『機動戦士ガンダム』40周年特集  vol. 4

Report

森口博子が、T.M.Revolutionが、LUNA SEAが集った驚愕の“ガンダム40周年フェス”。怒涛の2日間に何が起きたのか?

森口博子が、T.M.Revolutionが、LUNA SEAが集った驚愕の“ガンダム40周年フェス”。怒涛の2日間に何が起きたのか?

誕生から40周年を迎えた『ガンダム』シリーズ。1979年の『機動戦士ガンダム』の放送から始まり、2019年にはNHKでのTVシリーズ放送が話題になった『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』へ。同作では、OP主題歌をLUNA SEAが担当し、さらにLUNA SEAのSUGIZOが音楽プロデューサーを務めたことも大きな話題を呼んだ。

そんなLUNA SEAを筆頭に、森口博子、T.M.Revolutionなど歴代『ガンダム』シリーズの楽曲を担当してきた豪華アーティストのライブで体感するイベント「GUNDAM 40th FES “LIVE-BEYOND”」が、2019年9月7日と8日の2日間にわたり幕張メッセイベントホールにて開催された。ここでは2日目の模様を中心にレポートする。

取材・文 / 磯貝綾子


ガンダム歴代主題歌アーティストが集結。この日だけのスペシャルコラボ・カバーも連発!

『機動戦士ガンダム』40周年を記念して開催された「GUNDAM 40th FES “LIVE-BEYOND”」。1日目となる9月7日の公演には、LUNA SEA、SKY-HI、DJシャアザー a.k.a. DJシーザー、森口博子、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND feat.ハセガワダイスケ、T.M.Revolutionの6組が出演。

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのパートでは、メンバーの松井洋平が作詞を担当した、OVA『機動戦士ガンダムAGE~MEMORY OF EDEN~』EDテーマ「未来の模様」をサプライズゲストの結城アイラと、また『新機動戦記ガンダムW』第1期OPテーマ「JUST COMMUNICATION」(オリジナルはTWO-MIX)を森口博子とコラボレート。

続くT.M.Revolutionのパートでは、スペシャルゲストに澤野弘之を迎え、『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙(そら)編』の主題歌「ビギニング」と『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』の劇伴楽曲「Vigilante」をコラボして会場を沸かせた。

澤野弘之/SawanoHiroyuki[nZk]、T.M.Revolution/西川貴教

そして、2日目のトップバッターを務めたのは、『ガンダムビルドファイターズ』シリーズの主題歌を担当したBACK-ON。『ガンダムビルドファイターズトライ』OPテーマの「セルリアン」、『ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲』主題歌「Carry on」で観客の胸に熱い火をたぎらせた。

BACK-ON

「トップバッターの役割わかってます!エンジンつけます!」と熱く挨拶すると、「ラストはどうしても歌いたい曲がありまして」と、『ガンダムビルドファイターズ』OPテーマの「ニブンノイチ」を披露。「自分たちの意志を貫いた大事な曲」という楽曲で、1番を歌い終わり客席を見ると、サイリウムが主人公のセイの色・青とライバルのレイジの色・赤に分かれ、まさに「ニブンノイチ」の光景が広がっていた。

2番手はBiSH。スクリーンに星空が映し出されると、会場は一気に宇宙空間に。BiSHのアイナ・ジ・エンドが歌う『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』のEDテーマ「光の涯」を披露。アイナの伸びやかな歌声と、楽曲を制作したSUGIZOによるヴァイオリンの生演奏も相まって、美しくも幻想的なステージに目が釘付けとなった。

BiSH

BiSH6人全員がステージに揃うと、『機動戦士ガンダム00』のOPテーマ「Ash Like Snow」(the brilliant green)をカバー。“楽器を持たないパンクバンド”のBiSHらしいアレンジとかわいらしく甘い歌声、そしてヘッドバンギングも取り入れた激しいダンスも披露。軍服のような衣装も相まって、『ガンダム』の世界に新しいエッセンスを加えてくれた。

May J.

続くMay J.は、『∀ガンダム』EDテーマの「月の繭」(奥井亜紀)のカバーを披露。深紅のドレスと『∀ガンダム』の映像のコントラスト、そして圧倒的な歌声で会場のファンの胸をグッとつかんでいく。続いて軽快なイントロが流れると、『ガンダム Gのレコンギスタ』のOPテーマ「ふたりのまほう」を披露。May J.自身も観客も思わず笑顔がこぼれ、歌い終わると、「ガンダム40周年おめでとうございます!」と改めてお祝いのメッセージを伝えたのだった。

ライブの中盤を彩ったのは今回のイベントに両日とも出演した森口博子。NHKで放送された「全ガンダム大投票」の「ガンダムソングス」部門で1位に輝いた『機動戦士ガンダムZ』OPテーマ「水の星へ愛をこめて」のイントロが流れた瞬間、会場からは大きな歓声と拍手が起こった。

歌い終わったあと、語りたいことの多さに早口になったというMCを経て、同じく『機動戦士ガンダムZ』OPテーマ「Z・刻をこえて」(鮎川麻弥)のカバーも。軽快なロックミュージックに合わせて、真っ白なドレスを翻して歌う。

森口博子

『ガンダム』40周年を祝おうと、「みんなで共有しましょう! せーの!」「おめでとーう!」とコール&レスポンスでファンと気持ちを共有した後は、『機動戦士ガンダムSEED』挿入歌「暁の車」(FictionJunction YUUKA)のカバーを初披露。アカペラから始まる、カガリとアスランのふたりの感動的なシーンで流れた名曲で、会場にもため息をつくほどの感動が広がった。

ラストは「たくさんの人たちと出会うきっかけとなった曲」と、『機動戦士ガンダムF91』主題歌「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~」。美しく繊細な冒頭から、光あふれる力強いラストまでドラマチックな楽曲を歌い上げた。ちなみに森口は、1日目では、「水の星へ~」と「ETERNAL~」のほかに、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』EDテーマ「フリージア」(Uru)のカバーと、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』主題歌「宇宙の彼方へ」を披露した。

伊藤由奈

次に登場したのは、羽のような白いドレスに身を包んだ伊藤由奈。『機動戦士ガンダム00』のEDテーマ「trust you」のイントロが流れると、女性ファンから歓声が上がった。「ロスからこのライブのために帰ってきました!」と、日本では8年ぶりのライブであったことを話すと、「私の大好きな『ガンダム』の曲を歌います」と『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』EDテーマ「オルフェンズの涙」(MISIA)のカバーを披露。ジャズ調のメロディに乗りながらカッコ良く歌い上げると、名残惜しそうにステージを去っていった。

澤野弘之/SawanoHiroyuki[nZk] Vo.Tielle

ライブ後半には、『機動戦士ガンダムUC』や『機動戦士ガンダムNT』の劇伴を手掛ける澤野弘之/SawanoHiroyuki[nZk]が登場。まずは澤野によるピアノの生演奏による『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』OPテーマの「Into the Sky」を、ヴォーカリストTielleを迎え披露。さらに、mpiを加え、『機動戦士ガンダムNT』の劇伴メインテーマへと熱いステージを繰り広げた。

MCでは、澤野が「後半盛り上げていこう!……と言いつつ、次はバラードなんです」と苦笑い。次の曲のゲストヴォーカルを「新型モビルスーツ」と称し、「とくと、その性能とやらをご覧いただければ」と告げると、ステージに登場したのはT.M.Revolution/西川貴教!「ビギニング」(『機動戦士ガンダムⅢ めぐり宇宙』副主題歌)のカバーを披露し、会場を沸かせた。

1日目ではトリを務め、「Zips」(『機動戦士ガンダムSEED MSV』テーマソング)、「ignited-イグナイテッド-」(『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』OPテーマ)、「哀 戦士」(『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』主題歌)カバー、「INVOKE」(『機動戦士ガンダムSEED』OPテーマ)、さらに澤野弘之/SawanoHiroyuki[nZk]とも「Vigilante」のコラボも披露したT.M.Revolution/西川貴教だが、この日は2曲目として、逆コラボとなる『機動戦士ガンダムSEED』挿入歌「Meteor -ミーティア-」を披露。圧倒的な存在感と歌声で観客は大興奮となった。

T.M.Revolution/西川貴教

澤野から「俺のユニコーンガンダム」と紹介された西川は、「ビーン!角が立っております」と絶妙な返し。さらに、1日目のライブで『機動戦士ガンダムSEED』に関し発言した内容について、関係者から厳重注意を受けたらしく……「でも僕は関係者の前にいちファンなので。これからも情報を漏洩していきます! ……俺がガンダムだ!」と、『機動戦士ガンダム00』の名セリフを入れつつ、高らかに宣言すると会場から大きな声援を受けた。

澤野はこれからも西川と一緒に音楽を作りたいと語り、「『ガンダム』に俺と西川さんをよろしくお願いします!!」とガッチリ肩を組んでいた。それから『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』の挿入歌であり、お台場に立つ「実物大ユニコーンガンダム立像」テーマ曲である「Cage」をふたたびTielleの歌声で披露し、澤野パートのラストを飾った。

LUNA SEA

そして2日目の大トリを飾ったのは、1日目のトップバッターを務めたLUNA SEA。2日目も「宇宙の詩 ~Higher and Higher~」「悲壮美」と、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』のOPテーマを、シャアの足跡を追うようなアニメの名シーンと共に次々と披露。バンド結成30周年を迎えたLUNA SEAのド迫力の演奏と、ボーカル・RYUICHIの歌声にグッと引き込まれる。RYUICHIはMCで「今でもガンプラを作りたいと思っています。できたらブログに上げます!」と宣言し、ファンを沸かせていた。

RYUICHI(LUNA SEA)

SUGIZO(LUNA SEA)

INORAN(LUNA SEA)

さらに、かつてTM NETWORKが手掛けた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』主題歌であり、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』ではLUNA SEAサウンドによるアレンジでOPテーマにも使用された「BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~」も披露。ラストは、「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」音楽トータルプロデュースを手掛けるSUGIZO制作によるテーマ曲「THE BEYOND」で観客席に金テープが放たれる。ステージ・会場ともにみんなの顔が光に照らし出され、壮大な楽曲に身を委ねながら、『ガンダム』愛への想いを共有した瞬間を味わった。

J(LUNA SEA)

真矢(LUNA SEA)

ひとつの作品にとどまらず、年代・性別を超え、40年間ファンの胸それぞれに感動の形を残してきた『ガンダム』。大きな魅力のひとつである“音楽”をライブという形で体感できた素晴らしいイベントは、大盛況のなか幕を閉じたのだった。次の10年、20年……とさらなる進化をし続ける『ガンダム』。これからも名作・名曲を生み続けるのだろう。


「GUNDAM 40th FES “LIVE-BEYOND”」

2019年9月7日(土)・8日(日)幕張メッセイベントホール

<9月7日(土)セットリスト>

【LUNA SEA】
01.宇宙の詩 ~Higher and Higher~
02.悲壮美
03.BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~
04.THE BEYOND
05.ROSIER

【SKY-HI】
06.『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』メインテーマ
07.Diver’s High
08.Double Down
09.Paradise Has No Border-SKY-HI Remix-
10.Snatchaway

【DJシャアザー a.k.a. DJシーザー】
11.シャアが来る
12.嵐の中で輝いて
13.FLYING THE SKY
14.アニメじゃない-夢を忘れた古い地球人よ-
15.RHYTHM EMOTION
16.Realize
17.あんなに一緒だったのに
18.儚くも永久のカナシ
19.AURORA
20.STAND UP TO THE VICTORY~トゥ・ザ・ヴィクトリー~
21.Raise your flag
22.RAGE OF DUST

【森口博子】
23.水の星へ愛をこめて
24.フリージア
25.ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~
26.宇宙の彼方へ

【TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND feat.ハセガワダイスケ】
27.翔べ!ガンダム
28.めぐりあい
29.Gの閃光
30.未来の模様/Vo.結城アイラ
31.JUST COMMUNICATION/Vo.森口博子

【T.M.Revolution/西川貴教】
32.Zips
33.ignited-イグナイテッド-
34.哀 戦士
35.ビギニング(澤野弘之/SawanoHiroyuki[nZk]コラボ)
36.Vigilante(澤野弘之/SawanoHiroyuki[nZk]コラボ)
37.INVOKE

<9月8日(日)セットリスト>

【BACK-ON】
01.セルリアン
02.Carry on
03.ニブンノイチ

【BiSH】
04.光の涯/SUGIZO feat.アイナ・ジ・エンド(BiSH)
05.Ash Like Snow

【May J.】
06.月の繭
07.ふたりのまほう

【森口博子】
08.水の星へ愛をこめて
09.Z・刻をこえて
10.暁の車
11.ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~

【伊藤由奈】
12.trust you
13.オルフェンズの涙

【澤野弘之/SawanoHiroyuki[nZk]】
14.Into the Sky/Vo.Tielle
15.Vigilante/Vo.mpi&Tielle
16.ビギニング(T.M.Revolution/西川貴教コラボ)
17.Meteor -ミーティア-(T.M.Revolution/西川貴教コラボ)
18.Cage/Vo.Tielle

【LUNA SEA】
19.宇宙の詩 ~Higher and Higher~
20.悲壮美
21.BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~
22.THE BEYOND

フォトギャラリー

「GUNDAM 40th FES “LIVE-BEYOND”」オフィシャルサイト

©創通・サンライズ ©創通・サンライズ・MBS

vol.3
vol.4