Report

廣瀬智紀主演 ハートフルコメディ舞台『HERO〜2019夏〜』、7年ぶりの再演の幕開き!

廣瀬智紀主演 ハートフルコメディ舞台『HERO〜2019夏〜』、7年ぶりの再演の幕開き!

西条みつとしが演出・脚本を手がける舞台『HERO〜2019夏〜』が7月31日(水)にヒューリックホール東京で開幕した。本作品は、西条が主宰を務める劇団TAIYO MAGICFILMの旗揚げ公演として2012年に初演された。今回主演を務める廣瀬智紀は、初演時に別役で出演していた経験があり、公式パンフレットで「“ホームに帰ってきた”という感覚が強い」と再演について語っている。
初日を前に行われた公開ゲネプロの様子を写真とともにレポートする。

取材・文・撮影 / 五月女菜穂


誰でも誰かのHEROになれる

人はHEROに憧れる。超人的な能力でどんな困難にも立ち向かい、弱き者を助け、華々しく活躍するHERO。ただ、多くの人は思い描いたHEROにはなれず、諦めたり、時には必要以上に自分を貶めてしまったり、する。

そんなひとりとして、主人公の飯塚広樹(廣瀬智紀)も描かれている。HEROになれない自分を責め、HEROになれない自分に苦しむ。不穏な音楽とともに忍び寄る不気味な黒い影。程度の差があれ、多くの人が感じたことがあるであろう“闇”の中で、広樹はもがいていた……。

舞台『HERO~2019夏~』 エンタメステーションレポート

舞台は、広樹が入院している病室。見舞いにやってきた、もうすぐ付き合って2年になる広樹の彼女・木崎浅美(北原里英)は、別れの予感を感じていた。しかし、広樹とどうしても別れたくない浅美。そんな浅美の思いを知る広樹の妹・飯塚真菜(前島亜美)は、大掛かりな“作戦”で兄の本心を聞き出そうとする。そして、徐々に広樹の過去が明らかになっていく……というあらすじだ。

舞台『HERO~2019夏~』 エンタメステーションレポート

西条みつとしが主宰を務める劇団TAIYO MAGICFILMの旗揚げ公演として、2012年に初演された本作品。西条の脚本は、ハートフルで観客が前向きな気持ちになれる作品が多いが、本作も全体的にはコメディタッチで、優しさに溢れている。「人生最高の日が明日かもしれないだろう」などとちょっと青くさいけれどハッとするような台詞が随所に散りばめられ、最終的には誰でも誰かのHEROになれるというメッセージにきっと励まされる。ささやかな一歩を踏み出せる勇気をもらえることと思う。

舞台『HERO~2019夏~』 エンタメステーションレポート

執筆に込めた思いについて西条は「僕は自分が小学生や中学生の頃、やりたいことは大人になったらすべて叶うと思って生きてきたんです。でも、年齢を重ねれば重ねるほど、大人になればなるほど、徐々に、周りも自分も、やりたいことに対して行動を起こさなくなっていくんだなぁと感じました。大人はやりたいことも伝えたい想いも我慢して、自分が傷つかないように生きていくんだなぁと。たぶん、それが生きていくことだと思い込んでいるんだと思います。小さい頃、ヒーローになりたかったんですよね。そういうことを思った末に書いた話です」と公式パンフレットで語っている。

舞台『HERO~2019夏~』 エンタメステーションレポート

さて、キャストについても語っておきたい。
主人公の広樹を演じる廣瀬智紀。実は、廣瀬は7年前の初演時、人材派遣会社社長の松島竜司 役(今回は小松準弥が演じている)で出演していた。「当時はまだ演技の右も左もわからないくらいだったのですが、すごく楽しくて。あのときに教わったことはすごく多かったなと思っていますし、だから今回は“ホームに帰ってきた”という感覚が強いです」(公式パンフレットより)と振り返っている。

初演時は100人ほどのキャパシティーの小劇場・千本桜ホールでの上演だったが、今回はおよそ900人収容できるヒューリックホール東京での上演。廣瀬自身も役者としてのキャリアを確実に重ね、プライベートでは今年5月に女優の川栄李奈との入籍を発表、年内には父親になる予定だ。初演時とは、いろいろな環境がだいぶ変わっての再演となる。

舞台『HERO~2019夏~』 エンタメステーションレポート

以前、エンタメステーションの取材では「僕にとってずっと尊敬している人は、西条さんなんです。もう一度ご一緒したいという思いを抱きつつ、今日まで果たせなかった。この作品に出演させていただくことで、西条さんにどんな恩返しができるのかを考えますし、役者としては西条さんから求められることは多いのですが、それを超える何かを見つけて、これまでの自分の殻を破ったお芝居をしたいです」と語っていた。

実際、廣瀬の演技は、これまで丁寧に役と向き合ってきたことがよくわかる芝居だった。変にカッコをつけたりせず、その場で生まれた生の感情を大切にしていた。廣瀬にとって本当に思い入れのある作品なのだろうと思う。7年の時を経て、ちゃんと“恩返し”ができたのではないだろうか。

舞台『HERO~2019夏~』 エンタメステーションレポート

また、広樹の彼女である浅美を演じるのは、北原里英。2018年にAKB48グループを卒業後、つかこうへいの名作舞台『新・幕末純情伝FAKE NEWS』で主演を務めたほか、映画『サニー/32』、舞台『どろろ』に出演するなど女優として活躍している。 今回、北原が演じる浅美は、物語の中軸にはいるものの、際立った個性があるキャラクターというわけでもない。意志はあるが、感情を全面に出すタイプの役柄ではないので、なかなかの演技力が求められると思うが、北原はそれを“普通に”やりきった。“普通に”というのは結構な褒め言葉で、ナチュラルな芝居には好感が持てた。

舞台『HERO~2019夏~』 エンタメステーションレポート

そのほか、前島亜美、小松準弥、小早川俊輔など若手実力派俳優が顔を揃える。また、西条の作品でお馴染みの小築舞衣、中村涼子、米 千晴らも出演している。登場人物が多い舞台だが、関係性は整理されているので観やすいはずだ。

舞台『HERO~2019夏~』 エンタメステーションレポート

上演時間はおよそ1時間50分(休憩なし)。8月4日(日)まで全7公演をヒューリックホール東京にて上演。なお、稽古期間中や舞台裏でのエピソード、出演者の思いなどを余すことなく語り合うアフタートークイベントも予定されている。

7年ぶりの再演となるハートフルコメディ。ぜひお見逃しなく。

舞台『HERO~2019夏~』 エンタメステーションレポート

舞台『HERO~2019夏~』

舞台『HERO~2019夏~』

2019年7月31日(水)~8月4日(日)ヒューリックホール東京

STORY
外科病棟病室に、主人公・飯塚広樹(廣瀬智紀)は入院していた。
HEROに憧れる素直で元気な少年だったが、今は思うように生きられていない。
そこへ、兄思いで活発な妹・飯塚真菜(前島亜美)、広樹の彼女・木崎浅美(北原里英)がお見舞いにやって来る。
同じ病室には、何事にもポジティブな男、共武(今立 進)も入院している。
だが、お見舞いに来た浅美は、浮かない顔をしている。なぜなら広樹と浅美は「2年間限定の恋愛」。間もなくその2年を迎えようとしていた。 約束どおり別れるつもりの広樹、別れたくない浅美。
浅美の思いを汲んで真菜は広樹の真意を探ろうと松島竜司(小松準弥)が経営する「レンタル人材代行派遣会社」へ依頼する。
「あらゆるお悩み、トラブル解決します。成功しなければ100万円贈呈」と豪語する松島。広樹の真意を探るために選択した方法は「パターン31作戦」。
しかし、この作戦が物語に大混乱を起こし、誰も予測できない方向へ進んでいく……。

作・演出:西条みつとし

出演:
飯塚広樹 役:廣瀬智紀
木崎浅美 役:北原里英
松島竜司 役:小松準弥
飯塚真菜 役:前島亜美
保科 晴 役:小早川俊輔
小松崎舞子 役:小築舞衣
渡辺皐月 役:中村涼子
穴川亮一 役:米 千晴(TAIYO MAGIC FILM)
土屋千賀子 役:小槙まこ
ヒーローRED 役:加藤玲大
ヒーローBLUE 役:後藤拓斗
ヒーローPINK 役:双松桃子
轟 奈美 役:飛鳥 凛
始関和志 役:伊藤裕一
木村大地 役:根本正勝
若草共武 役:今立 進(エレキコミック)

ダンサー:
瀬尾千春
二階堂紗織
鶴原文香
結寿

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@HERO2019summers)