Interview

赤澤遼太郎、北川尚弥、立石俊樹らが織り成し、ひとつに繋がる物語。映画『先生から』公開直前インタビュー

赤澤遼太郎、北川尚弥、立石俊樹らが織り成し、ひとつに繋がる物語。映画『先生から』公開直前インタビュー

映画『先生から』が10月4日(金)より全国順次公開される。本作は「先生の愛人の子」、「先生とホスト探偵」、「先生の遺言」の3パートで構成されており、若者たちが将来に対する不安を抱えながらも、ある出来事によって不思議な繋がりを得ていく物語だ。
主演は赤澤遼太郎、出演キャストには北川尚弥、立石俊樹、田鶴翔吾、小早川俊輔、吉村駿作ら。舞台を中心に活動する若手俳優たちが、映像作品で新たな一面を見せている。監督はこれまでにも若手俳優メインの映像作品を手がけている堀内博志。静かな空気の中で繊細に揺れ動く若者たちの心を丁寧に描き出す。
映画公開に先駆け、主演の赤澤遼太郎からの取材コメントと、北川尚弥&立石俊樹のインタビューをお届けする。

取材・文 / 片桐ユウ
撮影(北川&立石)/ 青木早霞(PROGRESS-M)


赤澤遼太郎が演じる主人公・真北直史は、作家志望の青年。彼が弟子入りしている作家・小宮久作(那波隆史)に“小宮公也”なる人物を探すよう頼まれるところから物語は始まる。死期が近づく久作の願いを叶えようと直史は公也の行方を追うのだが──。
『あんさんぶるスターズ! オン・ステージ』(大神晃牙 役)や『おそ松さん on STAGE』(トド松 役)、MANKAI STAGE『A3!』(七尾太一 役)など、2.5次元作品の中でも人気を誇るシリーズでメキメキと頭角を現している赤澤遼太郎。映画『先生から』が、映像作品で初めての主演作となる。正直なコメントから、赤澤のストイックな姿勢が覗く。

僕の考えやお芝居など、全部をぶつけた作品

映画初主演のお話がきたときのお気持ちを教えてください。

赤澤遼太郎 映像作品に対してやはり憧れは抱いていたので、とても嬉しかったです! あと親や祖父母がとても喜んでくれたことが印象的でした。作品の内容は日本映画的な雰囲気で、文学好きの青年という役柄もこれまで演じたことがなかったので、撮影をとても待ち遠しく思いました。

映画『先生から』より

撮影時の思い出で印象に残っていることや、演じる際に意識したことはありますか?

赤澤 スタッフさんと直接的な距離感が近くて、話すことが多かったり、みんなでひとつの作品をつくっているという雰囲気がとても好きでした! スケジュールは正直しんどかったですが(苦笑)、いろいろなロケーションでお芝居をしたりと、とても楽しかったです。演じるうえでは、肩の力を抜いて、役としてのスイッチをあえて入れないことを意識していましたね。でも映像の作品にはあまり慣れていなかったので、撮られ方は難しかったです。写真とはまた違って、自分の思い描いている映像や表情を把握するのが大変でした。

映画『先生から』より

映画の完成版を見た感想は?

赤澤 率直に、自分に対して“まだまだだな”と思いました。ただ撮影時には、僕の考えやお芝居など、全部をぶつけた作品なので後悔はしてないですし、ここからどんどん成長してやろうと思いました。

映画『先生から』より

ご覧になって改めてシンパシーを感じたり、共感ポイントのあった役はありますか?

赤澤 自分が演じた真北直史ですかね。彼の内にある夢や愛には共感できました。真北直史が感情を爆発させるシーンはお気に入りです!

映画『先生から』より

真北直史は“先生”に憧れて弟子入りします。それにちなんで恩師と言える人物と、その方とのエピソードを教えてください。

赤澤 このお仕事を始めて間もないときに、とある演出家さんから言われた言葉をとても大切にしています。「今の若手俳優にはチャンスがたくさん転がっているのに、それを掴もうと努力や追求をしないのはおかしい」という言葉をいただいて。本当にそうだな、と思ったので、この言葉を心に留めて、そのときに僕ができる全力を目の前のことに込めさせていただいて、さらにそれが何か大きなことや次のことに繋がるように、いつもお仕事に向き合っています。

映画『先生から』より

では最後にお客様へのメッセージをお願いします。

赤澤 僕の映像作品のスタートを皆様に見ていただけるのが本当に嬉しいです。劇場で何かを感じていただければ本望です!

1 2 >