特集“シド ニューアルバム『承認欲求』リリース記念企画”  vol. 3

Interview

シド ソロインタビュー③ ゆうや~人の喜びが自分の活力になる理由~

シド ソロインタビュー③ ゆうや~人の喜びが自分の活力になる理由~

発売から2日が経過し、すでに多くのリスナーから反響が届いているというシドの新作『承認欲求』。そのリリースを記念してデイリーで記事を更新している【シドリリース記念企画】。ソロインタビュー3人目となる語り部はドラムのゆうや。バンドの現状を見事に分析する洞察力と独特ともいえるドラム論、そして彼の笑顔の秘密を語る。

取材・文 / 東條祥恵 撮影 / 今元秀明


シド ゆうや エンタメステーションインタビュー

シドが元々持っているいいところはしっかり活かしつつ、鎧だけが違う。そういう印象かな

仕上がったアルバムの手応え、いまはどんなふうに感じていますか?

すごい珍しい曲がいっぱいそろった、という印象が強い。聴いてくれた人たちもきっとそう思うんじゃないかな。「おお、こう攻めてきたか」っていう感じの、分かりやすいぐらいジャンルレスで幅広いアプローチがあちこちに詰まった作品だから、なかなか落ち着かせてくれないアルバムだと思いますよ。

それぐらい、なにが出てくるか分からないから先が読めないということですね。

先が予測できる曲って落ち着くじゃないですか? そういう曲がほぼないと思います、今回は。けど、全体的なジャンルでいうと、ちゃんとポップスでまとめあげてるんですよ。だから、シドが元々持っているいいところはしっかり活かしつつ、鎧だけが違う。そういう印象かな。

うまいことを言いましたね。では、ズバリ聞きますが、これまでとその鎧はどんなところが一番違うんでしょうか?

いろんな種類の鎧を着てますね。いつもはそれぞれの自前の鎧が多かったんですよ。あとは、そのために自分たちで発注して用意した鎧とか。でも、今回は最初にやり方自体を変えたのが大きくて。

やり方というのは?

前作の『NOMAD』のときはエンジニアを変えてみようということで、4人起用してみたんですけど。今回は曲の取り組み方、作り方もそうだし、レコーディングもいままでやったことがないやり方だったんですよ。今回は、プリプロの段階で(楽器隊)3人では合わせてないんです。

えっ!! そうなんですか?

はい。それぞれ自宅で作業して。その良さというのは、誰にも迷惑掛けずに自分が納得いくまでじっくりやれるということなんですよ。それをやりつつ、プロデューサー、ディレクター的なスタッフをレーベルから1人、メンバーとの間に立つ役割として入ってもらったんですね。

メンバー以外の人が?

そうなんです。そうすることで、自分たちだけで完結しない、というのをやってみたんです。だから、プリプロの段階からその人もLINEのグループに入ってもらって。その人から「もっとこうしたほうがいいんじゃないでしょうか?」という意見が出たら、それを取り入れて新たに作り直してみたり。というのをやって仕上げていった感じなんですよ。曲のアレンジ、プレイ面までいろいろ口を挟んでもらって。俺は本チャンの録り(レコーディング)のときもその人に来てもらって。自分とエンジニアさんとの間に入ってもらって、サウンドメイクについてもいろいろ口を挟んでもらいました。

つまり、全体を通して今作は4人だけではなく、そのレーベルのスタッフも含めて5人で作り上げていったということですか?

ジャッジするのが自分たちメンバーだけではなかったということですね。それはこれまでやったことがないやり方だったので、今作に関しては自分たちだけで用意した鎧だけではないんです。

この曲にはどんな鎧が似合うのか、そのコーディネイトについてアドバイスするスタッフがいたということですかね?

そうそうそう。結果、その人が見つけて持ってきてくれた鎧を俺らが身につけるということもやれたので、ちょっと新しい風が吹いたなと思ってます。

シド ゆうや エンタメステーションインタビュー

勇気を持ってみんな出したんです。だから、面白かったですけどね。いい経験だった

曲の取り組み方はどんなところが変わったんですか?

今回は曲作りの前に事務所の社長を含めたみんなで話し合いをして。15周年を終えて次に新しくスタートするシド、16年目のシドをどんなふうに見せていこうかという会議があったんですよ。そこで社長から出てきた提案として、俺らが選曲会に出す曲はデモ段階から完璧すぎると。完璧すぎるのはいいことなんだけど、完璧すぎてて余白がないと言われて。確かにそうなんだけど、でも俺らとしては、完成図がちゃんと見えてるのにそれを完成させないでみんなに聴かせるのはどうかなというのがあったから、1人1人がちゃんと完成させて選曲会に持っていってたんですね。でも、受け手としては、余白を残してくれたほうが、ここはこうしたらいいんじゃないか、というアイデアを考えられるから「1回すごいシンプルなデモで選曲会をやってみない?」という話が出て。そこで「例えばアコギの弾き語りで歌ってるだけとか、それぐらいシンプルな音で3人ともデモを作ってみたら?」という感じになったんですよ。

ほぉー!!

そのルールのもと、1人2曲ずつぐらい作って3人とも出したんです。余白があると、「これはこんな感じのノリで、もうちょっとテンポ上げたら良くない?」とか、「これはこのままの感じでアコギでグイグイ押してくのが良くない?」とか、実際意見がいろいろ出るんですよ。なので、新しいやり方はトライして良かったなと思ってますけどね。

16年目、新しいシドに向かって今作はデモの作り方から新しい挑戦をしていった作品だったわけですね。

決めつけないやり方でやったという感じですね。俺らは初期の頃からこんなことをやったことなかったですからね。最初から、普通に1人1人がそのときにできる最大限の作り込みでデモを持っていってましたから。今回みたいにアコギをジャンジャカ鳴らしてるだけの音をバックに歌ってるだけのデモなんて、本当になかったんですよ。スタジオでみんなで集まって(曲やアレンジを)構築していこうっていうのはやらないタイプのバンドだったから。それがここにきて、いま逆にそれをやるというのが、いい経験になりましたよね。それで、いい曲に仕上がったものもあったし。

例えば、どれですか?

1曲目の「承認欲求」はほぼほぼギターと歌だけでしたからね。そこで、これがいいんじゃないか、ああいうのがいいんじゃないかっていう感じでみんなの想像が膨らんで。そうやって作っていったら、結果アルバムのリード曲になっちゃいましたからね。良かったですよ。

シドはこういうやり方でもできるんだなというのが分かりましたね。

うん。完成形じゃないデモを持っていくのはいつでもできるもんじゃない。今回みたいにシンプルなデモを持っていくというルールがなければ、ウチは誰もそんなものは持っていかないから。完成したデモのなかに、薄っぺらいシンプルなデモが1曲だけあったらね、負けるのは決まってるから。

選曲会で並べて聴いたら。

ええ。作り込んでる曲とはパンチも劣るから。今回みたいに全員同じ土俵でっていうのがないと、みんな出さないんですよ。

今回はシンプルなデモで、というルール決めがあったからこそ。

勇気を持ってみんな出したんです。だから、面白かったですけどね。いい経験だった。

“人がどうこうだから”というのが俺はすっごく好きなんですよ。人が喜んでるのが好きとか。それに何年か前に気付いたんです

ここからは収録曲について聞かせてください。6曲目の「ポジティブの魔法」はアコギとエレピと歌が中心の、人肌を感じさせるオーガニックな楽曲ですね。

これは、ただただアコースティックな曲を作りたかっただけなんです。シドでは「〇〇をアコースティックバージョンで」というのはちょいちょいやってたんですけど、そういうのじゃなくて、純粋にシドのアコースティックな曲が欲しいなと思って。俺が作っておいてなんなんですけど、ドラムが入っていなくて、入れるとしてもカホンとかのパーカッション。そういうアンプラグドな曲が欲しかったんですよ。と言いながら、エレピとか、ベースもエレキで入れちゃいましたけど(笑)。俺、“マオfrom SID”のライブに初めて行ったときに、すごい静かな曲をマオくんが歌ってるのを観て「これはシドでも全然ありだな」とすごく思ったんですよ。そのときにこれを作ったんです。

マオさんのソロライブを観たのがそもそものきっかけ?

大元はそこですね。ライブを観て、シドは歌もので楽曲を押してきたのに、なんで“ザ・歌もの”の代表となる完全なるアコースティックな曲が1曲もないんだろうと思って。それで、静かで優しくて、そんなに声を張らなくても歌える曲をイメージしてこれを作ったんです。なので、これはデモのときからこんな感じでした。

こうして楽曲に素直に優しい感じや温かみを出せるところは、ゆうやさんらしいですね。

人から言われたんじゃなくて、自発的に作ると、こういう優しい感じになりますね。俺は。

そこはゆうやさんの人間性なんですかね。

そうなんじゃないですかね。キャラクター的にはだいぶバリバリしてるんですけど、本質はそんなにバリバリしてないから。でも、この曲もこういう曲がシドにあるといいなとか、人用なんですよね。意外と。

自分がやりたいからではなくて。

自分のエゴとかわがままとかじゃなくて、いつもだいたいそうなんですよ。“人がどうこうだから”というのが俺はすっごく好きなんですよ。人が喜んでるのが好きとか。それに何年か前に気付いたんです。なんで俺、こんな1銭にもならないことに手を出してしまって一生懸命頑張ってるんだろうって疑問に思ったことがあって。それは、ただ単にそいつが喜ぶからだと。俺のガソリンはそこだわ、とそのとき気付いたんですよ。俺は自分のために動くことってほぼほぼなくて。

人が喜ぶから動く。

というのが、俺のなかでは大きな割合を占めてる。それがなかったとしたら、引きこもりかもしれないもん、俺(笑)。分からないけどね。部屋でずっと静かにしてるだけかも。

シド ゆうや エンタメステーションインタビュー

俺はこのドラムを叩きたいからって作った曲は、過去に1曲もないんですよ

ゆうやさんの笑顔は、誰かが自分がやったことに対して喜んでくれた。それに対しての笑顔だったんですね。

そういうことが多いです。だから、曲もわりと誰かのために、というのが多いというか、多すぎるというか。以前にスタッフから「ゆうやがドラムで叩きたい曲を作ればいいじゃん」って言われたんですけど「俺、別に叩きたい曲とかないな」と思って。こういうドラムを叩きたいからっていう理由では曲を作れないんですよ。例えば、Shinjiだったら、ギターでこのリフを弾きたいからこの曲を持ってきたとか、たぶん他の人はあるんだろうなと思うんです。でも、俺はこのドラムを叩きたいからって作った曲は、過去に1曲もないんですよ。

曲を作るきっかけ、その優先順位にドラムが。

ないんですよ。例えば、さっき言ったみたいにマオくんにアコースティックなシドを歌わせてみたいとか。大概、そういう思いがあって曲を作るから。それで、曲がこうならドラムは打ち込みでいいやって。

ドラムは二の次。

そうそう。それで俺の曲、今回2曲ともドラムが入ってないんです。これ、すごくないですか?(笑)他の2人はドラムが入ってない曲は出しづらいだろうなって思うんですよ。

そうかもしれないですね。

本当はドラムが入ってないほうが音楽的にはそっちのジャンルっぽくって打ち込みドラムのほうがいいんだけどなって、俺に相談しづらいじゃないですか? きっと。だから、そこは俺がすすんでそういう曲を作ればいいんだろうなって思ったりするので。

ドラムレス楽曲の裏にそんな考えがあったとは。ゆうやさんの優しさにほろっときました。

でも、これは本当に思ってることだよ。

『NOMAD』に収録されている「低温」もドラムは打ち込みだったじゃないですか。あの曲の背景にも同じような思いがあったんですか?

そうそうそうそう! 生ドラムなしという構想で作ったからね。ライブのなかで、バンドとしてフックになる曲を作ろうということだったから、そこで普通にドラム入れちゃったらフックにもなんにもならねぇやというので打ち込みになった。

そうすることで、メンバーやお客さんが喜んでくれればいいと。

うん。そういう人です。俺は(笑)。

当然ですけど、ドラマを叩くゆうやさんも素晴らしくて。今作では「涙雨」のドラムプレイ、すごくくるものがありましたよ。

ありがとうございます。あれ、すごい好きなんですよ。『承認欲求』はマニアックな曲が続くなか、こういうのがくると感情が入りますよね。

リスナーの皆さんにはどんなふうにこのアルバムを聴いてもらいたいですか?

それぞれ自由な聴き方をしてもらっていいんですよ。シドっていつも新しい作品を出すたびに新しいことに挑戦してきてるんで、ここがゴールではないんです。15年歩いてきてここにたどり着いたわけでもないし、いまはこれをやりたいからやってるだけで、全部が通過点なんですよ。なので、いまシドはこんなことにハマってるんだなと思って聴いていただいて。そこから、これはどんなライブになるんだろうって、ライブを想像していただいたら面白いんじゃないかなと思いますね。

シド エンタメステーションインタビュー

ヘアメイク / Hideaki Sakanoi(Alpha Knot)、Shuko Ohdaira
スタイリスト / Wataru Okumura

衣装協力
AKM
CRADLE
FAGASSENT


【募集終了】抽選で3名様にシドさんの直筆サイン入りポスターをプレゼント!

シドさん直筆サイン入りポスター

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

9月4日(水)~9月11日(水)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。

その他のシドの作品はこちらへ。

ライブ情報

SID TOUR 2019 -承認欲求-

9月13日(金) 千葉県 松戸・森のホール21 ~ID-S限定LIVE~
9月14日(土) 千葉県 松戸・森のホール21
9月23日(月・祝) 群馬県 ベイシア文化ホール(群馬県民会館)
9月25日(水) 神奈川県 カルッツかわさき
10月5日(土) 宮城県 東京エレクトロンホール宮城
10月12日(土) 埼玉県 大宮ソニックシティ
10月14日(月・祝) 岡山県 岡山市民会館
10月19日(土) 大阪府 大阪国際会議場
10月20日(日) 大阪府 大阪国際会議場 メインホール
10月22日(火・休) 福岡県 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
11月2日(土) 愛知県 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
11月3日(日・祝) 愛知県 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
11月5日(火) 東京都 中野サンプラザホール
11月6日(水) 東京都 中野サンプラザホール
11月9日(土) 新潟県 新潟テルサ
11月13日(水) 北海道 カナモトホール(札幌市民ホール)

SID TOUR 2019 -承認欲求- FINAL

11月21日(木) 東京国際フォーラム ホールA

詳細はオフィシャルサイトへ
https://sid-web.info/

SID(シド)

2003年結成。マオ(vo)、Shinji(g)、明希(b)、ゆうや(ds)からなる4人組ロックバンド。
2008年、TVアニメ『黒執事』オープニングテーマ「モノクロのキス」でメジャーデビュー。
2010年の東京ドーム公演では4万人を動員。結成10周年となった2013年には、初のベストアルバムをリリースし、オリコンウィークリー1位を獲得。同年、横浜スタジアムで10周年記念ライブを開催、夏には初の野外ツアーで4都市5公演で5万人を動員し大成功を収める。2014年には香港・台湾を含む全国ツアーも開催した。
2018年にバンド結成15周年を迎え、8月にはキャリア初のミニアルバム『いちばん好きな場所』をリリース。9月からは全公演SOLD OUTの中、<SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 「いちばん好きな場所2018」>を開催。
そして、今年2月にアジアツアーを開催、3月10日には15周年アニバーサリーイヤーのグランドファイナルとして、横浜アリーナでの公演を実施した。
9月4日に2年ぶりとなるアルバム『承認欲求』をリリースし、全国ホールツアーを開催する。

オフィシャルサイト
https://sid-web.info

シド・ゆうやフォトギャラリー

vol.2
vol.3
vol.4