Interview

ネクライトーキーがライヴの人気曲でもある “石風呂”名義の楽曲を音源化。『MEMORIES』から振り返る、彼らのこれまで

ネクライトーキーがライヴの人気曲でもある “石風呂”名義の楽曲を音源化。『MEMORIES』から振り返る、彼らのこれまで

朝日(guitar)の描く鬱屈としたネクラな歌詞世界を軽快なロックサウンドともっさ(vocal, guitar)の無邪気な歌声に乗せた“ネクラポップ”が、若いリスナーの心を掴んで離さない5人組ロックバンド・ネクライトーキー。
昨年12月、初の全国流通盤となる1stアルバム『ONE!』をリリースした彼らの最新作は、朝日が“石風呂(いしふろ)”名義でボカロPとして発表してきた楽曲をバンドアレンジで音源化したミニアルバム『MEMORIES』。石風呂が制作してボカロが歌っていた曲に、もっさの歌声とバンドサウンドが命を宿し、ネクライトーキーのナンバーとして生まれ変わった名曲たち。インタビューで語られる、朝日ともっさの“MEMORIES(思い出話)”も作品とともに楽しんで欲しい。

取材・文 / フジジュン 撮影 / 冨田望


まさか本人が聴くとは思ってもなかった(笑)

朝日さんが石風呂名義でリリースしていた楽曲をバンドアレンジで音源化した、ミニアルバム『MEMORIES』。収録曲はすでにライヴで演奏していたり、人気曲だったりするんですよね?

朝日 はい。1stアルバム『ONE!』のときは完全に新曲だけで作りたくて、ネクライトーキーで作った曲を詰め込んで。今作は、僕がひとりで作っていた曲をこのメンバーで作り直すというコンセプトで、曲を選びました。ネクライトーキーを結成して、ひとりでやっていた人間がバンド名義でやるってなったときに、最初に提示される楽曲が昔のリメイクばかりというのを良しとしたくなかったので。だから前作では、ネクライトーキーとしての新曲をガンガンやることで、バンドとして前に進んでいく姿勢を感じて欲しかったんです。

ネクライトーキー 朝日 エンタメステーションインタビュー

朝日(guitar)

そこで新曲だけで構成したネクライトーキーの作品を一枚出して、満を持しての今作ということだったんですね。もっささんとは、石風呂名義でやっていたときから知り合いだったんですか?

朝日 もっさが石風呂の曲をカバーしてくれてるのをネットで見つけたのが最初です。めちゃくちゃ声が良くて、「一緒にやりたいな」と思ってコンタクトを取ったんですけど。そのとき、もっさはまだ高校生だったんで一度は諦めたんです。その後、「女性ボーカルのバンドもやりたいな」と思いながら5年くらいの月日が流れて。別にやってるバンド(コンテンポラリーな生活)のライヴの日に「どうしてるかな?」とふと思ってTwitterを見たら、“今バンドをやってるらしい。しかもその日のライヴに来てるらしい”ということがわかって(笑)。急いで会場内を探して見つけ出して、「バンドやらへん?」って声をかけたのがキッカケでした。

ネクライトーキー もっさ エンタメステーションインタビュー

もっさ(vocal, guitar)

え~~、なんて運命的な再会! では、もっささんは最初、石風呂のファンだったんですか?

もっさ 高校時代、ネット民になりつつあった頃、動画とかを探してるなかでボカロにハマっていろいろ聴いてたんですけど。朝日さんの曲は、ほかのボカロPとちょっと違った印象を受けまして。ボカロのキャラクター性を出した曲や電子音を使った曲が多かった中で、朝日さんの曲は泥くさいギターロックの人間がやってるバンドにボカロが乗ってるみたいな感じがすごいヘンで、面白いなと思ったのが好きになったキッカケです。曲を聴いていくうちに、歌詞も「言葉遣い悪い人やなぁ」と思って惹かれていって(笑)、いちファンとして追ってました。

で、「歌ってみたいな」という気持ちになって。

もっさ はい。単純に良い曲だから歌ってみたいなと思って、歌ってみました(笑)。信じられないくらいヘタくそだったんですけど。もしかしたら誰かに聴いてもらいたいって気持ちがあったかもしれないですね。で、動画で上げちゃいましたけど、まさか本人が聴くとは思ってもなかった(笑)。

朝日 最初に連絡したときは、詐欺かなんかだと思ったんだよね(笑)。

ネクライトーキー エンタメステーションインタビュー

朝日さんがボカロ曲を作っていたときは、「この曲をいつかバンドでやれたらいいな」って気持ちもあったんですか?

朝日 『MEMORIES』に収録されてるのは、初期の曲が多いんですが……その頃はボカロというものもよくわからず、ただ曲を作りたくて作っていたので。振り返るとバンド想定で作っていたと思うし、最終的には誰か“人”に歌って欲しいって気持ちがあったと思います。ただその後、曲を作り続けていくうちに全部自分で完結させたいなと思うようになって、バンドで再現できないタイプの曲を作るときとかは、ボカロが面白いなと思ったりして。ボカロの世界って、ボカロの名のもとにロックもポップスもEDMも一本化されていて。音楽を語るうえで最も重要なボーカルという素材が機械で、歌い手にそんなに差が出ないなかで、ソングライティングの力だけが試される世界ってところが面白くなっていきました。

もっささんはその頃、石風呂の活動を追ってたんですか?

もっさ 追ってましたね。「きらいな人」くらいで知って、「ゆるふわ樹海ガール」とか「夕暮れ先生」とか……「新曲がアップされた! 聴くぞ!!」みたいな感じで聴いて、普通にコメントとかしてました。

大ファンじゃないですか(笑)。

朝日 だから、本当に“MEMORIES”ですよね。「きらいな人」を作ったのが2011年だから、もう8年も前ですからね。

ネクライトーキー エンタメステーションインタビュー

僕の曲に感じた違和感だったり、特異点

歌詞を書くときに、その歌を歌う女性ボーカリストを想定して書いていたところもあるんですか?

朝日 それはさっぱりないし、今も意識しないです。自分が作った曲をそのまま、もっさが歌うから面白いと思っていて。それは、ボカロで曲を作っていたときも同じで、僕が作る人間くさい曲を機械が歌うということが面白くて。そこがみんなが僕の曲に感じた違和感だったり、特異点だったんだろうなと思います。

ネクライトーキーが紹介されていた記事で“思春期特有の鬱屈とした感情を──”という表現を見かけましたが、朝日さんにとって歌詞を書くという行為はやはりそういった感情を吐き出す作業だった?

朝日 まさにそうですね。だから、歌詞はできるだけ素直に書こうと思って書いていて。ボカロを始める前にバンドでやっていた曲は、いろんなアーティストに対する憧れが色濃く出ていました。いろいろ模索しながらやるなかで石風呂を始めて、思ったことをすぐ出すくらいの感覚で歌詞を書いて、曲にして、1~2日で楽曲を公開すると、その直後にはすぐ感想がきて。めちゃくちゃ素直にぶちまけた歌詞に対して「めちゃいい」みたいなコメントが付くのを見て、素直で嘘がなければ伝わることがわかったし、「俺がやるべきことはこれだ」と思ったんです。

もっささんが石風呂楽曲に惹かれたのは、共感に近かった?

もっさ 共感というより、「私だったら口に出して言えないことを歌ってるな」って感じでした。歌詞はめちゃくちゃ良かったです。

ちなみにそれまではどんな音楽を聴いてたんですか?

もっさ 沖縄民謡とか(笑)。親の影響でそういう音楽ばっかり聴いてて、ロックバンドを聴くようになったのが中高生になってからで。「なんだ、このギャンギャンしてる音楽は!?」って、すごい衝撃でした(笑)。

朝日さんの音楽ルーツは?

朝日 最初はASIAN KUNG-FU GENERATIONが好きで聴いていて。後藤正文さんが「OASISが好き」って言ってたから、OASISを聴くようになるんですけど、「Wonderwall」を聴いたときに「音楽ってすげぇ!」と思うと同時に、「俺も作りてぇ!」と思い始めて。そこからいろいろ聴くようになったんですが、The White StripesとかMo’Some Tonebenderはコピバンするくらい好きだったり。それは今もなんですけど、ヒネた音楽が好きでした。

1 2 >