TVアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』1年6か月の記憶  vol. 7

Report

何度観ても泣ける神回!『シンカリオン』最終話の応援上映も…濃密すぎた130分、「夏のシンカリオン感謝祭2019」を振り返って

何度観ても泣ける神回!『シンカリオン』最終話の応援上映も…濃密すぎた130分、「夏のシンカリオン感謝祭2019」を振り返って

2019年8月11日、『超進化研究所がおくる!夏のシンカリオン感謝祭2019』が開催された。TVアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』のキャスト・スタッフ登壇によるトークショーに、劇場スクリーンを使用したTVアニメ最終話の上映会、12月公開を控える劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』に関する新情報コーナーも用意した充実のイベント。約130分にパンパンに詰め込まれたその内容から、注目の新情報とともに『シンカリオン』ファンの現場の熱狂ぶりをお伝えする。

取材・文 / 柳 雄大


この日のための新エピソード生朗読も!

イベントには、佐倉綾音(速杉ハヤト役)、沼倉愛美(男鹿アキタ役)、村川梨衣(大門山ツラヌキ役)、真堂圭(セイリュウ役)のメインキャスト4名、そして池添隆博総監督、板井寛樹監督が登壇したほか、司会をマックスウェル・パワーズ(ゲンブ役)が務めるという最高の布陣。満員御礼となった会場のイオンシネマ シアタス調布には、厳しい抽選を勝ち取った約500名近いファンが詰めかけた。子どもがメインターゲットの『シンカリオン』ではあるが、今回のイベントに訪れたファンは(キャスト・スタッフのトークイベントという性質や夕方開演ということもあり)ほとんどが大人、また女性がそのうちの過半数を占めていたことも興味深かった。

当日のイベント内容は大きく分けて4コーナー。「回答!教えてシンカリオン!!」(公式Twitterで募集した質問にキャスト・スタッフが回答。この内容は後日、公式サイトでも公開された)、「新作!オリジナルエピソード生朗読!!」(このイベントのために用意された新エピソードをキャストが朗読)、「みんなで観よう!シンカリオン最終話!!」(TVアニメ『シンカリオン』最終話を劇場スクリーンで上映)、「超先出し!劇場版 最新情報!!」(劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』に関する新情報の公開)といった構成だ。

このうち「新作!オリジナルエピソード生朗読!!」では、TVアニメ『シンカリオン』脚本家のひとり・山下憲一による新エピソード2本がキャスト5名の朗読劇として披露された。1作目は、「TVアニメ最終話の少し前」に設定されたエピソードとして、4人の運転士たちがアキタの故郷・阿仁マタギ駅へ遊びに行く「アキタ!クマ牧場を探索せよ!!」。2作目「引っ越し!思い出の寮生活!!」は、アキタとツラヌキが寮での共同生活を始めた当初の思い出を、TVアニメ第7話から泣く泣くカットされたという幻のセリフとともに振り返るというもの。いずれもおよそ7分程度のショートドラマが繰り広げられ、TVアニメでは観られない小ネタ・パロディも満載でファンを喜ばせた。

最新鋭試験車両「ALFA-X」参戦決定。しかしまだまだ謎が多い……!?

ここでは、イベントで明かされた劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』に関する新事実をチェックしておきたい。

【1】舞台は北海道から始まる!

初めに明かされたのは舞台設定。劇場版の物語は公開時期と同じ12月、冬の北海道が舞台となるという。ここでは池添総監督、そしてシリーズ構成・脚本の下山健人らが北海道へロケハン取材を行ったことと、雪に包まれた現場の取材写真もいくつか紹介された。

【2】新幹線試験車両「ALFA-X」がシンカリオンになって登場!

そして今回の劇場版で、JR東日本の試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」がシンカリオンとなって登場することがあらためて発表された。

これまで現役の新幹線車両がロボットに変形してきた『シンカリオン』の中で、未来の新幹線のための試験車両が選ばれたことにはどのような意味があるのか。詳しいことはまだ明らかにされていないが、池添総監督からは、「ALFA-Xには“未来をつなぐ”というテーマがある。それを映画(作品)の縦軸にもかけている」とのコメントも。

【3】シンカリオン ALFA-Xの運転士は新キャラ!

シンカリオン ALFA-Xに乗り込む運転士のキャラクタービジュアルも公開された。こちらは池添総監督いわく「まだ“謎の少年”としか言えない……」とのことで、現時点では年齢や名前すらも未発表。ここまでヒミツが多いと、このキャラの名前にも大きな意味が秘められているのでは……?と思わず勘ぐってしまう!

【4】メインキャラの私服は新しいものになる!

新キャラのほかに、『シンカリオン』レギュラーの登場人物たちについても続報が。ここでは、冬の舞台設定にあわせて衣装を新たにしたキャラクター設定が公開された。TVアニメでは、通年でどの季節にも対応しやすい衣装デザインとなっていたが、今回は明確に冬服になったことが特徴だ。

ここでは、キャスト陣からキャラクターデザイン担当・あおのゆかを称える声が上がり、予定外ながら観客席で観覧していたあおの氏を呼び込み、コメントをお願いする一幕も。キャラクターの衣装デザインについては、「セイリュウの風変わりなサスペンダー」や「シノブの靴は絶対に足袋がいいと思ったのと、手裏剣のモチーフは入れたかった」といった細部のこだわりが本人から紹介された。

1 2 >
vol.6
vol.7