Interview

『五等分の花嫁』でも活躍の伊藤美来、オシャレ可愛さ炸裂中の音楽活動をどう捉える? “実は特撮好き”もプラスに変えていく人気声優の胸中

『五等分の花嫁』でも活躍の伊藤美来、オシャレ可愛さ炸裂中の音楽活動をどう捉える? “実は特撮好き”もプラスに変えていく人気声優の胸中

TVアニメ『五等分の花嫁』中野三玖役、『BanG Dream!』シリーズの弦巻こころ役などで知られる声優の伊藤美来(いとうみく)が、2ndアルバム『PopSkip』をリリースした。3rdシングル「守りたいもののために」(TVアニメ『りゅうおうのおしごと!』EDテーマ)、4thシングル「恋はMovie」、5thシングル「閃きハートビート」(TVアニメ『上野さんは不器用』OPテーマ)、リード曲として先行配信された「PEARL」など全11曲を収録した本作は、楽曲のテイスト、ボーカルの表現を含め、アーティストとしての飛躍を感じられるアルバムに仕上がっている。

取材・文 / 森 朋之 撮影 / 小賀康子


“伊藤美来のポップスを作る”を軸に、頑張っている人の背中を押したい

伊藤美来 PopSkipジャケット

2ndアルバム『PopSkip』が完成しました。まず、このタイトルの由来を教えてもらえますか?

伊藤美来 まず「どういうコンセプトにしよう?」と考えたんですね。いままでの楽曲もそうですけど、音楽活動に関しては“伊藤美来のポップスを作る”という軸があって、そこから“Pop”という言葉が出てきて。もう一つは、大学を卒業して、第一歩を踏み出したことですね。新生活を迎えて、新しい環境で頑張っている方々の背中を押したいという気持ちもあったので、Skipという言葉を合わせて。結果、語呂がいいタイトルになりました。

伊藤さんの友達も新社会人が多い?

伊藤 そうですね。社会人になって、研修を受けたり、新しいことに挑戦することも多くて。「大変だ!」って言ってる子もいます(笑)。なんでもそうですけど、馴れない環境に入っていくのは勇気が必要だし、頑張ってほしいなって。自分に対するエールでもありますね、このアルバムは。

では、アルバムの収録曲について聞かせてください。まずはリード曲の「PEARL」。80年代シティポップ的な雰囲気のおしゃれな曲ですね。

伊藤 初めて聴いたとき、耳が癒されて、自然に笑顔になりましたね。

歌詞については……恋愛だったり仕事だったり、大変こともきっとあるだろうし、ちょっと傷つくこともあると思うんですよね。でも、そういう経験を経て、「これからは大丈夫」と気持ちを切り替えて進んでほしいなという歌詞になってます。アルバムのテーマにもピッタリだし、リード曲にふさわしい曲かなって。

伊藤さん自身も、「大丈夫」と言い聞かせることがある?

伊藤 ありますね~。自分に「大丈夫」って言い聞かせることって、すごく大事だと思うんです。緊張することもあるし、失敗しちゃうこともあるけど、少なくとも自分が「大丈夫だよ」って言ってあげないと乗り越えていけないと思うので。ステージに出るときも、「大丈夫」って自分に言ってます。言えば言うほど緊張しちゃんですけどね(笑)。

バラエティ豊かな楽曲たち。アルバムの曲順にも注目を!

シングル「恋はMovie」は洋楽テイストのナンバー。これも新機軸ですよね?

伊藤 新しい挑戦でしたね、そのときは。リズムもメロディも楽しくて明るい感じで、いままでのシングルのなかでもいちばんポップな楽曲だなって思います。洋楽のテイストを表現するのが難しくて、レコーディングはちょっと苦戦したんですけど、最後はノリノリで歌った思い出があります(笑)。

この曲は楽器のレコーディングも見せてもらったんですよ。すごいミュージシャンの方々が何度もテイクを重ねながらレコーディングしていて、「私の楽曲のために、ここまでやってくれてるんだな」と改めて実感して。「このサウンドに歌を乗せるんだな」と思うとすごいプレッシャーでしたけど、アーティストとして一歩成長できた経験でしたね。

伊藤美来 エンタメステーションインタビュー

歌詞もすごくラブリーですよね。

伊藤 そうなんです。ラブソングにもいろいろあって、遠回しな表現だったり、情景から心情を表現する曲もいいなと思うんですが、「恋はMovie」はすごくストレートに気持ちを伝えていて。「あなたに見せたい Show time!」という歌詞もかわいいし、私もお気に入りですね。

「守りたいもののために」は、歌の表情をじっくり堪能できるバラードナンバー。

伊藤 温かい曲だなって思います。アニメ『りゅうおうのおしごと!』のEDテーマにしていただいたので、アニメが好きな方にも印象に残ってるんじゃないかなって。私もこの曲を聴くと、アニメのキャラクターを思い出しますね。

あと、アルバムの曲順でいうと、「土曜のルール」の次なので、“おお!”って思って。……すいません、語彙力がなくて、上手く伝えられないなんですけど(笑)。

(笑)。「土曜のルール」は、大人の恋愛を描いたラブソングですね。

伊藤 「どこか危険な香りがするの」からはじまる曲ですからね。「土曜のルール」のあとに「守りたいもののために」が聴こえてくると、すごく包容力があって、安心感が出るなって。「『行かないで』強く手を握る」という歌詞もそうですけど、いろいろ想像しちゃって、楽しくてしょうがないです(笑)。

その後は8曲目の「閃きハートビート」。ここでまたガラッと雰囲気が変わりますね。

伊藤 そう、パキッと切り替わる感じがするので。この曲はTVアニメ『上野さんは不器用』のOPテーマで、学園ラブコメディということもあって、すごく爽やかな曲になってますね。アルバムの流れで「閃きハートビート」を聴くと、「急に爽やかな恋が始まった!」みたいな(笑)。この曲を聴くと元気になれたり、前向きな気持ちになれる方も多いんじゃないかなって。

声優とアーティスト、いいバランスで活動できてるなって思います

そしてアルバムの最後は、伊藤さん自身が作詞した「all yours」。

伊藤 この曲は私の番組(「伊藤美来のフレッシュはじめました」)の公式テーマソングプロジェクトとして作ったんです。

番組のコンセプト作りのときもそうだったんですが、この曲の歌詞もファンの皆さんと一緒に作ることになって。「all yours」をアルバムの最後に収録できたことも、すごく嬉しいです。私自身の気持ちが前面に出ているし、アルバムのなかでいろんなことを歌ってきて――大人の恋とか明るい恋とか――最後に「私は私だよ」「伊藤美来は伊藤美来」というところに戻ってくるのがいいなって。たぶん、聴いてくださる方も、私自身を身近に感じてくれるだろうし、「よかった、みっくだ」って思ってくれるんじゃないかな。

歌詞を書いているときも、「伝われ、伝われ」という一心だったので……。自分で書いた歌詞を歌うのはちょっと恥ずかしいんですけど(笑)、皆さんの背中を押せる曲になったと思います。アルバムの曲のなかで作詞をさせてもらったのは「all yours」だけなんですけど、もともと書くことが好きなので、また機会があれば作詞にもチャレンジしたいです。

伊藤美来 エンタメステーションインタビュー

ブログもすごく面白いですよね。ちなみに締め切りは守るほうですか?

伊藤 守ります、ぎり(笑)。作詞の場合は、「締め切りは〇日です」って言われてから「どんな歌詞にしようかな」って考えて、あと3日くらいになって「よし!」って書き始める感じですね。それまでは言葉を集めてる時間なので……ウソです(笑)。

(笑)。

伊藤 言葉をあらかじめ集めるよりも、そのときの新鮮な気持ちで書いたほうがいいかなって。もちろん、締め切りはちゃんと守りますよ(笑)。

2作目のアルバムをリリースすることで、アーティストとしてのスタイルが確立できたという手ごたえもあるのでは?

伊藤 そうですね。最初にも言いましたけど、「伊藤美来のポップスを作る」という方向性がさらにはっきりしてきたし、その軸はブレることがないのかなと。

声優とアーティストのバランスについては?

伊藤 相乗効果というか、どちらにもいい影響を与えてる感じはありますね。声優、役者のお仕事のなかで身に付けた表現力は歌にも役立つし、アーティストとしての活動のなかで学んだことは、声優や役者にも活かせるので。いいバランスでやれているなと思います。

特撮好きの彼女にとってもうれしいコラボが実現!

10月5日に開催される「伊藤美来 5th Live Miku’s Adventures 2019 〜PopSkip Life〜」(東京・オリンパスホール八王子)も楽しみです。最後にもう一つ。伊藤さんは特撮ヒーロー好きということで有名ですが、今回のアルバムの作家陣には、スーパー戦隊とゆかりある方々が参加していますよね。

伊藤 そうなんですよ! 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』OP主題歌を歌った大西洋平さんや、『宇宙戦隊キュウレンジャー』でサソリオレンジを演じた岸 洋佑さんが作詞、作曲で参加してくださいました。熱いですよね……!

大西さんが手がけた「土曜のルール」や、岸さんが手がけた「君に話したいこと」が収録されたのは、伊藤さんのリクエストなんですか……?

伊藤 いえいえ、そんなおこがましいことはしません! 岸さんに書いていただいた「君に話したいこと」は、私がディレクターさんに「ドライブしているときに聴ける、爽やかな楽曲を歌ってみたいです」とお願いしたことがきっかけなんです。岸さんにオファーしてくださったのはディレクターさんなんですが、もしかしたら私へのサプライズみたいな気持ちもあったのかも(笑)。

間接的に特撮と伊藤さんのコラボが実現したというか。

伊藤 そうですね(笑)。「ニンニンジャーの主題歌を歌った大西さんが参加してる!」って興味を持ってくれる方もいるでしょうし、私のことを知らなくても、特撮ファンの皆さん、大西さん、岸さんのファンの方にも聴いてもらえたら嬉しいですね。

フォトギャラリー

伊藤美来 日本コロムビア特設サイト