Report

8月19日「ハイキュー!!の日」に、日向翔陽 役の醍醐虎汰朗と影山飛雄 役の赤名竜之輔が「仲間と共に高みを目指す!」と決意表明

8月19日「ハイキュー!!の日」に、日向翔陽 役の醍醐虎汰朗と影山飛雄 役の赤名竜之輔が「仲間と共に高みを目指す!」と決意表明

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔″が11月より開幕するのを前に、「ハイキュー!!の日」である8月19日(月)に都内体育館で製作発表会見が行われ、新生烏野高校のキャストから日向翔陽 役の醍醐虎汰朗、影山飛雄 役の赤名竜之輔、そして演出・脚本を手がけるウォーリー木下が登壇し、公演に向けて意気込みを語った。

取材・文 / 近藤明子 撮影 / 冨田望


ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」(以下、演劇「ハイキュー!!」)とは、「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて絶賛連載中の古舘春一による大人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」を舞台化した作品。

2015年11月の初演からシリーズ公演を重ねてきたが、2018年10月の〝最強の場所(チーム)″をもって烏野高校の全キャストが卒業を迎え、その後行われた2019年4月〝東京の陣″ではライバルの音駒高校を主役校として上演された。
そして、2019年11月に開幕する新作〝飛翔″では、新キャストを迎え“新生烏野”がいよいよ始動する!

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 エンタメステーション製作発表会見レポート

今作より烏野高校キャストとして出演する日向翔陽 役の醍醐虎汰朗、影山飛雄 役の赤名竜之輔はキャラクター衣裳で会見に登壇。
「週刊少年ジャンプ」中野博之編集長からの「演劇「ハイキュー!!」を観るたびに感動と興奮を与えてもらっています。須賀健太さんを中心につくり上げられた前チームを超えていくのは大変だと思いますが、新しい作品が生まれ、古い作品を超えていくのが、『少年ジャンプ』の伝統。新生烏野チームに期待しています」という声に、ふたりとも引き締まった表情でうなずいていたのが印象的だった。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 エンタメステーション製作発表会見レポート

続き、演出・脚本のウォーリー木下の「3年半、演劇「ハイキュー!!」をつくってきて、また彼らと共に新しいチャレンジができると思うと楽しみです」という挨拶に続き、演劇「ハイキュー!!」ゆかりの人物から届いた応援ビデオメッセージを見ることに──。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 エンタメステーション製作発表会見レポート

映像に登場したのは、これまでのシリーズで日向翔陽 役を演じていた須賀健太。

須賀健太「昨年の〝最強の場所(チーム)″で演劇「ハイキュー!!」を卒業しましたが、ことあるごとにこうして出てくるので、正直あんまり卒業した感じではないです(苦笑)。いまだに現役メンバーのような気持ちですが、新生烏野のみなさんが、また新しい演劇「ハイキュー!!」をつくってくれるのかなと思うと本当に楽しみです!」

と、ここで須賀がコメント収録しているカメラの前に、烏野高校のユニフォームを着た古田新太と池田成志が乱入!! 実は原作ファンで演劇「ハイキュー!!」観劇経験もあるというふたりからもメッセージが。

古田新太「漫画の「ハイキュー!!」とは違う演劇「ハイキュー!!」を見せて欲しいね。魔球とか出せ!(笑)」

池田成志「僕は漫画ファンで、推しメンは(烏野高校排球部マネージャーの)清水潔子さんです! ジャンプすることが多い激しい舞台なので、みなさんヒザに気をつけてください!」

愛のこもったメッセージで作品にエールを送りつつ、ちゃっかり3人が共演中の舞台、劇団☆新感線39興行・夏秋公演 いのうえ歌舞伎〈亞〉alternative『けむりの軍団』のPRも忘れていなかった。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 エンタメステーション製作発表会見レポート

その後再登場した中野編集長から、原作者・古舘春一が描いた応援コメント付き原画の贈呈。

醍醐虎汰朗「こういうものを書いていただいて気が引き締まりますね! つながっているなって感じます」

赤名竜之輔「古舘先生にも楽しんでもらえるような公演をつくりたいなと思います」

ウォーリー木下「今回の公演タイトルの〝飛翔″には、影山“飛”雄と日向“翔”陽、ふたりの名前が入っているんだよね。これ、稽古場に飾りましょう!」

と、一同感動しきりだった。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 エンタメステーション製作発表会見レポート

記者による質疑応答では、「シリーズ8作目、キャストも総入れ替えとなった新生烏野への期待は?」との質問に、演出のウォーリー木下が「演劇「ハイキュー!!」は毎公演チャレンジすることをテーマに掲げています。マンネリ化しないように、そしてお客様の期待を超えていくことも目標にしています。不安はありますが、すでにキャストと話し合っているなかで、新生烏野のみんなが、まっすぐに演劇と向き合っていて、彼らと一緒なら今までとはまったく違った挑戦ができるのではないかと、初演のときのようなワクワク感を感じています。今回描かれるのは、『春高全国大会』への出場が決定し、大会開始直前までの彼らの葛藤と成長。烏野高校排球部11名と先生とマネージャーが、大きな壁にぶつかり、それを越えていく人間ドラマを中心につくりたいと考えています」と、構想を語った。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 エンタメステーション製作発表会見レポート

また、改めて演劇「ハイキュー!!」という作品の魅力と、自身が演じる役の印象を聞かれた醍醐と赤名は、それぞれの思いをこう語った。

醍醐「演劇「ハイキュー!!」は、すごくプラスの方向に感情が持っていかれる舞台。僕はプロジェクションマッピングを使った演劇を初めて観ましたが、見やすいし、面白い演出だなと思いました。キャストの熱量や躍動感はもちろん、観劇するお客様の熱気もすごかった! 日向翔陽は三次元(現実)には存在しないんじゃないかと思うくらい、すごくポジティブな人。彼は何度も壁にぶつかりますが、へこまずに、くじけずに、つねに前を向いている子なので、演じるにあたってそのポジティブさは大切にしたいです。あと、漫画やアニメとは違う、リアルなものをこの舞台で表現したい。例えば日向が家で過ごしている時間とか、きっといろんな想いや葛藤があって日向翔陽という“人”がいると思うので、そういった原作に描かれていない部分も大切にしていけたらなと思っています」

赤名「演劇「ハイキュー!!」は、観終わったあとにすごくハッピーになれるというか、「自分も頑張ろう」と思える舞台。演者たちの熱量や一生懸命さがすごく伝わってきて、芝居を観ているというより、一種のライブのような躍動感があり、目が離せない舞台だと思いました。影山飛雄を演じるにあたり、天才的プレイヤーだけど、1年生でレギュラーとしてセッターのポジションにあるという、つねにプレッシャーと戦っている彼をひとりの男として僕は尊敬しています。僕は2.5次元舞台に出るのは初めてなのですが、だからこそ伝えられるものがあると思うので一生懸命に頑張ります!」

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 エンタメステーション製作発表会見レポート

さらに須賀健太から役を引き継ぐことについて質問された醍醐は「僕としては“引き継ぐ”という気持ちはこれっぽっちもないです。同じ日向翔陽という役ですが、須賀さんは須賀さんのフィルターを通じた日向翔陽であって、僕がこれからやるのは自分のフィルターを通した日向翔陽を演じるだけ。自分でイチから始めるぐらいの気持ちで、新しい日向翔陽をつくり上げていきます。ライバル心はないですけど、燃える部分はあります」と、力強いコメントで返した。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 エンタメステーション製作発表会見レポート

また、東京・大阪・宮城、そして東京凱旋と約1ヵ月半におよぶ長い公演のあとに、どんな“頂の景色”を見たいか、という質問には、笑顔を見せてコメント。

赤名「約1ヵ月半の公演を通して……というよりは、一公演一公演を大切に千秋楽を迎えたときに、頂に立っていたいです。会場に来てくださったお客様の笑顔が見たいです! とにかく一生懸命、そして新生烏野で楽しく高みを目指して頑張りたいと思います」

醍醐「今は稽古も始まっていないので、どうなるか本当にわからないけれど、東京凱旋公演まで終わったあとにどんな景色が見られるかは、僕ら自身の頑張り次第だと思うので。これから始まる稽古を大切に、全公演を全力で駆け抜けていった結果、素敵な景色が見られたらいいなと思います。きっとステキな舞台にしてみせるので、楽しみにしていてください!」

ふたりの言葉にウォーリー木下は「いままでのシリーズでは“繋ぐ”という言葉が頻繁に出てきましたが、今回は新たに“託す”という言葉が出てきます。“繋ぐ”はバレーボールや演劇とかに置き換えてもわかりやすいけど、“託す”っていう言葉は面白いなと思って……。今作は絶対的な信頼のなかで物事を進めていくことで、烏野のメンバーが“託す”ことに気づく物語でもあるんです。それと同じように、新しい劇団「ハイキュー!!」のメンバーにも“託す”ことの面白さを見つけてもらえれば、きっと素敵な頂の景色が見られるんじゃないかと思っています。原作「ハイキュー!!」の面白さをたっぷりと詰め込みつつ、また初心にかえってつくり上げたいと思います。新しいキャストと一緒に“まだまだ、こんな面白い演劇があるんだ!”っていうこともみなさんにお見せしたいと思っております」と続け、温かいまなざしを向けていた。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 エンタメステーション製作発表会見レポート

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞は、2019年11月1日(金)より東京・大阪・宮城・東京凱旋の4会場にて全33公演を上演。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞
ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞

東京公演:2019年11月1日(金)〜11月4日(月・休)TOKYO DOME CITY HALL
大阪公演:2019年11月9日(土)〜11月16日(土)大阪メルパルクホール
宮城公演:2019年11月22日(金)〜11月24日(日)多賀城市民会館 大ホール
東京凱旋公演:2019年12月6日(金)〜12月15日(日)日本青年館ホール

<チケット一般発売>2019年9月15日(日)AM10:00〜

原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
演出・脚本:ウォーリー木下
音楽:和田俊輔

出演:
【烏野高校】
日向翔陽 役:醍醐虎汰朗/
影山飛雄 役:赤名竜之輔/
月島 蛍 役:山本涼介
山口 忠 役:織部典成
田中龍之介 役:鐘ヶ江 洸
西谷 夕 役:北澤優駿
縁下 力 役:中谷優心
木下久志 役:長田翔恩
澤村大地 役:日向野祥
菅原孝支 役:一ノ瀬 竜
東峰 旭 役:福田侑哉/

【烏野高校 マネージャー】
清水潔子 役:大久保聡美
谷地仁花 役:山本樹里/

【烏野高校 顧問・コーチ】
武田一鉄 役:鎌苅健太
烏養繋心 役:小笠原 健/

【青葉城西高校】
金田一勇太郎 役:坂本康太
国見 英 役:神田聖司/

【白鳥沢学園高校】
天童 覚 役:加藤 健
白布賢二郎 役:佐藤信長
五色 工 役:菊池修司/
鷲匠鍛治 役:川下大洋/

【伊達工業高校】
青根高伸 役:新井 將
二口堅治 役:木村 敦
作並浩輔 役:廣野凌大
黄金川貫至 役:羽富琉偉/

【井闥山学院高校】
佐久早聖臣 役:つわぶき 峻/

【鴎台高校】
星海光来 役:輝山 立/

【稲荷崎高校】
宮 侑 役:松島勇之介

主催:ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会 (TBS/ネルケプランニング/東宝/集英社/キューブ)

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@engeki_haikyu)

©古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会
©古舘春一/集英社