Interview

ЯeaL バンドらしさを主軸にしたシンプルな新作とSPYAIRのカバーで魅せた、ターニングポイント作について訊く。

ЯeaL バンドらしさを主軸にしたシンプルな新作とSPYAIRのカバーで魅せた、ターニングポイント作について訊く。

3ピースのガールズロックバンドЯeaLが、SPYAIRのMOMIKENを歌詞プロデュースに迎えたデジタルシングル「Unchain My Heart」をリリースした。これまでは「銀魂」や「ポケットモンスター」、「BORUTO –ボルト-」などのアニメ主題歌を手がけ、作品に寄り添った楽曲を生み出してきた彼女たちだが、ノンタイアップの本作は“自分らしさ”とは何かに向き合い、バンドであることに焦点を当てたストレートなロックナンバーとなっている。さらに、カップリングには彼女たちが高校時代から愛聴し、影響を受けているだろうSPYAIRのカバー曲も収録されている。
エンタメステーションでは、全てのソングライティングを手がけるRyoko(Vo&Gt)だけではなく、Aika(Dr)とFumiha(Ba)を加えた3人にインタビューを実施。結成から7年を迎えたバンドの今について語ってもらった。

取材・文 / 永堀アツオ


ロックバンドやけど、メロディがキャッチーやっていうことが、自分たちの強みなんだってことを認められたんですよね(Ryoko)

夏のツーマンライブツアーの感想から聞かせてください。

Aika ……楽しかったです。

Ryoko 小学生の絵日記か!

Fumiha (笑)ツーマンツアーの感想としては、バンドよりも、アーティストやシンガーの人と一緒にやらせてもらうほうが多かったんですけど……楽しかったです。

あははははは。

Fumiha 出だし好調やったのに……。喋れそうな雰囲気やったけど、無理やったな。ま、シンガーの人ともやったので、ヴォーカルとしても刺激を受けたんじゃないかなって。

Ryoko そうやな。ヴォーカリストとして全部異色やったし、ヴォーカルとしてのあり方も固定概念があったんですけど、今回、いろんな人とやらせてもらって。いろんなやり方があるなって感じたことで、刺激を受けて私たちが変わったというよりかは、私たちはこれでいいんだなっていうЯeaLという個性が濃くなった気がしますね。ざっくばらんな個性もありやんなって思えた3本やったかなって思います。

その他者と対バンすることで明確になった“ЯeaLらしさ”を言葉にすると?

Ryoko 井上苑子ちゃん、Brian the Sun、ナナヲアカリっていう3組とも個性の塊やったんですよ。ЯeaLは割と没個性というか、王道やなって思ったんですよね。これまでは、それを負い目に感じてて。ロックバンドって言ってるのに、こんなにポップでいいのかって考えて、あえてセトリからポップな曲を外したりしてたんですけど、苑子ちゃんやアカリちゃんとかとやるときはポップな曲を入れていたんですね。そこで、なんやろ、どれだけポップな曲をやったとしても、うちらはやっぱりロックバンドやなって思えたというか。ロックバンドやけど、メロディがキャッチーやっていうことが、自分たちの強みなんだってことを認められたんですよね。そういうЯeaLらしさを受け入れられたツアーでもあったし、Brian The Sunとやったことによって、間が怖くて喋りっぱなしだったMC のあり方も考え直すことができた。その後のサーキットフェスではMCをなくしてみるっていうこともトライできたので、よきツーマンツアーだったなって思います。

Ryokoさんが作詞作曲して、3人で演奏していれば、もうらしさは出てると思いますけどね。

Ryoko そうですね。でも、自分たちで自分たちのイメージを考えすぎていて。ЯeaLとは? ロックバンドとはこういうものだっていう固定概念が強かったんですよ。

意外に、今まで自分がこうだって思ってたのは、自分が作った固定概念で、そんなに大事じゃないかもなって思えたんですよ(Ryoko

それは、新曲「Unchain My Heart」とも通じるテーマですね。

Ryoko この曲を書くに至った経緯なんですけど。結成して7年間、自分がЯeaLになってから本当に最近まで、マジで1日もЯeaLのことを考えなかった日がなくて。何をしてても、ЯeaLは次はこういうことをしたほうがいいなとか。それこそ、普通はレコード会社のA&Rさんが考えるようなことも15歳くらいの頃から自分でずっと考えてて。それを担当の人に、「私はこういうことがしたくてって、こういう風に進めたいです」って言ってたくらい、「こうでなきゃいけない」っていう考えが強くて。で、今年の4月虫垂炎でお休みをもらったんですけど、その時に、天から一回休めって言われてるんだよなと思って。こういうことがないと、考えることをやめないから、「1ヶ月は療養が必要」って言われた時に、あ、一回、ЯeaLのことを考えるのをやめようって。ЯeaLのRyokoじゃなく、本当の自分として、好きなものだったりをもう一回考えてみようと思ったんですね。久しぶりに自分の好きな映画を見たりとか、自分の好きな本を読んだりとか、ぼうっとして何も考えない時間を過ごしたら、意外に、今まで自分がこうだって思ってたのは、自分が作った固定概念で、そんなに大事じゃないかもなって思えたんですよ。止まってみたからこそ、わかったことというか。それを曲にしようと思って、「Unchain My Heart」っていうタイトルから決めて書き始めたのがきっかけですね。

穴あきの歌詞をMOMIKENさんに送り返して。「わからないです」って(Ryoko)

作詞のプロデュースとしてMOMIKEN(SPYAIR)さんが入ってます。一緒にやってみてどうでしたか?

Ryoko 今までいろんなタイアップだったりとか、何かに沿って書くことが得意やったんですけど、何にも縛られずに、ЯeaLっていう個性を出そうってやってみた時に、絵がないとわからない歌詞だから、もうちょっとわかりやすくしようって、お話いただいて。今までそれしかやってこなかったからわからないと思って。穴あきの歌詞をMOMIKENさんに送り返して。「わからないです」って。

どんなアドバイスをもらいました?

Ryoko 自分らしさがわからないことを人のせいにする歌詞を書いてたんですよね。でも、そうじゃなくて、「きっと、RyokoちゃんはRyokoが作った自分らしさというものに縛られてるから、自分のそういうところを書いたらどう?」って言ってくれて。一気に視界がクリアになりました。なるほどって。

でも、さっき、お休み中に……。

Ryoko そうなんですよ。4月にはそういう考えに至っていたのに、仕事に戻ったら、またこういう考えになってたので、それは良くないなって、書き直したのが今の歌詞になってますね。一人ではそのことにも気づけずに書いていたし、これまでも一度もメンバーに相談したこともなくて。人の意見を聞くことが本当になかったので、いいきっかけになったなって思います。

ЯeaLはぱっと聞いて、景色が浮かばない曲が多かったんですよ。でも、この曲は交差点に自分が立ってるってわかるので、わかりやすくなったなって思いました(Fumiha)

メンバーはこの曲を受け取ってどう感じました?

Fumiha 私、歌詞の考察とか全然しないタイプなんですけど、ЯeaLはぱっと聞いて、景色が浮かばない曲が多かったんですよ。でも、この曲は交差点に自分が立ってるってわかるので、わかりやすくなったなって思いました。

Aika ЯeaLの曲って、特にサビに中毒性があるものが多いんですけど、この曲はいい意味で、中毒性がないっていうか。

Fumiha サビ頭だけ唯一、私たちに相談が来たんですよ。今と違うメロディだったんですよね。もともとはもっと隙間だらけでインパクトがあったんですけど、変わっていて。

Ryoko そう、いつもが、漢字とカタカナのキラーワードというか。そういうものがないといい曲やと思えなくて。許せなかったんですよ。

シングルだけを挙げても、「未来コネクション」「強がりLOSER」「仮面ミーハー女子」「秒速エモーション」と……。

Ryoko 全部やん!っていう(笑)。今まではタイトルが曲のサビに出てこなかったことってなくて。でも、キラーワードがあることで、ちょっとゴテゴテしたバンドに見えるっていうか、今風の言葉を使うことで、バンド感が薄れていくというか。やっぱり、ロックバンドであることを中心に置いた時に、それって邪魔やなって思ったし、そういうものがないやつも作りたいなと思って、タイトルだけを決めて、キラーワードみたいなのは絶対に入れないって決めてて。でも、サビの頭だけ、何か欲しいって探してたんですけど、歌詞全体で情景を示すようにしてしまったから、1つで何かを示す必要がなくなってて。そこで、「どうしよう?」ってメンバーに相談したら、Fumihaは「今のメロじゃない方が好き」って言って、レコーディングする2日目に変えようか悩んだので、メンバーに相談するのはやめようと思いました。

Aika 私は好きやで。

Ryoko あ、ありがと。

(笑)歌詞の心情的にはどう感じました? Ryokoさんの悩みを。

Fumiha 1個前の「強がりLOSER」も苦悩ばかりを書いているので、あんまり楽しそうやないなって思いますけど、結構、前向きですよね。

二人は歌詞とかっていうより、私が作る音楽に対して真摯に向き合ってくれる(Ryoko)

そうですね。自分を信じる強さを持ちたいと歌ってます。

Ryoko ほんとね、なんでバンドやってるんやろうって思うくらい、二人はね、私の気持ちは1ミリも感じたことないんですよ(笑)。

Fumiha お互い様やからな。

Ryoko それはそう。二人は歌詞とかっていうより、私が作る音楽に対して真摯に向き合ってくれるので、歌詞というよりは楽曲に対しての思いの方が、AikaもFumihaもあるんじゃないかなと思います。歌詞に関しては、本当に一番初めに書いた歌詞から、「お前のことは分からへん」ってずっと言われているので(笑)、1ミリも理解してもらってないと思うんですけど。

Fumiha 出会ったきっかけが、「売れるからついておいで」って言われたからついていってるので。今も昔も、ついていけば何かがあるからついていってるんですよね。

Ryokoさんの才能は信じてるわけですよね。

Fumiha うさんくさい感じやったんですけどね。

Ryoko まだバンドもやってなくて、ギターもやったこともないし、曲を書いたこともないのに、ネットの掲示板に<売れたい人募集。私についてくれば売れます。連絡ください>って書いて、唯一、連絡してきた人やから。

Fumiha こんな人間なんで、ついていくしかないなと思って。面白いですしね、ついていくと。だから、好きなように、好きなことを歌っていただければ、私も楽しいかなって思います。

今回はシンプルだから、アレンジやフレーズよりも音の質を重点的に考えてやってました(Aika)

レコーディングはどうでした?

Aika 今回、すごいシンプルなんです。今までのЯeaLの曲は結構、ゴテゴテしてたので、まだ不安なんですよ、ちょっと。

Ryoko いや、私も割と不安。キラーワードもないし、アレンジもいつもはごちゃごちゃにしてたんですよ。音数もパンパンに詰め込んでたんですけど、今回の主軸はバンドらしさだったので、アレンジからシンプルにしていって。メンバーにも、これまでになくラフな状態で渡して。

Fumiha 自由にやってみたらって言われてて。これまでの曲はベーシストが弾いてない打ち込みのフレーズを弾く感じやったので、自分が考えたフレーズやと、演奏しやすかったですね。

Aika 今まではアレンジが難しすぎて、レコーディングで余裕がなかったんですよ。デモは打ち込みだから人間には不可能なことも送ってきてたんですけど、今回はシンプルだから、アレンジやフレーズよりも音の質を重点的に考えてやってました。

Ryoko  二人がやりたいことも汲み取った上で作ったので、割と、今の感じが詰まってて。ごちゃごちゃしたのが好きなファンの人には「あれ?」って思われるかもしれないですけど、今年1年の自分たちが感じた結果の曲なので、受け入れてもらいたい。新しいところに進もうとしている私たちをわかってもらいたいなとは思いますね。

自分のことを許してあげてもいいんだよっていうメッセージも込めてます。これが3つ目の大きなテーマですね(Ryoko)

この曲ができたことで、自分で作り上げた自分らしさからは解放された?

Ryoko 自分の中で3つくらいテーマがあって。自分自身で作った自分の像は壊せたと思うんですよ。「ЯeaLのRyokoとはこういうものであった方がいい」っていう、自分で作り上げた固定概念は崩せたと思うけど、先のことを考えて、これからどうしようって悩み続ける本質的な部分は回避できないと思います。もともと私は陰湿というか、ネガティブ満載で、ド暗くて、闇が深いタイプやと思うんですね。ЯeaLとしても急に明るくなられても困るから、それは別に変わらなくていいんじゃないかなって思ってますね。これからも、なんらかに縛り付けられて進んでいくことにはなると思う。

3つのテーマの残りの2つは?

Ryoko  「何度生まれ変わっても自分になりたい」っていうフレーズがあるんですけど。

Fumiha そこの歌詞、衝撃的やった。

Ryoko 自分が死ぬ時に「この人生でよかったな」って思えないと意味ないなと、ずっと思っていて。これは、自分自身の戒めでもあるし、いろんな人へのメッセージでもありますね。例えば、職場やバイトが嫌でとか、何か嫌なことや悩みを抱えたまま進んで行った時に、それが解決しないまま死んでしまって。それでよかったかって言われたら、良くないじゃないですか。一回きりやし、いつ、何があるかも分からへんし。急に人生が終わってしまうかもってなった時に、もう一回、自分になりたいって思えるかどうかっていう。 いま、Fumihaが言ってくれたけど、これを聞いて、衝撃に思ってもらえたらいいなって思いますね。もう1つは、それとも繋がるんですけど、自分のことをもうちょっと好きになりたいなと思って。本質的に自信がなくて、自分のことを1ミリも好きじゃなくて。自分のことを大切にできないんですよ。全てが許せない。それが、曲になってる自分らしさ——自分が作り上げた自分の理想像に追いついてない自分が許せないってことなんですけど、きっと私と同じように悩んでる人もどっかにおるから、そういう人がちょっとでも解き放たれて、自由になれたらいいなと思う。自分のことを許してあげてもいいんだよっていうメッセージも込めてます。これが3つ目の大きなテーマですね。

曲に対してもあるんですけど、自分には自信が持てなくて(Ryoko)

絶対に売れるって言い切れるのに、自分には自信がない?

Ryoko このバンドに対してはあります。曲に対してもあるんですけど、自分には自信が持てなくて。本当にそういうところが欠けていて。それはメンバーが見てて一番わかってると思うけど。

Fumiha プライドはあるけど自信がないんじゃない。

Ryoko わかりやすく言ってくれた! 本当にプライドは高いんですけど。

Fumiha 矛盾人間やな。

Ryoko 本当に矛盾人間です(笑)。よく、私、なんで真ん中におるんやろって思うんですけど、そういう風に思うからこそ、こういう曲が書けると思うから。そこは変わろうとは思わないんですけど、ちょっとずつでも許していかないと、生まれ変わっても自分になりたいって思えないから、ちょっとでも愛してあげたいなと思ってます。

あ、ちょっと悲しいなって。3年後にはラジオのパーソナリティーになります!(Aika)

<何か変わると信じて>というフレーズもありますが、いま、何か変えたいことはありますか? 

Fumiha 私、引っ越したかったです。更新日がきてたんですけど、引越しの仕方も分からへんし、引っ越す場所も分からへんし。築が古いからお風呂が汚れていて嫌なので、引っ越したかったなって思いました。

Ryoko 私は睡眠時間がバグってて。本当に眠れなくて。1日、2〜3時間でやってるとおかしくなってくるので、直したいなって思ってます。

Aika もうちょっと喋れるようになりたい。ドラムの話をするっていうラジオに誘われたかもしれないんですけど、私を呼んでも喋れないんじゃないかっていうことでなくなったらしいんですよ。その話を聞いて、あ、ちょっと悲しいなって。3年後にはラジオのパーソナリティーになります!

Ryoko ラジオに出ても、ほんまに私しか喋らへんもんな。

Aika ドラムのことも全部喋ってくれるから(笑)。

Ryoko 私が喋るからあかんねんな。

(笑)インタビューでしゃべる練習しましょう。MV撮影はどうでした?

Aika 暑かったです。大変でしたね。雨に打たれて。

Ryoko 都会っぽいイメージやったので、西新宿の屋上で撮ったんですけど、ЯeaLは雨バンドなんですよ。見事に当日も雨が降ってきまして。

ラスト二回にしようって言ってから五回くらいやって。だから、あんなにびちゃびちゃになってる(Fumiha)

演出として降らせてるのかと思った。

Ryoko いや、ほんとの雨なんです。ぐちゃぐちゃになりました。

Fumiha 最後の方に雨が降ってきて。ラスト二回にしようって言ってから五回くらいやって。だから、あんなにびちゃびちゃになってる。

Aika でも、曲には合ってた。

Ryoko 後から見たら、雨よかったんじゃんって思った。

Fumiha シンバルがいい仕事してた。

Aika あ、よかったと思います。

あはははは。小学生の3行日記に戻った。カバーの方は同じ場所で?

Ryoko ジャケットの写真先行だったんですけど、音を感じる写真にしたいですってお願いして。そのジャケットが動き出すイメージで作ったのが「Unchain My Heart」で、「現状ディストラクション」は差別化をするために同じロケーションでモノクロにして、一発撮りでやりました。

「現状ディストラクション」か「サムライハート」の2択で迷ってたんです(Ryoko)

SPYAIRさんの「現状ディストラクション」をカバーしようと思ったのはどうしてですか?

Ryoko 今までも、「銀魂」の時はDOESさんの曲をカバーさせてもらったりしてきたので、今回はMOMIKENさんとコラボしたのでSPYAIRさんの曲をカバーしようっていうことになって。その話が出る前に3人でSPYAIRさんのライブを見に行って。そこでも何かやりたいねって話をしてて。イベントでご一緒した事もあり、SPYAIRさんのライブをみるたびにSPYAIR欲が高まるんですけど、もともと3人とも大好きなんですよ。で、「現状ディストラクション」か「サムライハート」の2択で迷ってたんですけど、「現状ディストラクション」の方が思い入れが深くて。

うちのAikaなんてホラー映画を見ながら聞くくらい好きだったんですよ」って。だからカバーさせてもらって光栄ですって話をしました(Ryoko)

どんな思い入れがある曲なんですか?

Ryoko 高校生の頃にAikaと二人でホラー映画「パラノーマル・アクティビティ」を観に行ったんですけど、Aikaはホラー映画が苦手で。

Aika 音が怖いからすごくビビってて。音を聞かなければいけるんじゃないかって思って、iPodで音楽を聴きながら観てて。

Ryoko その時にヘッドフォンで聞いてたのが、「現状ディストラクション」だったんですよ。高1かな。それを鮮明に覚えてて。二人でカップルシートで肩寄せ合って、一人は「現状ディストラクション」を聞いてて。その話をこないだ、MOMIKENさんに「なんでこの曲に?」って聞かれた時に答えました。「昔から好きだったんですよ。うちのAikaなんてホラー映画を見ながら聞くくらい好きだったんですよ」って。だからカバーさせてもらって光栄ですって話をしました。

Fumiha そしたらなんて言ってた?

Ryoko 喜んでくれてた。

Fumiha 優しくてよかったな。

Aika そんなこともあったな〜。

Ryoko っていうくらい思い入れのある曲です。この曲以外は考えられなかったですね。

歌詞のテーマも近いですよね。現状を打破するために自分が本当に必要なものだけを見つめ直すっていう。

Ryoko そうですね。

AikaFumiha  絶対にそっちやろ!

Ryoko あはははははは。キラーワードを入れたタイトルとか、歌詞の作り方も、私は影響を受けてたと思うんですよね。だから、今回、MOMIKENさんとコラボさせてもらうことは必然やった気がして。すごい嬉しかったし、この曲をカバーしたことで、また色々と見えたものがあったので、頑張ろうと思いました。

支え合いながらも平均的を出していきたいなっていうのが、このツアーの目標ですね(Ryoko)

その未来に見えたものは最後にお伺いできますか? 11月まで全国ワンマンツアーも行ってます。

Fumiha このツアーを経て、Ryokoが自分自信を愛せるようになればいいなと思うし、「Unchain My Heart」という曲に背中を押されて、私自身も変われたらいいなと思いますね。

Aika ワンマンで初めて9箇所も回るので、なにか見つかるんじゃないかなって期待してます。

Fumiha 今回のツアーで喋れるようになればいいな。

Aika そうだね。MCをまわすぐらい頑張って、ファイナルにはもうベッラベラになってます。

Ryoko あはは。そんなにすぐには変わらんって。今年はバンドの距離感が近くなった年やと思ってて。ちゃんとお互いに向き合うようになって、意思疎通もしっかりと取れるようになってきたので、このツアーを通して、支え合いながらも平均的を出していきたいなっていうのが、このツアーの目標ですね。そして、SPYAIRさんとやって、すごいバンドって本当にすごいんやなって思ったので、改めて、すごいバンドになろうって思いました。バンドを始めてから7年ですけど、富士急ハイラインドでのSPYAIRさんのライブを見た時に、そっち側に行きたいって思ったんですよ。それって、一番初めに自分がバンドを始めたときの初期衝動と似てて。ステージを見て、そっち側に行きたいって思わせてくれた。ЯeaLも、ЯeaLみたいになりたいって思ってもらえるようなバンドになりたいし、そうなるためのバンドのあり方を考えていきたいなって思ってます。

そのほかのЯeaLの作品はこちらへ。

ライブ情報

ЯeaL ワンマンツアー 2019 -Unchain My Heart Tour-

9月28日(土)  京都府 GROWLY
9月29日(日)  兵庫県 VARIT
10月11日(金)  福岡県 INSA
10月12日(土)  広島県 BACK BEAT
10月20日(日)  千葉県 DOMe
11月1日(金)  神奈川県 川崎セルビアンナイト
11月3日(日)  大阪府 アメリカ村DROP
11月4日(月祝)  愛知県 APOLLO BASE
11月24日(日)  東京都 SHELTER

ЯeaL

Ryoko(Vo./Gt.)、Fumiha(Ba./Cho.)、Aika(Dr./Cho.)。
作詞作曲を手掛けるRyoko(Vo.&Gt.)を中心に2012年に結成。
ポップメイカーとしてのポテンシャルの高さと圧倒的なライブパフォーマンス、その演奏力の高さが話題となりメジャーデビュー前にして「SUMMER SONIC 2015」に出演。シーンの内外から熱い注目を集める。
2016年3月に「秒速エモーション」でメジャーデビュー。
2017年3月、3rdシングル「カゲロウ」が、TVアニメ「銀魂.」のオープニングテーマに大抜擢され、各配信チャートのトップ3を独占し、スマッシュヒットを記録。
2017年5月、1st album「19.(ナインティーン ピリオド)」は、iTunesロックチャートのTOP10入りを果たす。
2018年5月、4thシングル「未来コネクション」はTVアニメ「ポケットモンスター サン&ムーン」のオープニングテーマ、2019年2月、5thシングル「強がりLOSER」は、TVアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』のエンディングテーマになるなど、3年連続で大型アニメの主題歌を担当する。

オフィシャルサイト
https://www.realgirlsband.com