Interview

演劇「ハイキュー!!」“飛翔” 本格始動! 新生烏野・醍醐虎汰朗×赤名竜之輔にインタビュー!

演劇「ハイキュー!!」“飛翔” 本格始動! 新生烏野・醍醐虎汰朗×赤名竜之輔にインタビュー!

「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載中の古舘春一による大人気バレーボール漫画『ハイキュー!!』を原作とする舞台の新作公演、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞が2019年11月1日(金)よりTOKYO DOME CITY HALLで幕を開ける。
2015年11月からスタートした人気舞台シリーズは、2018年10月の〝最強の場所(チーム)〞をもって烏野高校の全キャストが卒業を迎え、その後行われた2019年4月〝東京の陣〞ではライバルの音駒高校を主役校に、現在までに7作品を上演。
このたび、日向翔陽 役にアニメ映画『天気の子』主人公の声優としても注目が集まる醍醐虎汰朗、影山飛雄 役には若手男性エンターテインメント集団「VOYZ BOY」のメンバーとしても活動する赤名竜之輔ら、新キャストを迎えた“新生烏野”がいよいよ始動する!
注目が集まる本作について、醍醐と赤名にお互いの印象や公演にかける意気込みを聞いた。10代の若者らしい、テンション高めのはっちゃけトークをお楽しみあれ!

取材・文 / 近藤明子 撮影 / 冨田望


「ハイキュー!!」には青春の葛藤と挫折、登場人物たちの成長と感動が詰まってる!

まず最初に、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞に出演が決まったときの気持ちを教えてください。

醍醐虎汰朗 僕は毎週「週刊少年ジャンプ」を買っているんですけど、『ハイキュー!!』は連載スタート時から大好きな作品のひとつだったので、自分が関われることになって素直に嬉しかったです。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 醍醐虎汰朗 エンタメステーションインタビュー

醍醐虎汰朗

赤名竜之輔 僕はオーディションを受けることになって初めて『ハイキュー!!』の存在を知ったんですけれど、読み始めたら夢中になってあっという間に手元にあったコミックを読み終えてしまいました。全力で挑んだオーディションに合格して、大好きな影山飛雄を演じることが決まったと連絡があったときは本当に嬉しかったです。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 赤名竜之輔 エンタメステーションインタビュー

赤名竜之輔

出演キャストの発表後、周囲の反響はいかがでしたか?

醍醐 『ハイキュー!!』ファンの俳優仲間からは「いいな」って言われました。家族は「決まったんだ。おめでとう」ってわりとクールな感じでしたね(笑)。

赤名 僕も同じ仕事をしている仲間から「うらやましい」って言われました。あと地元・大阪の友達が「大阪公演、観に行くよ!」って連絡をくれたり、家族もすごく喜んでくれました。父親はキャストが発表されたその日にジャンプショップに行って影山グッズをいっぱい買って帰ってきてました(笑)。

醍醐 いいお父さんだね(笑)。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 エンタメステーションインタビュー

『ハイキュー!!』の魅力って、どんなところだと思いますか?

赤名 “THE青春”な感じというか……。僕は高校生のときは部活をしていなかったんですけど、読んでいて「部活をやりたかったな」と思ったので、運動部に所属していた人ならなおさら自分自身の部活の思い出とリンクする部分も多いんだろうなって。メンバーがいて、チーム同士で対決するなかでライバル関係を築いて、切磋琢磨して成長していく。個人競技とは違う楽しさ、面白さがギュッと詰まっている作品だなって思いました。

醍醐 『ハイキュー!!』に限らず「週刊少年ジャンプ」に掲載されているスポーツ漫画は、スポーツをやっていた人なら誰でも共感できるところが一番の魅力ですよね。勝つためにチームが一丸となって進んでいくなかで経験する挫折や葛藤……そこから成長して強くなっていく姿は、まさに王道の“ジャンプ”作品! あと、胸に響く名言やカッコいい名シーンがひとつのエピソードの中に必ず1箇所は出てくるのも、男の子心をくすぐられる作品だなって思います。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 醍醐虎汰朗 エンタメステーションインタビュー

ちなみに、演劇「ハイキュー!!」は、実際に観劇したことはありますか?

醍醐 僕は〝はじまりの巨人〞(2018年春上演)、〝最強の場所(チーム)〞(2018年秋上演)、〝東京の陣〞(2019年春上演)を観ました。

生で観る演劇「ハイキュー!!」は、どうでしたか?

醍醐 熱かったです! 皆さん大量の汗をかきながら舞台上を走り回って、飛んで、躍動感がすごかった。高くジャンプするときにキャストたちが肩車で持ち上げるのを見て「おぉ!」と思ったし、プロジェクションマッピングを使ってマンガで見たシーンがそのまま目の前に広がっていたりして感動しました。原作を知っているからより楽しめた部分もあったけれど、原作を知らない人にもわかりやすくつくられている舞台ですよね。

赤名 僕も〝最強の場所(チーム)〞と〝東京の陣〞を観劇しましたが、実際に目にするまでは「どうやってバレーボールの試合を舞台上で表現するんだろう?」とイメージができなかったんですよ。でも虎汰朗が言ったとおり、キャストの熱や一生懸命さがダイレクトに伝わってきて、観終わったときには「自分もこれをやるんだ!」って楽しみになりました。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 醍醐虎汰朗 エンタメステーションインタビュー

ご自身が演じるキャラクターの魅力についても、それぞれ伺えますか?

醍醐 日向翔陽は超ポジティブ! 子供の頃にテレビで観た“小さな巨人”に憧れて烏野高校・排球部に入部した1年生で、技術的にはまだまだ未熟なんですけど、バレーボールに対する情熱や何を言われてもあきらめないタフさは人間として魅力的だなと思います。

そんな日向翔陽と醍醐さん自身の似ている部分はありますか?

醍醐 彼はバレーボールで、僕は役者ですけど、“ひとつの目標に向かって突き進む”ところは似ているかな。僕は途中で挫折しそうになったり時々くじけたりすることもあるので、日向を演じることで精神的な強さも身につけたいですね。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 赤名竜之輔 エンタメステーションインタビュー

赤名さんが思う影山飛雄の魅力は?

赤名 スポーツでも仕事でも“期待される”のは嬉しいことだけど、同時にプレッシャーだし不安もあると思うんです。ましてその期待に応え続けて毎回結果を残すって、なかなかできないこと。でも影山は1年生ながら時にゲームの流れを支配する活躍を見せたり、チームの期待に応えて自分が任された責任をしっかりと果たしている姿がカッコいいなって思いますね。

醍醐 天才だもんね、影山は。

赤名 うん。果たしてバレーボール未経験の僕に天才セッターの影山飛雄を演じられるのか不安はありますが、先日FC東京のバレーボールチームと合同練習をさせていただいて“僕がちゃんとトスを上げないとみんなが打てないんだ”っていう責任を身をもって実感しました。これから稽古が始まりますが、繊細に大胆に、いざという局面で絶対的に信頼できるトスを上げる影山飛雄を演じられるように頑張ります!

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 赤名竜之輔 エンタメステーションインタビュー

そして、影山飛雄と赤名さんの似ている部分は、どこだと思いますか?

醍醐 顔(キッパリ)!

赤名 それ、よく言われる(笑)。髪形とかちょっと短くしたらVOYZ BOY(※自身が所属するエンターテインメント集団)のメンバーから「影山じゃん」って言われたり。楽しみにしてくださっている皆様のためにも、見た目も中身もしっかり影山になりきりたいと思います。

1 2 >