Interview

山田裕貴が舞台『終わりのない』で歩む果てない役者人生の旅路。イキウメの前川知大が新作で描く壮大なスペースドラマとは?

山田裕貴が舞台『終わりのない』で歩む果てない役者人生の旅路。イキウメの前川知大が新作で描く壮大なスペースドラマとは?

役者の魅力はいろいろな人の人生を疑似体験できること

初舞台の奈緒さんを含め共演者も豪華ですね。

まずは、イキウメのみなさんとご一緒できることが嬉しいです。僕が尊敬の念を持って見ていたカンパニーに入ることができると思うとしびれますね(笑)。奈緒さんは、いろいろな作品のお芝居を観ているのですが、自然体で余裕のある演技が素晴らしくて、初舞台もどんなお芝居をされるのか楽しみです。僕はほかの役者がどんなお芝居をするのか突き止めようとする癖があるので、奈緒さんには覚悟しておいてください(笑)、と伝えたいです。

山田裕貴 エンタメステーションインタビュー

(笑)。近年テレビや映画に多く出演されていますが、役者の魅力とは何だと思っていますか。

いろいろな人の人生を疑似体験できることです。山田裕貴の人生は一回きりですよね。ただ、役者をしていると何人もの人生を体験できるし、僕よりもだいぶ年上の役を演じることもあるので、体験したことのない感覚を味わえることが魅力だと思います。

これまでの経験で、役者・山田裕貴をかたちづくってくれた、先輩や演出家、監督からの思い出深いアドバイスはありますか。

養成所時代にレッスンがあって、そのときの講師に「お前の魂が動かないで、人の魂が動かせるのか」とアドバイスをされたり、映画『ストロボ・エッジ』(2015)の廣木隆一監督から「脚本に“涙を流す”と書いてあっても、泣いている顔だけを撮りたいわけではない。人は笑いながら、あるいは怒りながら泣いているときもあるから」と言われたことや、前作の舞台では「不安定なほうが面白いから、つねに平均台に乗っている感覚で演じてくれ」と言われたこと、とにかくいろいろな現場でのアドバイスが記憶に残っています。

山田裕貴 エンタメステーションインタビュー

具体的にどのようにアドバイスをお芝居に活かしていますか?

こういったアドバイス以外にも、キャストやスタッフで交わした会話も含めて、全部が欠けてはいけないと思っているし、すべてがとても役に立っています。あの人のあの言葉があったから、僕が変わったわけではなくて、カンパニーのすべての人たちと過ごす日々の中で変化したことをそのまま活かそうとしています。

今作を経てどのような役者になりたいですか。

僕は特定の作品を通して役者として変わろうと思わないようにしていて、どの現場でも良い俳優になるという意識を心に留めています。今作に関わるすべての人に、「山田裕貴は面白い俳優だ」と言われるようになりたいです。

山田裕貴 エンタメステーションインタビュー

劇場の明かりがつくと感動できるように

それでは、最後に見どころをお願いいたします。

これまで前川さんの作品を観てきて、観終わったあとに劇場の明りがつくと、感動している僕がいます。そういう感覚をみなさんにも抱いてもらえる作品になれば嬉しいので、ぜひ劇場にいらして、前川さんの世界を体感してください。

ヘアメイク / 小林純子
スタイリスト / 森田晃嘉


抽選で1名様に山田裕貴さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

山田裕貴さん直筆サイン入りチェキ
応募期間

9月10日(火)~9月17日(火)23:59

応募方法

■step.1
エンタメステーションの公式アカウント(@essite_official)をフォローする

■step.2
ハッシュタグ(#山田裕貴さんのチェキがほしい #エンタメステーション)をつけてツイートする

  • ツイートは何回でもOK!
    ※応募期間を過ぎたツイートがおひとつ(1ツイート)だけでもある場合、すべての応募ツイートが無効となりますのでご注意ください。
  • 下の[ハッシュタグをつけてツイートする]ボタンをクリックすると簡単に応募出来ます☆
  • 記事を読んだ感想をご自由にお書きください♪
応募する!

※一部端末ではボタンによる複数回ツイートに対応していない場合がございます。


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


世田谷パブリックシアター+エッチビイ『終わりのない』

世田谷パブリックシアター+エッチビイ『終わりのない』

東京公演:2019年10月29日(火)~11月17日(日)世田谷パブリックシアター
兵庫公演:2019年11月23日(土・祝)~11月24日(日)兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
新潟公演:2019年11月30日(土)りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館・劇場
宮崎公演:2019年12月4日(水)メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)

INTRODUCTION
始まりもなければ、終わりもない。時間と空間。無限の世界。
命は繰り返され、つねに旅の途中にある。
歴史はいつ始まり、物語はいつ終わるのか。
旅、世界、物語。終わりのない。

神話的世界とSF的世界。
神話の時代、世界は未知で溢れていた。
自然の猛威も、人生の不条理も、神々の言葉だった。
科学の網の目からこぼれ落ちた未知の存在、神や魔物はいまも可能性として輝いている。

『終わりのない』は、古代ギリシャの叙事詩「オデュッセイア」を原典にした新作SF。
最古の文学のひとつである「オデュッセイア」は、歴史と神話が地続きに描かれ、人間と神々が同居している。
史実とされるトロイア戦争の英雄オデュッセウスは、妻の待つ故郷への長い旅路にある。神々の嫉妬や助け、魔物との戦いを乗り越え、帰還する。
英語にするとオデッセイ(ODYSSEY)、作品名でありながら「長い旅」を意味する。
本作『終わりのない』では、「わたしたちは何故ここにいるのだろう?」「いつの間にこんなところまで来てしまったのだろう?」と、個人の旅を人類の旅と重ね、望郷の念をもって描いていく。
古代と未来の往還、日常と宇宙を繋げる旅。
そこで人はなにと出会うのか。

脚本・演出:前川知大
原典:ホメロス「オデュッセイア」
監修:野村萬斎
主催:公益財団法人せたがや文化財団 エッチビイ

出演:
山田裕貴
安井順平
浜田信也
盛 隆二
森下 創
大窪人衛
奈緒
清水葉月
村岡希美
仲村トオル

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@setagayatheatre)

山田裕貴(やまだ・ゆうき)

1990年9月18日生まれ、愛知県出身。2011年、テレビドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』で俳優デビュー。主な出演作品には映画『あゝ、荒野』(17)、映画『万引き家族』(18)、ドラマ『ホリデイラブ』(18)、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(18)、主演映画『あの頃、君を追いかけた』(18)、『HiGH&LOW』シリーズ、『特捜9』シリーズなどがある。現在、NHK連続テレビ小説『なつぞら』に出演中。出演待機作に、映画『HiGH&LOW THE WORST』(10月4日公開)、『嘘八百 続編』(2020年1月公開予定)がある。

Profile
オフィシャルTwitter(@00_yuki_Y)
オフィシャルInstagram(@00_yuki_y)

フォトギャラリー
< 1 2