Interview

磯村勇斗が歌舞伎町のカリスマホストに!? GANG PARADEと共に根本宗子がつくりだす新感覚のミュージカルに挑む『プレイハウス』インタビュー

磯村勇斗が歌舞伎町のカリスマホストに!? GANG PARADEと共に根本宗子がつくりだす新感覚のミュージカルに挑む『プレイハウス』インタビュー

主人公と結婚する心優しいコック見習い(連続テレビ小説『ひよっこ』)、極悪ヤンキー(『今日から俺は!!』)、恋人を翻弄する同性愛者の青年(『きのう何食べた?』)、サウナ好きの経営コンサルタント(『サ道』)、謎の殺し屋(『TWO WEEKS』)と、昨今の出演作品だけでも、振り幅のある様々な役柄を演じている、若手俳優・磯村勇斗。大きな注目を集めている彼が、舞台『プレイハウス』でミュージカルに初挑戦。 本作の作・演出を手がけるのは、劇団「月刊「根本宗子」」を主宰し、劇作家、演出家、脚本家、作詞家、俳優として、幅広く活躍している根本宗子だ。ミュージカルの作・演出を初めて手がける根本は、舞台初出演となる異色アイドルグループのGANG PARADE(そして、彼女たちが演じるのは、なんと風俗嬢!)と、幼少期からとにかくモテて、人からちやほやされて育った新宿・歌舞伎町のカリスマホストを演じる磯村を主演に起用。
本作で新たな魅力を魅せてくれると期待できる磯村に、今作の見どころや、舞台という場所に対する想いなどを聞いた。初日を数日後に控えていたにも関わらず取材に応じてくれた磯村だが、身の丈以上に自分を飾らず、まっすぐな視線で受け答えをする姿が、とても印象に残るインタビューになった。

取材・文 / 松浦靖恵 撮影 / 関信行


根本宗子は観察力が鋭い方

ここのところの出演作品だけでも、かなり振り幅のある様々な役柄を演じていますが、今回ミュージカルに挑戦しようと思った最大の理由は何だったのでしょう?

根本宗子さんがこれまでどのような活動をされてきたのか、自分はそのすべてを知っているわけではないですけど、誰も見たことがないようなものをつくりだす才能を持っている根本さんと、ぜひご一緒したいというのが一番の理由でした。ミュージカルということだけでなく、新たに何かに挑戦してみたい、新しいことをやってみたいという好奇心がありました。

磯村勇斗 エンタメステーションインタビュー

根本さんの初対面の印象は?

最初にお会いしたときは、“よろしくお願いします”というような定型文のやりとりでした(笑)。そのあと一度食事をさせていただいたときに、自分の生い立ちや、役者として現在に至るまでの話をしたんですけど、根本さんの目を見ていると、“磯村勇斗”という人間の奥を見ているような目線で僕の話を聞いているんだろうなという印象を持ちましたし、僕の手の動きや視線とか、そんな細かなところまで注目しているような、観察力が鋭い方だなって思いました。

磯村勇斗 エンタメステーションインタビュー

「磯村くんって、ホントにカッコつけないよね」って

『プレイハウス』で磯村さんが演じるのは、新宿・歌舞伎町のカリスマホスト、聖夜です。実際に稽古に入ってみて、聖夜をどんな人物だと捉えましたか?

僕の中では最初ホストに対して、女性の扱いがうまくて、つねにギラギラしているというイメージがありました。聖夜は歌舞伎町でナンバー1のカリスマホストという設定ですが、根本さんの台本を読んでみると、僕がイメージしていたようなホストではなくて。たしかにホストクラブではカッコをつけていて、女性を魅了してしまう男ではあるけど、聖夜のバックボーンには人には言えないような恥ずかしい部分がたくさんあったので、人間味があって、チャーミングな人物だなと思いました。

なぜ、根本さんは磯村さんに“ホスト”という役を当てたんだと思いますか?

根本さんは「カッコつけてお芝居をしない人だろうなと思っていたから、聖夜をやらせたかった」って言っていましたね。実際のホストはそもそもカッコがよかったり、カッコをつけているというのが基本にあるだろうけど、僕はそれをやらなさそうだって(笑)。この前も「磯村くんって、ホントにカッコつけないよね」って、あらためて言われましたから。僕自身の普段の姿を根本さんには見透かされているのかもしれません(笑)。ただ、“カッコをつけてない”というのはもしかしたら、ホストとしてもっとカッコをつけたほうがいいってことなのかなとも考えたんですよ。だけど根本さんは、そうじゃなくていい、と。

磯村勇斗 エンタメステーションインタビュー

では、聖夜という役をどのようにつくっていっていますか?

稽古を重ねて、根本さんとディスカッションしていくなかで、僕の中で聖夜という人物がどんどん出来上がってきています。人間味があるとはいっても、いったい何を考えているのかよくわからない、掴みどころのない人物でもある。なぜ聖夜という人間が掴みどころがないのかというところは物語の中で次第に明かされてはいくけれど、最終的にやっぱり「こいつって掴みどころがないんだな」っていう人物かもしれませんね(笑)。

磯村勇斗 エンタメステーションインタビュー

現在、稽古も終盤ですが、どんな作品に仕上がっていますか?

ミュージカルと謳ってはいますけど、みなさんが抱いているようなミュージカルのイメージとは違う、新しいジャンルの舞台になるのかなと思っています。GANG PAREDEさんの楽曲を使っているので、ライヴとミュージカルの間のような感じもあるけど、それとも違うというか。新しいミュージカルのジャンルが生まれたなって自分は感じているので、僕自身も“普通の”ミュージカルとしては捉えてないですね。

磯村勇斗 エンタメステーションインタビュー

ギャンパレのみなさんの一生懸命な姿を、本番でもぜひ見ていただきたい

演出家として稽古場での根本宗子さんの印象は?

稽古が始まってキャストのみなさんといろんな話をしていくなかで、意外と根本さんはおしゃべりが大好きなんだなって。まるで女子会に一緒にいるかのような感覚で恋愛の話をしたり(笑)、この舞台の延長線上の話をしています。“そんなことをしちゃうんだ!?”って思うような聖夜の行動も、「実際にもし自分だったらどうする?」って聞かれて、そこから深く掘り下げるような会話をしたり。お互いに心を開いて、深いところまで話ができているので、人間性をお互いに見せ合っている感じです。根本さんが求めるものにしっかりと応えていきたいですし、根本さんの考える聖夜像と自分の聖夜像がうまくマッチングしてきているのかなとは思っていますが、これからよりブラッシュアップしていきたいです。

GANG PARADEさんの印象は?

ギャンパレのみなさんは、いつも何かの話題で盛り上がっていて、楽しそうです(笑)。そこに鳥越裕貴くんや僕が話しかけたり、根本さんが話に加わったり。ギャンパレの10人は仲がいい空気感がすでに出来上がっているから、キャスト全員が初対面ではないというところでも、最初から稽古場の雰囲気が良かったですね。しかも彼女たちの楽しそうな空気に引っ張られるので、稽古場ではいつもギャンパレのみなさんに助けていただいてます(笑)。初めてお芝居に挑戦するギャンパレのみなさんの一生懸命な姿、彼女たちがお芝居を楽しんでいる姿を、本番でもぜひ見ていただきたいです。

磯村勇斗 エンタメステーションインタビュー

稽古場でのキャスト陣とのエピソードを教えてください。

栗原 類くんは本当にお芝居が大好きで、真面目で誠実。おしゃべりも大好きだし、人懐こいところがあるので、なんか弟分みたいな感じですね。お芝居の話もしますけど、類くんの恋愛観をいじったりしています(笑)。発言にツッコミどころが多いので面白いんですよ。で、僕と類くんがふたりでわちゃわちゃしていると、そこに聖夜の後輩ホスト役の鳥越くんが入ってきて、いつも的確なツッコミを入れてくれます(笑)。猫背 椿さんは全体の空気を引っ張ってくださるので、安心して身を委ねていますね。僕が演じる聖夜、風俗嬢のミキ(ヤママチミキ)、ミキの心の中を演じる猫背さん、この3人のお芝居シーンは、お客さんを非常に不思議な空間に引き込むことができるのではないかと思っています。

1 2 >