Interview

『非国民的ヒーロー』を歌う大森靖子、小室哲哉ともコラボ

『非国民的ヒーロー』を歌う大森靖子、小室哲哉ともコラボ

最新アルバム「TOKYO BLACK HOLE」を引っ提げた全国ツアー中の大森靖子から、「ワンダーロマンス三連福」と題したシングルシリーズの第2弾「POSITIVE STRESS」が到着した。表題曲の作曲は、彼女自身がリスペクトとしてやまない小室哲哉が担当。緻密なポップセンスが投影されたメロディ、前向きであることを強要されるストレスを綴った歌詞が印象的なこの曲は、2016年をビビッドに反映した楽曲に仕上がっている。さらにC/W「非国民的ヒーロー」では、の子(神聖かまってちゃん)との初コラボレーションが実現。女の子の痛みと鬱屈を解放し、存在自体を肯定するような大森靖子の音楽は、このシングルシリーズをきっかけに新たな局面に向かうことになりそうだ。

取材・文 / 森朋之


「もう自分の説明も終わったし、いろいろやろう」という感じなんですよね

全国ツアー「TOKYO BLACK HOLE TOUR」の真っ最中でありながら、3連続シングルリリース企画も続行中。大森さんのなかでは、どんなビジョンがあるんですか?

大体の方向性みたいなものは、デビューしたときからあるんですよね。(メジャー1stアルバム)「洗脳」のときは、せっかくメジャーデビューしたんだし、J-POPも好きだから、それに自分をハメ込む作業が楽しいなと思っていたんです。ポップスへの洗脳っていうことですね。ただ「突然出て来たコイツは何なんだ?」と思われることが多かったから、「自分はこういうことをやりたいと思っています」と提示しなくちゃいけないと思ったんですよ。もともと歌詞で自分を説明するのは好きじゃないんだけど——情景がパッと浮かぶような曲が好きなので——1度それをやらなくちゃと思って「マジックミラー」という楽曲を作って、それがけっこうたくさんの人に刺さってくれて。それをもとにして「TOKYO BLACK HOLE」を作ったんですよね。歌詞も上手く書けるようになってきて、高校時代のこともキレイに書けたんですよ。「少年漫画少女漫画」という曲なんかはけっこう気に入ってるんですけど、その後は「もう自分の説明も終わったし、いろいろやろう」という感じなんですよね。いまって、誰に何が届くかわからないじゃないですか。だから、自分もいろいろやらなくちゃなって。

それが外部のプロデューサーや作曲家を招いた今回のシングル3部作につながった、と。

そうですね。もっと楽曲を提供できるようになりたという気持ちもあるんですよ。他の人に書いてもらった曲に歌詞を付けるためには、その曲を解体しなくちゃいけないし、自分の勉強にもなるかなって。すごくワクワクしますからね、人の曲に歌詞を書くのって。

“歌で世界を平和にする”ということに迷いがないところだと思うんです

sub_s

今回のシングルの表題曲「POSITIVE STRESS」の作曲は、なんと小室哲哉さん。大森さんにとって小室さんは、どんな存在なんですか?

自分のなかでは小室さんとつんく♂さんが二大神みたいな存在ですね。おふたりに共通しているのは“歌で世界を平和にする”ということに迷いがないところだと思うんです。女の子たちの日常——たとえば「ケーキ甘い」とか「ごはん美味しい」みたいなところから、世界や宇宙の真理までブッ飛ぶっていう。私もそこが好きなんですよね。

リスナーに「あなたの日常はすごく大きなものにつながっているんだ」とメッセージしているというか。大森さんも、同じようなことを考えているんですか?

自分が音楽でやりたいことは“肯定”しかないと思っていて。いまって、何をやってもどんどん批判される状況があるじゃないですか。その逆のことを増やしていかないと、若い子たちの才能がつぶれちゃうというか、まだ始めてもないのに「出来ない」って思っちゃう子が増えてしまうと思うんです。「あなたはできる!」「才能あるんだから、おもしろいことやって!」と伝えていって、世の中におもしろいことが増えるといいなって。私はそれを見て楽しみたいんですよ。だから、いまやってることは自分の為です。

ブッ飛んだ才能を持った人たちが活躍できる世界になれば、もっと楽しくなるはずだと。

そうですね。自分も銀杏BOYZを聴いて『こういう風な音楽もあるのか! これならできるかも!』と思って音楽を始めたので。でも、同じようにバンドを始めた人たちはほとんど辞めてしまったので、自分だけは続けたいという気持ちもありますね。

なるほど。小室さんの楽曲に歌詞を付けるのは、どんな体験でした?

小室さんの曲の力がすごくて「なかなか言葉を受け入れてもらえない」っていう感じがあって。A.T.フィールドみたいというか。

言葉が曲に跳ね返される?

はい。プレゼンしてるみたいというか「これはどうですか? だ、だ、だめですか?」みたいな感じで(笑)。だからタイトルが「POSITIVE STRESS」になったのも、そういうことなんですよね。もっと違うタイトルもいっぱいあったんだけど、それは曲に受け入れてもらえなかったから。でも、この言葉っていまの世の中を言い表しているというか、自分でもよく言えたなって思うんです。流行語とか、新しい病名にしてほしい(笑)。

「あなた、“POSITIVE STRESS”ですね」って。

そうそう(笑)。ポジティブなところにいることで感じるストレスってあると思うんですよ。「自分はそういう感じじゃないのにな」って疲れるっていう。「そうじゃなくていい」って小さく肯定してあげることで、人が死ななくて済むようになるんじゃないかって。そこは本気で思ってますね。

ポジティブじゃないといけないという同調圧力もありますからね。

ありますね。「あなたの前向きと私の前向きが違うだけでは? 別に私も前向きですけど」ということじゃないですか。ウェーイ!みたいなのじゃなくていいし、いろんな“がんばる”があるはずなので。

小室さんの一緒にやったことで、得られたものも大きかったのでは?

すごかったですね。何かを話したわけでもインタビューとかを読んでいるわけでもないのに、私だけのことじゃなくて、大森靖子というプロジェクトのこともわかってくれていたし、女の子のパワーやおもしろい若い人たちの未来までしっかり見ていてくれて。プロデューサーってすごいなって思いました。

「レコーディングしたい」ってオファーしたら、一晩でデモを送ってくれて

そして、神聖かまってちゃんのの子さんとのコラボレーションによる「非国民的ヒーロー」も収録。の子さんらしいメロディですよね、この曲。

そうですね。きれいなメロディで。

神聖かまってちゃんを知ったきっかけは何だったんですか?

音楽ファンとして「次に来るバンドはこの人たちか。ライブ観に行こう」という感じでしたね、最初は。U.F.O.CLUB(東京・東高円寺のライブハウス)で“オシリペンペンズ”と対バンだったんですけど、の子くんの気合いが入り過ぎて、血だらけになっていて。U.F.O.CLUBに照明も赤いから、ライブの感想としては「赤い」っていう残像が残ってますね(笑)。の子くんと一緒に曲を作ったのは、ツーマン・ライブをやったことがきっかけなんですよ。一緒に歌ったときに声のノリが合うなと思って、「レコーディングしたい」ってオファーしたら、一晩でデモを送ってくれて。それが「非国民的アイドル」というタイトルだったから、「の子くんに宛てた歌詞にしよう」と思って、「非国民的ヒーロー」に変えたんです。

の子さんになりきって書いた歌詞なんですね。

そうですね。の子くんが自分の部屋で廃人をやってるところをイメージして、それを書き写しただけというか。「自分のことを入れよう」なんて思わなくても、勝手に入りますからね。の子くんのことを書けば、私の感じも自然に入って、ちょうどうよくなると思ったので。この曲のPV、お互いの生活を入れ替えてるんですよ。の子くんは私のウチで息子の世話をして、私はの子くんの部屋で廃人をやるっていう(笑)。

楽曲の制作に関しては、どんなやりとりがあったんですか?

切ないコードの使い方にはこだわりがあったみたいで、アレンジの段階で「そこを変えられると困るんだよな」というのはありました。私との子さんのLINE、ペー・パー並にめっちゃテンション高いですよ。 「歌詞できた★」 「ホント!?早い♡♡」って(笑)。絵文字めっちゃ多くて。

すぐに消えてしまうような風俗的な言葉、新しい言葉もどんどん使って

個性と才能を持った方々といっしょに曲を作ることで、大森さん自身“シンガーソングライターとしての自分”が確認できたりもするんですか?

私、シンガーソングライターっていう自己認識があまりなくて。歌手というか、ライブで自己表現をして、その場にいる人とコミュニケーションを取ることをやっているという認識なんですね。そのことと作詞作曲をしているときのモードはぜんぜん違うんです。そのふたつを一緒にやっている人をシンガーソングライターって言うんだろうけど、私はそこが乖離しすぎているので。「非国民的ヒーロー」なんての子くんに宛てて書いてるから、大森靖子のプロジェクトに入れていいかもわからない感じだし。とにかく私は歌うことが楽しいんですよ

歌を歌うことがいちばん上にある?

そうですね。曲を作り始めたのも、カラオケがすごく好きで「歌いたいメロディ、しっくりくるメロディがあまりないな。じゃあ自分で作ろう」っていうのが始まりなので。歌っていれば気持ちいいし、ずっと歌ってたいんです。もちろん、作るのもぜんぜん別の楽しさがありますけどね。他の人に曲を書くのも楽しいし、今回みたいに人に書いてもらった曲に歌詞をつけるのも楽しいし。私の歌詞、ヘンらしいんですよ。

大森さんの歌詞、素晴らしいと思います。いまの時代をすごくリアルに捉えていて。

何て言うか、すべてが一瞬で移り変わってしまうので、証拠みたいにして残しておきたいんですよね。だから、すぐに消えてしまうような風俗的な言葉、新しい言葉もどんどん使って。自分の曲がずっと残らなくてもいいという感覚があるんですよ。歌い継がれなくてもいいし。もちろん歌ってくれたら嬉しいけど、それを自分で観られないとしたらムカつくので(笑)。

いまの時代の証拠として歌というか。

そういう曲を聴くのが好きなんですよ。「80年代の音がする」とか。作った人が意識してなかったとしても、世代感って出ますからね。「何回目のベルで君が出て」とか。いまは既読かどうかでわかるから、1回のベルの重みなんてわからないじゃないですか。そういうものを見つけるのが好きなんですよ。

次のリリースはシングル3部作のラストとなります。その後はどんな展開になりそうですか?

アルバムのことを考えながら、まずは次のシングルを完成させて。既にいろいろやってるから、アルバムをどうしたらいいかわからないんですよ。誰かタイトル付けてくれたら、それに合わせて作るんだけど(笑)。何か思い付いたら、送ってくださいよ。

(笑)楽しみにしてます。

はい。アルバムできたら、またインタビューしに来てくださいね。

リリース情報

CD ONLY

CD ONLY

CD+DVD

CD+DVD

『POSITIVE STRESS』

【CD ONLY】
2016年10月26日発売
AVCD-83692 ¥1,000(税抜)

1. POSITIVE STRESS
2. 非国民的ヒーロー
3. 朝+

【CD+DVD】
AVCD-83691/B ¥2,500(税抜)
(CD)
1. POSITIVE STRESS
2. 非国民的ヒーロー
3. 朝+
(DVD)
1. POSITIVE STRESS(Music Video 完全版)
※YOUTUBEに公開されているMVとは異なります。
2. 非国民的ヒーロー(Music Video ヒーロー版)
※YOUTUBEに公開されているMVとは異なります。
3. 大森靖子LIVE~2016夏斃す編~

ライブ情報

大森靖子2016年全国ツアー『TOKYO BLACK HOLE TOUR』

10月14日(金) 名古屋CLUB QUATTRO <バンド>
10月15日(土) 仙台 MACANA <バンド> THANK YOU SOLDOUT!!
10月22日(土) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM <バンド>
10月23日(日) 福岡 BEAT STATION <バンド>
10月29日(土) 札幌 PENNEY LANE24 <バンド>
11月4日(金) 広島 LIVE JUKE <弾語り> THANK YOU SOLDOUT!!
11月10日(木) 大阪 BIGCAT <バンド>
11月11日(金) 松山 サロンキティ <バンド>
11月18日(金) 東京 ZEPP TOKYO <バンド>

大森靖子

新少女世代言葉の魔術師。超歌手。弾切れも気にせず畳み掛けるように言葉を撃ちまくるジェットコースターみたいな弾き語りや、ときにギターすら持たないアカペラによる夜のパレードのような空間制圧型ライブの評判が広がりメジャーデビュー直後2014年11月26日、道重さゆみさんモーニング娘。卒業、現在道重再生待ち。
斬新と不思議と諦念とワガママと創造と焦燥に生きるかわいい女の子とおっさんLOVEクソだけど頑張るクソです。
弾き語りを基本スタイルに活動する、新少女世代言葉の魔術師。’14夏はTokyo Idol Fes、フジロック、ロックインジャパンに出演、音楽の中ならどこへだって行ける通行切符を唯一持つ、無双モードのただのハロヲタ。あとブログ。

オフィシャルサイトhttp://oomoriseiko.info/