Interview

植田圭輔&君沢ユウキが役者人生をかけてあなたをまだ見ぬ景色へ誘う。舞台「pet」─虹のある場所─、間もなく開演!

植田圭輔&君沢ユウキが役者人生をかけてあなたをまだ見ぬ景色へ誘う。舞台「pet」─虹のある場所─、間もなく開演!

2018年12月に初演を迎えた舞台「pet」─壊れた水槽─の続編となる舞台「pet」─虹のある場所─が、7月29日(月)より神田明神ホールにて上演される。
原作は三宅乱丈の漫画『ペット リマスター・エディション』。他者の脳内に入り込み、記憶を操作できる特殊能力を持った“ペット”と呼ばれる人間たちの生き様を描く物語だ。本作は、舞台化と同時にアニメ化も発表され、新しいメディアミックスとしても注目されている。
舞台版は総合監修を、なるせゆうせいが手がけ、演出・脚本を伊勢直弘が務める。キャスト陣には、桑野晃輔、谷 佳樹、萩野 崇、伊勢大貴、あまりかなりと注目の若手俳優・女優から手練れのベテランまで揃うなか、初演にも出演し、アニメ版でも主演を務めることになった“ペット”のヒロキ 役を演じる植田圭輔と、“ペット”たちに翻弄されながらも己の職務を遂行しようとする暗殺者の桂木を演じる君沢ユウキが出演。
そんなふたりから本作のことなど話を聞いた。

取材・文 / 竹下力 撮影 / 増田慶


今作は物語がわかりやすくなり急展開をみせていく

前作の舞台「pet」─壊れた水槽─は、幻想的でシンプル、かつパワフルな素晴らしい出来栄えだったと思います。今作を迎えるにあたってどのようなお気持ちですか。

植田圭輔 この作品をひと言で語るのは難しいのですが、前作は原作の世界観や各々の登場人物がどのようなものを心に抱えて、どういう人間関係か説明していくことに力点を置いていました。今作はストーリーに重きを置いているので、物語がわかりやすくなり急展開をみせていきます。キャラクターたちがそれぞれ誰を思いやって生きていくのか、徐々に真実が明らかになっていくという意味で、サイキック・サスペンスだと思っていて。

君沢ユウキ ぴったりだね!(笑)

舞台『pet』―虹のある場所― 植田圭輔 エンタメステーションインタビュー

植田圭輔

植田 (笑)。僕が演じるヒロキや悟(谷 佳樹)は、他人の記憶を操作できる能力者で、特殊能力である“イメージ”を使いながら、人の最も幸福な記憶が集まる場所の“ヤマ”や、真逆の最もつらい記憶が集まる場所の“タニ”で他人の記憶を改竄していく物語で、多くの人の心を扱った複雑な構成の作品かもしれませんが、突き詰めれば人間同士の愛の話になるので、人間関係を濃密に描こうとする舞台になると思います。

君沢 最初に原作を読んだときは、この難しい物語をどうやって舞台で表現するのか考えましたし、初演は試行錯誤をしながらつくっていきましたが、苦労した甲斐もあって、周りの評判も良くて、噂を聞いて観劇に来てくれた母親も「面白かった」と言ってくれて(笑)。設定はひと癖あるけれど、植ちゃん(植田圭輔)が言ったように、中心となるのは人間ドラマで、今作は、愛おしい人たち、そして頼るものが少ない人たちの苦しみながらも熱く生きる姿に注目して欲しいです。

舞台『pet』―虹のある場所― 君沢ユウキ エンタメステーションインタビュー

君沢ユウキ

今作のように難しいお話の舞台に臨むときは、おふたりはどうやって臨んでいくのですか。

植田 稽古にならないとわからない要素が多い作品の場合は、とにかく何も考えずに現場に臨みます。ともすれば、脚本を読んだだけで、頭の中で演技の仮説を立てがちになるのですが、稽古が始まって「ちょっと違うかな」となった場合はイチからやり直しになるので、あくまで演出家の考える原作に対する理解を共有しようと努めます。いずれにせよ、決めうちでお芝居はしないように、難しいからこそ柔軟に対応できるように心がけています。

君沢 たとえば本作のような場合は、脚本で役者が予測をしてお芝居を組み立ててしまうと違うことが起きるし、たとえ正解だとしても、実際に稽古で体感してみると答えがまったく異なることが多々あります。車の運転でもそうですよね? 教習所を出てからが本当の車の運転になる。前作もそうでしたが、登場人物が少ないですし、人間のコアな部分をぶつけ合うむき出しのお芝居が必要になるので、現場での反応を大切にしながら稽古をしていきたいです。

ヒロキは愛されキャラ、桂木はお客様の目線に近い人物

植田さんが演じるヒロキ、君沢さんが演じる桂木の役どころを聞かせてください。

植田 ヒロキは“ヤマ”を分け与えられた“ヤマ親”の司(桑野晃輔)に従順な“ペット”です。そうなることで特殊能力の“イメージ”が使えるようになる。登場人物はすべて良い意味でも悪い意味でも人間味に溢れているのですが、その中でも喜怒哀楽の感情が振り切れていて、他人の言葉や行動に反応しやすいところがヒロキのいいところであり、悪いところでもあって。今作であれば一番人間らしい人物になるかもしれません。自分のことをわかって欲しいわがままな要素も持ち合わせているのですが、人間らしく生きているので“愛されキャラ”になってしまうと思います。

君沢 桂木は、記憶を操作できる能力のない、中国マフィアによって管理される“会社”の暗殺者のひとりです。ヒロキたちの能力に脅威や驚きを感じるという意味で、お客様の目線に近い人物です。桂木の上司で年下なのに生意気な口を聞く司に嫉妬したり、人間のダメな部分や可愛いところを持ち合わせている人物だと思います。

舞台『pet』―虹のある場所― 植田圭輔 エンタメステーションインタビュー

原作をご覧になったり、前作を経て、ヒロキが桂木に対して、桂木がヒロキに対して抱いている気持ちはどんなものだと思いますか。

植田 ヒロキにとって桂木は、“会社”に従ってばかりで司との仲を邪魔してくる存在としか思ってなくて。舞台では桂木が大きくフィーチャーされることによって、ヒロキの桂木に対する想いが理解できる仕掛けになっているのですが、桂木は“会社”の人間である以外はどうでもいいと感じているので、嫌な奴だと思っています。

君沢 つまり、桂木にとっては“会社”が拠り所なんです。“会社”がなければダメな人間で、家族もいないし、だけど“会社”には気に食わない司がいるから生きづらい想いも抱えている。ヒロキは“ヤマ親”である司に仲の良い金魚のように付き従っているので、桂木を気に食わないと内心思っていますから、お互い嫌い合っている関係です。

舞台『pet』―虹のある場所― 君沢ユウキ エンタメステーションインタビュー

おふたりの考える今作の重要な点はどんなところになりますか。

植田 ひと言で言えば、着ている洋服のボタンの掛け違いに気づいたときの人間はどんな行動をするのか、ということが描かれていると思います。

君沢 うまい、座布団50枚!(笑)

植田 (笑)。とはいえ、掛け違いに気づいたからといって、ボタンを戻そうと思ってもしょうがないと諦めてしまったり、そもそも掛け違っているのかわからなくなって着ているものを脱ぎ捨てるような行動さえとってしまう、そんな様々な人間の心理が描かれた作品になっていると思います。

君沢 そうだよね。実際に今作を観ていただければ、前作の続きを理解できるだけではなくて、『pet』に流れているテーマもわかると思います。ひとつのケーキを3人で奪い合うという単純な話ではなくて、それぞれの人物が抱く誰かを好きな感情や嫌いな感情が交錯し合って、解決策がなかなか見つからない状況に陥ってしまう。突き詰めれば、本作には悪人は誰もいないのかもしれないですね。

舞台『pet』―虹のある場所― 植田圭輔 エンタメステーションインタビュー

これまでお話を伺っていたり、前作も拝見して思ったのですが、やはり難しい役どころだと思うのですが。

植田 今作にかぎらず、どの役もそうですが、難しいことはあまりしないようにしていて、僕の場合は、稽古をしながら自然と役になることを意識しています。

君沢 実際に板の上に立つキャラクターの関係性で役はできるからね。ただ、ヒロキや司や悟は難しいと思う。最初は心さえ空っぽな存在だったから、彼らの本心を見つけるつらい作業をしないといけない。一方で、桂木は俗気のある余計なものをたくさん抱いているので、ぐしゃぐしゃと悩ましく演じていきたいです。司のような能力はないけれど、“会社”ではエリートで、いろいろな顔を演じ分けることができるからやりがいがあります。

植田 たしかに、ヒロキに関してはキミさん(君沢ユウキ)のおっしゃっているとおりかも。とにかく、役者の自己満足だけの役づくりは絶対に避けたいので、ヒロキのような役は、あえて役づくりをしないことが役づくりだと思います。

舞台『pet』―虹のある場所― 君沢ユウキ エンタメステーションインタビュー

前作からお芝居をするにあたって気をつけたいことはありますか。

君沢 今回も前作のときの心構えと変わらないと思います。それでも、前作よりもさらに研鑽したお芝居を積み重ねていく作業はしていきたいですね。

植田 前作では、世界観が複雑なので、まずはそこをお客様にわかっていただけるように努力すること、それをただの説明台詞にならないようにすることが共通認識としてありました。

君沢 そうだよね。そこから、“ペット”たちのコアな部分をどうやってぶつけていくのかが大切だった気がする。

演出の伊勢直弘は役者として板に立つ人間の気持ちがわかる

そんな舞台で演出の伊勢直弘さんはどのように演技を当ててくださるんですか。

君沢 音速の男です(笑)。前作もすさまじい台詞の量でしたが、植ちゃんを筆頭に役者たちも早い段階で台詞をしっかり覚えてきたこともあって、3〜4日で全体を通すテンポの速い稽古になりました。

植田 伊勢さんは役者でもあるので、役者として板に立つ人間の気持ちがわかる方です。なので、伝えることだけを伝えてくださって、あとは宿題として残して、本番でも鮮度の高いお芝居ができるようにしてくれる印象があります。なによりも役者を信頼してくださいます。

君沢 うん。“信頼されている”と感じることは役者にとって大切で。だから伊勢さんの要望に応えようと思うし、今作も「バッと素早くつくって、深みを極めていこう」とおっしゃっていて、『pet』の現場を一番わかってくださる方だと思います。

舞台『pet』―虹のある場所― エンタメステーションインタビュー

稽古も、顔合わせはすませ、本読みに入られたそうですね。

植田 キャストの多くは、顔合わせ時点でほかの舞台の本番を抱えながらだったんですよね。でも、いざ本読みが始まると「みんなしっかり準備してきてる!」と驚きました(笑)。「喉のこともあるし、少し力を抜いてやろう」と言い合ってたのに、裏切り者続出で(笑)。

君沢 (笑)。演じていると自然と熱くなってくるよね。

植田 やっぱり、僕らは演劇が好きなんだと思います。脚本の活字から得る情報よりも、みんなで実際に演じているのを見たり聞いたりすると世界が広がっていく。本読みだけでしたが、本当に素晴らしい稽古でした。

君沢 そうだったね。この舞台は、歌やダンスだけではなくて、殺陣もほぼないし、特殊な転換装置も、マイクすらなくて、僕たちのお芝居だけの勝負だから、まさに“演劇”だと思います。

1 2 >