Interview

山田孝之&満島真之介&玉山鉄二が“事件性を感じた”『全裸監督』。メイドインジャパンの問題作が、いよいよ全世界に向けて放たれる!

山田孝之&満島真之介&玉山鉄二が“事件性を感じた”『全裸監督』。メイドインジャパンの問題作が、いよいよ全世界に向けて放たれる!

8月8日(木)、とんでもない作品がNetflixから世に放たれる。ここで言う“とんでもない”とは、センセーショナルな題材を扱っている“とんでもなさ”ではなく、映像から伝わってくる役者たちの熱量や気概がとにかく“とんでもない”という意味だ。

1980年代、バブル景気の真っただ中を駆け抜けた“放送禁止のパイオニア”村西とおるの姿を虚実交えて描く『全裸監督』。村西を演じるのは山田孝之。その相棒であるチンピラ・荒井トシ役に満島真之介、彼らが興したサファイア映像の社長・川田研二に玉山鉄二、本当の自分をさらけ出せず苦悩しのちにAV女優の黒木 香となる佐原恵美役に森田望智と、バラエティに富む役者たちが集う本作には、観る者を強烈に惹きつける“何か”がある。

それは──山田の言葉を借りると「事件性」なのだろう。コンプライアンスに縛られた現代の日本に、表現者として立ち向かった役者およびスタッフ陣。山田、満島、玉山による鼎談では、彼らがその身をもって投じた“時代への一石”がうかがえた。

取材・文 / とみたまい 撮影 / 斎藤大嗣


「表現者として、過剰なコンプライアンスに潰されたくない」という思いが強い役者が集まった

全裸監督 山田孝之 エンタメステーションインタビュー

まずは、業界にかなりのインパクトを与えるであろう『全裸監督』に参加しようと思った理由について教えてください。

満島真之介(以下:満島) 山田さんは、企画の最初のほうから関わっていますよね?

山田孝之(以下:山田) そうそう。プロデューサーの坂本(和隆)さんと、「この題材で、どういうふうに作っていくか」というところから話し合っていました。その後、国籍、年齢、性別問わずいろんな人が加わって、「どういった脚本にしていこうか」と話し合う会議を何度かやって、本(=脚本)づくりに入るタイミングで「ここからは村西とおる(を演じる役者)としてやっていくので、本づくりには入りません」と言って、僕は抜けました。
僕は村西さんのことを知らなかったんですが、今回オファーをいただいて「めちゃくちゃ面白い人だなあ」と思って。たぶん現場に入っても楽しめるだろうし、すごく刺激的なものを世に出せるんじゃないかと思ったんですね。だから、絶対にやるべきだと思いました。

満島 山田さんが村西とおるを演じて、Netflixが制作を担当して、それを世界に向けて配信するって聞いて、僕は「大きな山が動くかもしれない」と思ったんです。日本に根付いてしまっている“動かない何か”が、この作品でグッと動く気がして、むちゃくちゃテンションが上がりました。「見たことがない景色が見えるかもしれない」と思って、僕としては一つ返事で承諾しました。

山田 事件性を感じたよね(笑)。

満島 そう! 事件性を感じて、そこに……加担するというか(笑)。

山田 共犯的な?(笑)

満島 そう(笑)。その時点では“AV監督の話”ということしか知らなかったので、それがどんなふうに描かれるかはわからなかったんですが、内容うんぬんじゃなく「事件だこれは!」って思って、いままでにないワクワク感が溢れてきて。一番近くで目撃したいし、体験したかったっていうのが一番の決め手でした。

全裸監督 満島真之介 エンタメステーションインタビュー

玉山鉄二(以下:玉山) 僕もこの企画が通る前から「日本は地上波が強いけれど、その地上波が自主規制やコンプライアンスで汚染されていってる。僕はそこにメスを入れたいんだ」ってずっと言ってたんです。それで、『全裸監督』の企画を、僕らの行きつけのバーで聞いて(笑)。「実は、村西とおるを描きたいんです」っていうことで、僕も「お!?」って思ったんですね。ご覧になられたらわかると思いますが、孝之もあれだけの濡れ場があって、満島くんも僕も衝撃的なシーンがあったり……。

山田 勝手にやってましたけどね(笑)。

玉山 ははは!

満島 台本に一切書いてなかったから!(笑)

第2話の玉山さんが初登場されたシーンですよね。あれはアドリブだったのですね……驚きです。

玉山 僕らは表現者として、「やってますけど、なにか?」っていうぐらいのモチベーションでいなきゃいけないと思ったんです。「過剰なコンプライアンスに潰されたくない」というか。たぶん『全裸監督』には、そういった思いが特に濃い(笑)日本の役者が集まったんじゃないかなっていう印象を受けました。

山田 『全裸監督』を観た人が、出演している僕らのことが嫌いになったとしても、それはそれでいいわけですよね。僕らはやりたくてやったことだし。

玉山 そういう思いを片隅に持っている表現者っていうのは、僕は意外とたくさんいると思っていて……勇気が足りなかったりすることでトライできないことって多々あると思うんです。たぶん日本って、そういう文化なんですよね。例えば……職種が違えどライターの方だって、「本当はこういうことを書きたい」と思っても、どこかで忖度して、ちょっとマイルドに書いてみたりすることだってあると思うんですよ。でもそれって……なんだか委縮してしまうような難しい時代に入ってしまっているいまの日本で、各々が自ら見えない敵を作って臆病になっているだけだと思うので、みんなで「せーの!」ってやっちゃえばいいのにって僕は思うんです。だから、『全裸監督』のような作品ができて、観てくださる方々のタガがちょっとでも外れてくれたら、もしかしたらもっと面白い日本が見えてくるんじゃないのかなって……。

全裸監督 玉山鉄二 エンタメステーションインタビュー

山田 「こういうのを観て勘違いした若い子たちが、SNSで真似したらどうするんだ!」ってことだと思うんですが、それって単に親の責任だと思うし、どの時代だってそういったことはあったわけで。ただ、いまはそれが表に出やすい時代になっただけだから……そこに僕らが遠慮してしまうと、良いもの、面白いもの、刺激的なものは絶対に作れないですよね。

玉山 『全裸監督』は昭和から始まって、天皇が崩御され、平成になって、「エロの形も変わっていくんだ」といった描写もあるんですが……、昭和はOKだったけど、平成はダメで、また令和でOKみたいなことがあるかもしれませんよね。

満島 それに、日本で生まれ育ってきたなかで……もちろん、日本を出て勝負していくのもひとつの夢としてはありますが、やっぱり日本で作品を作りたいんですよ。日本人のスタッフと日本人の役者たちと、日本語の本で、世界に向けて作品を作りたいっていう気持ちが、自分のなかでも強くあったので。だから今回、小さい扉かもしれないですけど、その扉を開けて新しい風が吹くことで、何かが動き出すかもしれないっていうワクワク感は強いですね。

村西とおるが生み出した“駅弁”スタイル。誕生のエピソードが泣ける!

全裸監督 満島真之介 エンタメステーションインタビュー

本作の主人公である、村西とおるさんの魅力はどこにあると思いますか?

山田 爆発力と、面白いアイデアと、自分の感性を信じ続けて形にする行動力。そういうところがいいと思いますね。

満島 時代が変わっても普遍的なエネルギーがある。「これだ!」って思ったらそこに向かってガーッて進んでいくあの吸引力に、若者はついて行きたくなりますもん。いままで見たことのない世界を見せてくれそうだし、「自分たちで動かす!」という、強い意志を感じますよね。その村西さんの吸引力に魅せられた人たちが集まって、日本のエロを作っていったんだなあって思いました。

玉山 僕は村西さんに、クレバーさや、効率的なところを感じました。「アダルトビデオにはものすごく需要があるのに、なぜ国は規制するんだろう? 人間は生まれたときには裸なのに、なぜそれを何かで隠さなきゃいけないんだ?」みたいな、みんなが思わないような違和感を抱いていたんじゃないかと思いますし、アダルト産業には強烈な需要があるっていうことをまざまざと知っていたんだと思いますね。

その違和感を、行動によって明らかにしていく力を持っていた?

玉山 そうですね。

全裸監督

本作では、そんな村西さんのエピソードの数々が描かれていますが、「え? これ本当にあったの?」と驚いたことはありましたか?

満島 驚いたというか、最初からエネルギッシュな人間で、オープンで、人を惹きつけるような生き方をしていたわけではなかったところに俺は惹かれました。英語教材のセールスマンをやっていて、才能が開花していない時間が結構長かったんだなと。そのプロセスってすごく大事だと思ったんですよ。生まれたときから光を放っているような人だと、観る側は「ああ、これはもう特別に生まれた人なんだ」って思っちゃいますが、村西さんはそうじゃない。人間誰しも自分がキラッと光るような、扉が開く瞬間があると思うんですが、それを村西さんは的確に感じ取ることができたんだと思いました。

山田 自分の扉を開くことができたから、たぶん人の扉も開かせることができると思ってるんだろうね。

満島 そうそう。そういったバックボーンに僕は惹かれました。それが1話から2話にかけてしっかりと描かれていったのは、実はこのドラマの重要なポイントだったんじゃないかと。

玉山 僕がビックリしたのは……“駅弁”が出来上がるまでのエピソード(第3話)。あれって本当の話らしくて。笑えるけど、すごく切ないんですよね。夫に先立たれた小料理屋の女将が寝た後、村西がずっと夫婦の思い出のフィルムを観てるのとか……俺もう、すげえ泣けたもん。

満島 泣ける! で、泣いた後に笑っちゃったんですよ。「俺、人のセックス見て泣いてる!」って(笑)。命の根源を感じたし、生きることのすごさを感じました。

玉山 あの感覚ってさあ、外国の人たちが観たらどう思うんだろう? 駅弁しながら、旦那さんの形見の帽子を被ってさ(笑)。すげえ抱き合ってる後ろに、亡くなった旦那さんの駅弁売りの写真が飾ってあるっていう(笑)。

山田 あれは抜群によかったね。でも、外国の人たちは「日本人って頭おかしい」って思うんじゃない?(笑)

満島玉山 ははは!

その場にいる全員が、アクセル全開でずっと走っているような撮影現場だった

全裸監督 玉山鉄二 エンタメステーションインタビュー

先ほど玉山さんのアドリブのお話もありましたが、お三方をはじめとして、役者のみなさんの気概をすごく感じる作品でした。現場はどんな雰囲気だったのでしょうか?

山田 スタッフもキャストもみんな、一致団結していたというか……仲が良くて。とにかく楽しんで、とにかく本気で「ヤバイものを作ろう」っていう雰囲気がありましたね。事件性を感じたから(笑)、これこそほんと「事件にしなきゃいけない!」みたいな感覚はありました。

玉山 ヒロインの森田(望智)さんもすごかったし、素晴らしかったですね。現場で一緒に演じてる段階から、「あ、これはかなりヤバイものができる」って、みんな思っていたと思う。孝之の芝居を見ても、トシ(=満島)の芝居を見ても、「あ、俺も本当にちゃんとやんなきゃヤベエ」っていう、どこか背中を押されてる感が……。

山田 登場の最初っから飛ばしてたじゃん(笑)。

満島玉山  ははは!

満島 初日だったじゃないですか(笑)。「玉山さん、初めまして」って言ったすぐ後に、「なんやねんもう!」って(笑)。

山田 しかも真剣に「この状況で拳握らないでしょ?」とか言って。

玉山 ははは! そう。あのシーン、台本には「拳を握る」って書いてあったんですよ。

山田 「いや、拳握らないでしょ!」って(笑)。

玉山 ははは(笑)。僕が演じる川田は、村西の演出を見たときに、なにかが開花したと思うんです。そこで拳は握らないだろうと。で、「もうなんかこれ、やんなきゃいけないのかな?」っていう衝動に駆られちゃって、「じゃあもうやっちゃおう!」みたいな(笑)。

満島 そこからめっちゃ楽しんでましたもんね(笑)。でも本当に、映像に映ってる熱量のまんまなんです。「本番だから」とかではなく、現場にはずーっとあの熱量がありましたからね。だから、いつカメラを回してもOKだし、どんなことがあろうとも、みんないつでもいける状態。そのぐらい、みんなの原点……「この業界に入りたい!」「カメラを持ちたい!」「照明を持ちたい!」と思っていた入ってきた、“あのときの衝撃が湧き出ていて。年齢やキャリアも関係なく、「全員がひとつになってる!」っていう空気感でした。

山田 全員がアクセル全開でずっと走ってる、みたいな(笑)。

全裸監督

満島 美術のセットとかもすごくて。きっと美術の人たちもやる気満々で作っていたと思うんです。その感じがすごく伝わってきました。だからこそ、「あ、ここはちょっと映せません」とかないんですよね。360度、どう動いてもOKだった。

玉山 ほんと、セットすごかったね。

満島 セットに置かれてるものも「あ、ちゃんと選んで置いてくれてるんだな」って思えたし。

山田 そこで、本当に存在できるんだよね。

満島 だから、みんなずっとセットのなかに居るんですよ。本当に自分たちの事務所のような感じがして。

山田 それぞれの場所があったもんね。

満島 そうやって、全員の力が結集してたエネルギー感が素晴らしかったと思う。だから、終わるときは……「シャバに帰るのか」みたいな。

玉山 めっちゃ憂鬱になってたもんね(笑)。

満島 「これから先、どう生きていけばいいんだ?」って思ってましたよ。

刺激的な作品に触れて、中毒になってしまった?

満島 『全裸監督』をシーズン8ぐらいまでやって、「もう俺はトシでしかない」って感じでもいいなと思ってる。「たくさんの役をやりたい」とか、そんなに思わなくなっちゃった。

山田 もう、飽きるまでトシとしていれば……『ウォーキング・デッド』みたいに(笑)。

全裸監督 山田孝之 エンタメステーションインタビュー

みなさんにとっても“事件”だった『全裸監督』ですが、こういった作品に挑戦したNetflixについて、どう感じましたか?

山田 Netflixはたぶん、「あなたたちはやらない、俺らはやる」ってだけだと思います。

玉山 ただ、これまでずっとドラマや映画を作ってきた各社がこの作品を観て、どう感じるかですよね。相乗効果で日本のエンタメがもっと面白くなったらいいなとは思いますけど。

山田 テレビはチャンネルを押せば観れちゃうから規制もあるのかもしれないけれど、映画とかって、自分で選んでお金を払って観るものですから、そこに規制をかけるっていうのがそもそもちょっとおかしな話じゃないですか。

玉山 90年代までのドラマって、自分たちで成功例を作ってきたと思いますが、それ以降は成功例を踏襲して、安全なものを作ってきているイメージなんですね。原作や漫画といった成功例がないと企画が通りづらかったり……気づいたらドラマの作り方が変わっていて。
『全裸監督』でも、それまでガッツリと“裏”だったエロの表現が、村西の企画や演出が面白いから、だんだん裏じゃいられなくなってきて、どうにも抑えきれなくなってくる様子が描かれているんですが、それを僕はクリエイティブだと思うんです。アングラであろうが、裏であろうが、「見ちゃいけない」って言われたものであろうが、見たいものはやっぱり見たいと思うんですよね。

山田 アートもそうだもんね。

玉山 戦後から高度経済成長に乗って、ある程度の自由を与えられて走り続けてきた日本が、何で……いまこうして、自らの檻をたくさん作るような時代になってしまったのかな?っていう不思議さはありますよね。だから、『全裸監督』で描かれる、80年代の「やったもん勝ちだ」みたいなあの勢いは、我々としてもちょっと羨ましい部分もあります。

山田 表現者としてね。

満島 不思議なのが、その当時渦中にいた人たちが、いまの若者たちを抑えようとしていることなんです。「やったもん勝ち」でやってきた人たちのはずなのに、若者たちが何かに挑戦しようとしたり、やったことに対して、なぜ抑えようとするのか……単純に「アンタたちもやってたじゃん!」って思うんですよ。

山田 自分たちで好き勝手やり放題してきて、満足しちゃってるんじゃない?(笑)

満島 不思議ですよね……そんな時代だから、僕らが年を取ったときに「この時代はこうだったんだ」って象徴になるものがどこにあるんだろう? って考えると、ないんじゃないかと思っていたんです。でも、『全裸監督』に参加できたときに、「時代の象徴になるようなものができるかも!」っていう希望にも満ちたし、いまの時代にフラストレーションを感じている若者たちがこの作品を観て「やるぞ!」って奮起するかもしれないと思えたんですよね。

山田 「AV撮るぞ!」ってね(笑)。

満島 そう思えるような生きるエネルギー源に、この作品はなるんじゃないかな?

エロは生きるうえでの大きな活力になる!

全裸監督 エンタメステーションインタビュー

本作では、大人が捨てたエロ本を拾って読む子どもの姿なども描かれていますが、みなさんにもそういった、青少年時にエロを体感した思い出などはありますか?

玉山 河川敷とか池のまわりにさ、エロ本が落ちてたよね。

満島 沖縄なんて、サトウキビ畑に落ちてますからね。

山田玉山 ははは!

満島 サトウキビ畑に行ったら必ずあるんですよ。しかも沖縄だから、海外のものが入ってきてて(笑)。

山田 僕も鹿児島の田舎で育ったんですが……空き地に土管がたくさん積み重なってるところがあって。その土管のなかにエロ本やエロビデオが隠されてるのを発見して、みんなで興奮してましたね。あと、僕が小中学生のときって、まだエッチな番組が夜に放送されてて。みんなで集まって、寝そうになりながらも必死に見ていました(笑)。

満島 こういう話ってどんな人とでもこうやって話せるじゃないですか。

玉山 現に盛り上がってるし(笑)。

山田 下ネタって、世界中どこでもコミュニケーションが取れるからね。

満島 いや本当に。下ネタは世界を救うんじゃないかって思いますもん(笑)。

山田玉山 ははは!

全裸監督

満島 自分の立場や年齢、性別とかをつねに考えて、駆け引きしながら喋ってしまうことが多いなかで、「僕たちこうでした」とか「え! 山田さんの時代ってそんなだったんですか!?」とかって話せる機会はほかにあんまりない気がするんです。現場でもね? みんなでそういう話をしてましたからね。

山田 でもさ、いまの子たちはどうなんだろうね? スマートフォンで手軽に裏も見られる時代だから。

玉山 “見える”ことに対するハードルは、だいぶ低くなってると思うよ。

山田 僕が勝手に思うのは……バンドを組んだり、スポーツや勉強を頑張ったりするのって、やっぱりモテたいからだったんですよ。クラスのなかのマドンナの気を引きたくて。でもいまって、スマホでその子よりも超美人な人が脱いでくれるのが見られるから、「モテたい」とかっていう意欲が減ってくるのかなあって思いますね。

玉山 俺らの世代とかに比べると、いまって淡泊なんでしょ? むしろ、彼女や彼氏がいると、金もかかるしめんどくさいからいないほうがいい、みたいな。

山田 便利になったおかげで、いろんなことに頑張らなくなってきたんだろうね。スマホのボタンひとつで振り向いてくれるから、「いまの若者は覇気がない」とか言われるんじゃないかって……俺、それって絶対にエロが影響してると思うんだよなあ。そういう意味でも、生きるうえでの大きな活力になるんです(笑)。

まさに、活力みなぎる『全裸監督』、楽しみにしています!

山田 楽しみにしていてください。きっと楽しめると思います。展開も早いですから、飽きないですよ。


【募集終了】抽選で1名様に山田孝之さん&満島真之介さん&玉山鉄二さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

山田孝之さん満島真之介さん玉山鉄二さん直筆サイン入りチェキ
応募期間

※募集期間は終了致しました。

8月5日(月)~8月12日(月・休)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』

8月8日(木)よりNetflixにて全世界独占配信

全裸監督

【STORY】
会社は倒産、妻に浮気され絶望のどん底にいた村西(山田孝之)はアダルトビデオに勝機を見出し仲間のトシ(満島真之介)、川田(玉山鉄二)らとともに殴り込む。一躍業界の風雲児となるが、商売敵の妨害で絶体絶命の窮地に立たされる村西たち。そこへ。厳格な母の元で本来の自分を押し込めていた女子大生の恵美(森田望智)が現れる。ふたりの運命的な出会いは、社会の常識を根底からひっくり返していくのだった―。

総監督:武 正晴
主演:山田孝之 満島真之介 森田望智 柄本時生 伊藤沙莉 冨手麻妙 後藤剛範 ・ 吉田鋼太郎 板尾創路 余 貴美子 / 小雪 國村 隼 / 玉山鉄二 リリー・フランキー 石橋 凌
原作:本橋信宏「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)

Netflix作品ページ
https://www.netflix.com/title/80239462

『全裸監督 村西とおる伝』原作