Report

「雨宮三兄弟」斎藤工、TAKAHIRO、登坂広臣らが互いの「好き」を告白

「雨宮三兄弟」斎藤工、TAKAHIRO、登坂広臣らが互いの「好き」を告白

テレビドラマ、音楽、ライブ、コミック、そして劇場映画とメディアを横断して展開している巨大エンタテインメント・プロジェクト<HiGH&LOW>。大ヒットした劇場映画第1弾「HiGH&LOW THE MOVIE」に続き、早くも第2弾「HiGH&LOW THE RED RAIN」が完成した。人気キャラクター“雨宮兄弟”の3人にスポットを当てた熱い絆のドラマを、海外ロケを敢行したことで可能になったハードなアクションと共に描いた超話題作だ。この作品の初日舞台挨拶に斎藤工、TAKAHIRO、登坂広臣の“雨宮3兄弟”、山王連合会・コブラ役の岩田剛典、ヤマト役の鈴木伸之、さらにヒロインを演じた吉本実憂、雨宮兄弟の宿敵となる上園を演じた石黒賢、そして山口雄大監督が登壇。撮影裏話などを語った。

取材・文 / エンタメステーション編集部


キャストと監督が登壇すると、場内は大歓声! この舞台挨拶の模様はライブビューイングで全国258館に生中継されており、同様の歓声が日本中で巻き起こったはずだ。当日は小雨の降る天気だったが、登坂は「まるで雨宮三兄弟をイメージしたかのような雨の降る初日ですね」と挨拶。続いてマイクを取った斎藤は「4代目……あ、間違えました。斎藤工です」と軽いジャブを打ち、登坂と同様に「雨宮兄弟にとっては恵みの雨だと思います」と語った。

img_4467_s

MCより“RED RAIN”の赤にかけて、現場での「赤裸々なエピソード」を問われると、TAKAHIROは「海外ロケだったので、みなさんと密にコミュニケーションが取れました。僕と登坂は、ずっとお兄ちゃん(斎藤工)を心待ちにしてたんですけど、現場でもこのオーラと下ネタで包んでいただきました」と笑いをとり、名前の挙がった斎藤は「雨のシーンが多い現場でしたね。特に最後のシーンでは、すごい雨の音で自分が何を言っているのかも聞き取れない状況でした。僕の体を登坂くんが抱きかかえている態勢だったんですが、登坂くんが流した涙が、雨とはあきらかに違う温度で自分の体に触れた瞬間を感じました。あと、今日は“RED RAIN”にちなんで赤いパンツを履いてきました!」と告白。するとTAKAHIROが「僕もです! あとで見せ合いっこしましょう!」とこたえ、息のあったところを見せつけた。

img_4472_s

吉本は「海外ロケで気温が高く、すごく暑かったので水分補給に気を配りました。暑さがもともと得意じゃないので大変でしたが、キャストのみなさんがすごく頑張っていたので、私も頑張れました」と過酷な現場だったことを明かした。しかしTAKAHIROは「吉本さんは現場では全然汗をかいてなくて『やっぱり、女優さんだな』と思いました」と補足。さらに「実憂、今日もキレイだ!」と決めゼリフを放ち、「ありがとう。おとうさん(笑)」と吉本がこたえるという微笑ましさもうかがわせた。

img_4474_s

岩田と鈴木は今作では出番は少なめだったようで、岩田は「僕と伸之は、クランクインからアップまで2日でした。それに、なんで雨宮兄弟が強いのかをすごく熱く語る長セリフがあって、一生懸命覚えて演じたんですが、丸ごとカットされてました(笑)」と暴露。山口監督からは「いいシーンだったんですけど……。DVDには入るかもしれないです」とフォローが入った。

img_4575_s

鈴木が「あるシーンで怒って椅子を蹴るシーンがあるんですけど、倒れた椅子が登坂さんの足に当たってしまったんです。でも顔を撮っているシーンだったので、登坂さんは当たったことを気にしない感じで演じていて……。カットがかかった瞬間に謝ったんですが……」と申し訳なさそうな顔を見せると、すかさずTAKAHIROが「だから、今日もあんまり目を合わせてくれないんだね」と焚きつけ、登坂は笑いながら「そんなことないですよ。まぁ、コノヤロウとは思いましたが」と遺恨発言、場内を笑いで包んだ。

img_4480_s

また、石黒は「TAKAHIROが僕に馬乗りになるというアクションシーンがあったんですけど、彼は優しいから『大丈夫ですか? 重くないですか?』って、声をかけてくれて、すごく優しい男だと思いました」とコメント。ここでもTAKAHIROはすかさず「はい、優しいです!」と受け答える。こうしたノリは現場でも同様だったようで、TAKAHIROと登坂がアイスキャンディーを食べながらじゃれあうシーンについて山口監督は「お二人に好きにやってもらったんですが、どこでカットをかければいいのかわからないぐらい面白くて、ゲラゲラ笑ってました」と打ち明けた。

img_4457_s

そして、TAKAHIRO、登坂、斎藤は“雨宮兄弟”としてSNSのグループを作るほど仲が良くなったようで、MCからお互いの一番好きなところについて聞かれると、登坂が「男の兄弟に憧れていたので、日本一かっこいいお兄ちゃんができてすごく嬉しい気持ちでいっぱいです」と述べ、TAKAHIROは「役とはいえ、この二人と兄弟になれたのは宝物でしたし、何よりも二人の顔が好きです。斎藤工になりたい!男が見てもカッコイイ!」と斎藤の顔を絶賛。言われた斎藤が照れながら「こっちのセリフです。お二人の好きなところは、全部ですね。しいて言うなら、登坂さんのことは、抱きしめたい。TAKAHIROさんには抱きしめられたいです」とコメントすると、観客がどよめいた。

img_4447_s

最後にTAKAHIROは「無事に初日を迎えることができまして、スタッフやキャストのみなさんに改めて感謝の気持ちでいっぱいです。これからが本番だと思ってこの映画をもっともっと盛り上げようと思いますので、全国のみなさん、これからも温かい応援、どうぞよろしくお願いいたします!」と力強く語り、客席をバックにしたフォトセッションでは、さらなる歓声が劇場に響き、イベントは終了した。

映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』』

2016年10月8日公開

いつも無邪気に弟を笑わせる兄・雨宮雅貴、感情を顔に出すことのない弟・雨宮広斗、二人が尊敬する長兄・雨宮尊龍の三兄弟がいた。幼い頃に両親を亡くした彼らの絆は固く、尊龍は弟たちに「拳は、大事なもんを守るために使え」と言い聞かせていた。しかし1年前、尊龍が突如姿を消し、弟たちは兄の行方を探し続けていた。両親の命日。尊龍が現れることを期待し、雅貴と広斗は家族の墓を訪れる。だが、そこに現れたのは謎の少女・成瀬愛華だった——。

【企画プロデュース】EXILE HIRO
【監督】山口雄大
【脚本】松田祐子 牧野圭祐 平沼紀久 渡辺啓
【出演】
TAKAHIRO 登坂広臣/斎藤工
吉本実憂/岩田剛典 鈴木伸之 町田啓太 山下健二郎 佐藤寛太 佐藤大樹 藤井萩花 坂東希 濱田龍臣
小野寺晃良 吉澤太陽 中井ノエミ
石黒賢/中村達也 早乙女太一 渡邉紘平 三浦誠己 小木茂光 片岡礼子 矢野浩二 近江谷太朗 長谷川初範/飯島直子/岩城滉一
【配給】松竹

オフィシャルサイト high-low.jp

©2016「HiGH&LOW」製作委員会