LIVE SHUTTLE  vol. 371

Report

UNISON SQUARE GARDEN 自らのトリビュート盤に参加した全アーティストが出演。2日間の超貴重なコラボレーションライブを報告する。<2日目>

UNISON SQUARE GARDEN 自らのトリビュート盤に参加した全アーティストが出演。2日間の超貴重なコラボレーションライブを報告する。<2日目>

「Thank you, ROCK BANDS! 〜UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Tribute Live〜」
2019年8月28日、29日 新木場STUDIO COAST

15周年記念作品として、バンド結成日の7月24日にリリースされた初のトリビュートアルバム『Thank you, ROCK BANDS! 〜UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Tribute Album〜』。本作のリリースを記念して、8月28日(水)、29日(木)にトリビュートライブ「Thank you, ROCK BANDS! 〜UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Tribute Live〜」が東京・新木場STUDIO COASTで開催された。トリビュート盤に参加した全アーティストが出演し、超貴重なコラボレーションが繰り広げられた2日間。

2日目の公演にはイズミカワソラ、菅原卓郎、滝善充(9mm Parabellum Bullet)、 尾崎世界観(クリープハイプ)、SKY-HI、堂島孝平、金井政人、柿沼広也、東出真緒(BIGMAMA)が出演した。

「Thank you, ROCK BANDS! ~UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Tribute Live~」1日目の模様はこちら
UNISON SQUARE GARDEN 自らのトリビュート盤に参加した全アーティストが出演。2日間の超貴重なコラボレーションライブを報告する。<1日目>

UNISON SQUARE GARDEN 自らのトリビュート盤に参加した全アーティストが出演。2日間の超貴重なコラボレーションライブを報告する。<1日目>

2019.10.05

UNISON SQUARE GARDEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / Viola Kam (V’z Twinkle)

UNISON SQUARE GARDEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / Viola Kam (V’z Twinkle)

2日目のオープニングを飾ったのは、シンガーソングライターのイズミカワソラ。ステージの中央に置かれた鍵盤の前に座った彼女はまず、自身のオリジナル曲「絵の具」(UNISON SQUARE GARDENが結成当初から、ライブのSEとして使用されているピアノ・バラード)を切々と歌い上げる。繊細にして美しい歌が広がるなか、斎藤宏介(Vo、G)、田淵智也(B)、鈴木貴雄(Dr)が姿を現し、イズミカワがピアノとコーラスで参加した「mix juiceのいうとおり」(★)を共演。軽やかに飛び跳ねるような鍵盤のフレーズ、軽快なリズム・アレンジ、斎藤とイズミカワの心地よいコーラスによって、豊潤な音楽空間が生まれる。ジャズ風味の間奏とメンバーのソロ演奏も素晴らしい。

斎藤「『絵の具』は(ライブのSEとして)3回目のライブくらいから使わせてもらっていて。それが縁で『mix juiceのいうとおり』にも参加してもらったんです」

イズミカワ「15周年おめでとうございます! ピアノなのでなかなか動けないんですけど、今日、人見知りを克服できたら、そっち(ユニゾンのメンバー)のほうに行っていいですか?(笑)」

というやりとりの後は、ユニゾンがイズミカワのトリビュートアルバム『タイムカプセル』のために制作した「サイボーグ99%」のカバーへ。個性的なリズムが絡み合い、ポップな音像につながる(公約通り、イズミカワは田淵、斎藤に近寄ってパフォーマンス)。キャッチーなピアノのフィーチャーしたイズミカワのアレンジによる「ガリレオのショーケース」も印象的だった。

UNISON SQUARE GARDEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / Viola Kam (V’z Twinkle)

UNISON SQUARE GARDEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / Viola Kam (V’z Twinkle)

ここからはユニゾンと世代の近いバンド、アーティストが続々と登場。まず斎藤が呼び込んだのは、BIGMAMAの金井政人(Vo、G)、柿沼広也(G)、東出真緒(バイオリン)。大歓声が巻き起こるなか、ユニゾンの2ndアルバム『JET CO.』収録の「ライドオンタイム」(★)によって華やかな雰囲気が広がっていく。両バンドのメンバーがステージ中を動き回り、楽しそうに絡む姿も印象的。「BIGMAMAは高校のときから存在を知っていて。同い年で、ここまで走り続けてきた仲間であり、戦友であり、大切なバンドです…(ギターのチューニングをしている金井に向かって)聞け(笑)」(斎藤)という言葉からも、両バンドの深い関係性が伝わってきた。

ユニゾンのトリビュートアルバムのためにBIGMAMAがカバーした「MR.アンディ」(★)では、金井もギターを弾き、トリプル・ギター×バイオリンによる重厚なサウンドが出現。ロック、ポップス、クラシックを生々しく融合させたアンサンブルは、両者のコラボレーションでしか絶対に味わえない。金井のギターと歌に導かれたのは、BIGMAMAの「かくれんぼ」。緻密に構築されたサウンドメイク、ドラマティックなメロディラインを凄まじい轟音とともに打ち鳴らし、観客のテンションを一気に引き上げた。

UNISON SQUARE GARDEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / Viola Kam (V’z Twinkle)

UNISON SQUARE GARDEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / Viola Kam (V’z Twinkle)

歌の持つ力をたっぷり体感させてくれたのは、クリープハイプの尾崎世界観とのセッションだった。AORのテイストを反映させたシックなサウンドが鳴らされるなか、ゆっくりと歩いて登場した尾崎は、クリープハイプの「5%」を歌い、“別に意味は無いけど、ずっとそばにいて欲しい”という思いを詩情豊かに描き出してみせた。ユニゾンの洗練されたコーラスワークも絶品だった。

「昔から知ってるバンドに“自分たちの曲をカバーしてください”とお願いすると、昔の曲を選んでくれることが多くて。クリープハイプがこの曲を選んでくれたのは、めちゃくちゃ嬉しかったです」(斎藤)というMCとともに披露されたのは、「さよなら第九惑星」(★)。当たり前かもしれないが、尾崎が歌うとまるでクリープハイプの曲にように聴こえる。最後はクリープハイプの「栞」。尾崎が紡ぎ出した歌詞を今度は斎藤が歌い、原曲とは違った表情を引き出す。(尾崎は斎藤に近づき、肩にしなだれかかる)言葉と歌が織りなす表現の奥深さをたっぷり味わえるコラボレーションだったと思う。

UNISON SQUARE GARDEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / Viola Kam (V’z Twinkle)

UNISON SQUARE GARDEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / Viola Kam (V’z Twinkle)

ここで鈴木にスポットライトが当たり、パーカッシブなドラムソロを激しく打ち鳴らす。さらにステージの上手前方にもライトが当たると、そこにはSKY-HIの姿が。ドラム×ラップのフリーセッションで会場を沸かせ、そのまま「Diver’s High」へ。斎藤がギターとコーラスで参加したこの曲は、鮮烈なギターリフとエッジの効いたビート、そして、高いスキルと濃密な感情に裏打ちされたラップがひとつになったアッパーチューン。ライブでの破壊力も抜群だ。

斎藤、田淵とSKY-HIは、同じ高校の先輩と後輩の関係。「ライブに登場するとき、前髪が下りてるときは斎藤派、センター分けのときは田淵派」(斎藤)、「今日、髪型でスタッフと15分もめました(笑)」(SKY-HI)という先輩と後輩らしい(?)トークの後は、「蒙昧termination」(★)。斎藤(アコギ)、田淵は椅子に座って演奏。アコースティックなアレンジのなかで、言葉、ビート、メロディが有機的に絡み合い、心地よいグルーヴへと結びつく。ラストはSKY-HIのアンセムのひとつ「Snatchaway」。「UNISON SQUARE GARDENの15周年をお祝いしたいやつ、どんだけいるの?! 聞かせてくれ、その声を!」という言葉にリードされたコール&レスポンス、“こんなイケてるチームがユニゾンだろ”という即興の歌詞が放たれ、この日、もっとも強い一体感を生み出してみせた。

UNISON SQUARE GARDEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / Viola Kam (V’z Twinkle)

UNISON SQUARE GARDEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / にしゆきみ

さらに爆発的な盛り上がりを見せたのは、9mm Parabellum Bulletの菅原卓郎(Vo)、滝善充(G)とのステージだった。最初のナンバーは「徹頭徹尾夜な夜なドライブ」(★)。原曲よりもBPMを上げ、メタリックな滝のギタープレイ、アグレッシブ全開のボーカルを加えたバージョンによって、フロアは熱狂の渦へと巻き込まれる。観客を一気に巻き込む9mmのステージングはやはり凄まじい。

「バンドとしては同じ年」(斎藤)という9mmも今年で15周年。7月には9mmの15周年・対バン企画(7月22日/恵比寿LIQUIDROOM)にユニゾンが出演している。「今日はお祝いに、いや、仕返しに参りました。15周年、おめでとうございます!」という菅原も気合い十分だ。

「ここから2曲ばかし、9mm Parabellum BulletがUNISON SQUARE GARDENを乗っ取っちゃってもよろしいでしょうか!」(菅原)という言葉に導かれたのは、9mmの代表曲「新しい光」「Black Market Blues」。ヘビィメタル直系のギラついたサウンド、超高速にして起伏に富んだリズム(鈴木のドラム、めちゃくちゃカッコ良かった!)とともに菅原、斎藤のボーカルがバチバチと火花を散らす。田淵の激しすぎるアクションも最高潮。ステージの端から端まで動き回り、奇天烈なステージングで観客を煽りまくった。

UNISON SQUARE GARDEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / Viola Kam (V’z Twinkle)

UNISON SQUARE GARDEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / にしゆきみ

2日間に渡って行われたトリビュートライブも、ついにファイナル。“僕が今日も旅に出る理由は 多分君には教えないけれど”(「さわれない歌」/★)というアカペラとともに登場したのは、最後のゲスト・堂島孝平だ。堂島とユニゾンは同じ事務所に所属する関係。「初めてのプロミュージシャンの先輩。本当によくしてもらってきたので、2日間に渡るトリビュートライブの最後は、堂島さんに歌ってもらいたくて」と斎藤が紹介。さらに堂島が「当時からユニゾンを知っている立場としては、15周年でこれだけのミュージシャンが集まって、こんなにもたくさんのお客さんが来てくれたことにグッと来てます」と語ると、会場からは温かい拍手が巻き起こった。(堂島はなぜか、鈴木のTシャツ、田淵のジーパン、斎藤のスニーカーを“勝手に”着用してました。(笑))

続いては「みなさんの未来に向けて」(堂島)というコメントとともに極上のポップチューン「SHORT CUTTER-音の遊撃手-」。そしてラストは「シュガーソングとビターステップ」(★)。少しテンポを落とし、子供の合唱団の声を取り入れたアレンジも素晴らしい。原曲の優れたポップネスが増幅されるような演奏とともに2日目の本編はエンディングを迎えた。

UNISON SQUARE GARDEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / Viola Kam (V’z Twinkle)

UNISON SQUARE GARDEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / Viola Kam (V’z Twinkle)

UNISON SQUARE GARDEN エンタメステーションライブレポート

撮影 / Viola Kam (V’z Twinkle)

UNISON SQUARE GARDEN エンタメステーションライブレポート

撮影/にしゆきみ

アンコールで斎藤は、この2日間を振り返り、こんな言葉を語った。

「同じステージで音楽を、最高の先輩や後輩や同世代のミュージシャンとともに奏でられるのは本当に最高で。“また5年後やります”とか簡単には言えないけど、またこういう機会を作れるように、これからも…来年以降か。15周年はデレデレするって決めたので、16年目からはバキバキの怖いロックバンドに戻ろうと思ってます」

「そうやって自分たちの活動を続けるなかで、今日みたいな特別な夜が来ると信じて。UNISON SQUARE GARDENは世界で一番カッコいいバンドなんだと自分たちで思いながら、これからも活動していこうと思ってます。今日は本当にありがとうございます」。そして、前日と同じく「プログラムcontinued (15th style)」(★)を演奏。あまりにも貴重なトリビュートライブは幕を閉じた。

トリビュートアルバム『Thank you, ROCK BANDS! 〜UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Tribute Album〜』でトリビュートされた自分たちの曲を、各アーティストがリアレンジしたバージョンで演奏。さらに相手のオリジナル曲もカバーし、2日間で36曲(アンコールを除く)を披露したUNISON SQUARE GARDEN。参加アーティストとのつながりを感じながら、このバンドの多様な音楽性、優れたアレンジ能力と演奏センスを堪能できる、きわめて意義深いライブだった。

(★)=UNISON SQUARE GARDENのオリジナル曲

文 / 森朋之
撮影 / Viola Kam (V’z Twinkle) 、にしゆきみ

「Thank you, ROCK BANDS! 〜 UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Tribute Live 〜」 2019年8月29日 新木場STUDIO COAST

セットリスト
00. 絵の具
01. mix juiceのいうとおり
02. サイボーグ99%
03. ガリレオのショーケース
04. ライドオンタイム
05. MR.アンディ
06. かくれんぼ
07. 5%
08. さよなら第九惑星
09. 栞
10. Driver’s High
11. 蒙昧termination
12. Snatchaway
13. 徹頭徹尾夜な夜なドライブ
14. 新しい光
15. Black Market Blues
16. さわれない歌
17. SHORT CUTTER -音の遊撃手-
18. シュガーソングとビターステップ
<アンコール>
19. プログラムcontinued(15th style)

UNISON SQUARE GARDEN

鈴木貴雄(Dr)、斎藤宏介(Vo、G)、田淵智也(B)。
透明感に溢れながらも個性的なトゲを持つ斎藤宏介のボーカルと、エッジが効いたコンビネーション抜群のバンドアンサンブルが共鳴、共存するROCK / POPの新世界。
キャッチーなメロディラインとアンバランスな3人の個性が織りなす鮮烈なライブパフォーマンスで、オーディエンスを魅了し続ける実力は3ピース・ロックバンド。
これまでに15枚のシングルと7枚のオリジナル・アルバムを発表。今年バンド結成15周年を迎えた。

オフィシャルサイト
http://unison-s-g.com

vol.370
vol.371
vol.372