Interview

カムラ ミカウ 大阪発・注目のトラックメイカーはボーカル曲でいかに自分の個性を表現するのか?

カムラ ミカウ 大阪発・注目のトラックメイカーはボーカル曲でいかに自分の個性を表現するのか?

FM番組やCM音楽のスタッフに、そのトラックメイクのセンスを注目されて話題を呼んでいる大阪の新しい才能だ。が、その本領はおそらく歌モノにあり、クールなトラックメイクとセンシティブな言葉が組み合わされた楽曲の魅力は、新作E.P「ENVY」でも十分に確認できる。
ここでは、その音楽的なバイオグラフィーを辿りながら、新作で表現されている彼の現在の心情を聞いた。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 田中和彦


どんどん音楽に入り込んでいくうちに、だんだんバンドでやるのは向いてないかもしれないと思うようになっていったんです。

最初に音楽に興味を持った時から、その対象は打ち込み音楽だったんですか。

中学の頃にギターを弾き始めたのが音楽に興味を持った始まりで、高校生の時に軽音部に入ってバンドを始めたんです。でも、そこで“人と集まってやるのは向いてないかな”と薄々感じ始めて、高校を卒業したら自分のPCを手に入れて、そのタイミングでDTMという音楽のやり方があることを知って、それから一人でやることにのめり込んでいきました。

ギターを持つきっかけになったのは、どういう音楽だったんですか。

家の屋上に使われないギターが置いてあったのをみつけて親に言ったら「弦、張ったろ」って。そこから始まって、BUMP OF CHICKENだとかYUIだとか、そういう音楽が好きだったので、その人たちの曲を弾き語ったりしてました。

カムラ ミカウ エンタメステーションインタビュー

高校の軽音で始めたバンドはコピー・バンドですか。オリジナルですか。

コピー・バンドです。そこでは、僕はベースをやってました。

それは、ジャンケンで負けたとか、そういうことですか。

いやいや(笑)、最初に体育館で部活紹介みたいなことをやってて、そこで演奏していた先輩バンドの、ベースの人がむちゃくちゃカッコよかったんでベースを始めたんですけど、2年、3年と学年が上がっていくなかで、他のバンドではギター/ボーカルをやったりもしました。そうやって、どんどん音楽に入り込んでいくうちに、だんだんバンドでやるのは向いてないかもしれないと思うようになっていったんです。

そういうことを感じたのは、例えばどういう場面ですか。

自分がこうやりたいと思った熱量と周りのメンバーの熱量が見合ってなかったり、僕は自分に厳しいと思うんですけど、人にも同じように厳しく当たってしまうんですよね。それに、まだ高校生だったので、“こういうふうに言ったら、相手はこういうふうに受け取るだろう”みたいなことが全然考えられなくて、一人で勝手にイライラして、“なんで付いてきてくれないんだろう?”と、一人で悩んでしまうっていう。相手と話し合うようなこともせずに、勝手に“もう嫌だ”となってたんです。

その時期もコピーをやってたんですか。

コピーです。オリジナルを作るようになるのはDTMを始めてからですね。

“ザ・シンガーソングライター”という感じのドロッとした歌詞の内容をトラックメイカー的な音作りに落とし込むということが面白いと思っている。

DTMを始めたのが、オリジナルを作り始めたきっかけですか。

DTMでも、最初はちょっとコピーしてましたね。フリーソフトだからめちゃくちゃ安っぽい音しか入ってないんですけど(笑)、それでゲーム音楽を耳コピして打ち込んでいくっていう。DTMを始めた、本当に一番最初の時期ですけど、そういうことをやってるうちに自分でもオリジナルが作れそうだなという気がしてきたんです。

最初に作ったのはインストですか。歌モノですか。

インストです。いろいろ音を入れていってると、“あっ、ここの音の重なりは気持ちいい”みたいなことがあって、そういうことを繰り返している間にインストの曲が出来上がったという感じでした。

では、「その時点では作りたいものを形にする」というよりは、「出来上がったものが気持ちよかったから、またやってみる」という気持ちの流れだったんですね。

そうですね。最初はPCで音楽を作るということが面白い、楽しいという感じでした。

カムラ ミカウ エンタメステーションインタビュー

そこから、歌モノを作ることにはすぐに向かったんですか。

高校時代も自分でギター/ボーカルをやってましたから、DTMをやっていくうちに“自分の声も入れてみたら、面白そうやな”と思い立って、それで声を入れるだけじゃなく、自分の声で歌ってみたり、さらには加工した声で歌ってみたり、というふうに進んでいきました。

そのあたりで、作詞という作業も手がけるようになっていくわけですか。

そうですね。

その頃にはもう、カムラさんのなかに作りたい音楽、歌いたいことがあったわけですよね。

そういうものに、だんだん気づいていった感じですね。最初はなんの法則性も無く、歌詞を書いていったりするんですけど、やっていくうちに自分のなかで“こういう言葉が気持ちいい”とか“メロディーにこうハマったら歌詞が気持ちいい”とか、そういうことがわかってくるんですよね。しかも、書いているうちに、自分が言いたいことも出やすくなってくる感じがしてきたんです。聞いたことある言葉をとりあえずハメるんじゃなくて、もっと自分の気持ちを出していったほうが歌詞としても面白くなるなって。やっていくうちに、作詞に対する自分のなかでの法則みたいなものができていった感じですね。

そういうふうに歌モノを作ることの面白みが深まっていく一方で、ラジオの音楽やCMの音楽といったトラックメイカーとしてのニーズが寄せられるようになりますよね。それでも、歌モノを作ることの興味は薄れていかなかったですか。

僕はその2つをあまり分離して考えていなくて、むしろトラックメイカーでありながら同時に歌詞もしっかり書くというか、ちゃんと評価されている人はあまりいないような気がするので、“その両方ができるのは面白いよな”という気持ちがずっとあるんです。“ザ・シンガーソングライター”という感じのドロッとした歌詞の内容をトラックメイカー的な音作りに落とし込むということが面白いと思っているので、僕の中ではその2つは分離していないんですけど、でも「こういう感じのトラックを作ってください」というオファーがあれば、トラックメイカーの部分のみで対応しますし、もし「作詞だけをお願いします」と言われたら、その部分の力を提供するということもやりたいと思いますね。自分の歌詞には、自信というか、中途半端なものは書いていないという自負はありますから。でも、カムラ ミカウというのは、その両方を同時に提供している、という感覚なんです。

温度感の無いサウンドに自分の温度感を足すとどうなるかな?ということを考えるんです。

その結果がこれまでの2つの作品でもあると思いますが、今回の「ENVY」という作品を作るに当たって、あらかじめ何か考えたことはありますか。

前作の2ndE.P「chaouen」の時もそうだったんですけど、あらかじめコンセプトを決めて、ということはしてないんです。制作期間のなかで、その時に思っていることを書いたり、自分に可能なトラックメイクの技術やその時に気に入っているものを入れ込んで出来上がったのが作品、というふうに考えています。

とすると、例えば8月くらいにE.Pくらいのボリュームの作品をリリースすることがまず決まって、そこに向けて楽曲作りを進めていく、というような進め方ですか。

そうですね。だから、まず1曲、曲を作って、その次は“最初の曲とは違う感じの曲を作ろう”という発想で次の曲を作って、その次もまた“先の2曲とは全然違う曲を作ろう”ということで3曲目を作る、という感じです。

カムラ ミカウ エンタメステーションインタビュー

今回の6曲では、一番最初に作ったのはどの曲ですか。

「scandal arts」です。その次は「dance dance dance」かな。最初の「scandal arts」は軽やかなテンポの曲なので、「dance dance dance」はゆったりした4つ打ち、その次はアコギを中心にしたサウンドで3拍子の「狼」という順番ですね。

最初に出来上がった「scandal arts」の、最初の取っ掛かりはどういうポイントだったんですか。

音の取っ掛かりは、“ブレイクビーツという文化はあるけれど、自分の曲で実際に使ったことはないな”と思って。オリジナルのビートのループをまず作って、それを“切っては貼りつけ”ということを繰り返していく中で曲になっていったのが「scandal arts」です。

「音の取っ掛かりは…」と言われましたが、一つの曲が出来上がるには音の取っ掛かりと言葉の取っ掛かりがあるということですか。

曲によって、最初に音が出来上がって、次にメロディーを作って、そこにどう歌詞をハメようか?というふうにやっていく場合もあれば、最初にアコギを弾きながら歌詞とメロディーが出てきて、それにどうアレンジを加えようか?と考える場合もあります。

その後者のパターンは、いかにもシンガーソングライター的な作り方ですね。

そうですね。「scandal arts」は前者のパターンだし、「dance dance dance」はピアノコードがきっかけです。少ないコードで進めていって、その上にどうアレンジを加えるといいかな?というところでギターのフレーズをいろいろ試して、あのループのフレーズに行き着いて、そこにさらにシンセとか加えて、というふうに作っていきました。

「dance dance dance」は、今話してくれた工程だけで十分ダンス・ミュージックとして成立するんでしょうが、セルフライナーノーツには「ちゃんと情緒を感じられる曲に」なっていることが敢えて指摘されています。その「情緒を感じられる」というポイントは、カムラさんの音楽作りにおいては常に意識されていることなんですか。それとも、この曲についてのポイントですか。

常に意識しています。例えばダンス・ミュージックはあまり温度感が感じられないものが少なくないと思うんですが、だから温度感のあるものにしようというのではなくて、その温度感の無いサウンドに自分の温度感を足すとどうなるかな?ということを考えるんです。具体的には、より意味のある歌詞を乗せると面白くなるんじゃないか、みたいなことなんですけど。そういうことを考えながら、温度感のないトラックを歌モノに仕上げていくっていう。僕の音楽作りは全般的にそんな感じだと思います。

カムラ ミカウ エンタメステーションインタビュー

「ふしだらにさよなら」のセルフライナーには、「歌詞の内容がちょいと寂しいので音の感じは少し可愛く、疾走感のある感じに」と書いています。そういうサウンドと言葉の世界とのコントラストというのも常に意識することですか。

例えば感情的な歌詞に感情的なアレンジを乗せると、それは自分のなかではあまり面白く感じられないんです。「そういう形を狙って作る」ということであれば、もちろんそうしますけど、そうじゃない場合には、悲しい歌詞に悲しいアレンジを付けると、その反応もありきたりなものになってしまう気がするんですよ。映画の銃撃戦のシーンで人がどんどん死んでいく後ろに悲しい音を乗せるよりも、例えばアリアが流れたりするほうがグッときますよね。そういう発想で作るほうが自分にとっては面白いということです。

自分のことを歌詞に書く場合は、自分が満たされていない部分を救いたいという気持ちがきっかけになっていることを多いです。

5曲目の「バルカロール」は、間違いなくこのE.Pのクライマックスだと思いますが、この曲もトラックが先ですか。

そうですね。その上で、この曲は自分の感情を吐露したような曲にしたいなと思って。そしたら歌い出しで普段から自分の中にあると感じていた嫉妬心みたいなものを感じたので、それを自分のストーリーとしてどう描いていくか、ということを考えて作っていきました。

嫉妬心は普段からカムラさんの中にあるんですか。

ありますね。特に音楽を作りながらSNSとかやってると、そういう感情が…。“なぜ、こんな音楽をやってる人がこんなに有名になってるんだ?”とか。僕は、どうしても自分といろんな人を比較してしまうんです。その有名な人と同じところに立ちたいんだけれど、全然まだ届かないところにいて、同じところに立つ方法もわからない。でも、自分が作っている音楽はちゃんとしたものだという自信はあるから、いよいよなぜ高いところに行けないんだろうと考えて、勝手に一人で苦しくなってるっていう。それは、地上にいながらにして溺れてるような感じなんです。

「バルカロール」は、夢を抱いた人がその“夢”という名の船に乗って大海に漕ぎ出していくんだけれど、やがてその船が泥舟であることに気づく、というふうに展開していく歌詞ですが、自分の夢が泥舟であったとしても、それは自分の夢だから、それに乗って溺れるのは本望だと考える人は世の中にけっこういると思うんです。

そうですね。

カムラさん自身は、そういう在りように対してどう思いますか。

あの曲の2番の歌詞では、その泥々の部分は燃えて溶けてると歌ってるんです。それは、嫉妬でドロドロしてるのかもしれないし、夢を追いかけるために燃え上がってドロドロしてるのかもしれないですが、最後に♪光ってる証だ♪と歌うのは、それを肯定したいという気持ちなんですよね。夢を追いかけることの結果は、その人の能力だけでなく、いろんな要素が重なって出るものだから、仮にダメだったとしても、それを全く否定してしまうのは嫌だと思ったんです。だから、夢を見つけて“海”に出ていく人を鼻で笑うような歌には絶対にしたくない。僕も、“海”に出て行ってる一人ですから。ただ、簡単に出て行くなよ、という気持ちもあるんですよ。

「夢は追いかければ、必ずかなう」みたいなことがしばしば歌われますが、そういうものではない、と?

そうなんです。一番の歌詞で“泥舟”という言葉を使ったのは、簡単に出かけて行こうとしている人に「そうじゃない!」と言いたいんです。それでも、最後には出て行った人たち、それは自分自身も含め、その人たちみんなを褒め称えてあげたいということなんですよね。僕が自分のことを歌詞に書く場合は、自分が満たされていない部分を救いたいという気持ちがきっかけになっていることを多くて、そういうふうにして作った曲が結果として自分の側に立つ人に共感してもらえたらいいなと思うし、もっと言えばそういう人たちも自分と一緒に救えたらいいなと思っています。

カムラ ミカウ エンタメステーションインタビュー

高校時代の自分について、「ちゃんと話し合うこともしないで勝手に一人でイライラしていた」と話してくれましたが、つまりカムラさんは高校時代の自分がコミュニケーションについての努力が不足していたことを客観的に理解しているわけですよね。

そうですね。

そういう現在のカムラさんは、自分の夢に対してはどれくらい客観的ですか。

2016年に出した1st E.Pに「ヨメイリキツネ」という曲が入ってるんですけど、作ったのは2014年で、自分としてはすごくよくできたと思ったので、“これを公開したらいきなり有名になるぞ!”と思って、すぐにYouTubeにアップしたんです。でも実際には、1週間経っても再生回数は20回、みたいな(笑)。今だったら、当時の僕のことなんて誰も知らないんだから、その音源を見つけてくれるはずがないということがわかるんです。でも当時は“いい音楽を作れば勝手に広がっていく”と単純に考えていたんですよね。だから、最初は理想だけだったけど、やっていくなかでいろんな仕組みを理解していって、それで理想はいちいち打ち破られていったけど、でも今成功している人たちもそういう段階を踏んでブレイクしていったということもわかっているっていう。今はそういう感じですね。

今回の作品がリリースされるにあたっては、どれくらい野望を抱いているんですか。

具体的に数字がどれくらい、みたいなことよりも「scandal arts」のMVを見た人が、あの曲のメッセージにどういう反応を示すのかがめちゃくちゃ楽しみですね。それは、すごく支持されるにしても、逆に「何、言ってるんや」みたいな反応だったとしても。ちょっと強めのことを言うことで反応が燃え上がると面白いなと思っています。

いわゆる「一石を投じる」みたいな1曲になればいいなということですか。

そうですね。それで知ってくれた人が「バルカロール」に行き着いてくれると最高なんですけど。

では、その作品がリリースされた1年後、来年の夏にはどういう状況になっていたらいいなと思いますか。

最終的な目標として、日本では歌モノが人気を集めやすいですから、そこではソングライターとしてフィーチャーされつつ、トラックメイクの部分では日本以外のシーンに広がっていきたいと思っていて、だから来年の夏にはその足がかりくらいは作っていたいなと思いますね。

その他のカムラ ミカウの作品はこちらへ。

カムラ ミカウ

1994年生まれ。from 大阪。電子音楽、ロックに特に影響を受け、作詞、作曲、編曲、トラックメイク、プログラミング、ミックスまで行うシンガーソングクリエイター。アンビエントやエレクトロニカなどの電子音楽の影響下にある浮遊感に満ちたトラックに、温かみのあるギターと繊細に言葉を紡ぐ歌声が特徴。2016年より現スタイルで本格的に活動スタート、1st E.P「ペトリコールと産声」をリリース。収録楽曲「ハクビシンのゆめ」がFM802「Chillin’ Sunday」番組内コーナー【五時の交差点】のジングルに起用される。2018年4月にYouTube上で発表したミュージックビデオ「はるたちのぼる」が、早耳リスナーの間で注目を集め、同年9月に同楽曲が収録された2nd E.P「chaouen」をリリース。一部店舗のみでの発売にも関わらず、J-WAVE「SONAR MUSIC」の“SONAR TRAX”にセレクトされ、「TOKIO HOT 100」で20位にランクイン。CDは11月から全国のタワーレコードで拡大販売がスタートした。また、フジテレビ系音楽番組「Love music」番組スタッフイチオシのニューカマーを紹介する「Come music」での紹介、日本テレビ系「バズリズム02」新春企画「これはバズるぞ2019」にランクイン。さらには“myblu” TVCM「新しい選択」篇の楽曲制作・歌唱を担当するなど、様々なCMへの楽曲制作・歌唱抜擢でも注目を浴び始めている。

オフィシャルサイト
https://kamuramicau.wixsite.com/micau