Report

赤澤遼太郎が「僕たちの夢の始まり」と、北川尚弥や立石俊樹らと共に初映画主演の思いを語る。映画『先生から』公開記念舞台挨拶

赤澤遼太郎が「僕たちの夢の始まり」と、北川尚弥や立石俊樹らと共に初映画主演の思いを語る。映画『先生から』公開記念舞台挨拶

MANKAI STAGE『A3!』(七尾太一 役)や『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』(大神晃牙 役)など、2.5次元作品の中でも人気を誇るシリーズで注目を集めている赤澤遼太郎を主演に迎え、同じく現在の演劇界で活躍する北川尚弥、立石俊樹、田鶴翔吾、小早川俊輔、吉村駿作と、フレッシュな役者6人が挑んだ映像作品、映画『先生から』が10月4日(金)より全国の映画館で公開されている。
本作は「先生の愛人の子」、「先生とホスト探偵」、「先生の遺言」の3つのパートで構成されており、小説家志望の主人公、売れないホストの男、そして主人公の先生を中心に、過去と現在を往来しながら様々な若者たちの心模様を丁寧に描き出し、3つの話が最後にはひとつに収束する驚きの展開を見せる。
映画『先生から』の公開記念舞台挨拶と囲み取材が、10月5日(土)にユナイテッド・シネマアクアシティお台場にて行われた。

取材・文・撮影 / 竹下力

赤澤遼太郎、北川尚弥&立石俊樹の公開直前インタビューはこちら
赤澤遼太郎、北川尚弥、立石俊樹らが織り成し、ひとつに繋がる物語。映画『先生から』公開直前インタビュー

赤澤遼太郎、北川尚弥、立石俊樹らが織り成し、ひとつに繋がる物語。映画『先生から』公開直前インタビュー

2019.10.01


少年ドラマのような和気藹々とした撮影現場でした

司会に促され、会場から溢れんばかりの拍手が鳴り響くなか、主人公で作家志望の男・真北直史 役の赤澤遼太郎、真北が“先生”と慕う小宮久作の青年期を演じた北川尚弥、久作の妻・佳奈恵の教え子でホストの間宮康作を演じた立石俊樹、久作の担当文芸編集者・谷口一真 役の田鶴翔吾、小宮公也を名乗る男・伊草順也 役の小早川俊輔、若かりし久作の親友・真北健司 役の吉村駿作、久作や健司と親しい高田 泉 役の伊藤歌歩、久作の妻・佳奈恵 役の森田亜紀、作家・小宮久作 役の那波隆史、脚本・監督・編集を手がけた堀内博志が登壇。

映画『先生から』 エンタメステーションレポート

まず、一同がひと言ずつ挨拶をしていくなか、主演の赤澤遼太郎が「本日はご来場いただきありがとうございます。よろしくお願いいたします!」と元気いっぱいに声を響かせ、場内を盛り上げる。

「先生の愛人の子」、「先生とホスト探偵」、「先生の遺言」という3つのショートストーリーがひとつに繋がり、長編作品として編まれた本作について聞かれた赤澤は「長編として出来上がった作品を観ると、“こう繋がるのか!!”とびっくりしました。それぞれのパートごとに撮影が分かれていたため、みんなが揃うことはありませんでしたが、別のチームの楽しそうな雰囲気が画面からも伝わってきて、ひとりの視聴者として面白い作品に仕上がっていると感じました」と笑顔で語った。

映画『先生から』 赤澤遼太郎 エンタメステーションレポート

続いて司会から、タイトルの“先生から”にかけて、撮影中に“この役者が私の先生だ”と思った瞬間を尋ねられ、田鶴翔吾は「初めての映像作品なので、現場で何をしていいのかわからなくて。ケータリングさえ、どれに手をつけようか悩んでいたのですが(笑)……赤澤くんがお菓子の“芋けんぴ”の入った袋を手にしながら我が物顏で現場を闊歩していたので、“彼は先生だ”と思いました(笑)」と撮影現場の裏側を明かすと、赤澤が「恥ずかしいよ。それは言わないで!(笑)」とツッコみ、会場が笑いに包まれた。

また、那波隆史が「他の現場ではあまりないのですが、監督がかなり丁寧にみんなに演技を教えていましたね」と現場の様子を述べると、監督・堀内博志は「普通にしているつもりでしたが……嬉しい言葉ですね」と照れ笑いを浮かべつつ、「赤澤くんを筆頭に、みんな素直に現場に入ってきてくれたので、少年ドラマのような和気藹々とした撮影現場でした。みんな舞台に関わることが多いせいか、僕の指示の吸収率が高くて驚きました。たとえば、北川尚弥くんと吉村駿作くんと伊藤歌歩さんで踊るシーンがあるのですが、そのシーンを撮影することは、当日急遽決めたことなのに、北川くん主導で振付を考えていましたからね。だから、僕の先生は北川くんです」とコメント。

映画『先生から』 北川尚弥 エンタメステーションレポート

それを受けた北川尚弥は「監督の雰囲気づくりのおかげです」と堀内に感謝の念を述べながら「とにかく楽しい現場でした。僕はジョナサン(吉村駿作の愛称)が先生ですかね(笑)。彼はスタッフの話をよく聞くし、現場の空気をなごませてくれて、素晴らしい作品に仕上げようと努力していましたから」と答える。すると、吉村駿作が「撮影場所を移動するときにずっと台詞合わせに付き合ってくれた、(北川)尚弥が先生です!」と応じ、北川が「僕のミスをあたかも自分のミスのようにかばってくれたりして、優しかったです」と、ほのぼのとしたやりとりを続けていると、その様子に伊藤歌歩が「おふたりが撮影現場を率先してつくってくれましたよね」と重ねて撮影期間を振り返った。

映画『先生から』 エンタメステーションレポート

そして森田亜紀が「赤澤くんがとても集中してお芝居をしていて勉強させていただきました」と語っていると、立石俊樹は「僕は森田さんの演技に感動しました。森田さんとのシーンで、あるきっかけで笑いのツボに入ってしまってNGを連発してしまったのですが、森田さんが手助けしてくれて。ありがとうございます」と森田に感謝の言葉を述べ、会場からあたたかな眼差しが向けられた。

立石の言葉に頷いていた小早川俊輔は「そのNGもトシ(立石俊樹)ならではだと思いますが、彼は好きなことに没頭できるから、すごい才能だと思います。撮影の合間にふたりで一緒にスチール撮影を公園で行なったのですが、どうやらどんぐりが好きみたいで、ひたすら公園に落ちているどんぐりを拾って止まらないんですよ(笑)。とてつもない集中力を持った役者だなと、びっくりしました」と裏話で会場から笑いを誘っていた。

映画『先生から』 立石俊樹 エンタメステーションレポート

最後にそれぞれのパートを代表して、立石は「初めての映像、しかも映画ということもあって、愛をもって演じさせていただきました。僕は『先生とホスト探偵』のパートでの出演ですので、キャストのみんなと話すことはありませんでしたが、間接的でも、直接的にでも、みんなで影響を与え合ってつくられた映画だと思うので、思う存分楽しんでください」と丁寧に言葉を紡いだ。

続けて北川は「僕の演じる小宮久作は、小説家を目指しながら激動の人生を歩んでいきます。そんな役を真摯に演じさせていただきましたし、キャスト・スタッフで、感動的な作品にすることができたと思います」とアピール。

映画『先生から』 エンタメステーションレポート

最後に赤澤が「今作は、僕たちの日常生活に影響を受けて印象が変わる、皆さんの心に寄り添った映画だと思います。この作品を観て心に残ってくれるものがあれば嬉しいです。僕も初めての映像作品ということで、気合いを入れて臨んだので、楽しんでください」と締め括った。

その後、サイン入りのパンフレットのプレゼント抽選会も行われ、大盛況の内に舞台挨拶は終了した。

映画『先生から』 エンタメステーションレポート

ひとつになったときに、“先生から”というタイトルの本当の意味が浮かび上がってくる

舞台挨拶の余韻が冷めやらぬなか、場所を移し囲み取材が行われ、赤澤遼太郎、北川尚弥、立石俊樹、田鶴翔吾、小早川俊輔、吉村駿作の6名が登壇し、さらに作品について触れた。

映画『先生から』 エンタメステーションレポート

10月4日(金)から映画が公開された現在の心境を問われた赤澤は「率直に公開されて嬉しいです。撮影が1年ほど前だったので、あまり実感が湧いていないのですが、このあと実際に映画館に足を運んでみれば、きっと当時の思い出が甦ってくると思います」と素直な思いを吐露した。

北川は「僕はすでに一度観たのですが、赤澤くんが言ったように、撮影がかなり前だったので、スクリーンにいる僕が、自分のようで自分ではない不思議な気持ちになって……映像に挑戦することの面白さを発見できたような気がします。作品に漂う空気感がしっかり表現されている映画ですので、多くの方に観て感動していただきたいです」とコメント。

立石は「間宮康作という売れないホストを映像越しに観ていると、普段の舞台とはまったく違う経験をしている気がして不思議な気持ちになります」と舞台で演じることの違いを実感している様子を見せた。

映画『先生から』 立石俊樹 エンタメステーションレポート

また、田鶴は「無事に公開されてホッとしています(笑)。5年後、10年後も観ることができる映画になっていると思います。舞台役者としてではなく、映像の役者として演じることができて、思い出に残る作品に出演できて嬉しいです」と初出演映画への感謝を言葉にした。

小早川は「僕も初めて映画に出るということもあって、映像を観る際には、僕が出演していないシーンは笑ったり共感して楽しめていたのに、僕のシーンになるとドキドキしてしまいました(笑)。ぜひとも大きなスクリーンでご覧になってください」と映画館で観て欲しいことをアピール。

映画『先生から』 小早川俊輔 エンタメステーションレポート

吉村は「映画に出ることがひとつの目標だったので、その目標を達成できたのが嬉しいです。僕たちは役者としてまだまだ成長の途中ですが、いろいろなものを出し切ったつもりです」と熱く語った。

さらに本作の注目ポイントを問われ、赤澤は「真北直史という人物が軸に描かれていますが、そこに様々な人物が絡み合って、ひとつの物語になるところに面白さがあります。お話の構成や、普段舞台で活動している舞台役者ならではのお芝居の質感も味わえると思います」とコメント。

映画『先生から』 北川尚弥 エンタメステーションレポート

北川は「同じ仲間と同じ目標を持って切磋琢磨しつつ成長していく姿を観られると思います」と語ると、立石が補足するように「僕たちの成長だけでなく、1部、2部、3部とあって、それがひとつになる面白さ、同時に僕の出演している2部の『先生とホスト探偵』は、今作の重要なスパイスになっているところがポイントです!」と説明。

田鶴は「『先生の愛人の子』、『先生とホスト探偵』、『先生の遺言』というタイトルだけでは交わらない3つのパートが、やがてひとつになっていく、びっくりする仕掛けが散りばめられています。そして、それらがどうやって織り混ざって“先生から”というタイトルに収まっていくのか期待してください」と熱烈にプッシュした。

映画『先生から』 田鶴翔吾 エンタメステーションレポート

小早川は「僕が演じる伊草順也は人との関係性であったり、周りの状況で態度を変える人物なので、彼の性格の変化を楽しんでいただきたいのと、僕たちの登場するパートのシーンは、少しエッジの効いた場面になっているので注目してください」と真摯に語った。

吉村は「3つのパートに分かれていますが、それぞれのキャラクターと先生との関わり方がしっかり描かれて、それがひとつになったときに、“先生から”というタイトルの本当の意味が浮かび上がってくると思います。僕と尚弥が出演する『先生の遺言』のシーンは、ほかのパートと違って時代が過去に遡るので、そのシーンも楽めると思います」と今作の楽しみ方を語った。

映画『先生から』 吉村駿作 エンタメステーションレポート

最後に、代表して赤澤が「ここに登壇している全員が初映像、初映画出演ということで、これから映像作品に登場する機会が増えていくと思いますが、初めて挑戦する楽しさというのは、この作品でしか味わえないので、僕たちの気持ちの高ぶりを皆さんと共有できれば嬉しいです。僕たちの夢の始まりの作品を、ぜひ、映画館でご覧になってください」と熱い思いを込めて、囲み取材は終了した。

映画『先生から』 赤澤遼太郎 エンタメステーションレポート

映画は絶賛上演中。舞台で培った6人の役者のフレッシュで卓抜な芝居が映画『先生から』でどのように発揮されたのか、映画館に足を運んで見届けて欲しい。

映画『先生から』

2019年10月4日(金)〜全国順次公開

映画『先生から』

脚本・監督・編集:堀内 博志

出演:
真北直史 役:赤澤遼太郎
小宮久作 役:北川尚弥
間宮康作 役:立石俊樹

谷口一真 役:田鶴翔吾
伊草順也 役:小早川俊輔
真北健司 役:吉村駿作

高田 泉 役:伊藤歌歩

伊草雅夫 役:岩本 淳
幸恵 役:矢島理佐
迫田 役:水野智則
三木 役:藤田健彦
小川 役:にわつとむ

ホストクラブの支配人・田辺 役:吉田直紀
店番男性 役:えびす
店番女性 役:夢宮加菜枝
伊草順也(3歳)役:御藤梨土

小宮佳奈恵 役:森田亜紀
小宮久作 役:那波隆史

製作:有限会社エスエルエフ
制作・配給:PERFECT WORLD

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@senseikaramovie)