Report

鈴木拡樹が、監督・豊島圭介と撮影裏話を明かす。『虫籠の錠前』ミニトークイベント、ちょい見せレポート

鈴木拡樹が、監督・豊島圭介と撮影裏話を明かす。『虫籠の錠前』ミニトークイベント、ちょい見せレポート

鈴木拡樹&清原 翔がW主演を務めたWOWOWオリジナルドラマ『虫籠の錠前』のミニトーク&ブロマイドお渡し会が7月13日(土)に開催された。本作のBlu-ray&DVD-BOXに封入されていた応募券の当選者を対象としたイベントは3回にわたって催され、鈴木拡樹と豊島圭介 監督による裏話満載のトークが繰り広げられた。また、ミニトークの最後には清原 翔のコメント映像も流され、鈴木が「癒やされる~」と微笑む場面も。
エンタメステーションでは、 “アクションシーンの裏側”や“役づくり”について、“共演者との関係性”などの話題を中心としたトークが展開した、イベント2回目の模様をお届けする。

取材・文 / 片桐ユウ 撮影 / 冨田望


カゴロクは、演じているうちにどんどん育ってきた

舞台を中心に活躍する人気俳優・鈴木拡樹と、NHK連続テレビ小説『なつぞら』への出演で注目を集めている若手俳優・清原 翔が、W主演を務めたWOWOWオリジナルドラマ『虫籠の錠前』。

<人間の秘めたる能力を開発してきたカルト教団「むしかごの庭」。しかし生み出された能力者のひとりが反乱を起こして教団は壊滅、能力者たちは散り散りになった。
裏社会の人間を相手に情報屋で稼ぐナナミ(清原 翔)は、ある日の裏取引の現場でやたらと腕の立つ男・カゴロク(鈴木拡樹)と出会う。ひょんなことからコンビを組むことになったふたりは、徐々に「むしかごの庭」の謎を巡る争いに巻き込まれていく── >

教団の謎と勢力関係の変化、「むしかごの庭」を滅ぼした能力者の正体など、成田良悟によるオリジナル原作は、先が読めない展開で謎解きの魅力に溢れていた。

ドラマ虫籠の錠前 エンタメステーションイベントレポート

今回は先行上映会以来のイベント。本放送も終え、映像商品も発売になったところでネタバレ解禁でのトークが披露されることとなった。

大勢の当選者が待つ会場のステージに、カゴロク 役の鈴木拡樹と豊島圭介 監督が拍手に迎えられ登壇。渋佐和佳奈アナウンサーによる司会進行のもとで、さっそくイベントがスタートした。

ドラマ虫籠の錠前 鈴木拡樹 エンタメステーションイベントレポート

あらためてカゴロクという役について聞かれた鈴木は「演じているうちにどんどん育ってきたところがあります」としみじみ。「最初はリミットがどこまでかわからなかったので、撮影を進めながら監督に挑戦しているようなところがありました」と明かすと、監督もそれを受けて「カゴロクという役は(鈴木)拡樹くんに教えてもらいながらつくっていった」と振り返る。

ドラマ虫籠の錠前 エンタメステーションイベントレポート

特に監督が感動を覚えたのは第2話の終わり。アタッシュケースを持ったカゴロクが大はしゃぎで走ってくるショットを見て「カゴロクってこんな感じなんだ!」とハッとしたそうで、当時を「学びがあった」と表す監督の言葉に、客席も興味津々の様子。

ついで、カゴロクとシラク(定本楓馬/変身後は村上和成)によるアクションシーンで、鈴木がテーブルをなぎ倒しながら発した「キェーーー!」という叫び声にも驚いたと監督が明かす。「この人、どうしちゃったんだろうと思った」という監督の告白に、鈴木は照れと苦笑が混ざり合った微笑みを浮かべていた。

ドラマ虫籠の錠前 鈴木拡樹 エンタメステーションイベントレポート

さらにそのアクションシーンの手前。敵勢力が豪華なディナーを用意し、ナナミとカゴロクを誘い込む場面のエピソードもこぼれ出す。
カゴロクは早々と席に着いて赤いナプキンを首にかけ、夢中になって食事を始めるのだが、ラムチョップに劇薬が仕込まれており気絶してしまう。その後、カゴロクが目を覚ました直後に敵の襲撃を受け、立ち回りへと展開する場面の撮影中のこと。
首からナプキンを取るカゴロクの仕草が颯爽としすぎていて、テスト撮影では監督がダメ出しをしたという。

「それは鈴木拡樹っぽいから(カッコよくなりすぎているので)やめてくれ」とリクエストしたと監督が説明するが、鈴木は「普段の自分はあんなふうに動かないです(笑)。低燃費で生きているので……」と弁解。監督は「バカバカしい提案は採用して、カッコいい仕草は抑え気味にしたんです。ほら、地がカッコいいからね~」と続け、「あ、僕(豊島監督自身)のコトですよ?」と突如ボケを入れて笑いをとる。鈴木は「そうですよね!」とにこやかに受け止め、会場からさらに笑いを起こしていた。

ドラマ虫籠の錠前 エンタメステーションイベントレポート

そのシーンの話から発展し、皿に用意されたラムチョップについての裏話も。監督が「予算の都合で肉が2つしか用意できなかったので、あっという間に食べ終わっちゃって(笑)」と裏事情を明かしつつ、「そうしたら拡樹くんが、警戒して食べないナナミの皿を奪って、ナナミの分までたいらげるということをやってくれました」と、そのシーンでのカゴロクの仕草が鈴木発信によるアドリブであったことを伝える。「そのおかげで、あとの芝居まで説得力が増した。台本をちゃんと読んでくれているんだな~と思った」と感心しつつ、「俳優としてイヤラシイ……あ、間違えました、素晴らしい!」と、小ボケを挟みながら鈴木のことを絶賛していた。

ドラマ虫籠の錠前 エンタメステーションイベントレポート

一方、鈴木は、変身後のシラクを演じた、総合格闘家・プロレスラーの村上和成とのアクションシーンについて聞かれ「楽しかったんです!」と、嬉しそうな表情を浮かべる。「プロの格闘家の方と対峙する機会もなかなかないので。『本当に当てても大丈夫です』と言ってくださるのですが、舞台では基本的に(芝居で身体に)当てないので、ちょっと躊躇してしまうところもあって……でも、全然大丈夫でした。簡単に吹き飛ばされました(笑)」と、ユーモアも交えてエピソードを続ける。

監督も「プロレスラーとしてリングに立たれているときは怖いのですが、普段は本当に優しい人なんです。技の見せ方もいろいろ知っているので、たくさん提案してくれました」と村上に言及。鈴木はその村上に身体ごと持ち上げられるアクションを思い出したのか、「この歳になって“高い高い”をしてもらえるとは……」とつぶやき、会場も思わず吹き出していた。

ドラマ虫籠の錠前 鈴木拡樹 エンタメステーションイベントレポート

その後、村上が目の前で演じるシラクの演技に対する定本楓馬による同時吹き替えの上手さを鈴木と監督が褒め称えたり、松本享恭が演じたサオトメを鈴木が「怖い!」と断言しつつ「ご本人は爽やかで明るい方だったのですが」と印象を述べたりと、共演者へのエピソードが続く。
ちなみに最終話で出てくるサオトメの写真は「最近の写真を探してみた結果、大学のサークルでキャンプをしていたときのスナップ写真しか見つからなかったから」という、裏設定も飛び出した。

また、Blu-ray&DVD BOXで何度も観返してもらいたいオススメシーンには、鈴木が「ハニー(井澤勇貴)の歌に感動しました。『自宅で練習してきたのかなあ?』と思いながら聴いていましたね」と井澤勇貴の歌唱シーンを挙げ、「彼が10代の頃にドラマで一度共演しているんです。その撮影中にめちゃくちゃ背が伸びていきました」と、井澤との出会いを懐かしむ様子も見られた。

ドラマ虫籠の錠前 エンタメステーションイベントレポート

そして、相棒・ナナミを演じた清原 翔に話が及ぶと、鈴木が「(清原は)最初に会ったときの印象からそれほど変わらなくて。一緒にいて落ち着くんです。初めて挨拶したあと、無言のままお互い座っていたんですけど(笑)。シーンと何も話さないままでも『あ、このままでいけるわ』と心地よい空気が流れていたので、大丈夫だなあと思っていました」と、最初から似通った空気感で、安心して居心地よく一緒にいられたと語る。

ドラマ虫籠の錠前 エンタメステーションイベントレポート

その清原から、会場に向けてのコメント映像が流されることに。
清原は好きなシーンを「ナナミとカゴロクの掛け合い」と話し始めるが、「カゴロクの愛嬌やナナミの……なんて言うんですかね」と言葉に詰まったり、「何を話せばいいんだろうか?」と上を見つめて考え込んだり、「銃が重かったので筋トレしなくちゃと思いました」などと、愛嬌たっぷりに若干フワフワしたコメントで会場を沸かせる。
鈴木は笑顔で「癒やされますね~」と清原のコメント映像の感想を語りつつ、「エピソードをあんまり用意していなかったんだろうけど(笑)、これだけしゃべってくれたことが嬉しいです」と、相方を優しくフォローしていた。

ドラマ虫籠の錠前 エンタメステーションイベントレポート

最後は、監督が「このあと(鈴木から)お渡しとなるブロマイドは、10枚に1枚、僕の写真が入っています。“当たり”だと思ってください!」とギャグを飛ばし、鈴木が「初耳の情報ですが……」とそれを笑顔でかわし、「楽しく作った作品なので、いっぱい笑って欲しいなと思います。いっぱい観ていただけたら嬉しいです!」と購入者へメッセージを送って、第2回目のミニトークコーナーは終了となった。

本編全8話のほか、特典映像を収録したBlu-ray&DVD BOXは絶賛発売中。
「虫籠の錠前」プロジェクトの、今後のメディアミックス展開にも期待したい。

ドラマ虫籠の錠前

ドラマ『虫籠の錠前』Blu-ray・DVD

2019年6月21日発売
Blu-ray ¥14,000(税別)
DVD ¥12,000(税別)
DISC2枚組/全8話/三方背ソフトケース/ブックレット付き
【映像特典】
番宣スポット集/メインキャストコメント集/メイキング映像

ドラマ『虫籠の錠前』

2019年3月WOWOWにてオンエア
原作:成田良悟
監督:豊島圭介
脚本:清水 匡 小寺和久
主題歌:Survive Said The Prophet「Right and Left」

出演:
カゴロク 役:鈴木拡樹
ナナミ 役:清原 翔
カズキ 役:宇野祥平
サンゾウ 役:黒田大輔
ヤナ 役:池田朱那
ニト 役:萩原みのり
シラク 役:定本楓馬
サオトメ 役:松本亨恭

「虫籠の錠前」プロジェクト オフィシャルサイト

©成田良悟 ©「虫籠の錠前」製作委員会