Report

豪華俳優、声優陣らが一堂に会す、謎解きドラマ『REAL⇔FAKE』。放送前に行われた会見の模様を

豪華俳優、声優陣らが一堂に会す、謎解きドラマ『REAL⇔FAKE』。放送前に行われた会見の模様を

MBS/TBSドラマイズム『REAL⇔FAKE』が9月から放送される。荒牧慶彦、植田圭輔、小澤 廉、佐藤流司、松村龍之介、和田雅成(※五十音順)といった舞台を中心に活躍する若手俳優たちがメインキャストとして出演。
6人の役どころは、芸能事務所の垣根を越えて結成されたユニット「Stellar CROWNS(ステラクラウンズ)」プロジェクトのメンバーだ。彼らの中に、国民的人気アーティスト・朱音の失踪事件に関わる人間がいるとされており、フリーの映像ディレクターがドキュメントムービー撮影を口実に、犯人探しを始める……というミステリー仕立てのストーリー。
映像ディレクターは染谷俊之、アーティスト・朱音は蒼井翔太が演じる。脚本・監督は毛利亘宏。
6月下旬に行われた会見には、プロジェクトのメンバーを演じる6名が登壇。息の合った掛け合いで記者からの質問に答え、ドラマへの期待度を高めた。終始、明るい雰囲気の中で進行した会見の模様をレポートする。

取材・文 / 片桐ユウ 撮影 / 増田慶


“FAKE”の中に真実がある

荒牧慶彦、植田圭輔、小澤 廉、佐藤流司、松村龍之介、和田雅成の6名は、役の衣裳である黒い変形スーツ姿で登場。この日の撮影終了のタイミングによって順次、席に着いたキャストたちは、リラックスした様子でスタートを待っていた。

ドラマイズム『REAL⇔FAKE』会見 エンタメステーションレポート

先に着席していた佐藤流司が、まだ不在だった隣りの席から水のペットボトルを奪って何食わぬ顔でいると、あとから席に着いた植田圭輔が「あれ、俺の水は……?」と周囲を見回す。植田はその隣りにいた松村龍之介の目線で、佐藤の前にペットボトルが2本あることに気がつき、「水を取るというボケで誰が喜ぶの!(笑)」と苦笑するなど、まるで男子校の休憩時間のような、微笑ましいやりとりも見受けられた。

そして全員が着席したところで、会見がスタート。キャストそれぞれからの挨拶と役紹介に始まり、各媒体の記者からの質問に応じて、ドラマの見どころやメンバー同士の仲などを明かした。

ドラマでご自身が演じる役の紹介をお願いします。

松村龍之介 梅原黎士郎(うめはら・れいじろう)役の松村龍之介です。黎士郎は帰国子女で、プロジェクトを機にオーストラリアから日本に帰国してきた人物です。物語の中ではわりと別軸の人間で、客観的に物事を見ている人。小澤 廉くんが演じる沢瀬 凛(さわせ・りん)とは幼馴染みなので、ほかのメンバーとは別の関係性を持っている人で、真面目で実直ですが、どこか冷たい面もあります。

佐藤流司 ……ん?

小澤 廉 俺たち、そんなに引き出せないよ!?(笑)

松村 えっ!!

一同 あはは(爆笑)。

和田雅成 もうね、「帰国子女」ってことしか入ってこなかったから(笑)。

佐藤 とりあえず、「靴下に穴が空いている」ってところだけ、もう一回言ってもらえる?

松村 えー! そんなこと、ひと言も言ってない!(笑)

和田 はいはい。植田さん、次、お願いしてもいいですかー?

植田圭輔 はい(笑)。育田悠輔(いくた・ゆうすけ)役の植田圭輔です。一番年上ですが、病気をして2年ダブっているので、佐藤流司くんが演じる鈴木翔流(すずき・かける)と同級生の役です。そして僕の“当て書き”みたいな役です!

和田 素晴らしい!

一同 (拍手)。

佐藤 鈴木翔流(すずき・かける)役の佐藤流司です。コレ、全員“当て書き”がある役なんですよね……?

一同 (頷く)。

佐藤 (植田に)それ言うの、ちょっとズルいなーって……(笑)。

植田 使いたかったんでしょ?(笑)

佐藤 (笑)。翔流は不器用で男らしい、無口ですが熱くて、少し短絡的なところもある、THE・男って感じの役です。よろしくお願いします!

植田 いいねー(笑)。

和田 はい、じゃあ次、小澤さん。

荒牧慶彦 (和田に)お前は司会か?(笑)

一同 あはは(笑)。

小澤 沢瀬 凛 役の小澤 廉です。

和田 はい、はい。

小澤 もぉーやりにくいわっ!(笑)凛は苦労人で、親の借金を肩代わりして返済している人物です。表の舞台ではニコニコしていますが、裏に入るとスッと暗くなる。まるで僕の生き写しのような人です。

植田 たしかに、裏ではしょーもない人だからな(笑)。

小澤 しょーもなくはない!(笑)裏でもニコニコしています!

一同 あはは(笑)。

荒牧 牧野凪沙(まきの・なぎさ)役の荒牧慶彦です。凪沙は元アイドルなのでカメラの前ではハキハキしていますが、実は気弱で人見知りです。そのネガティブな部分を和田雅成が演じる瀬名征行(せな・まさゆき)に頼っている、弟気質なキャラクターです。

和田 瀬名征行 役の和田雅成です。一見クールで口が悪くて、勘違いされやすい人なのですが、そこにはちゃんと芯があって、凪沙のことになると真剣に考えますし、凪沙と過ごす時間が好きな人物です。

荒牧 ほんと、凪沙のことが大好きだね。

和田 あ、はい。(司会者に)次、お願いします。

一同 あはは(笑)。

荒牧慶彦 エンタメステーションレポート

荒牧慶彦

ドラマに出演することが決まり、共演者のメンバーを知ったときのお気持ちは?

松村 これは……コメント、短いほうがいい?

一同 いやいや、思うがままに、で大丈夫だよ(笑)。

松村 僕は、嬉しかったのですが、緊張のほうが大きかったです。皆さん先輩ですし、共演する機会も少ない方々だったので。「どういう形で食い込んでいけばいいんだろう?」と心配だったのですが、本当に皆さん良い人たちで、笑顔に溢れる現場で幸せでした。あと、今後の課題といたしましては……。

一同 ん?

和田 今後の課題!?

荒牧 そんな質問あったかな?(笑)

和田 じゃ、それはあとにしてもらっていい?(笑)

松村 はい(笑)。そんな感じです!

植田 僕はこのメンバーでドラマをやらせてもらえると知って、時代が変わったんだなあと思いましたし、挑戦かなとも思いました。個人的には佐藤流司くんと初共演になるのが楽しみでした。

佐藤 俺は「視聴率の取れそうなメンツだなー」と思いました。

和田 おい、やめとけ! もっとあるだろ、イイ言葉が!(笑)

佐藤 それに尽きるかな、と(笑)。尊敬している方がたくさんいらっしゃるので、こうして一緒に演じられるのが楽しみでしたし、撮影も「面白いな~!」と思いながらやらせていただいたので、きっと良い作品になるんじゃないかと思っています。

小澤 このメンバーの中に入れることがすごく嬉しいなと思いました。龍(松村)が先輩と言ってくれていたけど、芸歴的には僕が一番浅くて。そんな中でやるのはちょっと緊張だったのですが、全員で一緒にやってみたら本当に楽しく撮影できたので。良い作品になりそうだなと思っています。

荒牧 僕は見知った方が多かったのですが、役者としても信頼できるみんなと仕事ができるのが嬉しかったですし、ご覧になるファンの方にも喜んでもらえる作品にできるんじゃないかなと思いました。あと、このメンバーのスケジュールを合わせるのは大変そうだな、とも(笑)。

佐藤 ……寝てねー。

植田 (今のつぶやきを)使ってあげてください(笑)。

一同 あはは(笑)。

和田 このメンバーは、活動している場はだいたい同じなのですが、それぞれ色が違うなというのが印象的で。それが合わさったときに強いのかなと思いました。蒼井翔太くんもいますし、みんなが混ざり合ったものがキレイな色になればいいなと思います。……キレイな色になればいいなと思います!

植田 見出しに使ってください、とばかりに2回言ったね!

一同 あはは!(爆笑)

植田圭輔 エンタメステーションレポート

植田圭輔

ドラマタイトル『REAL⇔FAKE』にちなんで、ONとOFFの顔のギャップが一番激しい人を教えてください。

和田 うわー、誰だろ?

小澤 難しい!

荒牧 結構、みんなそのままで生きているよね?

植田 うん、このまんま。

佐藤 家にひとりでいても、俺はこのペースでしゃべっていますからね。

植田 強えーな!(笑)

松村 あはは(笑)。

小澤 廉 エンタメステーションレポート

小澤 廉

では、この撮影現場で見つけた共演者の新たな一面は?

荒牧 うーん、どうだろう? 全員集まっての撮影は、ちょうど始まったところなんです。

佐藤 ただ、みんなで集まっている状態のときに判明したのは、このメンバーでいると荒牧くんがイジられるんだなって。

一同 ああー(笑)。

佐藤 その流れ、ありましたよね?

植田 あった、あった!

和田 みんなでゲームをしていたんですけど、まっきー(荒牧)が正解を出したら、まっきーが怒られるんですよ。

佐藤 「そのこと(=正解)はみんな、わかってるんだよ……」って。

和田 「わかってんの、それは!」って、当てているのになぜか怒られる。

松村 イジりが始まる(笑)。

植田 なんだったんだろうね、あのくだり。不思議だったよね(笑)。

小澤 そのくだり、僕、知らない……。

和田 廉が撮影しているときだったから(笑)。

小澤 そっか。安心した(笑)。

佐藤流司 エンタメステーションレポート

佐藤流司

最後にドラマの見どころをお願いします。

松村 このメンバーが集まることが、僕にとっては奇跡に感じますし、この場にいられることがありがたくて光栄です。それぞれが自然の魅力をぶつけ合える作品だと思うので、「どこまでがお芝居で、どこからが素なのか?」ということを含めて、楽しく見ていただけたらと思います。

植田 ひとりひとりにスポットが当たる場面があるので、それぞれが主役だという捉え方もできますし、視聴者の方も一緒に推理しながら見てもらえると楽しめる作品だと思います。単に舞台で活躍している役者たちが……ではなく、ドラマとしてクオリティの高い作品になっていると思いますので、そこが見どころです。

佐藤 6人で共同生活をしているシーンがあるので、その新鮮さがいいなとすごく思いました。ちょっと違うところで戦っていた者同士が、ひとつ屋根の下で暮らすって……興奮しますよね。

植田 ロックだな!

佐藤 (笑)。それが自分自身でも楽しみなところですし、見どころにもなると思っています。

小澤 このメンバーがひとつの画面に集まっていることが見どころだと思いますし、サスペンスになっているので、第1話を見たら「最終話まで見ないと、気になって仕事できない!」と、きっとなると思います!

荒牧 たしかに、1話を見たら2話を必ず見たくなると思いますし、2話を見たら3話と、どんどん謎が深まりつつも解決していく魅力的なストーリーがあり、役同士の関係性がすごく込められている作品になっていますので、それぞれのペアの設定なども考察していただける楽しみがあるのではないかと思います。

和田 “FAKE”の中に真実があるというか。台本を読んだときに「これってどういうことだろう?」ということが、あとから効いてくる物語になっています。そこを楽しみにしてもらえたらいいなと思います!

松村龍之介 エンタメステーションレポート

松村龍之介

このほかにも、脚本・監督の毛利亘宏が一部“当て書き”で役のキャラクターを決めた点について聞かれ、松村が「少し英語が話せるということはあるのですが、僕、冷たい一面がある役ってことは、冷たい人間だと思われているってことなのかな……」と心配そうな顔を見せたりと、それぞれの個性がうかがえる場面が多数。

和田雅成 エンタメステーションレポート

和田雅成

また、ドラマ内の“ルームメイト設定”にちなんだエピソードを尋ねられた和田が「1年半くらい5人で生活していたことがあります。ストレス溜まった~!」と告白すると、植田が「芸人さんじゃん!」と驚愕。大いに盛り上がった会見となった。

MBS/TBSドラマイズム『REAL⇔FAKE』は、MBSにて9月1日から9月29日まで、毎週日曜 深夜0:50~、TBSにて9月3日から10月1日まで、毎週火曜 深夜1:28~、全4話にて放送される。

ドラマイズム『REAL⇔FAKE』

MBS:2019年9月1日(日)〜9月29日(日)毎週日曜 深夜0:50〜 OA
TBS:2019年9月3日(火)〜10月1日(火)毎週火曜 深夜1:28〜 OA

STORY
その歌声から“天使”と呼ばれている国民的人気アーティスト・朱音(蒼井翔太)が突然失踪。所属事務所の垣根を越えたタレントによるユニット“Stellar CROWNS”プロジェクトに加入し、活動の幅を広げようとしていた矢先のことだった。失踪の原因について様々な憶測が飛び交うなか、朱音の所属事務所社長・澤木田の元に一通の怪文書が届く。
「犯人はプロジェクトメンバーの中にいる」

“Stellar CROWNS”プロジェクトメンバーには、演技も歌も天才的な元アイドル・牧野凪沙(荒牧慶彦)、朱音とも仲が良く、兄貴肌の元子役で元アイドルの育田悠輔(植田圭輔)、親の借金返済のために芸能界入りした沢瀬 凛(小澤 廉)、朱音に憧れ歌手を目指した人気バンドのボーカリスト・鈴木翔琉(佐藤流司)、沢瀬の小学校の同級生で帰国子女の梅原黎士郎(松村龍之介)、凪沙を弟のように思っている役者・瀬名征行(和田雅成)の6人がおり、シェアハウスで共同生活を送っていた。

澤木田の依頼を受けたフリーの映像ディレクター・守屋英俊(染谷俊之)は、プロジェクトのドキュメントムービーの撮影を口実に犯人探しを始める──。

脚本・監督:毛利亘宏(少年社中)

出演:
牧野凪沙(まきの・なぎさ)役:荒牧慶彦
育田悠輔(いくた・ゆうすけ)役:植田圭輔
沢瀬 凛(さわせ・りん)役:小澤 廉
鈴木翔琉(すずき・かける)役:佐藤流司
梅原黎士郎(うめはら・れいじろう)役:松村龍之介
瀬名柾行(せな・まさゆき)役:和田雅成
※五十音順

守屋英俊(もりや・ひでとし)役:染谷俊之

朱音(あかね)役:蒼井翔太

オフィシャルサイト

©「REAL⇔FAKE」製作委員会・MBS

フォトギャラリー