『NEW GAME!』とfourfoliumと私  vol. 4

Interview

【vol.4】 fourfolium・竹尾歩美の“はじめまして”

【vol.4】 fourfolium・竹尾歩美の“はじめまして”

新人声優4人が集結した新生ユニット・fourfolium。その4人の声を送る、連載インタビューの第4弾!!

ゲーム会社を舞台に、主にそのグラフィックチームの日常とお仕事を描くTVアニメ『NEW GAME!』。本作のOP & EDテーマを歌うユニット・fourfoliumは、メインキャストを担当する要注目の新人声優、高田憂希、山口愛、戸田めぐみ、竹尾歩美からなる4人組だ。
 このfourfoliumはアニメ作品をきっかけに結成されたユニットだが、いちアーティストとしてアニメ放送終了後も活動を続けていくとのこと。そこでエンタメステーションでは、計4回にわたってfourfoliumの特集を敢行。ソロインタビューを通じ、各メンバーの素顔とユニットに懸ける想いをお届けしていく。
 ラストとなる第4回目に登場するのは、飯島ゆん役・竹尾歩美。メインキャラでの初レギュラーを射止めた彼女は、ゆんと出会ったことで体験できたたくさんの“初めて”について、フレッシュさあふれる言葉で語ってくれた。この作品やユニット活動を通して彼女が感じた、あふれんばかりの“一度きりの想い”が、今ここに。

取材・文 / 須永兼次
撮影 / 能美潤一郎
メイク / 福田まい(addmix B.G)


初回のアフレコでの「ゆんにはなってる」のひと言は、
声優人生で忘れないであろう、大切な言葉です

最初に、ご自身の自己紹介からいただいてもよろしいですか?

シグマ・セブンの、竹尾歩美です。この作品が初めてのメインレギュラーなので、はじめましての方が多いと思うんですけど、これから皆さんにどんどん知ってもらえるように、『NEW GAME!』を通じて頑張っていきたいです!

ではさっそく、作品のお話をお伺いしていきます。まずは原作の第一印象からお聞きしたいのですが。

とにかく出てくるキャラの女の子たち含めて、本当に“かわいい”がいっぱい詰まった作品だと思います。しかも日常系なのに舞台が会社っていうのも、すごく新鮮で面白いなって思いました。

そのなかの、ご自身演じる飯島ゆんはどのような子でしたか?

ゆんは、(涼風)青葉ちゃんの1個上の先輩で、(篠田)はじめと同期にあたる、関西弁を話す……女子力の高い“乙女”です! でも家では学生時代のジャージを着ていたりと、いろいろギャップのある子でもありますね。そもそも私も、最初はおっとり柔らかくて「青葉ちゃんにとってのお姉ちゃん的な、しっかり者なんだな」という印象を持っていたんですよ。

ただ、それが徐々に……。

変わっていくんですよね(笑)。原作を読んだだけでもそう感じたんですけど、アフレコ現場で気付かされることもより多かったです。たぶん第5話の、内緒でダイエットをしていてこっそり会社の空調を調整したりしたあたりから、ゆんの人間らしい部分が出てくるんですよ。第7話の健康診断では必死でおなかを引っ込めてたり(笑)。そうやって回を重ねるごとにいろいろと気付かされるところが、ゆんの魅力なのかなって思います。

newgame04

そんなゆんを演じるなかで、現場で心がけていたこともやはり多いですか?

そうですね……初歩的なことかもしれませんが、肩に力を入れずにお芝居に集中して、とにかく“『NEW GAME!』の世界にゆんとしている”ことですね。

特にゆんは、肩の力が抜けていたほうがいい子ですよね。

そうなんです。でもゆんは、実は人によって距離感が変わる子なんですよ。例えば青葉ちゃんに対しては先輩として接しつつ、でもはじめには同期としてすごく心を許していて。だからこそからかったり強気に出たりもしているので、同期として一緒にいられるよう、はじめとの距離感はすごく意識しています。

そのほかにも、アフレコで印象深いことが数々あったのでは? と思うんですが。

めちゃくちゃあります! 特に第1話の収録は忘れもしません……現場の緊張はもちろん、お芝居以外にもマイクワークとかいろいろ気にすることがありすぎて、自分の容量をパーンとオーバーしてしまって(笑)。

なるほど、キャパを(笑)。

そうなんです。それで収録の流れにもついていけず、あるセリフをうまく表現できずに最終的に居残りになってしまって。迷惑をかけている申し訳なさで泣きそうだったのを必死でこらえていたら、皆さんの退室後に(茅野)愛衣さんやゆっきー(高田憂希)が帰ってきて「大丈夫だよ」って声をかけてくれて、それで我慢してたものがあふれ出てしまいました。音響監督の土屋(雅紀)さんも「ゆんにはなってるから大丈夫」と指導してくださったんですが、その「ゆんにはなってる」っていうひと言にすごく救われて、なんとか乗り越えることができました。

それって、何よりうれしい言葉ですよね。

そうなんです! たぶんこの経験は、声優人生のなかで忘れないと思いますし、いろんな人の支えを実感できました……皆さん優しいんですよもう!(照笑)。先輩方はお芝居でも背中でいろいろ教えてくださいますし、キタエリさん(喜多村英梨)はfourfoliumの決めポーズまで考えてくださって……それほど気にかけていただけたのが、すごくうれしくて。初めてのメインのレギュラー作品がこの先輩方と一緒で、本当によかったです。

0803_261
1 2 >
vol.3
vol.4