LIVE SHUTTLE  vol. 358

Report

BUMP OF CHICKEN 令和初のツアーがスタート! どんなにスケール感を増しても変わらないその手触りとは?

BUMP OF CHICKEN 令和初のツアーがスタート! どんなにスケール感を増しても変わらないその手触りとは?

BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark
2019年7月12日 メットライフドーム

BUMP OF CHICKENが2019年7月12日(金)、全国ツアー「BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark」を埼玉・メットライフドーム(2DAYS)からスタートさせた。約3年5か月ぶりのニューアルバム『aurora arc』を携えたこのツアーは、全国のドーム(埼玉、大阪、愛知、東京)および5都市のライブハウスを舞台に全18公演を実施。“令和初ライブ、ツアー初日、初めてのメットライフドーム”と初めてづくしのライブとなったこの日、メンバー4人は36000人のオーディエンスの前で圧巻のステージを繰り広げた。

BUMP OF CHICKEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / 古溪一道

2017年から2018年にかけて自身最長、総動員30万人超のライブツアー「BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER」を行った後も、BUMP OF CHICKENは精力的な活動を続けてきた。TVアニメ「重神機パンドーラ」に提供した「シリウス」「Spica」、スマートフォン向けアプリゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」CMソングの「望遠のマーチ」、映画『億男』主題歌の「話がしたいよ」、TBS系日曜劇場『グッドワイフ』主題歌の「Aurora」などの話題曲を次々とリリース。これらの楽曲を収録したニューアルバム『aurora arc』はBUMP OF CHICKENの新たな傑作と評され、既に大ヒットを記録している。本作を携えた今回のツアーが音楽ファンからの強烈な注目を集めていることは、言うまでもないだろう。

BUMP OF CHICKEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / 古溪一道

BUMP OF CHICKEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / 古溪一道

ライブの中心はもちろん、ニューアルバム『aurora arc』の楽曲だ。アルバムの世界観をもっとも端的に示している「Aurora」は、同曲のMVを手がけた林響太朗監督による大胆かつ繊細なオイルアートとともに披露。各種音楽配信サイトで軒並み好セールスを獲得中の「月虹」ではエキゾチックなムードを生み出し、「新世界」は松本理恵監督によるロッテ『ベイビーアイラブユーだぜ』CMから派生したMVをリアレンジによってポップなステージを展開。前作アルバム『Butterflies』以降の活動の軌跡を刻むと同時に、さらにスケール感を増したサウンドスケープ、普遍性と現代性を併せ持った歌を描き出した『aurora arc』の世界をダイレクトに体感できることこそが、今回のツアーの醍醐味なのだ。

BUMP OF CHICKEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / 古溪一道

BUMP OF CHICKEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / 古溪一道

BUMP OF CHICKEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / 古溪一道

「メットライフドームは初めてだけど、初めての気がしない。みんなが温かく迎えてくれたおかげで、いつも通り、音楽を楽しめています。ありがとう」という藤原基央のMCの後も、新作アルバムの楽曲、そして、これまでのキャリアを彩ってきた楽曲が次々と披露された。驚くほどのバージョンアップを遂げた映像と照明、ステージと客席の一体感を生み出すステージングも素晴らしかったが、ライブの軸はもちろん、メンバー4人が紡ぎ出す音楽だ。特に何度となく訪れたシンガロング(観客を交えた大合唱!)のシーンには、強く心を揺さぶられてしまった。どんなにスケール感を増しても、どんなに深遠な精神世界を歌っていても、観客ひとりひとりとバンドが“1対1”で向き合っている手触りはそのまま。筆者が初めて彼らのライブを観たのは2000年9月、場所は下北沢のライブハウスCLUB251だったのだが、あれから約20年経った現在も、このバンドの本質はまったく変わっていない。そのことを改めて確認できたことも、大きな収穫だった。

BUMP OF CHICKEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / 富永よしえ

ライブが終了した後、藤原は、アルバム『aurora arc』を届けられたこと、その楽曲をオーディエンスの前で演奏できることの感謝と喜びを率直に言葉にした。ツアーはまだ始まったばかり。新たな傑作『aurora arc』引っ提げたツアーのなかで彼らがどんな物語を生み出し、どんな進化を遂げるのか、ぜひ注目してほしいと思う。

文 / 森朋之
トップ画像・撮影 / 古溪一道
本文画像・撮影 / 古溪一道、富永よしえ


その他のBUMP OF CHICKENの作品はこちらへ。

ライブ情報

BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark

New Album and Live Tour 2019 Special Site
https://www.bumpofchicken.com/2019/

BUMP OF CHICKEN

藤原基央、増川弘明、直井由文、升秀夫の幼馴染み4人によるバンド。1996年2月に現在の編成で初めてライブを行う。2000年メジャーデビュー。2001年発売のSg「天体観測」は累計95万枚超の大ヒットに。その後も「sailing day」「カルマ」「花の名」「ray」「リボン」「記念撮影」「Aurora」とコンスタントにヒットを飛ばす。2019年7月には自身9枚目のフルアルバム「aurora arc」を発売し、全国ドーム会場を含み全18公演に渡るリリースツアー「BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark」を開催。

オフィシャルサイト
https://www.bumpofchicken.com

vol.357
vol.358
vol.359