Report

猪塚健太が淡い恋心を巧みに表現し、働く女性たちを献身的に支える。A New Musical『FACTORY GIRLS〜私が描く物語〜』上演中!

猪塚健太が淡い恋心を巧みに表現し、働く女性たちを献身的に支える。A New Musical『FACTORY GIRLS〜私が描く物語〜』上演中!

日米共作プロジェクトA New Musical『FACTORY GIRLS〜私が描く物語〜』。アメリカの作曲家コンビであるクレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニーが楽曲を提供し、日本版の脚本・演出を板垣恭一が手がけた、“世界初演”となる本作が9月25日(水)に開幕した。
19世紀半ばのアメリカ・ローウェルの紡績工場で働く女性たちが実際に起こした労働争議を題材に、女性の権利を求めて“言葉”を武器に戦ったサラ・バグリー(柚希礼音)と、“言葉”の力を信じ、サラとは違う形で戦うハリエット・ファーリー(ソニン)の物語。工場で働く“ファクトリー・ガールズ”はもちろん、工場のオーナーであるアボット・ローレンス(原田優一)や、サラに想いを寄せるベンジャミン・カールス(猪塚健太)など、彼女たちを取り巻く登場人物も丁寧に、そして魅力的に描かれている。
初日に先立ち行われた、囲み会見とゲネプロの模様をレポートする。

取材・文・撮影 / 高城つかさ


日本初演、世界初演ということで、高揚感でいっぱい

ゲネプロ前に行われた囲み会見には、主演の柚希礼音、ソニン、実咲凜音、清水くるみ、石田ニコル、脚本・演出を手がけた板垣恭一、作曲家コンビのクレイトン・アイロンズ、ショーン・マホニーが登壇した。女性陣は、まるで19世紀アメリカからそのまま出てきたかのような、くるぶしまで長さのあるドレス姿で登場。

初日を迎えるに当たっての心境を問われると、柚希礼音から順番に意気込みを語った。

柚希礼音 ついに初日です。世界初演、そして日米共作という大きな作品に関わらせていただいて、いつも以上にキャスト・スタッフ全員一丸となってつくり上げてきました。なので、早くお客様に観ていただきたいなと思います。自信作でございます!

ソニン 日米共作ということで、今回はアメリカチームが音楽を、板垣さんが演出をしてくださって、“オリジナルをつくり上げる”という難しさと楽しさ、そして充実さを感じた稽古の毎日でした。また、板垣さんのご理解もあり、ハリエットと同じく私がライターとして歌詞や言葉を練り込んだところもあって。そう言った意味でも、役を、そして作品をつくり上げることを同時に経験した、とっても大切な日々でした。言葉の大切さをお客様に伝えられるよう、感謝の気持ちで舞台に立ちたいと思います。

実咲凜音 日本初演、世界初演ということで、高揚感でいっぱいです。ご観劇いただいたお客様にどのような言葉をいただけるのか、楽しみです。板垣さんやキャストの皆さんとはたくさん話し合いました。柚希さんやソニンさんもアドバイスをくださり、みんなでつくり上げた作品なので観ていただけるのが楽しみです。

清水くるみ 初日というのはどんな作品でも緊張しますが、今回はイチからつくり上げた作品でもあるので、本当に緊張しています。世界初演ということがあんまり伝わっていないと感じる機会が多かったので、(記事に)書いていただきたいです!(笑)みんなでつくり上げたものを届けられるように頑張りたいと思います。

石田ニコル 私自身、2度目の舞台なのですが、7年ほどブランクがあるので、舞台に立つことだけで緊張しています。素敵なキャスト・スタッフの皆さんに囲まれて、恵まれた環境でこの作品をできることに喜びを感じております。そんな今日は“気合い”という意味を込めて、私服で赤いワンピースを着てきました!

続いて、板垣恭一が“世界初演”の概要を説明。初めに「ファクトリー・ガールズ」というミュージカルの種(楽曲)があり、楽曲を使用したいと依頼した際に脚本が仕上がっていなかったことから、日本版の脚本執筆の許可を取ったそうだ。「結果、既成の曲では足りなくなったので、イメージを伝え、新たに9曲つくってもらいました。もともと彼らの音楽から始まっていますが、そのアイデアをさらに膨らまし、キャストの皆様とつくり上げました」と説明。最後に「劇場に来ていただいて“日本でもこんな作品がつくれるのか!”と感じていただけたら嬉しいです」と締めた。

続いて、楽曲を提供したクレイトン・アイロンズショーン・マホニーに対する質問へ。現在の心境を聞かれたクレイトンは「日本とアメリカは文化の違いや、働く女性に対する意識の格差もあったと思うのですが、今回はお互いがその差を埋められたと思っています」とコメント。ショーンは「制作に12年ほどかかっているので(楽曲を聴けることを)楽しみにしています。日本チームの皆さんに協力できたことをありがたく思いますし、光栄に思います」と話した。

さらに、作品を通して伝えたいメッセージを聞かれた柚希は「女性の働き方の話だと思われますが……」と前置きし「今もまだまだ変わっていないことがあるので、共感できると思います。観劇後に、女性が女性として生きていることに誇りを持ち、明日からも頑張ろうと思っていただけるような舞台となっています」と回答。
ソニンは、初めの挨拶で“言葉”について話したことを踏まえ、「言葉を大切に、そして言葉の力を信じて戦った女性たちのお話です。お客様に言葉の持つ力と大切さを感じていただけたらと思っております」と力強く語った。

また実咲は「作品を通して、女性労働の厳しさ、過酷な労働を強いられた時代を知ることができました。お客様にも知っていただける機会なのではないかと思います」と続け、「私たちが“女性”として働けていることを当たり前だと思わず、“ファクトリー・ガールズ”のような方々がいたからこそ、今の私たちがいると感じながら生きようと思います」と当時を生き抜いた女性たちに思いを馳せた。
清水は日本の“働き方改革”に触れ「19世紀のアメリカの話ですが、今の日本でも共感できる要素が盛り込まれています」と話したあと「舞台は今しかないので、“今”観にきて欲しいです!」と呼びかけ、石田は稽古場への移動中に働いている人を見て「みんな頑張っているんだな」と感じたエピソードを話し「働いて疲れたときに観にきていただいて、帰るときに自分の人生とは何か、自由に何かを少しでも考えていただけたらと思います」と語った。

最後に柚希が「芸歴20周年の締め括りで、こんなにも素晴らしい作品に出会えて……。宝塚で学んだこと、そして、女優になってから学んだこと、すべてをひっくるめないとできなかった役に出会えました。なので、お客様に早く観ていただきたいです。面白い作品になっているので、お見逃しなく!」と自信をのぞかせ、囲み会見は終了した。

この物語が提示したいのは“自由”とは何かということ

舞台は、産業革命後、19世紀半ばのアメリカ・ローウェル。物語は、貧乏な家族を助けるために紡績工場に入社する農家の娘・サラ・バグリー(柚希礼音)がローウェルに到着するシーンから始まる。サラの就職先の女工は“ファクトリー・ガールズ”と呼ばれ、彼女たちは、自身を表現できる場である寄稿集『ローウェル・オファリング』に希望を抱きながら働いていた。過酷な労働を強いられながらも、希望を捨てずに働く彼女らに、サラは衝撃を受ける。

正義感が強く、天真爛漫で芯のあるサラは、病気の弟を持ち、その治療費のために働くアビゲイル(実咲凜音)や、明るく優しいルーシー(清水くるみ)、華やかな世界を夢見るマーシャ(石田ニコル)らと交流を深めながら、日々を過ごしていた。

ある日、サラは工場にやってきた『ローウェル・オファリング』の編集者・ハリエット・ファーリー(ソニン)と出会う。工場のオーナーであるアボット・ローレンス(原田優一)の協力者であり『ローウェル・オファリング』の発行人・スクーラー(戸井勝海)とその甥・ベンジャミン(猪塚健太)によって編集長に抜擢されたハリエットは、ファクトリー・ガールズたちの憧れの的。

そんなハリエットとの出会いをきっかけに、文章を書いてみることになったサラは、自分の気持ちを“言葉”で表現する楽しさを知っていく。そして、彼女のリーダーシップと才能を認めるハリエットと固い友情で結ばれたはずだった……。

さらに厳しくなる労働環境に疑問を抱き始めたサラは、ある事件をきっかけに、労働新聞『ボイス・オブ・インダストリー』のライター・シェイマス(平野 良)やファクトリー・ガールズと協力しながらアボットらに“言葉”で対抗することを決意する。しかし、そんなサラと、工場と仲間たちを守るために“工場のシンボル”として自分を偽りながら働くハリエットは対立してしまう。やがて、“言葉”の戦いは労働争議まで持ち込まれるが……。

遠く離れた場所に住む相手にも1秒で想いを伝えられる現代の日本では、“言葉”を簡単に扱ってしまっているように思う。そんな今だからこそ、“言葉”を大切に、“言葉”の力を信じながら、それぞれの信念を持ち、正しさを追求し、それを“言葉”で伝えようとするサラとハリエットの姿には、忘れかけていた“言葉”の大切さを思い出させてくれるのではないだろうか。

印象的だったのは、ハリエットの文章を読んだことをきっかけに惹かれ、彼女にアプローチをするベンジャミンを猪塚健太が熱演していたこと。権力を誇る叔父・スクーラーと、スクーラーらの作戦によって操り人形のように扱われるハリエットの間で板挟みになりながらも、最後まで彼女を献身的に支える姿が素晴らしかった。

“女性”や“仕事”に対する扱いもそうだ。働き方改革、男女平等……。19世紀半ばと比べれば変わったこともあるが、“女性らしさ”・“男性らしさ”を求められたり、労働時間や劣悪な労働環境のなか働いたりしている人がいるのが現状である。時代は違えど、この物語が提示したいのは“自由”とは何かということなのだと感じた。今、“当たり前”だと思っているものは果たして正しいのだろうか、自分の人生とはいったい何なのか……。ファクトリー・ガールズと自らを重ねながら考えるきっかけにもなる傑作だ。

A New Musical『FACTORY GIRLS〜私が描く物語〜』は10月9日(水)までTBS赤坂ACTシアターにて東京公演が行われ、10月25日(金)~10月27日(日)まで梅田芸術劇場メインホールにて大阪公演が上演される。全公演当日券を用意しているため、ぜひ劇場へ足を運んでいただきたい。

A New Musical『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』

東京公演:2019年9月25日(水)~10月9日(水)TBS赤坂ACTシアター
大阪公演:2019年10月25日(金)~10月27日(日)梅田芸術劇場 メインホール

STORY
19世紀半ばのアメリカ・ローウェル。産業革命により大規模な紡績工場が誕生し、ローウェルには多くの先進的な女性が集まり、ファクトリー・ガールズとして働いていた。サラ・バグリーもそんなひとり。彼女は貧しい家族を助けるため、そして自らの自由を得るために故郷を旅立ってローウェルにやってくる。しかし、ローウェルの工場で彼女が目にしたものは、轟音をあげる織機、理不尽な抑圧、そして機械のように働くガールズだった。そんな時にファクトリーガールズの寄稿集『ローウェル・オファリング』の編集者として女工たちの憧れの存在であったハリエット・ファーリーとの出会いによって、彼女は文章を書くことに新たな自分を発見し、ハリエットもまたサラの文才を認め、ふたりはいつしか深い友情で結ばれていく。しかし、工場のオーナーであるアボットは、競合の出現によって業績の落ちてきた自分の工場を立て直すべく、労働時間の延長を図る。それは、ガールズたちにとっては生命に関わる労働環境の悪化を意味するものだった。様々な思惑が渦巻く中、自分の信念に生きようとするサラとハリエット、そしてファクトリー・ガールズたちが闘いの末に辿り着く未来とは……。

音楽/詞:クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニー
日本版脚本・演出:板垣恭一

出演:
サラ・バグリー 役:柚希礼音
ハリエット・ファーリー 役:ソニン
アビゲイル 役:実咲凜音
ルーシー・ラーコム 役:清水くるみ
マーシャ 役:石田ニコル
アボット・ローレンス 役:原田優一
シェイマス 役:平野 良
ベンジャミン・カーチス 役:猪塚健太
ヘプサベス 役:青野紗穂
グレイディーズ 役:谷口ゆうな
フローリア 役:能條愛未
ウィリアム・スクーラー 役:戸井勝海
ラーコム夫人(オールド・ルーシー)役:剣幸

島ゆいか、安福 毅、当銀大輔、丸山泰右、大音智海、上條 駿、矢内康洋、酒井翔子、田口恵那、Sarry、杉山真梨佳、コリ伽路、井上花菜

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@factorygirlsjp)