Report

前田敦子が第4作目のキャストに!? 『スター・トレック BEYOND』ワールドツアーに豪華スタッフ陣が来日!

前田敦子が第4作目のキャストに!? 『スター・トレック BEYOND』ワールドツアーに豪華スタッフ陣が来日!

劇場版としてリブートした『スター・トレック』シリーズ第3弾『スター・トレック BEYOND』がついに日本公開された。前2作を監督したJ・J・エイブラムスはプロデュースのみに専念、あらたな監督として、『ワイルド・スピード』シリーズをメガヒット作に導いたジャスティン・リンを招聘。さらにシリーズを通してモンゴメリー・スコット役を演じてきたサイモン・ペッグが脚本にも参加。シリーズの伝統を守りつつ、あらたなエンターテインメントを追求した超一級のSFアクション作に仕上がった。日本公開に合わせ、J・J・エイブラムス、ジャスティン・リン、サイモン・ペッグが来日。10月19日に歌舞伎町シネシティ広場の特設会場でジャパンプレミアイベントを行った。

取材・文 / エンタメステーション編集部


アクションシーンや映像も迫力満点で ものすごく圧倒されました

『スター・トレック BEYOND』の“ワールドプロモーション・トレック”の最終地となったのは、大規模リニューアルされた歌舞伎町シネシティ広場。23世紀のスペースドッグをイメージして設営された会場には350名もの幸運なファンが詰めかけ、ホワイトカーペットアライバルとステージイベントが行われた。

img_5541

まずJ・J ・エイブラムスが姿を現すと、会場から「J・J〜!!」と大歓声が。さらにジャスティン・リン、サイモン・ペッグも登場。サイモン・ペッグは、早くも“バルカン・サリュート”(指の間を広げるバルカン式挨拶)を見せ、会場は大きな盛り上がりをみせた。
ゲスト陣はカーペットをゆっくりと練り歩き、詰めかけた観客からサイン攻めにあったり、セルフィーのツーショット撮影にも気軽に応じるなど、丁寧なファンサービスを行い、各メディアからのサウンドバイツにもしっかりとコメントを続けていく。

img_5451

そして、いよいよステージイベントがスタート。『スター・トレック』シリーズ誕生50周年を記念するセレモニーも行われた。

img_5351

J・J・エイブラムスは「コンバンワ!」とまずは日本語で挨拶。「ここに戻ってこられて本当に嬉しい。世界で一番大好きな都市が東京なので、ワールドツアーをこの東京で終えられることが本当に幸せ。アリガトウゴザイマス! 今作では、サイモン、ジャスティンの二人を迎えられて本当にラッキーだったし、驚くべき仕事をしてくれた。彼らのコラボレーションも素晴らしいし、才能も溢れていて面白い。少し切ないのは、自分が監督した過去2作よりも、今回がベストな作品になってしまったことかな」と自虐発言をして会場を沸かせた。

img_5392

ジャスティン・リン監督は『スター・トレック』シリーズの監督に抜擢されたことについて「本当に光栄だった。だけど、みんなが愛と情熱を持っているシリーズなのでものすごくプレッシャーも感じた。でも非常にラッキーだったのは、J・J・が築いていた素晴らしいクルー、キャストと一緒に映画が作れたので、本当にいい映画になると思えた。それにチャレンジがあったからこそ、より良いものが出来たと思っているよ」と本作への自信を語った。

img_5421

サイモン・ペッグは本作の脚本を共同執筆することになった経緯について「僕からJ・J・にたくさんお金を払ったんだ(笑)」とジョークで沸かせつつ「J・J・とは10年の付き合いになるし、断ることなんてできなかった。非常に素晴らしい機会になると思ったし、大好きな人たちと一緒に仕事ができることが光栄で、幸せな話だと思った」と前向きに快諾したことを明かし、さらにMCから日本のカルチャーを愛好していることを告げられ、日本で行きたい場所があるかと尋ねられると「オタクー!」と日本語で絶叫。「日本のすべてが好きなのでたくさんのところに行きたいけど、北海道かな。スノーボードが好きで、すごく良いパウダースノーがあると聞いているので楽しみ」と、オタク文化とは真逆のアクティブな一面を垣間見せた。

img_5555

続いて『スター・トレック』50周年記念セレモニーがスタート。アンバサダーを務めるのは女優の前田敦子。前田は2009年の『スター・トレック』第1弾の公開時のプロモーションで来日したJ・J・エイブラムスと会っており「それからすっかり『スター・トレック』の大ファンになりました。今日は再会できて本当に嬉しいです!」と挨拶。今作の感想を聞かれると「アクションシーンや映像も迫力満点で ものすごく圧倒されました! でもそれだけじゃなくて、様々な人間模様が交錯する群像劇としての魅力も大きな見どころで、人間ドラマとしても楽しめました」と絶賛した。

img_5562

イベントのフィナーレは、前田のカウントダウンと共に会場にレーザーが走り、上空にはスター・トレックの“50thマーク”が投射される。観客の持ったサイリウムライトも点灯し、前田は「本当にすごい! みなさんありがとうございます! ここにいるみなさんとUSSエンタープライズのクルーの一員になれたと思います!」と声を弾ませた。その勢いで「続編も決定していると聞いていますが、今度はぜひ私も作品に参加させていただきたいです!」とアピール。

img_5628

イベント終了後、ステージから去り際に前田敦子がスカートの裾を踏んで躓いてしまうというアクシデントが発生したが、すかさずJ・J・エイブラムスが優しくサポート。早くも実現したJ・J・と前田のコラボレーションに、シリーズ第4弾への期待も高まった。

映画『スター・トレック BEYOND』

2016年10月21日公開

st_pos_f

STORY
未知の星に不時着した宇宙船救出ミッションに出発したエンタープライズ号。このミッションを最後にして、キャプテン・カークは“ある決断”を胸に秘めていた。しかし到着直前、無数の飛行物体によって急襲を受け、エンタープライズ号は撃破。仲間は散り散りになってしまう。果たして何が起こっているのか。たったひとり見知らぬ土地に投げ出されたカークの限界を超えた戦いの幕が開く!

【製作】J・J・エイブラムス
【監督】ジャスティン・リン
【脚本】サイモン・ペッグ ダグ・ユング
【キャスト】
クリス・パイン ザッカリー・クイント ゾーイ・サルダナ サイモン・ペッグ カール・アーバン アントン・イェルチン ジョン・チョウ イドリス・エルバ ソフィア・ブテラ ジョー・タスリム

【配給】東和ピクチャーズ

オフィシャルサイトhttp://startrek-beyond.jp/

©2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.STAR TREK and related marks are trademarks of CBS Studios Inc.