西川可奈子、映画『アンダー・ユア・ベッド』の過激な暴力や性描写を体当たりで演じ、描いた究極の愛のカタチ