、素直な感動で心が満たされる

まずはゲネプロの模様をレポートする。

舞台『紅葉鬼』

物語の舞台は平安時代。
“鬼”が種族として存在し、人間との争いが絶えない平安の時代。
鬼と人の和平の条件として、人質交換が行われることとなる。
人側から差し出されたのは帝(山﨑晶吾)の子。鬼側から差し出されたのは、鬼の頭目・呉葉(小野川 晶)の子だったが、その子こそ、帝と呉葉が逢瀬を重ねた愛の証であった。

舞台『紅葉鬼』

大事な我が子を相手に託すことで、互いの平和を保とうとした和平協定。だが、それは突如として人側からの攻撃によって破られてしまう。
呉葉は刃に倒れ、呉葉の子として育てられていた帝の子・経若(陳内 将)は、やがて鬼の頭目として成長する。

舞台『紅葉鬼』

鬼一族のために人の住む都への攻撃を開始した経若に対し、人側に人質として預けられた帝と呉葉の子は、呉葉を討った当人である維茂(今井靖彦)の子・繁貞(菊池修司)として、心優しい若武者に成長。自身の出生の秘密を知らぬままながら、むやみに鬼を討伐することを良しとせず、平和な世界を望んでいた。

舞台『紅葉鬼』

繁貞がまっすぐな性格で育ったのは、周囲の助けによるところも大きい。繁貞の母である呉葉を討伐しながらも、繁貞へ深い親心を抱く維茂、繁貞の良き理解者である頼政(鐘ヶ江 洸)らがつねに彼を見守っている。

このあたりの人間関係は、舞台版として大きく膨らました部分。

舞台『紅葉鬼』 舞台『紅葉鬼』

鬼側にも、経若を慕う小鬼のおまん(鎌田英怜奈)、鬼の頭目の右腕として働く熊武(髙木俊)やオネエ口調の伊賀(中村太郎)がおり、テンポの良い会話でその関係性を伝えている。

舞台『紅葉鬼』

それぞれ人質として差し出された子ではあるが、ふたりの周囲には様々な“愛情”が溢れているのだ。

舞台『紅葉鬼』
舞台『紅葉鬼』

だが、唯一その“愛”を押し止められているのが、呉葉と我が子への想いを封じられた帝である。陰陽師・摩爬(富田 翔)の歪んだ執念によって、鬼と人の争いは、さらに不穏な方向へと進んでいく……。

舞台『紅葉鬼』 舞台『紅葉鬼』

原作では断片的に語られていた鬼と人の物語。
コミックス、アニメの中でも印象的な1シーンが描き出された理由、“この場面に至るまでに何があったのか”や“なぜ、彼らがそうなったのか”を突き詰めて考え出したであろう、丁寧な脚本だ。
事の起こりから時系列に沿うカタチで話が運んでいくため、無理なく世界観が飲み込める。

舞台『紅葉鬼』
舞台『紅葉鬼』

町田慎吾の演出は、清々しくストレート。感情が高ぶるところは役者の全力を存分に見せ、殺陣は荒々しいまでに力強く、しっとりとした場面ではじっくり感情の揺らめきを効かせる。
立ち回りでは上部から当たるライトが刃に反射して、キラキラと客席に当たっていた。それが閃光を浴びているようで、“その場にいる”臨場感をより引き立たせていた。

舞台『紅葉鬼』

陳内 将はきめ細やかな表現で、怜悧で儚げな美しさを持つ経若を立体化。クールに見えて愛情深い心の持ち主であることが、小鬼・おまんをはじめとした周囲への思いやりの中に滲み出る。

舞台『紅葉鬼』

菊池修司は、爽やかさと激しい熱さが同居する繁貞 役がハマっていた。ダウナー系の色気が漂う経若に対して、繁貞は溌剌とした勢いが魅力。どこか未熟な部分を残しながらも底知れぬ力を持つ繁貞を好演し、クライマックスまで惹きつけた。

舞台『紅葉鬼』

時代や事象は現代とは離れている設定だが、どのキャラクターも無駄なく、それぞれの心理描写を丹念に追っていくため、静かな共感を呼ぶ舞台に仕上がっている。
どこか懐かしい昔話のようでいて、素直な感動で心が満たされる舞台だ。

舞台『紅葉鬼』

脇を固めるキャスト陣も魅力的。特に、愛くるしく健気な小鬼・おまんを演じた鎌田英怜奈、鴻上尚史 主宰「虚構の劇団」劇団員として、ほぼすべての公演に出演しているほか、外部公演でも活躍している小野川 晶といった女性キャストの気迫が印象に残った。

舞台『紅葉鬼』

これが僕らの『紅葉鬼』。自信を持って演じます

この後は、初日前日に行われた囲み取材のコメントを届ける。

舞台『紅葉鬼』

囲み取材には、西條高人/経若 役の陳内 将、綾木千広/繁貞 役の菊池修司、演出の町田慎吾が登壇した。

舞台『紅葉鬼』

初日を迎える心境を尋ねられた陳内 将は「何もなかった稽古場から、舞台のセットが出来て、照明と音楽と、皆さんのお力をいただいて“ああ、コレがまっちーさん(町田)がつくりたかった世界なんだ!”とあらためて実感できました」と小屋入りしたときの気持ちを新鮮に語る。
そして「『抱かれたい男1位に脅されています。』という原作の中で『紅葉鬼』が描かれるのは数シーン。その中で、プロデューサーをはじめ、脚本の葛木 英さんや演出のまっちーさん、皆さんがひとつの台本をつくり上げてくださいました。もちろん垣根がある/ないということではないのですが、気持ち的には、いわゆる2.5次元舞台とはまた違ったオリジナルの作品を一緒につくることができたという感触があります」と、手応えをコメント。

舞台『紅葉鬼』

さらに付け加えるカタチで「ケガなく、客席に囲まれたこの舞台上で、お客様と一緒につくれたらと思っています! “舞台『紅葉鬼』ってどんなものだろう?”と、原作ファンの方もそうじゃない方も思っていると思いますが、観終わったときに“これが『紅葉鬼』だったんだ!”と言って欲しいですし、僕らは“これが『紅葉鬼』だ”と自信を持って演じます」と宣言していた。

舞台『紅葉鬼』

続く菊池修司が「言葉が苦手なので……」とうまく言えるか心配すると、陳内が「通訳いたしますので」と返して、場がなごむ。

菊池は「全員が楽しんでもらいたいという想いを込めて、僕自身も、もがき苦しみつつ全力でやってきました。この作品は、先生が書いてくださった原作があり、アニメがあって、一度舞台として上演されたもので、それぞれに魂が宿ったものです。それを僕らがまたやらせていただけるというのは、この作品の強み。原作やアニメを好きな方にも別のベクトルで、“僕らがつくる『紅葉鬼』はこういうものだよ”と披露できるというか、みんなで魂を込めてつくったものをやらせてもらえることに、とてもワクワクしています!」と意気込む。
「想像以上にいろんな方の力があって僕らはココに立てているので、すべての方への感謝の気持ちとともに繁貞として生き抜きたいと思っています。今までの稽古期間にひとつも“ウソ”はなかったと思うので、ひとつひとつみんなでつくり上げてきたものをケガなくお客様に届けていきたいです」と述べた。

舞台『紅葉鬼』

町田慎吾は「初めての演出作品で、すごくドキドキしたところから始まりました。未熟なのでみんなに迷惑をかけてしまったこともあったのですが、役者の皆さんもスタッフさんたちも素晴らしくて、本当にひとつひとつ“みんなでつくった”と感じています。稽古場で不安だったものがだんだん楽しみになってきて、劇場でみんなが動く姿を見て、今はワクワクした気持ちです。この作品は劇中劇なので、お客様は全部の話を知らずに観に来られる。そのすべてのお客様の心にガツンとくるような作品にしたいと思って、みんなで頑張ってきました。この円形劇場ならではの見せ方などもしていますので、楽しみにしていただけたらと思います」と、カンパニーが一丸となって作品づくりに臨んだ様子を明かしていた。

舞台『紅葉鬼』

マスコミからの質疑応答のあと、最後は3人からお客様へのメッセージが。

町田は「僕らが全身全霊をかけて必死につくり上げた作品になっています。初めて舞台を観る方、原作ファンの方、お芝居が好きな方、どんな方が観ても心が震える作品になったと思っています。自信を持ってお届けしますので、ぜひ楽しみにしていてください。応援よろしくお願いします」と一礼。

菊池も「全力全身で『紅葉鬼』という作品をつくり上げてきました。町田さんのおっしゃったとおり、幅広く楽しんでいただけるような作品になっています。円形のステージでお客さんを巻き込むというか、客席も含めてひとつのステージだと思って僕らはやっていますので、そのあたりの熱量もヒシヒシと伝えられたらいいなと思います。そして経若と繁貞という対になるふたりがどういう結末を迎えるか、最後まで見逃せない作品になっているので、注目していただけたらと思います。よろしくお願いします!」とアピールした。

締めは陳内がコメント。「舞台『紅葉鬼』を楽しみにしてくださっているお客様が多くいらっしゃるなか、僕らも本当に開幕を楽しみにしています。本当に登場人物ひとりひとりがクライマックスにかけて欠かすことのできない大事な存在です。楽しみにお待ちくださっていた方が観たときに、きっと“待ってて良かった”と思える作品になっております。これが僕らの『紅葉鬼』です。ぜひ楽しみにしていてください」と、胸を張った。

舞台『紅葉鬼』

本作は、7月7日(日)まで品川プリンスホテル クラブ eX で上演中。7月7日の千穐楽公演はライブ配信も行わる。Blu-ray&DVDは12月25日(水)に発売予定。

舞台『紅葉鬼』

舞台『紅葉鬼』

2019年6月28日(金)~7月7日(日)品川プリンスホテル クラブeX

STORY
時は平安。鬼と人間の争いは日増しに激化し、多くの犠牲者を出していた。都を守護する兵士である繁貞はある日、鬼の頭目・経若から和平を結びたいという書状を受け取り鬼の里へ向かうことにする。 しかし鬼側にも人間側にも繁貞の思いとは違う思惑があり……。
血の宿命に翻弄される繁貞と経若の二人。はたして、生き残るのは鬼か人間か。

原作:桜日梯子
「抱かれたい男1位に脅されています。」(月刊マガジンビーボーイ連載/リブレ刊)
演出:町田慎吾
脚本:葛木 英

出演:
西條高人/経若(つねわか)役:陳内 将
綾木千広/繁貞(しげさだ)役:菊池修司

帝(みかど)役:山﨑晶吾
伊賀(いが)役:中村太郎
頼正(よりまさ)役:鐘ヶ江 洸
熊武(くまたけ)役:髙木 俊
呉葉(くれは)役:小野川 晶
おまん 役:鎌田英怜奈

殺陣衆:
細川晃弘 白崎誠也 久田悠貴 坂本和基 福田圭佑 榮 桃太郎

摩爬(するは)役:富田 翔
維茂(これもち)役:今井靖彦

制作:トライフルエンターテインメント
主催:アニプレックス/ネルケプランニング/トライフルエンターテインメント/イープラス

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@kouyouki_b)

©DO1 PROJECT/舞台「紅葉鬼」製作委員会

DMM.comにてライブ配信

ライブ配信日:7月7日(日)16:00~(予定)
配信形式:ライブ配信+見逃しパック(再ライブ配信+ディレイ配信)
販売期間:2019年6月24日(月)13:00~7月7日(日)ライブ配信終了まで
再ライブ配信時間:2019年7月8日(月)20:00~再ライブ配信終了まで
ディレイ配信期間:2019年7月11日(木)18:00~7月17日(水)23:59

配信ページはこちら

Blu-ray&DVD発売

発売日:2019年12月25日(水)