Interview

松岡茉優&松坂桃李「刺激的な経験だった」。本物のピアニストと一心同体で作り上げた『蜜蜂と遠雷』圧巻のピアノ演奏シーンを語る

松岡茉優&松坂桃李「刺激的な経験だった」。本物のピアニストと一心同体で作り上げた『蜜蜂と遠雷』圧巻のピアノ演奏シーンを語る

国際ピアノコンクールに挑む天才ピアニストたちと周囲の姿を描いて、直木賞と本屋大賞のW受賞という史上初の快挙を果たした恩田 陸の小説を映画化した『蜜蜂と遠雷』。映像化不可能と言われた本作に挑み、初共演を果たしたのは、ともに日本映画界を牽引している若き実力派の松岡茉優と松坂桃李だ。

松岡が元天才少女であり、トラウマを抱えながらコンクールに挑む主人公の亜夜を演じ、松坂が普段は楽器店の店員として働きながら、生活者の音楽を見せるためと、年齢制限ギリギリで出場を決めた明石を演じる。ほかに、エリート街道を進むマサル役を森崎ウィン、“ピアノの神様”が遺した天才少年・風間塵を、本作が俳優デビューとなる鈴鹿央士が務め、物語は4人の天才ピアニストたちを軸に進んでいく。

ともに難役を演じ切った松岡と松坂は本作にどうアプローチしていったのか。初共演の感想や、全くの新人である鈴鹿央士についてなど、たっぷり語ってもらった。

取材・文 / 望月ふみ 撮影 / 斎藤大嗣


一人に三人のピアニスト。演奏中の動きや身体の構造まで教わった。

映画『蜜蜂と遠雷』 松岡茉優 エンタメステーションインタビュー

元天才少女の亜夜、生活者代表の明石、演じるにあたって、どんなことに気を配ったのでしょう?

松岡 亜夜はピアノにしか本音を話せないような孤独を抱えていて、そこに少しエゴも感じさせるようなピアノ演奏だったものが、本選でプロコフィエフの「ピアノ協奏曲第3番」を弾いたときに、初めてお客さんに聴かせる音楽となる――孤独な天才少女からエンターテイナーになる瞬間を演じたいと思っていました。第3番を弾いているその途中で、花がぶわ~っと咲いていくような…そんなイメージを大事にしながら演じました。

映画『蜜蜂と遠雷』

松坂 演奏シーンは、明石としての動きを先生と相談して作っていきました。できるだけ自然体といいますか、明石の場合は生活に根付いた音楽なので、彼の“普通さ”から出てくる音楽性を大事にしました。先生と一緒に練習を重ねて、できるだけナチュラルな音を意識しながら演じていきました。

映画『蜜蜂と遠雷』

ピアニストの先生と一緒にひとつのキャラクターを作り上げるという作業は、ほかの作品とはアプローチが違いますよね。

松岡 演奏の指導をしてくださる先生、実際の音源を弾いてくださった先生、映像のために弾いてくださっている先生と、それぞれに3人のピアニストの先生がいました。

松坂 僕は最初に、指導してくださる先生から明石のプロフィールをもらったんです。明石のカバンの中身とかまで、すごく細かく書いてあって。とても刺激的な経験でしたね。

松岡 松坂さんの先生は教え方がすごく上手で、最終的には私たち3人も教わったんですよ。

松坂 そうなの!?

松岡 あれ、ご存知なかったですか? ピアニストの動きを教えるのが抜群に上手いということで、私たちも教わったんです。ピアノ演奏の姿勢の本のコピーをいただいたり、体の構造から教えていただいたり。

映画『蜜蜂と遠雷』 エンタメステーションインタビュー

音源からの影響は?

松坂 弾き方を含め、もちろん音からも影響を受けました。確かにこの弾き方は明石だなと想像させる音でした。

松岡 私もすごく影響を受けました。亜夜の演奏をしてくださった河村尚子先生の音は粒が大きいんです。それこそ音が雨みたいに降ってくる。プロコフィエフの「ピアノ協奏曲第3番」も、いろんな人の演奏を聴きましたが、河村先生の音は、本当に閃光のようで素晴らしかったので演じるうえでも、当たり前のように光をイメージしました。

新人・鈴鹿央士という眩しい才能は、褒めずにはいられない。

映画『蜜蜂と遠雷』 エンタメステーションインタビュー

では、役とご自身とで似ている部分と似ていない部分はどこですか?

松岡 エンターテイナーになる前の亜夜は、ピアノと対話するときに、周囲との間に分厚いガラスを張っているようなイメージがあります。私も大事なシーンや、周りの呼吸を感じたくないなと思うシーンのときには、自分の周りに分厚いガラスをイメージするので、その感じは私自身の経験を生かせたかなと思います。亜夜と違うところはたくさんあるんですが……私は周りをすごく気にするし、人の視線も気になるので、亜夜ほど環境や周りに無頓着にはなれないですね。亜夜ももちろん(人の視線を)感じてはいるのだけれど、ちゃんと自分というものを持っているので、そういうところは憧れます。

松坂 僕が明石と似ているのは、若干面倒くさそうなところですかね(笑)。

松岡 そうですか!?

松坂 明石は、普段穏やかなんだけど、自分では“天才”だと思っていないのに、他の人から“天才”だと言われるとちょっとムッとするような、変なスイッチがあるんですよね。僕も変なスイッチがあって、特にマネージャーさんとの会話では、お互いに変なスイッチを押して口論になったりします(笑)。

松岡 血縁関係でもあまりないのに、そこまで言い合える信頼性、すごいですよね。

松坂 もう10年くらいの付き合いになりますが、お互いに言い合いながら、やってきた感じがありますね。違うところは、明石の行動の思い切りのよさかな。年齢制限ギリギリで挑戦しようと思った行動力のようなものは、明石と年齢の近い自分にとって尊敬できる部分です。年齢を重ねていくと、だんだん守りに入りがちですが、彼が自分の音楽性をもう一度示したいと動いたのは、すごく大きな勇気だと思います。

映画『蜜蜂と遠雷』 松岡茉優 エンタメステーションインタビュー

おふたりは今回が初共演ということで、お互いのお芝居を見て、触発されたことを教えてください。

松坂 松岡さんは空間把握能力がめちゃくちゃ高いんです。監督の演出意図を理解したうえで、そのシーンで使われている場所を最大限に利用する。たとえば、あるシーンで、亜夜がピアノを弾きたいと言って使えるピアノを探し回るのですが、いくつか部屋を覗くときに、その先には何もないんだけど、あたかも先に人がいるかのような感じをすぐに出してみせる。見ていて、純粋にすごいなと思いました。

松岡 ありがとうございます。私もそのシーンは印象に残っています。明石が亜夜に、「ピアノあるところ、知ってますよ」と声をかけるのですが、その言葉にギャップを感じることができるんです。していることと内に抱えているもののギャップを感じさせるというか。優しい行動なんだけど、明石のなかには相反する感情もある。

映画『蜜蜂と遠雷』 松坂桃李 エンタメステーションインタビュー

内に秘めたライバル心のような?

松岡 私が察せられるところではないのですが、ライバル心とは違うかなと思います。でもどこかにエゴイズムのある人たちだと思うので、そこにはまっすぐじゃない感情がある。それを松坂さんは一瞬で感じさせる。音で言ったら、倍音が存在しているような。ふたつの音が聞こえるようなお芝居をなさるなと思って、惹かれます。

確かに彼ら4人には嫉妬やライバル心を超えた関係性があるように思います。そうした関係というのは、俳優という仕事でも成立すると思いますか?

松坂 あると思います。ちょっと違う種類の心地よさみたいな。悔しさとか、嫉妬心とかももちろんあると思いますが、それを超えたものもある。純粋に「さすがだね」と思えるような。

映画『蜜蜂と遠雷』 松坂桃李 エンタメステーションインタビュー

この作品でもありましたか?

松岡 それはやっぱり鈴鹿くんの存在ですね。彼という発光体に、自然とみんなが集まってきました。

松坂 本当に眩しい子です。

映画『蜜蜂と遠雷』 エンタメステーションインタビュー

鈴鹿さんはこれがデビュー作なんですよね。

松坂 あの純粋さ、目の前のことを心から楽しめる感じというのは、「あー、もう持てないな」と感じました(苦笑)。いろんな現場を踏ませてもらって、年齢を重ねるうちに、ただ純粋だけではいられない瞬間というのが、どうしてもあります。でも鈴鹿くんは、たとえばピアノの演奏シーンにしても、誰よりも楽しそうに弾きますし、出来上がった映像を見ても、お芝居も本当に楽しそうにやっている感じが分かる。

松岡 目の前のことを純粋に、楽しく新鮮にチョイスしていく感じというのは、羨ましくもあり、多少懐かしくもありました。ただ、私の子役時代や、中高生のころのお仕事は、とても見られたものではないので、初めてのお芝居で鈴鹿くんのようには全くできなかったと思います。私は新人の方を手放しでもてはやすのはどうかなと思っているのですが、それでもやはり褒めずにはいられないです。

松坂 そうだね。

松岡 たまたま受かったのではなく、本当に鈴鹿くん自身の才能だし、風間塵が、鈴鹿くんという才能を呼び寄せたんじゃないかと思います。誰もができることではないです。

風間塵 役・鈴鹿央士さんのインタビュー記事はこちら
『蜜蜂と遠雷』天才ピアニスト役で堂々デビューの鈴鹿央士、「“この人にしかできない”と思われるような俳優になっていきたい」

『蜜蜂と遠雷』天才ピアニスト役で堂々デビューの鈴鹿央士、「“この人にしかできない”と思われるような俳優になっていきたい」

2019.10.01

映画『蜜蜂と遠雷』 松岡茉優 エンタメステーションインタビュー

今、“才能”という言葉が出ましたが、おふたりが自分自身の“才能”について考えることはありますか?

松坂 あるとは一度も思ったことがないです。

松岡 同じく。

“才能”で芝居をしていないのであれば、やはりお芝居が好きだからでしょうか?

松坂 僕の場合は、自分が芝居をしているのが好きというよりは、相手のお芝居を見るのが好きなのかもしれないです。

松岡 賛同!(にっこり)

映画『蜜蜂と遠雷』 松坂桃李 エンタメステーションインタビュー

それでは、お芝居に向き合い続ける原動力みたいなものがあるのでしょうか?

松坂 僕は、いただいた作品を面白いと思って参加しているので、とにかく面白くしたい、ステキな作品にしたい、残したいという思い。与えられた役にしっかりと向き合って全うする。それに尽きます。

松岡 私は“反響”という原動力があります。私が演じた役を見て、「高校受験を決めました」とか、「いま部屋から出られない毎日ですが、学校にはまだ行けないけれど、お母さんとご飯を食べることにしました」とか。この娯楽というお仕事は、ありがたくも人々の生活の合間に入れてもらうことができるお仕事なので、それが誰かの心の栄養になって、その人が動き出せる養分になるのだったら、こんなに素敵な仕事はないなと思います。なので、向いているとか、才能とか、好きだとかじゃなくて、職業として、俳優という仕事を選んでやっています。


【募集終了】抽選で1名様に松岡茉優さん&松坂桃李さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

松岡茉優さん松坂桃李さん直筆サイン入りチェキ
応募期間

※募集期間は終了致しました。

10月4日(金)~10月14日(月・祝)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


松岡茉優

1995年、東京都生まれ。近年の主な出演作には、『桐島、部活やめるってよ』(12)、『猫なんかよんでもこない』(16)、『ちはやふる-下の句-/-結び-』(16・18)、『勝手にふるえてろ』(17)、『blank13』『万引き家族』(18)などがある。今後は、映画『ひとよ』(11月8日公開)、『劇場』(2020年公開予定)の出演映画の公開を控える。

オフィシャルサイト
https://www.matsuokamayu.jp/

松坂桃李

1988年、神奈川県生まれ。近年の主な出演作には、NHK連続テレビ小説『わろてんか』(17)、『不能犯』(18)、『この世界の片隅に』(TBS/18)、映画『娼年』(18)、『孤狼の血』(18)、ドラマ『パーフェクトワールド』(KTV/CX19)、映画『居眠り磐音』(19)、『新聞記者』(19)、『HELLO WORLD』(19/声優)などがある。

オフィシャルサイト
https://www.topcoat.co.jp/artist/matsuzaka-tori/

オフィシャルTwitter
@MToriofficial

フォトギャラリー

映画『蜜蜂と遠雷』

10月4日(金)全国公開

【STORY】
「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」というジンクスをもち、近年高い注目を浴びる芳ヶ江国際ピアノコンクール。ピアノの天才達が集うこのコンクールの予選会に、若き4人のピアニストが現れる。7年前の突然の失踪から再起を目指す元・天才少女、英伝亜夜。“生活者の音楽”を掲げ、最後のコンクールに挑むサラリーマン奏者、高島明石。人気実力を兼ね備えた優勝大本命、マサル。今は亡き“ピアノの神”からの「推薦状」を持つ謎の少年、風間塵。熱い“戦い”を経て、互いに刺激し合い、葛藤し、成長を遂げ<覚醒>していく4人―。その先に待ち受ける運命とは。

原作:恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎刊)
出演:松岡茉優 松坂桃李 森崎ウィン 鈴鹿央士(新人)臼田あさ美 ブルゾンちえみ 福島リラ/眞島秀和 片桐はいり 光石 研 平田 満 アンジェイ・ヒラ 斉藤由貴 鹿賀丈史
監督・脚本・編集:石川 慶

©2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

オフィシャルサイト
https://mitsubachi-enrai-movie.jp/

『蜜蜂と遠雷』原作