Interview

魂を削って小説を書いた太宰 治という表現者を、二階堂ふみは“最後の女”富栄の視点からどう見たのか?

魂を削って小説を書いた太宰 治という表現者を、二階堂ふみは“最後の女”富栄の視点からどう見たのか?

破滅的な生き方ながら時代を超えて愛読される小説の数々を著した昭和を代表する作家、太宰 治。愛人と入水するという最期も伝説として語り継がれる彼が、傑作『人間失格』を生み出すにいたるまでには、3人の女たちとの愛と恋が不可欠だった──。酒と女に溺れ、スキャンダラスながらもなぜか憎めない悩める太宰を小栗  旬が演じ、世界で活躍する写真家・蜷川実花が独特の美意識と色彩、世界観で恋多き男の生涯を映し出していく映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』が、9月13日(金)に公開を迎える。宮沢りえ、沢尻エリカに成田 凌や千葉雄大、瀬戸康史に高良健吾、藤原竜也…と豪華なキャストが名を連ねる本作で、太宰を大作家たらしめた女の1人にして、彼と最期をともにする山崎富栄を二階堂ふみが熱演。儚げで艶やかな存在感を放つ彼女に、“蜷川実花ワールド”内で太宰と過ごした日々から何を感じたか、つまびらかにしてもらった。

取材・文 / 平田真人 撮影 / 荻原大志


小栗さん演じる太宰が圧倒的。自然にすがりたい気持ちにもなって、富栄さんの生きる意味のようなものを実感させてもらえた。

二階堂ふみ エンタメステーションインタビュー

映画を拝見しまして…「恋愛」とセットのように語られるけれども、恋と愛は似て非なるものなのだなと、改めて感じました。富栄さんは恋に生きた人だと思うんですが、二階堂さんの視点から感じられた「恋と愛の違い」について、まずは語っていただければと。

面白いもので、役者のお仕事をしていると自分に実体験がなくても、役を通じて学ぶことがあったりするんです。今、おっしゃっていたようなことは、確かに現場で…頭で理解するというよりも皮膚感覚で実感する瞬間があったんです。恋に生きた富栄さんではありますけど、たぶん愛がほしかったんだろうなと、私としては感じた部分もあって。だけど、彼女は恋に生きるしかなかったし、太宰さんと一緒になることも、彼の子どもを授かることもできないとなると、もう最後は一緒に死ぬしかなかったのかなと。それは恋における最上級の場所になるんですけど、その究極的な恋を体感した方なのかなと思いました。

現世では刹那的に人生をともにして、来世で永遠に一緒になろうという思いが、富栄さんの選択におけるベースだったりしますが、果たして本心だったのかどうか…。

むしろ、それしか選択肢がなかったんだと思うんです。太宰さんを失ってしまったら、富栄さん自身の生きる理由がなくなってしまう。これ以上生きたところで一緒になれないのであれば、死んで一緒になるしかない、と。ただ、どれだけ言葉で心情を語ったところで、どうしても説明的になってしまうので、そこが演じる上でも難しいところだったんですけど、現場では小栗(旬)さん演じる太宰さんが圧倒的でしたし、本当に修治さん(※太宰の本名)として生きていらっしゃったので、そのさまを毎日体感しながら、私も「修治さんのために今は息をするんだ」といった感覚をおぼえていました。

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』

女性にだらしなくて、酒浸りで退廃的な生き方をする太宰は、見方によってはどうしようもない男に映ったりもしますが、彼のような生き方を理解できますか?

どことなく太宰 治という作家は、この世を去って以降に読み手の方々がどんどん神格化していったことで、文豪のようになっていった部分もあると思っていて。でも、映画でも描かれていますけど、存命中はどこかアイドル的な存在というか、ちょっとしたスターだったのは確かだと思います。そういった圧倒的なカリスマ性を持った人に惹かれてしまうというのは、女性も男性も関係なく、多かれ少なかれあるんじゃないのかなと私は思います。なぜか惹かれてしまう、という…。

その何とも言いしれない魅力について、二階堂さんはどのような見解を?

お芝居をしていて感じたのが、富栄さんは結局のところ、修治さんのことを理解しきれなかったと思うんです。たぶん、太宰に関わる3人の女性の中で、完全に理解していたのは、(宮沢)りえさん演じられた(正妻の津島)美知子さんだけだったんじゃないのかな、と。ただ、それが修治さんの苦しみでもあったんだろうなとも感じるんです。本当のところで誰も自分のことを理解していないという──。
先ほど、「見方によっては、どうしようもない男」と評していらっしゃいましたが、見方を変えると、断ることができない性格でもあると思います。来る者拒まずというか、セリフでもありましたけど、「かわいいんだ、しょうがないんだ」って(笑)。富栄さん目線でも「優しい人だったんじゃないか」と思える瞬間が垣間見えたりして、その──いろいろな面を持っているところが、「なぜか惹かれてしまう」要因なのかなと思いました。美知子さん、(沢尻エリカ演じる愛人の太田)静子さん、富栄さんに見せる顔がそれぞれ違っていたり…対友人もそうですし、お互いに才能を認め合っている人に対しても、また違う顔を見せる。そういった部分に惹かれたんだろうなと思いますし、富栄さんを主軸にして考えると、一度旦那さんを亡くされていることから「自分はもう愛にたどり着けない」と思っていたんじゃないかなって。だからこそ、愛を知っている、恋を知っているという男性にどんどん身を寄せていったのではないかな、という感覚が私の中にはありました。

二階堂ふみ エンタメステーションインタビュー

もし太宰のような人が自分の伴侶やパートナーだったら、どう思いますか?

私は、人間的に面白い人はそれだけで許せちゃうところがあって(笑)。圧倒的な人には貫いてほしいと期待しちゃう部分もあるんです。すべての人がそうだと言うわけではないですけど、何かを表現する人ってどこか欠落している部分があると思っていて、しかもそれを悪だとはとらえていないんですよ。ただ、誰かを傷つけてしまうこともあり得るから、人のことを大事にしながら生きるべきだとは思うんですけど…実際のところ、太宰さんってモテたんだろうなという色気のような魅力は感じました。

では、富栄さんとして蜷川実花監督の座組で生きた日々を、どのように感じられていたのでしょうか?

一言で言うと、「この現場が終わったら、どうやって生きていけばいいのかな?」と思ったくらい、自分のすべてを懸けて参加させていただいていました。初日から空気ができあがっていたので、その時点で「やっぱり実花さん、すごいな」と思ったんですけど、現場に入ったらその気にさせられるんですよ。常に現場ではフラットでいらっしゃって、面白いことが起こるとケラケラと実花さんの笑い声が聞こえてくるような、本当に楽しい撮影現場だったんですけど、セットに入った瞬間から蜷川組の空気で、ものをつくるプロフェッショナルが集まるとこういうふうになるんだなって、その雰囲気に呑まれていた感覚もあります。

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』

富栄さんを演じる上で、何かフックとなるようなフレーズや要素を提示されたりは?

あまりそういう演出めいたことはなかったんですけど、実花さんがおっしゃっていたことで印象的だったのは、子どもを置いて外に働きに出ているご自身のことや、お父さん(蜷川幸雄)という存在の大きさもあって、「太宰に気持ちが入る瞬間がある」という言葉でした。この時代って、外に出て仕事をする女性の方が珍しかったと思うんですけど、片や最先端を突っ走り続けている実花さんのような女性が、男性である太宰に感情移入されていたことが意外だったというか…。俳優部同士だと、お互いの感情の引き出しを開け合うような瞬間があるんですけど、もしかしたら今回は実花さんの男性的部分に引き出された部分もあったんじゃないかな、と思ったりもしました。恋や愛を描く作品で、女性の中にある男性的な部分から感情を引き出される瞬間って、そうそうなかったんですけど、実花さん特有というか…女性監督なんですけど、ちょっと男性的な面もありつつ女性のタフな部分も繊細な部分も知っていらっしゃる、という印象があります。

となると、今回の「しょうがないよね」と許せてしまうチャーミングな修治=太宰像には、表現者としての蜷川さん自身が投影されている、と見ても差し支えなさそうですか?

修治さんに関しては、それこそ「しょうがないよね、この人は…」と許すしかないと思っていて(笑)。でも、富栄さんもどことなく特殊なところがあって、修治さんを許してしまうことへの怒りが、自分自身に対して向けられていたような気もするんです。映画の後半の方になってくると、とにかく修治さんの子どもがほしくて、子づくりに勤しもうとするわけですけど、たぶんそれと同時に喪失感もどんどん広がっていったんじゃないかな、と感じてもいます。自分の中で決定的なものだったり、確信的なものがほしいけれど、女性であることでしか修治さんと自分をつなげるものがないんだなと、ずっと感じてきたんだと思います。だからこそ、修治さんを許すことで自分自身のことも許していたような気がしてならないんです。

二階堂ふみ エンタメステーションインタビュー

太宰の創作意欲を刺激する美知子と静子とくらべると、富栄は…。

何もないんですよね。私自身、それを現場で感じていました。意外と、「自分が女性であることにしか価値が見いだせない」キャラクターって今まで演じたことがなかったので、現場に入る前は富栄さんの日記とかを読んでも、理解はできるけど、腑に落ちるものがなかったんです。「なんで富栄さん、こんなふうになっちゃったんだろう…?」って、どこか客観視していたんですけど、現場に入ってみると…先ほどもお話したように、小栗さんの演じる太宰がとにかく圧倒的で、理由なしに惹かれていって。すると自然にすがりたい気持ちにもなって、富栄さんの生きる意味のようなものを実感することができましたし、気が付くと、自分の中できちんと整合性がとれていたんです。

太宰の生き方に共感はしたくないと思いつつ、シンパシーを抱いてしまう部分があるんです。

二階堂ふみ エンタメステーションインタビュー

では、『人間失格 太宰治と3人の女たち』という作品に参加されたことで、糧になったことは何でしょう?

この作品のお話をいただいた時、小栗さんのお名前がまず挙がって、(宮沢)りえさん、沢尻(エリカ)さんに続いて自分の名前が並ぶことがうれしくもあり、同時にプレッシャーでもあったんです。こんなにすごい方々とお芝居をしていいのだろうか、みたいな…。でも、だからこそやりたいという気持ちもあって。太宰 治をめぐる3人の女性の生き方がそれぞれ描かれていきますけど、変な話、何となく修治さんをシェアしているように感じた瞬間もありつつ(笑)、「なぜ、ほかの2人にはあるものが私にはないのだろう」と嫉妬心を抱く富栄を演じながら、現場ではりえさんの佇まいであったり、沢尻さんのピュアな美しさであったり、そういったところに女性としても人としても学びを感じとることができました。自分よりも人生経験が豊富であることはもちろん、世の中にさまざまな作品を送り出してきた女優さんたちとご一緒できたこと自体が、今回は糧になった気がしています。

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』

豪華な役者さんたちと共演する上でのプレッシャーを、どう解消していったのでしょうか?

プレッシャーは今回に限った話ではなく、「大丈夫かな、私?」って常に感じていて…。でも、現場に入ったら自然と実花さんと作品の世界観に引き込まれていって、「ここで生きたい」と思わせてもらえたので、終わるころにはプレッシャーも何もなくなっていたんですけど、どこかで緊張感のようなものは持っていた気がします。先輩方の足を引っ張らないようにしなくてはいけないな、と思っていたと言いますか──。だから、そういうプレッシャーをまったく感じさせない成田 凌くんを見て、すごいなと思いました。同じ事務所なんですけど、いい意味で屈託がないというか…「どうしてこんなにも素直に現場にいられるんだろう、すごいなぁ」って。自分がそういうタイプじゃないので、成田くんのような人を見ると羨ましくなります。年齢を重ねるにつれて、どんどん考えるようになってきたように感じていて。そんなふうに、はからずも自分を見つめ直すことになったのも、発見でした。

二階堂ふみ エンタメステーションインタビュー

『ヒミズ』(12)のころ、まだ二階堂さんが10代だった時にインタビューした際は、もっと感覚的で刹那的な生き方を標榜している印象があったんですけど、やはり年齢と人生経験を重ねて、変化してきたということなんでしょうか?

あのころの私には感覚しかなかったですね。人生とお芝居、ともに経験も浅ければ、自分の頭で考えを整理できるようなノウハウも持っていなかったので、「とにかく感じたままに表現するしかない」と思っていましたし、表現するためだったら何が起こったとしてもしょうがない…という気持ちでいました。でも、今は「自分を大事にしなきゃ!」と思いますし、ちょっとした取っ組み合いのシーンでもケガをしたくないから、サポーターとかフル装備しちゃいます(笑)。そう考えてみると保守的にはなっているかもしれないですけど、ネガティブにはとらえていなくて。
ただ、10代のころが感覚的だった分、20歳になる瞬間は私にとって絶望的でもあったんですよ。自分には若いということしか価値がないのにな、って。でも、今はすごく素直になりました。作品を見てくださった方から「楽しかった〜」「すごくいい映画で面白かった」と感想をいただいた時、その人の生きている時間の中で幸せな瞬間をつくるお手伝いができたことに、喜びを感じられるようになったんです。私もまた、自分という存在を知っていただくにつれ、「応援しているよ」「がんばってね」と言われただけで、すごく幸せな気持ちになれるんですよ。そうやって作品や表現を楽しんでくださる方々にとっての素敵な時間をもっと増やせる自分でありたいと思うようになったことが、10代のころからの考え方から一番変わったところだと思います。

二階堂ふみ エンタメステーションインタビュー

たぶん、来年の朝ドラ『エール』(2020年4月スタート)でヒロインを演じるようになったら、そういう反応はもっと増えるのではないかと思われます。

本当ですか!? 今でも十分にたくさん幸せを味わわせていただいていますけど、1人でも多くの方が私を介して面白い作品と出会えたり、映画やドラマを好きになるきっかけになれたらいいなと思っているので、今以上に明るく元気にがんばっていこうと思います(笑)。

ちなみに、魂を削りながら作品を生み出していった太宰 治に、同じ表現者としてシンパシーを感じたということはあったのでしょうか?

生き方に共感はしたくないと思いつつ、それでもシンパシーを抱いてしまう部分がありました。何かを犠牲にして、ようやく何か一つのモノがつくれるという感覚は、理解できなくはないというか…。太宰さんは消耗しながらも作品を書き続けてはいるものの、ギリギリのところで制御はできていて、ストッパーを外していいよ、と言われてしまったら、死に向かっていくくらいの気持ちで書くしかなくなってしまう。見方を変えると、努力型の表現者、自己を犠牲にして作品を生み出す人というふうにも映るんです。でも、そういったことはお芝居の現場でも感じることがあります。天才だなと思わされる人って、自己犠牲だとか魂を削ってモノをつくるという感じには見えないからです。もしかすると見せていないだけで、そういった部分もあるのかもしれないですけど、何にしても天才じゃないと表現し続けていくことっていうのは、すごく苦しいことだなと感じてしまいます。

二階堂ふみ エンタメステーションインタビュー

「最高のギターを弾くために悪魔に魂を売った」というロバート・ジョンソンの伝説があるくらいですからね(笑)。

神話でも、そういった契約的なエピソードって多いですよね。何かを差し出す代わりに本懐を遂げる、といったような。そういう気持ちがわかってしまうところがあるんです。たぶん、表現に携わる仕事をしている人には、どこかで「身を滅ぼしても最高のパフォーマンスをしたい」と思っているところがあるんじゃないかって。そういうふうに思い込んでしまっている自分は確かにいるんですけど、一方でそういう自分ではありたくない──「なるべく健全で元気に明るく生きています!」と言える人間でありたいですし、自分ではそういうタイプだと思っているんですけど(笑)、もし結婚したり子どもを生んだりしたら、まったく思ったようにお芝居ができなくなってしまうんじゃないかなと思ってしまうこともあるんです。でも、助かっているのは、そう思っても5分くらいすると忘れちゃうからで、自分って何て得な性格だろうと思ったりもしていて。だいたい数分後には「今日は何を食べようかな」とか全然違うことを考えていたりするんですけど、無意識に抑制がきいているのかもしれないですね。

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』

では、映画をご覧になる方々へ一言をいただいて、インタビューを締めましょう。

きっと多くの方が『人間失格』という本を手に取ったことがあると思いますし、作者である太宰 治の名もほとんどの方が知っていると思うんですけど、自分がいかに太宰に対して固定概念を抱いていたかを実感する作品になっているように感じます。その概念やイメージがブチ壊される方もいらっしゃると思いますし、太宰 治という人間をより身近に感じられる作品にもなっているんじゃないかなと思ってもいて。その答え合わせを劇場でしていただきつつ、太宰をめぐる3人の女性たちの生きざまを見届けていただけたら、うれしいです。


エンタメステーション オフィシャルInstagramでは、Instagram限定公開の撮り下ろし写真を掲載しています! そちらも是非チェックしてみてください!

【募集終了】抽選で1名様に二階堂ふみさんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

二階堂ふみさん直筆サイン入りチェキ
応募期間

※募集期間は終了致しました。

9月10日(火)~9月17日(火)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


二階堂ふみ

1994年、沖縄県生まれ。2009年映画『ガマの油』のスクリーンデビュー。主な出演作に『ヒミズ』(12)『悪の教典』(12)『私の男』(14)『渇き。』(14)『オオカミ少女と黒王子』(16)『何者』(16)『リバーズ・エッジ』(18)『いぬやしき』(18)『翔んで埼玉』(19)などがある。今後は『生理ちゃん』(11月8日公開)、『ばるぼら』(2020年公開予定)、『糸』(2020年4月24日公開)が控えるほか、NHK連続テレビ小説 『エール』(2020年)でヒロイン役にも抜擢されている。

オフィシャルサイト
https://www.nikaidoufumi.com/
オフィシャルInstagram
fumi_nikaido

フォトギャラリー

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』

9月13日(金)ロードショー

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』

【STORY】
天才ベストセラー作家、太宰 治。身重の妻・美知子とふたりの子どもがいながら、恋の噂が絶えず、さらには自殺未遂を繰り返すという破天荒な生活を送っている。弟子でもある作家志望の静子と、未亡人の富栄。ふたりの愛人と正妻をめぐり、日本中を騒がせた“文学史上最大のスキャンダル”が幕を開けようとしていたー。

監督:蜷川実花
主演:小栗 旬 宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ 成田 凌/千葉雄大 瀬戸康史 高良健吾/藤原竜也
脚本:早船歌江子
製作:『人間失格』製作委員会
企画:松竹
配給:松竹、アスミック・エース
R-15

© 2019 『人間失格』製作委員会

オフィシャルサイト
http://ningenshikkaku-movie.com/

『人間失格』原作