Report

崎山つばさ、鈴木拡樹らが、あの必殺技を繰り出す。ハイクオリティーな出来栄えにうなる、舞台「幽☆遊☆白書」ついに開幕!

崎山つばさ、鈴木拡樹らが、あの必殺技を繰り出す。ハイクオリティーな出来栄えにうなる、舞台「幽☆遊☆白書」ついに開幕!

舞台「幽☆遊☆白書」が8月28日(水)に北千住のシアター1010にて開幕した。
1990年から1994年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載された、冨樫義博による超人気漫画が原作。交通事故で死んでしまった不良学生・浦飯幽助が、生き返るための試練を経て、霊界探偵として様々な妖怪と対峙していく物語だ。
初舞台化に加えて、2.5次元作品には欠かせない人気俳優たちが揃ったキャスティングも大きな話題となっていた本作。浦飯幽助 役・崎山つばさ、桑原和真 役・郷本直也、蔵馬 役・鈴木拡樹、飛影 役・橋本祥平、コエンマ 役・荒木宏文が登壇した囲み取材のコメントと、いよいよ全貌が明らかとなったゲネプロの模様を盛りだくさんの写真&レポートでお届けする。

取材・文・撮影 / 片桐ユウ


“懐かしいな”、“こんな舞台観たことない!”と思っていただけるような舞台になっている

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

初日直前、ゲネプロ前に行われた囲み取材には、浦飯幽助 役・崎山つばさ、桑原和真役・郷本直也、蔵馬 役・鈴木拡樹、飛影 役・橋本祥平、コエンマ 役・荒木宏文のメインキャスト5名が登壇。和気藹々とした様子で、意気込みを語った。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

まずは崎山つばさが「いよいよ初日を迎えます。稽古はあっという間に過ぎていきましたが、みんなと一緒につくってきました。演劇として見てもらいたい部分と、今は“2.5次元”という言葉がだんだん広まってくれていますので、そういった部分も合わせて楽しんでいただけたらと思います。原作を知っている方には“懐かしいな”、初めて観る方には“こんな舞台観たことない!”と思っていただけるような舞台になっていると思います!」とコメント。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

郷本直也も「原作が大好きな方にとっては“このシーンがこうなるんだ”と思っていただける部分があると思いますし、初めて触れる方にとっても、とても見やすい内容になっているんじゃないかと思います。本当にいいチームワークで毎日稽古をしてきまして、このチームワーク感も本番に影響してくれるのではないかと思っています。皆様、楽しみにしていてください!」と自信を覗かせた。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

鈴木拡樹は「僕も小さい頃は原作の読者であり、アニメ版の視聴者でもありました。稽古場で最初に幽助が登場して第一声を発した瞬間には“「幽☆遊☆白書」が帰ってきた!”と肌で感じました。観てくださる皆様にも同じ気持ちになっていただけるのではないかなと思ってワクワクしています。新たに描かれているけれども、どこか懐かしさを感じる「幽☆遊☆白書」を届けたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします」と、本作の魅力をアピール。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

橋本祥平は「これほどまでにプレッシャーと緊張と、いろいろなものが混ざり合った空気を感じた顔合わせは初めてでした。脚本・演出の御笠ノ忠次さんを含め、様々な現場で経験を積んできた方々も、全員がプレッシャーを共有しているのだということが、僕の中ではすごい驚きでした」と、話題作への緊張を明かすと同時に「連載の開始当初は、僕はまだ生まれていなかったのですが、もちろん僕の世代も「幽☆遊☆白書」という作品は知っていますし、学生の頃には漫画も読んでいました。それだけ幅広い世代の方に愛されている作品ですので、生半可な気持ちではここに立っておりません! 最後までプレッシャーや緊張と戦いつつも楽しみつつ、最高のものを皆様にお届けできるよう頑張ります」と、気合いを語った。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

荒木宏文は開口一番、「おしゃぶりが邪魔で、マイクの位置が変ですが……」と、会場から笑いを誘う。続けて「稽古初日から大変クオリティーの高い芝居を見られて、すごく刺激をもらいながら稽古最終日までつくり上げてきました。関係者の方々や共演者、友人からもすごく注目されていて、“観るのが楽しみだ”と言ってもらえている作品です。大きなプレッシャーがあると同時に、見せつけてやろうと。その期待を軽く超えられるような内容を稽古でつくれたので、自信をもって初日を迎えたいと思います」と、おしゃぶりをくわえたままコメントしていた。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

質疑応答の際には、郷本が質問者となって「本番中も、おしゃぶりはずっとしゃぶったまま?」と荒木に問いかけ。荒木が「そうだね。このまま話していこうと思う」と回答すると、崎山が間に入って翻訳のように繰り返し、その様子を見守っていた橋本や鈴木も思わず笑顔に。荒木は「聞き取れなかったら、舞台上に字幕が出るかもな!?」と続けて、会場からも笑いを起こしていた。終始、チーム感の良さを発揮した囲み取材だった。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

出だしからハイパワーで「幽☆遊☆白書」にかける気迫を感じ取ることができる

この後は、ゲネプロの模様をレポートする。

開幕して耳に飛び込んでくるのは、アニメ版のオープニング曲「微笑みの爆弾」。リアルタイムで作品に触れていたファンのハートを射抜くメロディに乗って、次々と登場するキャラクターたちが必殺技を繰り出していく。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

ビジュアル解禁時から各キャラクターの再現率の高さが評判を呼んでいたが、アクションシーンでもそのクオリティーは変わらない。冒頭から“彼らがそこにいる!”という感動と同時に、2.5次元作品をはじめとする様々な舞台で経験値を積んできたキャストたちの実力を鮮やかに見せつけられるだろう。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

崎山つばさが演じる浦飯幽助と、郷本直也の演じる桑原和真のガッツリした体術と全力で放たれる必殺技、飛影を演じる橋本祥平の軽快な足さばきや、蔵馬を演じる鈴木拡樹の指先まで張り巡らされた優雅さなど、出だしからハイパワーで「幽☆遊☆白書」にかける気迫を感じ取ることができる。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

今回のストーリーは、コエンマが彼らの活躍を映像で振り返って観ている、という枠組みをもって語られる。リモコンを操作して話を停止させたり、途中で別軸の物語を再生させることによって、各キャラクターの要となるエピソードがテンポ良く明かされていく仕組みだ。
囲み取材でも言及されていたが、本当におしゃぶりをくわえたままの荒木が物語の解説を担うことに驚かされる。しかもそれがスムーズ。苦労の跡を感じさせない話しぶりで、剽軽に観客へ語りかけながら、バランス良くキャラクターを紹介していく。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

オープニングとコエンマの導入後、舞台は浦飯幽助の物語を綴り始める。有名な不良として煙たがられる日々を送っていた幽助は子供を助けて交通事故に遭い、命を落としてしまうのだが、霊界案内人のぼたん(平田裕香)から生き返りの試練を提案される。コエンマとの対面を経て霊体として日々を過ごし、ついに生き返りを果たすまで。原作初期の流れが描かれる。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

ヒロイン・雪村螢子(未来)や幽助の母・浦飯温子(角島美緒)との掛け合いも丁寧に描かれているため、幽助とその周囲の人物像がしっかり伝わってくる。幻海(エリザベス・マリー)も顔見せシーンは少ないが、女性キャストたちの嫌味のない魅力に溢れた確かな演技も大きな見どころだ。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

生き返ることを伝えるために幽助が桑原に乗り移る場面や、ぼたんの浮遊シーンなど、“舞台上で表現されると、こんなに楽しい面白さが出るのか!”と膝を打ちたくなる演出も多数。
前半の場面は学校生活の中で起こるエピソードが多いこともあり、桑原が大活躍。不良だが仲間想いで心優しき桑原が、ライバル視していたハズの幽助と助け合いを重ねて、背中合わせに戦うコンビ感は少年漫画のザ・王道ショットでテンションが上がる。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

幽助が霊体としての日々を過ごす間、コエンマはビデオ……かどうかは不明だが、時代的になんとなくVHSである気にさせられる映像を切り替えて、蔵馬と飛影の出会いを再生する。
内容は原作単行本第7巻に収録されている「TWO SHOTS」。近年、新作アニメーションとして公開されたこともあり、ファンにとっては欠かせないエピソードだ。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

ここでは優等生として学校生活を送る短髪時代の蔵馬と、妹・雪菜を探す旅を続けていた飛影が、妖怪・八つ手と交戦する。ふたりがどのような想いで生活しているのかが、静かな会話と戦いを通して垣間見える場面。舞台ならではのバトルシーンと、ふたりの共闘が見せ場だ。シンプルな舞台装置に映し出される映像や、大きく波打つように襲いかかってくる妖怪・八つ手の表現に立ち向かう、役者陣の切れの良さがここでも光っていた。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

後半は、生き返った幽助が人間界で妖怪が起こす事件を解決する霊界探偵となって、三大秘宝を奪った妖怪たちと対峙する。剛鬼(新田健太)との戦いを通して、幽助は指先に霊力を込めて放つ、霊丸(レイガン)を習得。蔵馬や飛影との出会いも果たし、仲間たちが揃ったところで幕引きとなる。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

今も根強い人気を誇る作品だが、この舞台で初めて「幽☆遊☆白書」に触れるという人も不安はいらない。願わくはシリーズ化して彼らのその後も追いかけさせて欲しくなる、小気味良い爽やかな作品である。

舞台「幽☆遊☆白書」 エンタメステーションレポート

東京公演は9月2日(月)まで。その後、大阪公演が9月4日(水)から8日(日)まで森ノ宮ピロティホール、福岡公演が9月10日(火)から13日(金)までももちパレス、愛知公演が9月20日(金)から22日(日)まで一宮市民会館にて上演される。
9月22日の大千穐楽公演は全国の映画館でのライブビューイング、WOWOWとニコニコ生放送でも中継される予定。また、ピューロランドでのアフターイベント開催やBlu-ray&DVDの発売も決定している。

フォトギャラリー

舞台「幽☆遊☆白書」

舞台「幽☆遊☆白書」

【東京公演】2019年8月28日(水)~9月2日(月)シアター1010
【大阪公演】2019年9月4日(水)~9月8日(日)森ノ宮ピロティホール
【福岡公演】2019年9月10日(火)~9月13日(金)ももちパレス
【愛知公演】2019年9月20日(金)~9月22日(日)一宮市民会館

<ライブビューイング>
2019年9月22日(日)16:00〜予定
詳細はこちら

原作:冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊)
脚本・演出:御笠ノ忠次

出演:
浦飯幽助 役:崎山つばさ
桑原和真 役:郷本直也
蔵馬 役:鈴木拡樹
飛影 役:橋本祥平
雪村螢子 役:未来
浦飯温子 役:角島美緒
ぼたん 役:平田裕香
剛鬼 役:新田健太
幻海 役:エリザベス・マリー
コエンマ 役:荒木宏文

アンサンブル:
秋山皓郎/安藤勇雅/片伯部浩正/坂井良平/田﨑直輝/田邊謙/戸舘大河/
名幸哲之介/野村新成/星直実/南井雄斗/村井雅和/山田貴斗

主催:舞台「幽☆遊☆白書」製作委員会
(Office ENDLESS/ぴえろ/読売広告社/サンライズプロモーション大阪/バンダイナムコアーツ)
キョードー西日本(福岡公演のみ)

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@yuhaku_stage)

©舞台「幽☆遊☆白書」製作委員会
©Yoshihiro Togashi1990年-1994年