特集“シド ニューアルバム『承認欲求』リリース記念企画”  vol. 2

Interview

シド ソロインタビュー② 明希~シドらしさの“追求”と賛否両論への“欲求”~

シド ソロインタビュー② 明希~シドらしさの“追求”と賛否両論への“欲求”~

シド2年ぶりのフルアルバム『承認欲求』発売に合わせて、本サイトでは昨日から【シドリリース記念企画】がスタート。本日、ソロインタビューの2人目として登場してくれるのは、ベースの明希。「賛否両論が欲しい」と言い切った意欲作について、さらには明希ならではの音楽理論について解説してもらった。

取材・文 / 東條祥恵 撮影 / 今元秀明


シド 明希 エンタメステーションインタビュー

ただ単にいままでとは違う新しいものを作るのではなく、そこに自分らに対してファンの子がイメージする色もちゃんと入ってる

まず、今回のアルバムの手応えから聞かせてください。

以前のインタビューで、それぞれが見える音を作りたいって話したことがあると思うんですね。Shinjiらしさ、俺らしさ、ゆうやらしさ、マオくんらしさ、シドらしさ。それが見えるような楽曲をやりたいってことをそのとき言ってたと思うんだけど。いまの流行りを取り入れたシドっていうものより、そういうふうに自分たちの表情がもっと見える音にしたい、と。それが、だんだんとできるようになってきた気がしてます。

例えば、どんな部分でしょう。

いままでだとストリングスを重ねて音を広げてたところを、Shinjiのギターの音色で聴かせるほうがいいんじゃないってなったり。これまでの俺たちはこうしてたよねっていうのを選択肢に入れない。そういう試みは、いろいろやりましたね。これは俺個人の意見ですけど、例えば映画で電車が走る音は実際に電車の音を直接録ったりするじゃないですか? それはそれでクオリティーが高いものができると思うんです。でも、宮崎駿さんの映画『風立ちぬ』のなかで、効果音をすべて人の声で録ったという話があったんですね。飛行機が飛ぶ音も人の声で“ぶぉー”とかやってるんです。「本物のジェット機が飛ぶ音を録っても、それを使うことにどんな意味があるんだろう」と、宮崎さんがおっしゃってたインタビューを思い出すんですよ。素敵なストリングスを入れるのもいいけど、本当はストリングスが担当したほうがいいのかもしれないけど、そうではなくて我々がそれをShinjiがギターで、俺がベースで、ゆうやがドラムを叩いて手動でやる。それが、さっき言った映画の話と俺のなかではつながるんです。今回はそういうものがあると思えば、かたやバンドが全く演奏してない曲もあって。その振り幅が面白いのかなと思いましたね。その両方をやってるんだけど、でも、ファンの子が好きなシドや、イメージしてくれてるシド像はしっかり入ってるんじゃないかな。ただ単にいままでとは違う新しいものを作るのではなく、そこに自分らに対してファンの子がイメージする色もちゃんと入ってる。そういうアルバムですかね。

制作に入る前、アルバムの明確なコンセプトはあったんですか?

隙間とか休符とか全音符、伸ばす音を使ってシンプルに、というのは全員の共通認識としてあったと思います。その上で、作っていくモードとしてさっき話したようなことが出てきた感じですかね。今回はメロディだけの曲とかも多かったんで、それを踏まえてシンプルなアレンジにしていって。もちろん、曲が呼んでるものは入れてるんですよ。ここはガチッと壁が埋まってたほうがカッコいいよねっていうものはそうしてる。ただ、マインドとしてはシンプルにという方向性です。昔だったら、聴こえない音まで入れてましたから。

レコーディングのときに?

ええ。それがあるのとないのとでは肌触り、質感が違うからって。まあほとんどそれをやってたのは俺なんですけどね(笑)。「これ、聴こえないよ」って言われても「いや。これは絶対に入れたい。定位でこの音がちょっと鳴ってて欲しいから」って。自分の曲はだいたいそんな感じでしたよ。

けれども、今回はその音を入れないという選択肢を選んでみた、と。

この15年で、もう散々そういうことはやってきたから、入れることに興味がなくなったんですよ。いままでは自分が聴こえてる音は全部入れないと気が済まなかったけど、もうそういうアプローチはいいんじゃないかなって思い始めていたところだったんです。

なるほど。

サウンドがシンプルだからこそ、ポップなアルバムに聴こえると思うんで。それについてどういう賛否両論が巻き起こるのか、いまから楽しみなんですよね。キャッチーなメロディをバンドでどう表現するのか。いまの自分たちはこういうことかなという一つの答えが、このアルバムなんですよ。ポップとかキャッチーといっても“ほら、どれもキャッチーな曲ばかりでしょ?”“ポップでしょ?”“俺たち売れたいんだよ”っていうことではなくて。このメロディを活かすにはこのサウンドだった。それが、今作はポップな方向に寄ってるっていうだけで、別にポップなアルバム作ろうぜ、なんて話はしてないんですよ。メロディがキャッチーなのは、シドが始まってからずっとそうだからね。そこに毒を加えたり、いろんなエッセンスを加えてやってきたんだけど。今回は、音楽をそのまま分かりやすくやった感じ。

毒を入れたりしないで。

だから、そこの塩梅ですよね。昔だったら、よりそのジャンルに寄って作ってたところを、そこまでやりこまない。だから、面白いアルバムになったと思いますよ。いまのシドはこういうモードなんだというのが分かるんじゃないかな。いまはこうでも、次のアルバムになったら、すっごい盛り盛りに作り込んでる可能性もあるし。どうなるかは、自分でも分からない。

シド 明希 エンタメステーションインタビュー

上手いってもんじゃない。早くあの人の指を国宝にしたほうがいいって思うレベルでした

ここからは収録曲について聴かせてください。シンプルとはいえ打ち込みに振り切った4曲目の「デアイ=キセキ」とか、明希さんはどう感じましたか?

これは振り切ったよね。ゆうやがディレクションして作っていって、最終的にメンバーとディスカッションしてできた曲なんですけど。ギターは弾いてるけど、俺、ベース弾いてないですからね。そこはライブの面白さの一つになるのかなと思ってます。ライブでは弾くわけだから、ベースをどうするのかっていうところを楽しんでもらえたらと思ってますね。

明希さんが作った2曲目の「Blood Vessel」。この曲でピアノをH ZETTRIOのH ZETT Mさんにオファーしたのは誰のアイデアだったんですか?

それはね、会議で話してるときに「H ZETT Mさんとかいいんじゃないかな。お願いしたら引き受けてくれないかな?」って俺が言いました。個人的に東京事変のピアノが大好きで、ピアノの腕も凄いじゃないですか? この曲はデモからピアノが入ってたんで、さらに派手にしてもらいました。ぐしゃぐしゃに汚して欲しかったんですよ。俺、ピアノが世界で一番美しい楽器だと思ってるんですね。その美しい楽器でもって、この曲が壊れるぐらい汚くして欲しくて。だから、レコーディングは俺がディレクションしたんですけど。「ちょっと直させて」って言われても「これがかっこいいんで」って、1stテイクをほとんどいじらなかった。でも、さすがでしたよ。上手いってもんじゃない。早くあの人の指を国宝にしたほうがいいって思うレベルでした。

曲は、なにかテーマがあって作ったものだったんですか?

俺が思うドキッとする、ゾクッとする、スリリングなシド。そういうイメージで作りました。チューニングを下げてリフで押すようなスリリングさよりも、こういう感じのスリリングさのほうがシドっぽいのかなと思って作っていきましたね。俺の曲でいったら「汚れた指」とか「赤紙シャッフォー」というような感じ。

ライブでのプレイが楽しみですね。

難しいよ、この曲は。ノリで弾いてるように見えて、久々にベース、ちゃんと考えたもんね(笑)。

これがアルバムのラストだろうな、と思ってたら、マオくんが考えてきた曲順では最後ではなくて。「ああ、違うんだ」って(笑)

9曲目の「涙雨」はいい曲でしたね。エモーショナルでグッときました。

これ、実はかなり昔の曲。「2℃目の彼女」のときにAメロとかサビはできてた。

そんな昔に?

そう。そこからずっと選曲会では上がってたんだけど、いつの日からか上がらなくなって。それで、久々に過去の曲を聴いたとき、これが俺のなかでグッときて。もう1回いまのスキルをもって作り直して聴かせたら、みんなが「超いいじゃん!」ってなって。マオくんの歌詞がきたとき「ああー、これはきたな」と。シドらしいし、これがアルバムのラストだろうな、と思ってたら、マオくんが考えてきた曲順では最後ではなくて。「ああ、違うんだ」って(笑)。アルバムは「君色の朝」で終わるんですけど、歌詞のストーリー的には、あれで終わるのがいいんですよ。最近のシド、マオくん自身のことを歌ってる感じがあるからね。対して「涙雨」は、主人公をちゃんと置いて物語を描いてて。すごくシドらしいんですよね。自分のなかでは、かなりうまくいった曲で、自分でもいい曲だなと思いますね。

サウンドの音像感もこの曲のドラマ性にハマってますよね。

サウンドはハードロック感を出したくて。ベースの音とかも図太い系なんですよ。これはソロ活動のときによく使うチャンネルを使って、ベースの音を録ったんですよ。だから、ベースの音がブリブリしてるんです。この曲においては、そっちのほうがドラムとの相性が良かったんですよね。ドラムがドンドンドンパーンって、すごいダイナミックな音で録れたんで、俺もソロの音で弾いてみようと思って。

それで、ああいう迫力あるサウンドになったんですね。

これだけ俺、唯一5弦ベースを弾いてるんですよ。あとは、全部4弦。

曲自体はもう10年以上も前にあったものじゃないですか? それを再構築するにあたって、明希さんはどんなところに注意を払っていったんでしょうか?

メロはほぼそのままだから、テンション感ですかね。コードとかもそうなんですけど、AメロBメロの場面にいったときのテンション感が俺のなかではいつも重要で。例えば、コードでいうとF→GといったあとにEにいったときの温度感とか。あとはリズムの縦の位置とか。そういうのをよりシンプルに、強くしていった感じです。

リズムの縦の位置とは?

譜面を書くでしょ? それを縦に見ていくと、キックがどれも3拍目で入ってるのにサビだけ違ってると、ビート感がそこでなくなるんですね。リズムは変わっても、キックは常に同じ場所にある。変わらないものが存在してるほうが、曲のテンションって失われないし、落ちないんですよ。だから、ぶっちゃけると最強のビートって4つ打ちなんです。最初から最後までそれがずっと鳴ってるからのれるんです。だから、最近の曲ってどれも同じところにキックが入っててのりやすいから、みんなフェスとかで踊れるんですよ。なので、この曲もキックの位置はめちゃくちゃ意識して直しました。当時はそういうことも分からず作ってたから、散らばってた。それをもう1回見直した感じ。

なるほど! 3連の曲なのにずっとエモーショナルなテンションを感じるのは、アレンジにそういう仕組みが施されていたからだっんですね。

そうそうそう。そういうことも、やっていくと分かるんですよ。これ、コードはいいのになんかダサいなっていうものは、だいたいキックの位置がずれてたりする。そこをちょっと直すだけで聴こえ方が変わったりするんですよね。

シド 明希 エンタメステーションインタビュー

「みんなでコーラスしてたあの曲よかったよね」っていうぐらい、キーワードに3人のコーラスが特徴として挙がるぐらいになってほしかった

明希さんの音楽講座はここまでにして(笑)、先ほどもお話が出た10曲目の「君色の朝」。こちらは今年3月に開催した横浜アリーナ公演で初披露された曲です。あそこで演奏するために作ったものなんですか?

そう。横アリをやるときに新曲が欲しいなと思ったんですよ。あそこで15周年ありがとう、16年目もよろしくねっていうためには、新しい曲がないと説得力に欠けちゃうんじゃないかと思って。じゃあ、音源で出す前にライブでやろうということになって各々新曲を作ってきて。何曲か候補があって、どれをやるかは、セットリスト次第だなと思ってたんですね。それで、セットリストを組んでいったら、新曲を入れる位置がアンコールになった。そのときに、この位置なら「君色の朝」のほうがハマるし、ここでやるならこの曲にはこういう歌詞を書きたいってマオくんが言ってくれたので、この曲に決まったんです。それで、アルバムの位置づけでも最後を締めくくる曲になったから、自分たちのいままでとシドのこれからというところで、ちゃんと意味が通じましたよね。

曲はいつ頃書いたものですか?

アルバムのなかでは一番最近ですよ。今年の1月末ぐらいかな。

3人で歌うコーラスは最初からイメージがあったんですか?

うん。元々そういうパートを作りたかったんですよ。絵的には、俺とゆうやとShinjiが歌ってるところにマオくんがすっと入ってくる。そういう間奏にしたかったんです。ギターソロがきて落ちサビっていう間奏はいつもやってるから、じゃあどんなのがいいかな? ライブで絵的に映える感じにもしたかったから、じゃあ3人でコーラスを歌おう、と。そこからメロディ、ハモリを全部考えて。その絵でこの曲を憶えてほしかったんです。「これって横アリで3人がコーラスしてたやつでしょ?」 「みんなでコーラスしてたあの曲よかったよね」っていうぐらい、キーワードに3人のコーラスが特徴として挙がるぐらいになってほしかった。

横アリでは事実、あの3人の絵があって、よりこの曲の感動が倍増しましたからね。

でしょ? みんなで演奏しながら歌うっていうのがいいじゃん。そこは考えて作りましたね。

アルバムで聴くと、さらにその感動が深まる気がします。

そうですね。これは歌詞がきますよね。最後の“流した汗には 裏切られたけど~”からのフレーズは、普段生活してる人、夢を追いかけてる人、学生だったら部活頑張ってる子とか勉強頑張ってる子が聴いたらすごいグッとくるんじゃないかなと思うんです。俺がそういう立場だったらグッとくると思いますね。思い出しますもん。バンドをがむしゃらにやってた頃の自分を。どんなに汗を流して頑張っても全然人気が出なくて、全然売れなくて。自分を信じてこの道で頑張ろうって音楽をやってても、報われない時期はたくさんあったから、そこでは、好きなことをやっててもどんどん疲弊していく自分もいるわけですよ。これを聴いてると、そういうときの自分を思い出すよね。それで、最後に“さよなら~”からのところで、また明日頑張っていこうって、未来に向かう感じがして。いいなと思いますね。

明希さんもそこでこの曲からエールをもらう感じなんですかね。

そうそう。シドの「エール」みたいな応援、支えるタイプではないけど、こう(自分をハグして)されてる感じ。心が温かいなにかで包まれてる感じがする。普段そういうことを言わない人がこれを書いてるから、知ってる人ほどグッとくるんですよ。弱音を吐くタイプじゃないから。

普段のマオさんは。

だから、マオっていう人の人間味がすごく出た歌詞だと思いますね。

15周年ありがとう、16年目もよろしくねというのがあったからこそ、こういう歌詞を書いたんですかね。

そこは間違いなく影響してると思いますけどね。

リスナーの皆さんにはどんなふうにこのアルバムを聴いてもらいたいですか?

気ままに聴いてほしい。シドのアルバムだって思って聴いてもらってもいいし、思わなくて普通に誰かのアルバムとして先入観持たずに聴いてもらってもかまわない。それで、賛否両論が欲しいです。このアルバムを受け取ったみんなはどう思ったの? 「やっぱりシドっていいわ」なのか「こういう感じになっちゃったの?」なのか。どっちなのかを知りたいですね。

シド エンタメステーションインタビュー

ヘアメイク / Hideaki Sakanoi(Alpha Knot)、Shuko Ohdaira
スタイリスト / Wataru Okumura

衣装協力
AKM
CRADLE
FAGASSENT


【募集終了】抽選で3名様にシドさんの直筆サイン入りポスターをプレゼント!

シドさん直筆サイン入りポスター

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

9月4日(水)~9月11日(水)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。

その他のシドの作品はこちらへ。

ライブ情報

SID TOUR 2019 -承認欲求-

9月13日(金) 千葉県 松戸・森のホール21 ~ID-S限定LIVE~
9月14日(土) 千葉県 松戸・森のホール21
9月23日(月・祝) 群馬県 ベイシア文化ホール(群馬県民会館)
9月25日(水) 神奈川県 カルッツかわさき
10月5日(土) 宮城県 東京エレクトロンホール宮城
10月12日(土) 埼玉県 大宮ソニックシティ
10月14日(月・祝) 岡山県 岡山市民会館
10月19日(土) 大阪府 大阪国際会議場
10月20日(日) 大阪府 大阪国際会議場 メインホール
10月22日(火・休) 福岡県 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
11月2日(土) 愛知県 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
11月3日(日・祝) 愛知県 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
11月5日(火) 東京都 中野サンプラザホール
11月6日(水) 東京都 中野サンプラザホール
11月9日(土) 新潟県 新潟テルサ
11月13日(水) 北海道 カナモトホール(札幌市民ホール)

SID TOUR 2019 -承認欲求- FINAL

11月21日(木) 東京国際フォーラム ホールA

詳細はオフィシャルサイトへ
https://sid-web.info/

SID(シド)

2003年結成。マオ(vo)、Shinji(g)、明希(b)、ゆうや(ds)からなる4人組ロックバンド。
2008年、TVアニメ『黒執事』オープニングテーマ「モノクロのキス」でメジャーデビュー。
2010年の東京ドーム公演では4万人を動員。結成10周年となった2013年には、初のベストアルバムをリリースし、オリコンウィークリー1位を獲得。同年、横浜スタジアムで10周年記念ライブを開催、夏には初の野外ツアーで4都市5公演で5万人を動員し大成功を収める。2014年には香港・台湾を含む全国ツアーも開催した。
2018年にバンド結成15周年を迎え、8月にはキャリア初のミニアルバム『いちばん好きな場所』をリリース。9月からは全公演SOLD OUTの中、<SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 「いちばん好きな場所2018」>を開催。
そして、今年2月にアジアツアーを開催、3月10日には15周年アニバーサリーイヤーのグランドファイナルとして、横浜アリーナでの公演を実施した。
9月4日に2年ぶりとなるアルバム『承認欲求』をリリースし、全国ホールツアーを開催する。

オフィシャルサイト
https://sid-web.info

シド・明希フォトギャラリー

vol.1
vol.2
vol.3