Review

『オメガラビリンス ライフ』おっぱいのこだわりとダンジョン探索、どちらもガチ!

『オメガラビリンス ライフ』おっぱいのこだわりとダンジョン探索、どちらもガチ!

冒険のたびにマップが変化するダンジョンを探索していくローグライクRPGに、魔法のキーワード”おっぱい”を(なかば無理やりに?)各種システムにからませ、独自の世界を作り出している『オメガラビリンス』シリーズ。その最新作、『オメガラビリンス ライフ』がNintendo Switch™で発売。PlayStation®4版では『ラビリンス ライフ』が同時発売されており、両機種版は人前で遊べるか否かの(まさかの)仕様違い。本稿では、”人前で遊べないかもしれない演出”を気にしないプレイヤー向け”達観”バージョンのNintendo Switch™版をチョイス。シリーズを通してしっかり作り込まれているRPG部分に本作から学園パート(スローライフ)が加わったことで、どう遊びの幅が広がったかを『オメガラビリンス ライフ』ならではのスクリーンショットを交えつつ紹介していきたい。

文 / 丸谷健太


ゲームの骨子はしっかりとしたローグライクRPG 

”おっぱい”への熱いこだわり、一点突破の宣伝戦略が見事すぎるゆえにシリーズ未経験のゲームユーザーはご存じでないかもしれないが、『オメガラビリンス』のジャンルは2015年に発売された1作目から一貫してRPG。それもダンジョン探索を主目的とした、いわゆるローグライクRPGに分類されるシリーズだ。本作では満開の花が咲き誇る大庭園を一夜にして失ってしまった”ベルフルール女学園”を舞台に、大庭園が枯れてしまった原因を究明するため聖洞と呼ばれるダンジョンを探索する女の子たちを操作し、モンスター退治や大庭園の再建に必要な”ソーマ”集めを行なっていく。
今回の『オメガラビリンス ライフ』も当然ながら、ゲームの核となる部分はダンジョンの探索。(日本の)ローグライクRPGのお約束、①ダンジョンに入る際は必ずレベル1からスタート、②ダンジョンの内部は毎回ランダムで変化、③空腹度が存在し0%になるとやがて倒れる、④ダンジョン内で倒れて”死に戻る”とアイテムはすべて失う……といった点は、本作でも踏襲されている。それゆえ何が起こるかわからないダンジョンを限られたリソース(装備やアイテム、スキル)で攻略し、ダンジョンの踏破を目指すといったローグライクRPGならではの楽しさは十二分に担保されている。
そこに『オメガラビリンス』シリーズならではのプレイフィールを持たせているのは、もちろんおっぱい至上主義、おっぱいファーストともいえる世界設定(?)、キャラクターの魅力などが作用しているから……なのは当然なのだが、既存のローグライクRPGと差別化を図ろうと独自の試みを盛り込んでいるのも大きい。まず目立つのが、本作は基本的にふたり一組でダンジョンを探索するという点。ふたりで同時に敵を攻撃できるから、レベルや装備が心もとない序盤でも楽にモンスターを倒せるといった単純な理由だけではなく、本作から採用されたリーダー(操作キャラクター)を切り替えられる”Wおっぱいシステム”を利用して弱点を突く攻撃が有用。また、キャラクターによって習得するスキルのタイプが異なるため、どの女の子たちを組ませるかでパーティーの得意分野が変わるのも特徴だ。ダンジョンで手に入る装備やアイテムにあまり左右されることなく、回復スキルで長期戦が得意、範囲攻撃が豊富、単体への一撃に特化といったパーティー作りが楽しめる。

オメガラビリンス ライフ エンタメステーションゲームレビュー

▲ふたり一組で戦えるのはかなり心強い。片方に物理攻撃力の高い武器、もう一方に魔法攻撃力でダメージを与える武器を装備させておくと、近接攻撃だけで多くのモンスターに対応できる

オメガラビリンス ライフ エンタメステーションゲームレビュー

▲女の子の組み合わせでパーティーの方向性が変わるのも本作の特徴。写真は筆者のお気に入りの組み合わせ。強力な攻撃スキルを持つ冥で敵をなぎ倒しつつ、危なくなったら由梨香の回復スキルで延命できるバランスのよさと、ゲーム中最小&最大バストの組み合わせのため、本作のカップ数によるバストの表現をわかりやすく実感できるのが魅力

オメガラビリンス ライフ エンタメステーションゲームレビュー

▲この手のゲームではプレイヤー側が強めな設定にはなっている本作だが、厄介な特殊能力を持つモンスター、踏むタイミングによっては戦況が悪い意味でひっくり返る可能性のトラップなど、ローグライクRPGならではの”死と隣り合わせ感”は健在。緊張感のあるダンジョン探索が楽しめる

おっぱいに紐づけられた手厚い救済措置

ふたりでダンジョンを探索できる以外にも独自性の強いシステムがいくつも搭載されており、その多くが(なかば強引にでも)”おっぱい”に紐づけられているのも『オメガラビリンス』シリーズの特徴。まずダンジョン探索中にその恩恵を感じると思われるのが、モンスターを倒すと経験値とは別に加算されるω(オメガ)パワーの存在。このωパワーはアイテムの購入など本作における通貨の役割を担っているほか、ダンジョン内では女の子のバストサイズを成長させて胸まわりのグラフィックを変化させるほか、同時に腕力や体力といったステータスをアップさせる効果も持つ。なお、女の子のバストサイズが大きくなるのはダンジョン滞在時のみという設定のため、初期状態やほどよいサイズが好みというプレイヤーも安心。ダンジョン内では戦闘力強化のためにも、積極的にレベルとおっぱいを成長させていくのがおすすめだ。

オメガラビリンス ライフ エンタメステーションゲームレビュー

▲ωパワーはプレイヤーが操作するリーダーの女の子に蓄積され、一定量を超えるとカップ数がアップ。ダンジョン内であれば設定上は控えめな胸の女の子でも、容易に学園最大のバストサイズへと成長させられる

オメガラビリンス ライフ エンタメステーションゲームレビュー

▲この世界の未鑑定アイテムは、”胸に挟んで不確定物質を抜く”ことで効果がはっきりわかるという設定のため(?)、ダンジョン内で即座に鑑定ができるのも便利でありがたい。鑑定はωパワーを消費すれば女の子のバストサイズを問わずに行えるが、”貧乳”の状態異常を受けてAAカップまでダウンした際は、しばらく鑑定はお預けとなる

ダンジョン内のサポート機能、救済措置、そしておっぱいを堪能するシステムとして無視できないのが、シリーズおなじみの温泉に新要素が加わった”花湯”と、精霊との”おっぱいじゃんけん”。温泉はダンジョン内に突如として現れる温泉スポットに入ることで体力や状態異常の回復ができ、さらにその場に精霊がいると温泉は花湯へとグレードアップし、攻撃力や獲得ωパワーが2倍になったり、モンスターを倒すと花のタネを落とすようになる。
おっぱいじゃんけんは、ダンジョン内で”じゃん券”を拾っているとダンジョン踏破時やゲームオーバー時に発生。前者のときはクリアー時に入手できるωパワーや花のタネの量にボーナスを得られるチャンスになり、後者のときにおっぱいじゃんけんに勝利すると、本来消えてしまう装備アイテムを取り戻せる。ボーナスor救済措置として役立つうえ、ビジュアル、ネタ的なポイントも高いおっぱいじゃんけんを利用しない手はないだろう。

オメガラビリンス ライフ エンタメステーションゲームレビュー
オメガラビリンス ライフ エンタメステーションゲームレビュー

▲シリーズおなじみの温泉では女の子たち、花湯では精霊の入浴シーンが拝める

オメガラビリンス ライフ エンタメステーションゲームレビュー

▲おっぱいじゃんけんはカップ数で強さが変わるようなギミックはなく、どんな状態で挑んでも純粋な三択勝負。左右のスティックをグリグリ動かし、おっぱいでグー、チョキ、パーの形(?)を出していく。ダンジョンクリア時のボーナスは引き分けでも発生するため、基本的にはプレイヤーに分のいい勝負になっている

「(2次元の)女の子は好きだけど、おっぱいおっぱいの連呼で喜ぶほどおっぱい派ではないんだよな……」という人には、スキルのレベルアップの際に行なうことができる”悶絶★開華”に注目してもらいたい。こちらの利用時は女の子のさまざまな部分にタッチすることが可能で、習得するスキルによってはおっぱい以外の部位を強調したイラストが堪能できる。なお、この悶絶★開華中のボディタッチは女の子の恥じらう姿が見られるのが最高! ……だからといって、おすすめしているわけではなく、タッチ数が多ければ多いほどスキルのレベルアップに必要なポイントが手に入るから。やはりゲーマーたるもの、なにかのポイントが稼げるシチュエーションでは最大効率を求めたい次第。つねに積極的なタッチを心がけ、悶絶★開華からよりポイントを稼げる満開ブレイク→悶絶スプラッシュと派生させていき、女の子のスキルアップをサポートしていきたい。

オメガラビリンス ライフ エンタメステーションゲームレビュー
オメガラビリンス ライフ エンタメステーションゲームレビュー

▲温泉では胸以外を触ってもほぼ無反応の女の子たちだが、悶絶★開華でのボディタッチではどの部位を触るかでリアクションが変化し、得られるスキルポイントも変化する

学園の庭園作りがダンジョン攻略に深みを与える

最後にローグライクRPGの楽しさとおっぱいへの飽くなきこだわり、『オメガラビリンス』シリーズを構成する魅力の両輪に次ぐ要素として本作から加わった、ベルフルール女学園での”スローライフ”パートについても触れておきたい。
学園で行なえるのはアイテムの整理や武器の合成、スキルの習得といったダンジョン探索への下準備のほか、物語の序盤で枯れてしまう大庭園の再建。大庭園には花のタネをまき、水を与えることで花が咲き、開花と同時にまいたタネと水に応じた素材が手に入る。この素材はサブキャラクターから請け負う”お願い”の解決や、装備に特殊能力を付与する花錬成の材料として利用できる。学園の見た目を華やかにするという”スローライフ”的な喜びを感じつつ、ダンジョン探索に役立つ強力な装備を作り出すこともできる一挙両得なシステムとなっている。これは副次的な効果ではあるが、花錬成で使う素材はさまざまなタネで花を咲かせることが必要→タネを手に入れるためにはダンジョンの探索が必要→女の子をダンジョン探索に向かわせるにはスキルを習得、レベルアップさせたい……というチャートが調うため、自然に本作をディープに楽しむためのサイクルが完成。大庭園の育成が軌道に乗り始めるとほかのゲームパートも一気に濃くなるので、この『オメガラビリンス ライフ』からの新要素は、積極的に利用していきたい。

オメガラビリンス ライフ エンタメステーションゲームレビュー

▲タネまきができるスペースは、ストーリーを進行させることで増加していく。再建が進めば数十のスペースでさまざまな花を育てることができる

オメガラビリンス ライフ エンタメステーションゲームレビュー

▲花の精霊にまとわりつく虫を取り払いつつくすぐったがる姿を眺めるといった、タッチ機能を使った遊びも用意されている

オメガラビリンス ライフ エンタメステーションゲームレビュー

▲学園内で時間を経過させて1日を終わらせると、好きな女の子たちを選んで会話イベントを発生させていく放課後パートへと移行する。過去作では薄味だった女の子同士の”尊い”やりとりが、神の視点から覗き見ることができるのも本作の魅力

しっかりとしたローグライクRPGの土台に、これでもかというぐらい”おっぱい”、さらに女の子の魅力を上乗せして唯一無二の世界を作り出している『オメガラビリンス ライフ』。おすすめはプレイヤーのタッチ。アナログスティックの入力で揺れ動くおっぱいがフルに堪能できるNintendo Switch™版だが、この夏にじっくりローグライクRPGを遊びたいという人には、ダンジョン探索パートには違いがないPlayStation®4版『ラビリンス ライフ』も選択肢に入るはず。おっぱいに心惹かれる&惹かれないに関わらず、一度このシリーズの世界に飛び込んでみてはいかがだろうか?

フォトギャラリー

【募集終了】抽選で1名様に『オメガラビリンス ライフ』Nintendo Switch™版パッケージソフトウェアをプレゼント!

『オメガラビリンス ライフ』Nintendo Switch™版パッケージ
応募期間

※募集期間は終了致しました。

8月16日(金)~8月23日(金)消印有効

・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・ご住所や転居先が不明などの理由で賞品のお届けが出来ない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


オメガラビリンス ライフロゴ

■タイトル:オメガラビリンス ライフ
■メーカー:ディースリー・パブリッシャー
■対応ハード:Nintendo Switch™
■ジャンル:ローグライクRPG×スローライフ
■対象年齢:17歳以上
■発売日:発売中(2019年8月1日)
■価格:パッケージ版、ダウンロード版 各7,800円+税


『オメガラビリンス ライフ』オフィシャルサイト

©2019 Matrix ©2019 D3 PUBLISHER