まず観る!アニメ1話無料  vol. 5

Column

全52話が無料配信中! 「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズに追いつくなら今!

全52話が無料配信中! 「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズに追いつくなら今!

各種配信サービスで「1話無料」となっているアニメ作品を視聴し、その感想や第2話以降の展開予想を語っていく連載「まず観る!アニメ1話無料」。今回は、あの紅白出場歌手がOPを担当していることでもおなじみの人気シリーズをご紹介!

文 / エンタメステーション編集部


そのシリーズは2012年に放送が始まり、現在第5期が放送中。深夜アニメの視聴者にはおなじみなタイトルながら、長期シリーズなゆえ追い切れていない人も多いのではないでしょうか?(筆者もその一人です) ということで今回ご紹介するのは……

『戦姫絶唱シンフォギア』

(YouTube公式チャンネルにて1話無料配信中)

です。
それにしても5期ってすごいですよね。数年前、4&5期が同時に発表された時のアニメファン界隈のどよめきは今でも思い出せます……。

まずは基本情報から。本作、水樹奈々のプロデュースはじめ多数のアニメソング・ゲームソングを手がけるクリエイター集団・Elements Gardenが全面的に音楽を手がけています。特に代表の上松範康が原作という形でストーリーの根幹に関わっているのがポイントですね。なお、共同原作・シリーズ構成は名作RPG『ワイルドアームズ』のシナリオを手がけた金子彰史が担当しています。

では、さっそく第1期・第1話の内容を追っていきましょう。この30分弱だけでもとにかく情報量が多いです。まず冒頭、雨の墓地で主人公・響の遺影が飾られた墓石の前で慟哭する親友の未来。「私の大切な親友は、戦場で歌を歌い続けた」と……このシーンは、時系列的にどこに位置するのでしょうか?(「実は生きてた!」的な展開が5期にわたる現在でも描かれず、引っ張られ続けていたらすごいなと思うのですが)

アバンタイトルから時間は二年前へ。ここで、響がなぜ主人公の資格を得ることになったのかの伏線が敷かれます。未来と二人で行くはずだったツヴァイウィングという女性ボーカルユニットのライブに、未来の家庭の事情により、ひとりで行くことになった響。そこで「世界災厄」と称される、ノイズという未知の存在に襲われてしまいます。「ノイズだー!」という叫び声を観客たちが上げているので、そうした危険は隣り合わせの日常のよう。そんな世界の中で歌がいかに救いになっているか……ということが察せられます。

ノイズを撃退すべく、ツヴァイウィングの片割れである奏という人物が変身します。ツヴァイウィングは、ボーカルユニットであると同時に秘密組織のエージェントでもあったのです(コンサートは、「歌で戦う」武装のテストも兼ねていたのですね)。しかし乱戦に続く乱戦の中、逃げ遅れてしまった響を守るため、彼女は命を散らしてしまいます。

ここで奏が響に向けて発する「生きるのを諦めるな!」という台詞に心を掴まれてしまいました。二年後、奏の力を受け継いだ(?)響が見ず知らずの女の子をノイズから守ろうとするときに、記憶の隅に残っていたのか同じ言葉を繰り返すんです。歌って、完全に丸ごとは歌えなくてもあるフレーズだけは覚えていたりとかしますよね。このメロディなんて曲だったっけ? と友達に歌ってみせたら答えを返してくれて、「あー!」とかなる感覚。そういう、「気づかぬうちに寄り添ってくれていた歌の力」がピンチを救う、というところに、SF的な舞台設定ながら強く「自分ごと」として感じさせるドラマ性がありました。

ところで、ツヴァイウィングの生き残りである翼という人物がいます。彼女は奏と組んでいた頃は常に奏の後ろをついていくような繊細な人間だったのですが、奏を失ってからは単身ノイズとの戦いに乗り込んでいくなど、苛烈な印象を与える人物になっています。表の顔としては、ソロシンガーとして活躍しているようですね(響の憧れの人物でもあり、彼女を追って音楽学校に入学したという経緯も描かれます)。カリスマ性を湛えながら、パートナーを失ったことでどこか危うさも抱える彼女を、奏に救われ、その志を受け継ぐ響がどのように解きほぐしていくか……というバディものとしてのドラマが期待されます。

演じる声優が歌いながら戦い、アメコミ風のカットインが入る戦闘シーンも独自性に溢れているのですが、第1話最大の見どころはツヴァイウィングのライブシーンでしょう。CGを使わず手描きで描かれたダンスの振付は、なんとPerfumeの振付で世界的に著名なMIKIKO氏。ドローン空撮を模したようなダイナミックなカメラワーク、サビで翼のように展開するドームのギミックと合わせて非常に見ごたえあるシーンになっています。

声優陣についても。主人公の響は『魔法少女まどか☆マギカ』ブレイク直後の悠木 碧が担当していて、まだ初々しさを残したその演技も良いのですが、第1話時点で特筆すべきは、やはりツヴァイウィングの二人でしょう。まず翼については、上松が一貫してプロデュースに深く関わる水樹奈々。当時すでに紅白歌合戦への出場も果たしており(初出場時歌った「深愛」は上松の作曲でした)、声優シンガーのトップランナーだったわけですが、そのパートナーである奏にキャスティングされているのは……なんと高山みなみ! そう、言わずと知れたコナン君の「中の人」です。しかしかつてはTWO-MIXというユニット(今で例えるとfripSideやAngela的な、デジタルサウンドを基調とした男女ユニットです)のボーカルとして『ガンダムW』の主題歌を担当するなど、声優シンガーの草分け的な存在。よって歌唱力は抜群ですし、「水樹奈々が演じる歌姫キャラ」が背中を追いかけるキャラクターのCVとしてこれ以上ない人選と思えました(姉御肌なキャラクターとしての演技もすごくいいです)。この第1話をどんな人に観てほしい? と言われたら、間違いなく「高山みなみさんを『コナン君の人』と思っている人」に観てほしいと答えますね(笑)。

現在放送されている最新シリーズ『XV』では、メインキャラクター(つまり、歌って戦う)は6人にまで増加しているようです。いったいどんなドラマがあってそこまでの人数になったのか……実は現在、期間限定で第1期~第4期・全52話が無料配信中! 無料なのが1話だけじゃないという、この連載が始まって初のパターンです(笑)。今回ご紹介した第1話を観て続きが気になった方は、ぜひ気軽な気持ちで第2話、3話……と観てみてはいかがでしょうか。

戦姫絶唱シンフォギアYouTube Official Channel

それではまた次回!

今回ご紹介した作品を「1話無料」で観るならこちら!

戦姫絶唱シンフォギア EPISODE1【期間限定】

最新シリーズ『戦姫絶唱シンフォギアXV』

【STAFF】
原作:上松範康/金子彰史
監督:小野勝巳
シリーズ構成:金子彰史
音楽プロデューサー:上松範康
音楽:Elements Garden
キャラクター原案:吉井ダン
キャラクターデザイン/総作画監督:藤本さとる
副監督/アルカ・ノイズデザイン:光田史亮
総作画監督:椛島洋介/普津澤時ェ門
アクションディレクター:式地幸喜/杉江敏治/中小路佳毅/髙嶋宏之
メインアニメーター:大久保義之/坂本俊太/ハニュー
メカニックデザイン:大河広行/川原智弘
美術デザイン:ニエム・ヴィンセント/ロキャテリ・ロイック/ルガル・ヤン/ギヨーム・ジョアナ/小山真由子
美術監督:渡辺幸浩/菊地明子
色彩設計:篠原愛子
CGディレクター:森野浩典
撮影監督:志村 豪
2Dワークス:影山慈郎
特殊効果:飯田彩佳
編集:兼重涼子
音響監督:本山 哲
アニメーション制作:サテライト
製作:Project シンフォギアXV

【CAST】
立花 響:悠木 碧
風鳴 翼:水樹奈々
雪音クリス:高垣彩陽
マリア・カデンツァヴナ・イヴ:日笠陽子
月読 調:南條愛乃
暁 切歌:茅野愛衣
小日向未来:井口裕香
エルフナイン:久野美咲
風鳴弦十郎:石川英郎
緒川慎次:保志総一朗
藤尭朔也:赤羽根健治
友里あおい:瀬戸麻沙美
ヴァネッサ:M・A・O
ミラアルク:愛美
エルザ:市ノ瀬加那
風鳴八紘:山路和弘
風鳴訃堂:麦人

©Project シンフォギアXV

連載「まず観る!アニメ1話無料」
次回の更新は8月5日(月)予定です。

vol.4
vol.5
vol.6