Interview

福原遥 ソロ歌手デビュー。“未完成”だから見つけたい自分の歌とは?

福原遥 ソロ歌手デビュー。“未完成”だから見つけたい自分の歌とは?

女優、声優、タレントとして多方面で活躍する福原遥が1stシングル「未完成な光たち」で本格的なシンガーデビューを果たした。
子役時代には料理アニメ『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』のまいんちゃんとして主題歌を担当し、2013年にはキャラクターボイスを担当した「なめこのうた」が話題となり、昨年は主演ドラマ『声ガール!』のエンディングテーマ「It’s Show Time!!」を共演者である声優の戸松遥とのコラボ名義でリリースした。折に触れて音楽活動を行ってきた彼女にソロの歌手として歩み始めたばかりの心境を聞いた。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 荻原大志


日々の生活をしているなかで、歌というものが本当にずっと身近にあって

福原遥 エンタメステーションインタビュー

ソロ歌手としてデビューする心境から聞かせてください。

すごくドキドキしてますね。でも、私は昔から歌というものが好きで、いつも音楽に支えてもらっていたんですね。だから、いつか自分も誰かに勇気を与えられるような歌を歌ってみたいという思いがあって。今回、その思いがやっと叶うんだなという嬉しさもありますし、これからどんな歌を歌えるのか、どういう表現ができるかなっていうワクワクした気持ちでいっぱいですね。

女優業を始め、様々な活動をしている中でも、歌への思いは変わらずにありましたか?

そうですね。日々の生活をしているなかで、歌というものが本当にずっと身近にあって。移動中、お風呂に入ってる時、あと寝る時もいつもかけていて。お芝居をする時もその役に合わせた曲を自分で選んで、現場までずっと聴いてたり、シーンの前に聞いたりしてたんですよ。だから、ずっと歌ってみたいなという思いはありましたね。

応援ソングというか、誰かの背中を押せるような、寄り添えるような歌を歌いたいっていう気持ちが強かったですね

福原遥 エンタメステーションインタビュー

ご自身の名義での楽曲のリリースは今回が初となりますが、福原さんはこれまでも歌ってきましたよね。それぞれの活動はどう捉えてますか?

まいんの時に初めて歌うという活動をしたので、当時はもうがむしゃらに歌う感じでしたね。自分の中でこうしたいとか、イメージ像もないまま、ただただ楽しく歌ってましたね。あとは、柊まいんという役を演じながら歌ってたので、福原遥の歌とは全然違う感じでしたね。「なめこのうた」はキャラクターの歌で、小さい子が聴くので、元気よく、可愛らしく、ハキハキ歌う感じかなと思って。なめこという世界観に合わせて(笑)、とりあえず楽しく歌ってました。

(笑)声優の戸松遥さんとのコラボは?

あの時も緊張してたんですけど、真琴ちゃんという夢に向かって走ってる女の子の役だったので、やっぱり役として歌ってるっていう気持ちが強くて。衣装も可愛らしい感じで、ちょっと元気はつらつというか、キャピキャピ感が出てたので、自分とはまた違いますね。

では、福原遥というご自身の名義で歌うにあたってはどんなことを考えましたか?

やっぱり応援ソングというか、誰かの背中を押せるような、寄り添えるような歌を歌いたいっていう気持ちが強かったですね。最初にも触れましたが、昔から自分が歌に助けられた部分が大きくて。例えば、落ち込んだ時も、いろんな曲を聴いて、気持ちを切り替えられたので、自分もそういう曲を届けたいなというか。みんなにとっても勇気を届けられる曲を歌いたいなっていうのがありましたね。

これまでの人生ではどんな曲に励まされてきましたか?

たくさんあるんですけど、私、安室奈美恵さんが大好きで、昔からライブに行ってたんです。ダンスもずっと習っていたので、安室さんのようなカッコいいダンスには憧れがあるし、生き方や人柄も好きだし、何よりもライブでのパフォーマンスやパワーはほんとにすごいなと思っていますね。その中でも1曲あげるとしたら、「Love Story」です。聴いててすごく心地よくて、癒されています。

では、ご自身ではこんなジャンルが歌いたいっていうのはありました?

いままではどちらかというと元気な曲が多かったので、いつかバラードを歌ってみたいなっていうのはありましたね。まだできてないんですけど、ギターを弾きながら歌いたいなっていう気持ちもあります。

<大丈夫だよ ひとりじゃないよ>っていう歌詞があるんですけど、レコーディングしてる時も、その言葉に私自身も救われた

福原遥 エンタメステーションインタビュー

デビュー曲「未完成な光たち」はまさにアコギの弾き語りが似合う、新しいフォークソングになってます。

そうなんですよ。いつか自分でアコギを弾きながら歌ってみたいですね。

最初に楽曲を受け取った時はどう感じました?

私の好きなテイストというか、テンポ感というか。スーと入ってくるし、ずっと聴いてられるような曲だなって思いましたね。あとは、<大丈夫だよ ひとりじゃないよ>っていう歌詞があるんですけど、レコーディングしてる時も、その言葉に私自身も救われたというか、支えてもらった部分があって。福原遥の歌っていうことで私も緊張して。こういう風に歌おうっていう、いろんなイメージがあるからこそ、うまくいかない時はすごく悔しくて、不安に思うこともあって。でも、この曲を歌いながら、自分が応援してもらえるかのような気持ちになって。歌っていても、聴いていても、とても背中を押してもらえる曲だなって思いましたね。

ご自身の今の心境ともマッチした歌詞だったんですね。

そうですね。まっすぐな気持ちのままでいいんだよ、そのまま前に進んでいればちゃんと道が切り拓けるから大丈夫だよっていう歌詞になってて。やっぱり、何か新しいことに挑戦しようとしている時って、ちょっと立ち止まってしまったり、くじけそうになる時があるじゃないですか。私自身も、自分に自信が持てなくて、どうしよう、大丈夫かなって思ってしまう時もあって。でも、この歌詞は、そのままで大丈夫なんだよって、安心させてもらえるというか。勇気付けられる歌詞だなって思いましたね。

思いだけはちゃんと届けなくちゃという気持ちで必死にやってたんですね

福原遥 エンタメステーションインタビュー

曲の中の<君>はどんなイメージでしたか?

何かを頑張ろうとしてる人、挑戦しようとしてる人、夢を持って今、歩み始めてる人に向けて、応援したい気持ちで歌いましたね。その中には、友達や弟とか、身近な人に加えて、自分もいれて(笑)、頑張って! っていう気持ちを込めて歌いました。

歌い出しの声がすごく意外で新鮮でした。普段の話し声よりもずいぶん低いところから始まりますよね。

友達にも言われました。自分としては、語りかけるイメージで歌ったつもりですね。ただ、本当に緊張したのを覚えていて。今までもレコーディングは何回もやらせていただいているんですけど、初めて挑戦するくらい、ガチガチに緊張しちゃって(笑)。

どうしてそんなに緊張したんでしょう。

やっぱり、自分のなかで届けたい想いはいっぱいあるんだけど、どう表現すればいいのかがまだ自分の中でも考えている部分があって。そこに苦戦しつつ、でも、思いだけはちゃんと届けなくちゃという気持ちで必死にやってたんですね。できない自分に悔しくて、ちょっと泣きそうになりながらも(笑)、スタッフの皆さんに温かく見守っていただいて、この曲自体にも応援してもらいながら歌ってました。

また、この曲はアニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』のEDテーマにもなっています。

嬉しいですね。あんな素敵な作品に自分の曲がかかるんだっていうことが信じられないです。でも、エンディングの絵と自分の歌が合わさった時に本当に感動して。歌詞とボルトの心情がすごくマッチしているし、いよいよ、デビューするんだというか、いろんな気持ちが湧き上がってきました。

どんな気持ちですか? 

喜びが一番大きかったです。あとは、この思いが届け!っていう気持ちです。作品に寄り添って、少しでも力になれるようにっていう思いと、見ている方に「大丈夫だよ。そのまま頑張っていれば前に進めるよ」っていう勇気を届けられたらいいなって思いました。

「白ワンピースに裸足で歌う」というのは、デビューする前からずっとやりたいって言ってたスタイルだったんです

福原遥 エンタメステーションインタビュー

では、ミュージックビデオの撮影はいかがでした?

すごく楽しかったです。いままではダンスがあるMVが多かったので、ただただ立って歌うっていうのは新鮮でしたし、どう表現したらいいかなっていうことにちょっと苦戦しながらも、自分なりの伝え方で心を込めて歌おうって思ってました。

スタジオでの撮影と、普段の生活を描いたようなシーンもありました。

1日での撮影だったのであっという間に終わっちゃったんですけど、スタジオとお部屋の差もちゃんとあって。お部屋の方は、夢があるからこそ、もがいて、悩んで、立ち止まりそうになるけど、前に進み続けるっていう葛藤を自分の中に入れながら撮影してました。
スタジオで歌ってる方はほんとに光が綺麗でしたね。あと、スタジオでの「白ワンピースに裸足で歌う」というのは、デビューする前からずっとやりたいって言ってたスタイルだったんです。そのままの私で着飾らずに、すごくシンプルにいられたので、気持ちよかったですし、最高でしたね。でも、MVを撮りながら、これからもっと、いろんなことに挑戦して前に進んでいくぞ! って思った撮影でもありましたね。

カップリングの「箱庭のサマー」はまさに新たな挑戦の1つですよね。Kizuna Aiさんへの楽曲提供でも知られる次世代のトラックメイカー、yunomiさんによるフューチャーベースを取り入れたダンスポップになってます。

すごいオリジナリティのある世界観だなって思いました。元気のあるポップな曲調なんだけど、その中に親しみやすさもあって、一度聞くと忘れられない。昔の青春時代の記憶を思い出されるというか。あ、楽しかったなっていういつかの夏の思い出に浸りながら、時間を忘れてずっと聴いちゃうような、優しくて癒される曲だなって思いました。

この曲はダンスもしますか?

はい、踊ります! ちょっと機械的というか、ロボットダンスが入ってる所もあって。かわいらしさもあり、機敏に動く感じもあるダンスになってるので、いいものを見せられたらいいなって思います。

小さい頃のイメージもあるからこそ、ちょっと大人っぽく、新しい道を歩んでいくぞという表情を見せたくて

福原遥 エンタメステーションインタビュー

2曲揃って、ジャケットも完成して、ご自身ではどう感じました?

まず、「未完成な光たち」というタイトルが素敵ですごく好きだなと思いました。このジャケ写についてる文字も未完成だから1/3くらい切れてて。これを見た時に、感動して鳥肌が立ちました。歌手・福原遥として、まだ本当に未熟で、これからもっといろんな表現をしていけたらいいなと思っているので、自分ともリンクしているし、だからこそ、共感してもらえるというか、一緒に頑張ろうっていう親近感を感じてもらえるのかなと思っています。これから新しいスタートを切っていきたいなっていう思いも込められているし、もっと自分なりの歌を見つけて、いろいろ届けられたらいいなって思いますね。

ちょっと大人っぽい表情ですよね。もうまいんちゃんではないっていう。

ちょっと挑戦ですね。歌手としての福原遥は新たな一面も見せていきたいですし、小さい頃のイメージもあるからこそ、ちょっと大人っぽく、新しい道を歩んでいくぞという表情を見せたくて。未完成だけど、前に進んでいくっていう、初めてのことに挑戦して、ちゃんと向き合うというか、強い意志を持って撮影した写真になってますね。

ついに歩み始めたこの新しい道の先はどう考えてますか?

私の歌を聴いて、勇気をもらえたり、曲に寄り添ってもらえたって思ってもらえるような、感動をずっと届けられるような存在でいたいなと思っています。もっと自分自身とも向き合って、いろんなことに挑戦して、自分なりの表現の仕方、どうしたら相手にちゃんとこの想いが届くかというのを見つけていきながら、ちゃんとみんなとつながっていけたらいいなと思いますね。私の中で、歌を通して、聴いてくださってる方と繋がりたいなっていうのがあるので、繋がるっていうのが最終的な目標です。あとは、安室奈美恵さんのライブに行って、ライブでもらうパワーってほんとにすごいものだなと感じているので、自分もいつかステージに立って、いろんな人にパワーを届けられる人になりたいなって思いますね。大きなステージに立ちたいというのが1つの目標です。

あと、いつか……本当にいつかですけど、作詞作曲もしてみたいです!

福原遥 エンタメステーションインタビュー

じゃあ、いつかライブも。

はい! やりたいです。昔は自分のことをずっと音痴だって思っていて、人前で歌うこと以前に、人前に出るのも恥ずかしがる子だったんですよ。子役事務所に入ったのも、恥ずかしがり屋なところとか、人見知りなところ、自分に自信がないところを克服したいっていう理由で入って。でも、今は自分が歌った歌で、「元気をもらってるよ」とか、「癒されるよ」って言ってもらえたりするので、そういう方に向けて歌えたらいいなって思うし、今はみんなの前で歌うことが楽しいです。あと、いつか……本当にいつかですけど、作詞作曲もしてみたいです! 私、お風呂で歌うのが好きで。お風呂で自己流の歌を歌ってる時があるので、いつかちゃんと作りたいなと思ってます。まずは作詞かな? 作詞から少しずつ始めたいなと思いますね。

演じるお仕事と歌うお仕事の両立は大変そうですが。

すごく楽しいですよ。表現の仕方が全く違うので、どちらも楽しみながらやっていきたいなと思いますね。別物なんだけど別物じゃないというか。役者の部分で学んだことが、歌手の方でも活かせるだろうし、逆もあると思う。あとは、人に感動や笑顔を届けるという意味では一緒だなって思っています。ただ、役者は与えられた役を演じるっていうことを大事にして表現するんですけど、歌手は演じるのではなく、素の福原遥として表現していくことに違いがあると思うんです。そこでは自由に表現できるんだけど、今はまだ表現の仕方を自分の中でいろいろと探していて。この思いをどう魅力的に届けられるか、みんなに刺さるような表現はどうしたらできるのかを模索中ですね。いま、やればやるほど、もっとこうしたらいいんじゃないか? もっとああしたらいいんじゃない? っていうのが自分の中で出てくるので、理想に近づけると嬉しいなと思って頑張ってます。

その他の福原遥の作品はこちらへ。

福原遥

NHK Eテレ⼦供向け料理番組『クッキンアイドルアイ!マイ!まいん!』のメイン・キャラクターである少⼥・柊まいん役を務め、一躍お茶の間の人気者に。
2017年、⼥優として映画『チア☆ダン』に出演、『もしもツアーズ』3代⽬ガイトを務めるほか、声優としてアニメ『キラキラ☆プリキュアアラモード』(有栖川ひまり/キュアカスタード役)に出演するなど、多⽅⾯にて活躍。
2019年は、人気ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』出演や、映画『賭ケグルイ』出演、映画『4月の君、スピカ。』主演を務めるなど、その注目度も高まっている。
音楽活動としては、『クッキンアイドルアイ!マイ!まいん!』主題歌、2013年にはCVを務めた「なめこのうた」がYouTubeで話題となる。
2018年には声優戸松遥と共演したドラマ『声ガール!』がきっかけとなり「福原遥×戸松遥」名義でCDをリリース。
2019年8月7日、満を持して「福原遥」名義でソロ歌手デビューを果たす。

オフィシャルサイト
https://fukuharaharuka-music.com

フォトギャラリー

電子書籍ストア「Reader Store」の無料配信音楽雑誌『Reader Store Music』表紙&特集に福原 遥が登場!

「Reader Store」の月刊ミュージュクマガジン『Reader Store Music』第10号。今回は女優や声優として活躍中の福原 遥をフィーチャー。8月7日にリリースされたソロデヒュー・シングル「未完成な光たち」について、独占撮り下ろし写真&インタビューと共に作品の魅力に迫ります。また、本誌だけのスペシャルQ&Aや福原 遥本人のスペシャルコメントも音声で聴けます!! 2019年8月下旬に配信開始予定です。お楽しみに!!

Reader Store無料配信ページ