Interview

YAJICO GIRL 約2年ぶりの新作で表現した音楽性の変化は彼らのどんな思いと進化に裏打ちされたものなのか?

YAJICO GIRL 約2年ぶりの新作で表現した音楽性の変化は彼らのどんな思いと進化に裏打ちされたものなのか?

2016年に主要コンテストのグランプリを立て続けに獲得し、翌年には初めての全国流通盤『沈百景』をリリースしたこの大阪の5人組はしかし、勢いまかせに活動を続けるのではなく、そこで音楽的なシフト・チェンジを行なったようだ。約2年ぶりに届けられた新作『インドア』は、抑制の効いたビートに乗せて内省的なメッセージがソウルフルに届けられる、味わい深い作品だ。
ここでは、その制作を振り返ってもらうとともに、その先にたどり着いたバンドの現在地について、メンバー全員に語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 鈴木圭


ちょっと音楽性を変化させたいなあという気持ちになったんです。前作を発売してから。

前作からの2年間はどんなふうに過ごしたんですか。

四方颯人(Vo) この1年は長かったかなあという感じがしますけど…。

気持ちとしては、前作をリリースしてすぐに次に向かったんですか。

吉見和起(Gt) 気持ちとしてはそうやったでしょ。だって、デモもけっこう早い段階にあったやん。

四方 デモはすぐに作り始めてたんですけど、今までと同じ曲調やジャンルで新しく作っていくことに若干違和感を感じて、ちょっと音楽性を変化させたいなあという気持ちになったんです。前作を発売してから。でも、それを実現するまでにこれだけの時間がかかってしまったというのが、一番正確な話やと思います。

YAJICO GIRL エンタメステーションインタビュー

四方颯人(Vo)

「これまでと音楽性を変化させたいと思った」というのは、バンドの空気がそういう感じだったんですか。それとも、四方さんの個人的な思いですか。

四方 僕が勝手にそう思ったんです(笑)。自分が好きで聴いている音楽と乖離がどんどん大きくなってたということもありますし、あとは歌いやすさということですかね。

四方さんがもっと歌いやすいタイプの音楽を作りたい、と?

四方 そうなんです。今まで作ってきたものについても、もっとこうしたほうが歌うのにいいんやないかという気持ちが大きくなってきたので。

そういう気持ちの流れをメンバーには伝えたんですか。

四方 いや、最初の頃はわりと勝手にやってましたね(笑)。

武志綜真(Ba) (笑)、初めてデモを聴かせてもらった時に、あまりにこれまでと違う音像やったんで、理解するのにめちゃくちゃ時間がかかりましたから。

その後も説明はなかったんですか。

武志 なかったよな?

吉見 うん、だけど元々、四方が聴いてる音楽が『沈百景』でやってるような音楽がメインではないということは薄々知ってたので、デモを聴いた時に“普段聴いてるほうへ行くのね”とは思ったんです。ただ、四方以外の4人は、彼が聴いてたような黒っぽい音楽をすごく聴いていたわけではないので、理解するための土台部分がなくて、だから持ってこられたものの良さがわからないというか…。

武志 デモなんて、完成していない1分くらいのもので、それをどう展開していけばいいのか、全然思いつかなくて、これをどうやって完成させるんやろ?という感じやったんです。

「ごめんやけど、今回は俺の思うようにやらせてくれ」って言い続けた気がします。

そういう状況のなかで、どの曲がどういうふうに出来上がっていったんですか。

吉見 結果から言うと、「2019」が一番最初に出来上がったんですけど、ライブでやり始めたのは「NIGHTS」が一番初めですね。

一番最初に出来上がった「2019」は、四方さんがどういうデモを持って来て、それをバンドはどういう料理したんですか。

吉見 「2019」はまたちょっと特殊で、というのはほぼほぼ四方が持って来たデモのままなんですよ。あの曲は2017年の年末くらいにはデモはあったんですけど、それを僕らが全然理解できなくて、でも僕らがああいう系統の曲をいろいろ聴いたりする中で、こういう良さも確かにあるねという感じになっていったんです。

YAJICO GIRL エンタメステーションインタビュー

吉見和起(Gt)

四方 あの曲は2分もないくらいの尺の曲なんですけど、みんなに聴かせたら「この尺で終わりなん?」というところからの話でしたから(笑)。「これを、どう展開させればいいの?」「いやいや、これでフル尺なんです」っていう。

そういうふうに認識がズレている時に、作者としてはどういう説明をしたんですか。

四方 それは…、「自分が思っていることを100%やってみたい」ということを言い続けた気がします。「ごめんやけど、今回は俺の思うようにやらせてくれ」って。

それは、「2019」に限らず?

四方 そうです。

古谷さんは「2019」のデモを聴いた時にはどう思いましたか。

古谷駿(Dr) 最初に聴いた時から、かっこいいとは思ったんですけど、でも今までの感じと違うのをどう説得力を持たせるか?ということはちょっと考えましたね。

榎本陸(Gt) 自分の弾くところ無いなあ、みたいな(笑)。

吉見 だから、バンドとしてどう表せばいいのかわからない、という感じやったんです。今までは完全にロック・バンドの編成でやる音楽だったのが、「2019」のデモを聴いたらピアノにギター、ベース、ドラム、ボーカルという編成の音で、しかもキーボードは入るし、トラップみたいな手法も使ってるし、っていう。「これを、どうバンドで表すの?」ということはけっこう考えましたね。

現実的には、そういう部分はどう乗り越えたんですか。

榎本 編成を変えていったよね

吉見 曲によって、榎本がキーボードを弾いてたりしますね。

YAJICO GIRL エンタメステーションインタビュー

四方さんの「自分が思っていることを100%やってみたい」という思いをこのメンバーで実現しようとすると、古谷さんが言われたように、このメンバーでここまでやって来た音楽との整合性や、このメンバー5人でやることの必然性みたいなことが壁になったりしなかったですか。

四方 僕としては、今までやってきたことはあるようで無いというか、それくらいのことだと思ってたんです。まだ何も始まってない感じがしてたんで。だから、「今までと今回の差を埋めてあげてないと」みたいなことは全然考えてなかったです。

ただ、メンバー4人のなかでは編成を変えるということも起こったわけですが、四方さんとしては「よろしく」みたいな感じですか(笑)。

四方 (笑)。

榎本 あまり大事件やとは思ってなかったみたいですね。でも僕らも、“曲がクソいいから、なんとか僕らでやりたい”って思ってただけなんで。

僕が言ったと思います。今回は歌とビートとアンビアンスをテーマにしたいって。

古谷さんは今回のレコーディングを振り返って、どういう経験だったと感じでいますか。

古谷 僕は、ミニマルな手数の少ないビートを、今まではつまらないものだと思ってたんですけど、それはそれでいいと感じられるようになってきた気がします。

YAJICO GIRL エンタメステーションインタビュー

古谷駿(Dr)

デモの段階で、ビートに関してはどの程度のことが提示されるんですか。

古谷 ほとんど出来上がってて、これまでは“このデモのビートを自分でどう変えていこうか”と考えてたんですけど、レコーディングが進んでいくなかで“変えなくてもいいや”と思うようになっていきました。“変に変えたら、曲の良さがなくなっちゃうなあ”と思って。

榎本さんは、今回のレコーディングを振り返って、印象に残っている場面や曲は何かありますか。

榎本 印象に残ってるというか、やってて“そろそろ俺はキーボードに行くんやな”と思って、それでキーボードを買いました(笑)。

(笑)。それは、みんなの圧を感じたんですか。

榎本 圧というか…、消去法ですかね(笑)。レコーディングでは、四方が入れてきた音でできたんで、ライブに向けてという話なんですけど。でも、キーボードが入ったらライブの見栄えも良くなるし…。

レコーディングの現場では特に榎本さんとしての山場は無かったですか。

榎本 そうですねえ…。

古谷 歪んだギターで弾いてたやん。

榎本 そうやけど…。僕はクリーンな音で弾くより歪んだ音のギターが好きなんですけど、歪んだギターは減っていくでしょ?

四方 う〜ん…、これまでよりは減るかな。

榎本 そういう変化の、ちょうど途中のレコーディングやったですね。

YAJICO GIRL エンタメステーションインタビュー

榎本陸(Gt)

吉見さんにとって今回のレコーディングはどういう経験でしたか。

吉見 今回は聴く音楽を変えなければいけないということがあったので、それでいろいろ世界が広がったのは良かったなと思います。それはいろんな音楽を聴くとようになったというだけじゃなく、例えばインスタグラムに海外のいろんなギタリストがR&Bのギターを弾いてる動画を上げてるのを見てインプットしたり。音使いも、元々はエフェクターをいっぱい通した音が好きだったんですけど、それをもっと詳しく深く考えるようになって、それはすごく良かったんです。

このバンドのアンサンブルの中でのギターの役割や立ち位置について、今回のレコーディングで意識したこと、気づいたことはありますか。

吉見 コードをジャカジャカ弾いてると、どうしてもボーカルとぶつかっちゃうじゃないですか。それは、今回のアルバムには合ってないなとは思ったんです。前作の時には、自分がリードを弾くとなったらここぞとばかりに自分を主張するギターを弾いてたんですけど、でも今回は一歩引いて曲を見渡してみて、その上でどういうギターを入れるか考えるっていう。そこで、いかにボーカルを邪魔しないようにするかということを考えてたし、アンサンブルの中でのまさに立ち位置を考えてたんですけど、思ったのは中核を担わなくてもいいかなっていうことで。ロック・バンドだと、ギターがボーカルと同じ域で主張することがかっこよかったりすると思うんですけど、今回はそうじゃなくていいなっていう。あくまで土台の一部であって、その上で何か面白いことができるかというふうに考え方は変わりました。

今回のアルバムを聴いて感じることの一つは、歌モノ度合いが高まっているということです。それはボーカルとバンド・アンサンブルとの関係で言えば、アンサンブルが歌を押し出す、あるいは支える意識が強くなっていると感じるんですが、メンバーの皆さんの気持ちの中でそういうことはどれくらい意識されていたんでしょうか。

吉見 今回は歌が強く出る感じにしたいというテーマがあったので…。

そういうテーマが設定されていたんですか。

四方 それは、僕が言ったと思います。今回は歌とビートとアンビアンスをテーマにしたいって。

吉見 だから、歌を意識する気持ちはすごくあったと思いますよ。細かいフレーズを詰めていく時に、「それ、ボーカルを邪魔してない?」とか「このフレーズはちょっとウザイな」とか、そういうことを言い合う場面はけっこうあったように思いますね。

YAJICO GIRL エンタメステーションインタビュー

武志綜真(Ba)

武志さんは、今回のレコーディングを振り返っていかがですか。

武志 今までで一番ベースラインを考えるのが難しいレコーディングでした。四方のデモが今まであまり聴いてない音楽やったし、みんなはやっていく中でだんだん良さがわかっていったんですけど僕は最後までわからなかったんです。でも、わからないなりにベースラインは良くしたいから参考音源をいろいろ聴くんですけど、そもそも生ベースが使われていないものが多くて、そういうサウンドに生のベースでアプローチするとなった時に何をやっていいのかわからないという感じで。しかも、さっき吉見がギターも歌を支える側に回ったという話がありましたけど、それをやられるといよいよベースのやることがなくなるから(笑)。

どこかのタイミングで、何か突破口は見つけられたんですか。

武志 それは、いまだに見つけられてない感じですね。まだ模索中ですが、最近ライブでシンセ・ベースを使い始めて、それでなんとなく見えてきた感じはあります。フレーズ云々よりも音質とかをいろいろ工夫する方向ですね。

言葉のアルバムにしたいなと思って、それですごく自分と向き合って歌詞は書きました。

「ごめんやけど、今回は俺の思うようにやらせてくれ」という気持ちで進めた作品が完成して、四方さんはどういう心境ですか。

四方 感謝しかないですね(笑)。

(笑)、“俺が思うようにやる”という考えがやっぱり正しかったなという感じでもないんですか。

四方 それは、これから世の中に出ての反応によるんじゃないですかね。ただ、自分にできることはわかったし、自分にはできないこともわかったので、まだ言い切れないですけど、次は今回のように自分の思う通りにやってしまうやり方にはならないと思います。

YAJICO GIRL エンタメステーションインタビュー

四方さんが「今回は歌をテーマに」と言われたそうですが、そうなると何を歌うかということがいっそう重要になりますよね。

四方 そうですね。何を歌うかということはすごく重視して、言葉のアルバムにしたいなと思って、それですごく自分と向き合って歌詞は書きました。

「2019」という曲に♪地図は捨てちゃいけないよ♪という一節があり、♪僕の夢はなんだっけな♪とふと思い出すという一節もありますが、そこで歌われている“地図”や“夢”というのは、ひと言で言えば“向かうべきところ”みたいなことだと思います。そのイメージは、四方さんの中で現時点ではまだはっきりしたものではないんですか。

四方 理想はちゃんとあるんです。“日本の音楽シーンがこういうふうに変わればいいな”とか、そういうことを強く思うんですけど、でも「自分はどうなりたいのか?」と聞かれた時に「インドア」の歌詞にもあるように、何者かにはなりたいと思ってるけど、でも具体的に“このステージに立ちたい”とか、そういう目標は全く無くて、自分としては普通に楽しく笑えていればいいっていう。そういう考えに至るんですよね。

YAJICO GIRLは、自分たちの活動スタンスを「Indoor Newtown Collective」と表現していて、そのフレーズは例えばMVを見ても、最後にロゴの形で提示されますが、そのフレーズに込めているのはどういう思いですか。

四方 とりあえず言ってみたという感じもあるんですけど(笑)、僕にはどこか東京コンプレックスがあったりするんです。それに、バンドマンっぽくないというか、ワイワイ騒ぐタイプでもないですし、言うたらNERDな感じやと思うんですけど、そういう性格で地方都市に暮らしているような人たちでも自分の表現というものはできるんだということを打ち出したかったんですよね。

「ニュータウン」という曲では地方都市で若い時代を過ごしたと思われる主人公の心境が歌われていますが、でもその主人公は♪青春という言葉選んでるようじゃまだ僕らは何処にも行けないんだろうな♪と歌います。その主人公の気持ちのベースにあるのはどんな思いなんでしょうか。

四方 僕は今年、大学を卒業したんですけど、青春とかどうとか言ってられない年齢ではあるなということを普通に思ったということですね。そこにバンドを重ねても同じだったっていう。

つまり、一般の大学生がどこかの企業に入るのと同じレベルで、みなさんは音楽を仕事にすることを選んだという感じでしょうか。

四方 確かに、そういうふうに考えることは多いですね。

YAJICO GIRL エンタメステーションインタビュー

さて、初めてのワンマンが決定しています。今、YAJICO GIRLがライブに臨む際に何か意識していることはありますか。

吉見 自分たちがどういうライブをするかというよりは、お客さんにどう反応してほしいかみたいなことはありますね。今は基本的にMCもないし、「手を挙げてくれ」みたいに煽ったりもしなくて、ただただちゃんと見てほしい、自由に楽しんでほしいということなんですけど。

そもそもライブが好きなバンドなんですか。

古谷 ライブは好きやけど、ライブに伴ういろいろなことが好きじゃないよね(笑)。演奏している間は、すごく楽しいですけど。

吉見 ライブだけを切り取って「好きですか?」と聞かれたら、「好きです」という話なんですけど、例えば「アルバムとライブとどっちが好きですか?」という話になったら、それはアルバムなんです。

武志 音源を制作してるほうが楽しい、というのはありますね。

吉見 ただ、今はわりと「ライブしようぜ」期間というか、使う楽器が変わったりグルーヴ感が変わったり、そういう時期だからちゃんとライブをやってライブ力をつけようという流れになってますね。

四方 僕個人としては、ライブを好きになってますね。バンドのサウンドがどんどん歌いやすくなってるから。

最後に、1年後にはどうなっていたいですか。

四方 1年後…、次のアルバムを出してたいですね。また2、3年後とかになるのは嫌ですから。

それは、今回のアルバムで手応えをつかんだということでもあるんですよね?

四方 そうですね。もう次は見えているので。

では、その新作のためにもしっかりライブ力を付けてください。ありがとうございました。

その他のYAJICO GIRLの作品はこちらへ。

ライブ情報

“ヤジヤジしようぜ やじこの番です ワンマン編”

9月20日(金) 大阪・心斎橋Pangea

YAJICO GIRL

四方颯人(Vo)、武志綜真(Ba)、吉見和起(Gt)、古谷駿(Dr)、榎本陸(Gt)。
5人編成で自身の活動スタンスを「Indoor Newtown Collective」と表現する。
結成してまもない2016年、大学在籍中に日本最大級音楽フェスティバル“SUMMER SONIC”の登竜門「出れんの!?サマソニ!?」を通過。その後“eo Music Try”“十代白書”など地元関西のコンテストで受賞を重ね、同年全国38局ネットのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」が企画する10代アーティスト限定ロックフェス“未確認フェスティバル”、そしてロック・プロダクション「MASH A&R」が手がけるオーディション“MASH FIGHT”でグランプリをW受賞。翌2017年、タワーレコード内のインディーズ・レーベルから初の流通作品『沈百景』をリリース。その後も音源制作、MusicVideoの撮影から編集、その他全てのクリエイティブをセルフ・プロデュースし、2019年夏、自分たちの音楽の同時代性に向かい合った作品群として『インドア』を発表。

オフィシャルサイト
http://www.yajicogirl.com